よし!Wordpressでブログをガンガン書くぞ!って思うのもつかの間。

初心者は必ず1度はWordpressのプラグインは何を入れれば良いか分からない自体に陥ります。【経験積み】

「Wordpress プラグイン おすすめ」とかで調べてみると・・・

エグイ。

全て要らない物を徹底排除した上級者向けのおすすめプラグイン記事ですよね。(助かります。)

特に1位のマナブさんの記事の内容は素晴らしいです。(とても勉強になった)

大月
サイト高速化のキャッシュ&リダイレクトを.htaccess (ドット・エイチ・ティ・アクセス)で編集しているし、人気記事をphpをコーディングしているので、プラグインの数を極限に減らしております。

が!

とてもじゃないですがプログラミングすら知らないWordpress初心者には無理。(まず初心者だと.htaccessの場所すら分からないんじゃないかな。)

だったらプラグイン数を増やしてもサクッとインストールして1日で設定した方が良いですよね。

確かに、プラグインの数は少ない方が良いです。

これは間違いありません。

サイトスピードにも関わるし、プラグインの相性で不具合・更新などのメンテも含め、本来はWordpressのプラグインは10個以下がベストでしょう。

ですが、WordPress初心者には正直プラグインの機能が物足りないじゃないかなって思いました。

と言うわけで、WordPress初心者が1日で簡単に設定し、便利にブログが出来るおすすめプラグイン必須10選+α10選を紹介します。

大月

phpがいじれる人に取ってみれば、要らないプラグインが多数有りますが、初心者は欲しい機能があれば即インストールしましょう。

迷っていても1円も稼げません。

インストール後1日で設定できる初心者におすすめのWordpressプラグイン10選【必須】

Classic Editor

WordPress5.0以降のダウンロードをしてしまった人はおとなしくClassic Editor(クラシックエデュタ)を入れておきましょう。

Classic Editorは、Wordpress4台の編集画面にしてくれるプラグイン。

なぜ入れるインストールするかというと、バージョン4台のころの記事作成画面に比べ、Wordpress5.0台の編集画面はTwitter上でも騒がれたぐらい使いにくい・・・

正直Wordpressにおいて史上最悪の改悪といっても過言じゃないレベルです。

それくらい酷いです。

ブログ記事を楽々に書きたいのであれば即インストールしましょう。

注意

WordPressを4代でダウンロードする方法もなくはありませんが、セキュリティの関係上、Wordpressは5代に更新しましょう。
プラグインで編集画面をバージョン4台の頃にしている訳です。
大月

使い方は簡単で、プラグインをインストールして、有効化するだけで設定終了です。

AddQuicktag

AddQuicktagはショートコードによる生成するプラグインで、AddQuicktagの設定画面にあらかじめ使いたいコードを入れておくだけで、編集画面から簡単に呼び出すことができる超優れもの。

例えばアドセンスを記事本文内に複数個設置しようとしても、マスターポストやサンドイッチアドセンス等のプラグインでは複数個のアドセンス広告は差し込めません。

しかし、AddQuicktagを使えば簡単出来ますし、わざわざ別サイトでコードを取得せずに記事に挿入できますので、記事作成時間の大幅な短縮になるのです。

他にも「会話・グラフ・マーカー・メルマガLPの誘導分」などボタン一つで挿入できますから、是非導入しましょう。

大月

この会話もAddQuicktagに事前登録によるものです。

ストークを使えば、会話・ボックス・注意喚起などコードがAddQuicktagに対応したファイルをダウンロードすることで簡単に使えます。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

エックスサーバーからダウンロードするWordpressにはデフォルトで入っているプラグイン。

スパムコメントが数百件と届くWordpressにおいて、スパムをブロックしてくれる必須プラグインです。

APIキーを無料で取得すれば、ずっと使える優れもので、お問い合わせプラグインのContact Form 7と一緒に使えば、お問い合わせからのスパムにも対応してくれます。

とりあえず入れておけばOK

スパムメールを防ぐAkismetの使い方&設定法

All In One SEO Pack

SEO系プラグインで、ブログのキーワード設定・記事のデスクリプション&メタタグの設定が出来る優れもの。

更にサイトマップ作成や、サーチコンソール連携&SNS連携など、アクセスアップに必要な機能を兼ね備えております。

またSEO的に表示したくない記事をノーインデックスにも出来る為、SEO対策で柔軟に対応出来るので入れておいて損はないでしょう。

all in one seo packの設定方法&使い方を画像で徹底解説【サイトマップ設置まで】

但し、アフィンガー5exを使っている人は、All In One SEO Packと同じ機能がテーマ機能にあるので不要です。

大月

All In One SEO PackはWordpressユーザーが多く、セキュリティ上狙われやすいと言われておりますので、常に更新しておくようにしましょう。

またサイトマップ作成時に不具合が出やすいと良く聞きますので、サーチコンソールに登録するサイトマップはGoogle XML Sitemapsで作っていきます。

[/aside]

Contact Form 7

情報発信ブログなどを運営していると、クローズのアフィリエイトの広告掲載依頼や、読者さんよりお問い合わせがあったりしますので、お問い合わせフォームを設置しておきたいところ。

Contact Form 7はブログやサイトにお問い合わせフォームを簡単に作るプラグインです。

私は過去にお問い合わせフォームから、アフィリエイトの広告掲載依頼だけでなく、本の執筆依頼や、不動産投資のセミナー開催を企業にお願いされたことがあります。

ブログから貰った仕事のすべてContact Form 7経由なので、入れておいて損はないです。

なにげない情報発信が、意外なビジネスチャンスを招いてくれますから、お問合せ先は入れておくべきでしょう。

[voice icon="https://makerealestate01.com/wp-content/uploads/2019/10/akidasaisama3.jpg" name="大月" type="l"]

プラグインの数を減らしたいって事であれば、Contact Form 7を使わずにプロフィールにGアドレスをリンクする方法もあります。

私の場合、グローバルメニューにお問い合わせを入れたかったので、Contact Form 7を使っております。

 

Google XML Sitemaps

書いた記事がいち早く検索結果に掲載(インデックス)されるように、クローラーにわかりやすいサイトマップを作るプラグインです。(人が見ても分かりません。)

大月
要するにロボットが読み取る【地図】を作るプラグインです。

仮にサーチコンソールでインデックス申請をしても、地図がないとクローラーが記事にたどり着かずインデックスされない自体になりかねません。

そこで、Google XML Sitemapsにより地図を自動生成してあげる事で、わかりやすいサイトにしてあげている訳です。

クローラーが回りやすくなれば、結果として早くインデックスされ、結果的にアクセスUPに繋がります。

Google XML Sitemapsをインストールする際は【2019年版】サーチコンソール初期設定&使い方2選を解説【設定は3つだけ】で設定しましょう。

Table of Contents Plus

各記事ごと目次をタグ(h2・h3・h4・h5・h6)拾って自動生成してくれるプラグインです。

読者がブログを読みに来る前提として、まず全てを読みません。

最初に、自分が求めている情報があるか?・目新しい情報があるかを読む前に目次からチェックします。

(目次で読む価値があるかを判断してる)

目次がない時点で、読むのが面倒くさいと離脱されてしまいますので、ユーザビリティーを上げるためにもTable of Contents Plusの設置は必須でしょう。

 

TinyMCE Advanced

文字を書くときの装飾&表を作るプラグインです。

背景色をいれたり

文字を赤くしたり、

文字に下線を入れたりと

いちいちテキストでコードを入れなくてもワンクリックで文字の装飾を作れてしまう便利なプラグイン。

表も 簡単に
作れて しまいます。

それほど文字の装飾って必要か?って問いに対して・・・

読者は文字を読まず、文字を見ている人が圧倒的に多いです。

それ故に読めば伝えたい事が分かったとしても、ブログも黒文字一色だと何処が重要なポイント・伝えたい事が分からない為、重要なポイントは文字の色を変えたりして、文字に注目して貰う工夫が必要になります。

大月

私の文字の装飾ルールは、

「黄色い背景は注目して欲しいこと。」「赤文字は伝えたい事」にしてます。

 

Websub/PubSubHubbub

 

WebSub/PubSubHubbubは、ping送信のプラグインです。

ping送信はSEO対策になるだけでなく、コピペされDMCA侵害の申請を行う際に、ping送信をしておくことで、相手よりも先に記事を書いたことが証明できる方法になります。

インストールして、プラグインを有効化しておくだけでOKなので、SEO対策も踏まえて入れておくべきでしょう。

 

WP Fastest Cache

サイト速度を爆速化させるキャッシュ系プラグインです。

サイト速度がなぜ重要かというと・・・・

サイト速度遅いとこれだけアクセスが減る。

  • サイトが1秒遅いとCVが7%も減少
  • 読み込みに6秒掛かると直帰率が1.1倍(80%→88%)になる

サイト爆速化はアクセスUPを狙う上で最も重要と言っても過言ではありません。サイト速度上げる為のキャッシュプラグインなわけです。

大月
キャッシュ系プラグインで有名どころのW3 Total Cacheが絶対に入れないでください。(トラブル起きるので)

WP Fastest Cacheはキャッシュ系プラグインで唯一日本語に対応しているのでWP Fastest Cacheを入れておきましょう。

無料でも十分使えるんですが、PC版だけしか、キャッシュ対応出来ないのが玉に傷・・・・

プレミアム版を購入するとスマホでのキャッシュ生成・強力なHTML&CSS&JSの圧縮・Lazy Load機能が付くなど・・・特典が山盛り。

正直これはプレミアム版を約5,700円を出してでも購入して欲しいプラグインです。

私はWP fastest cacheを購入してページ速度を4秒早くなりました!

大月

.htaccess (ドット・エイチ・ティ・アクセス)からキャッシュを編集できる強者はこのプラグインは不要です。

ここまでが、プログラミングが出来ないWordpress初心者とって必須プラグイン10選になります。

次から紹介するプラグインは運営方法によって、必要でないものも出てきますので状況に応じて取得してください。

有ると便利なおすすめWordpressプラグイン10選【状況に応じて取り入れる】

Imagify Image Optimizer

個人的にですが、最強の画像系圧縮プラグインです。(投資すべきプラグイン)

まさかとは思いますが、画像をそのままアップロードしていませんよね?

画像が圧縮せずデータが重いままアップロードしてしまうと、サイト速度の読み込みが遅くなりますので絶対にNGです。

多くの方はEWWW Image Optimizerをオススメするのですが、圧縮率が3%~6%程度と低すぎるので、はっきり言って使い物になりません。

それに比べImagify Image Optimizerの圧縮率は50%~80%と桁違いの圧縮率なんですよ!(圧縮方法の違い)

しかもEWWW Image Optimizer同様に、アップロードしたら自動圧縮してくれますので手間は掛かりません。

唯一のデメリットを上げるとすると、無料で1ヶ月25M(200枚程度)までの圧縮しか出来ないが弱点ですが、そもそもEWWW Image Optimizerでは有料の方法が無料で使える分最強と言えるでしょう。

画像圧縮プラグイン最強imagifyの使い方【結論ewww image optimizerは不要】から是非インストールしましょう。

注意

圧縮率を一番強力なultraにしてしまうと、正直画像が粗くなってしまいますので美容系などのサイトの場合はその下のaggressiveかnormalにしておくのが良いでしょう。

それでもEWWW Image Optimizerより圧縮されます。

 

Imsanity

Imagify Image Optimizerと同時に使って欲しいのが、画像サイズを決められた大きさに変換してくれるImsanityです。

仮に幅2048✕縦1048の写真を圧縮したとしても、画像が大きいのでデータとしては200kb以上を越えてしまいます。

そこでImsanityで仮に728の幅に設定すると、幅728✕縦372の小さい写真に縮小され、結果画像を軽くすることに繋がります。

Imsanityの素晴らしいところは、既に記事に掲載している過去の画像も、一瞬で大きさを最適が出来ることです。

100記事以上作成するブロガーやアフィリエイターなら、wordpress画像リサイズプラグインImsanityの設定法&最適サイズを解説【1分で出来る】から取得しましょう。

設定も1分で程度出来ます。

とにかくサイト高速化が命です。

 

Simple Custom CSS

デザインを司るCSSをWordpressに追加するプラグインです。

基本的にはテンプレートの子テーマのスタイルシートにコードを書けばOKなのですが、希に反映されない時があります。

そんなときにSimple Custom CSSを使うと上手くいく場合があるので、使ってみてください。

大月

私の場合、カエレバのデザイン変更のコードを入れており、ストークの子テーマに記載しても反映されない事から使っていました。

現テンプレートの「Diver」では、CSSが反映されるので私は使っておりません。

 

PS Auto Sitemap

サイトマップには2種類有り、クローラーがみるGoogle XML Sitemapsが生成するサイトマップだとすると、PS Auto Sitemapは人がブログ全体の記事を見るためのサイトマップです。

最近のユーザビリティーを意識するトレンドにおいて、サイトの地図があった方が便利だと思って居ましたが、結局入れるのを辞めました。

絶対ではありませんが、記事数が多くなると読者が記事を探すのが大変になりますので、カテゴリー無いの記事を一発で見れるようなサイト作りとしてサイトマップを使うのが良いでしょう。

大月
設定も固定ページに1コードをコピペするだけで使えますので簡単です。

UpdraftPlus - Backup/Restore

バックアップ系の日本語対応のプラグインで、大まかな時間を設定すれば自動でバックアップを取ってくれるので便利です。

ただ、エックスサーバーやmixhostなどのレンタルサーバーを使っている人は、レンタルサーバー内でバックアップを取っているので不要だって言われる方もいらっしゃいます。

確かにおっしゃる通りです。

大月
もし間違えてブログを消してしまってもエックスサーバーであれば、電話対応&有料でバックアップの対応をしてくれます。

しかし、災害などでレンタルサーバー自体にもデータが消えてしまった場合は、自分でバックアップを取っていないと対処できなくなってしまいます。

万が一に備えて、レンタルサーバーでもバックアップを取得してくれるのと同時に自分でも保管して置くのがベストです。

保存先はグーグルドライブかdropboxに保存をすると良いでしょう。設定もめちゃくちゃ簡単です。

Simple 301 Redirects

基本的には要らないプラグインです。

ですが、一部のサイト記事を引っ越ししたいと思っていたり、既にhttpで運営していたサイトをSSL化を行う場合は必要なプラグイン。

サイト引っ越し時に、そのまま記事データをインポートしてしまうと、人が見ればサイトを移設したことがわかります。

しかし、クローラーから見たらコピペと見なされるか、全く別のサイトとして今まで受けていた評価が全くもって受けられないサイトになってしまうのです。

そこでSimple 301 Redirectsを使う事で、前サイトのアクセスを引っ越し後のサイトに飛ばしてしまう(評価の上書き)をすることができます。

Simple 301 Redirectsを上手く使えば・・・ブラックSEO対策でも。

あ。これ以上は(笑)

ホワイトでやる人は要らないかな。

Lazy Load

Lazy Loadは画像の読み込みを遅くするプラグインです。(サイト高速化プラグイン)

画像の読み込みが遅いと聞くと「え!ダメじゃん」って思うかもしれませんが、これは居酒屋の例で話すとわかりやすいでしょう。

例えば文字をお酒だとして、画像を食べ物だとしますよね。

Lazy Loadを使わないサイトは、お酒(文字)と食べ物(画像)を同時に出そうとしているお店です。

居酒屋ならさっさと乾杯を済ませたいので、お酒だけでも出して欲しいって思いますよね?

結果、商品が届かないので注文の途中でクレームを言う=サイトから離脱されやすくなるって事になります。

一方のLazy Loadを使った居酒屋は、文字というお酒をだして、読者に読んで貰いながら、適切な場所で画像を読み込みます。

その結果、上記の同時に文字と画像を出すサイトに比べて早く感じるのです。(離脱率が減る)

WP Fastest Cacheのプレミアム版を保有しているのであれば不要ですが、無い方は有効化だけでは意味なし?Lazy LoadでWordPressサイト速度を上げる設定方法を参考にインストールしましょう。

Pretty Links

Pretty Links(プリティリンクス)は短縮URLを生成し、生成したURLのクリック計測が行えるプラグインです。

主にメルマガやアフィリエイトリンクに使います。

メルマガスタンドでマイスピーを使っている人は、短縮URL&計測の機能が既に付いておりますので、特に不要でしょう。

Jetpack

WordPress.comが正式にオススメしているプラグインの1つであり、アクセス解析だけではなく、一度SNSのアカウントと連動することで、記事の自動投稿が出来る超優秀プラグイン。

ウェジェットを設定することで、Twitter・Facebookなどのタイムラインをサイドバーに差し込む事が出来るだけでなく、アクセス解析を生かした人気記事ランキングをサイドバーに差し込む事も出来ます。

ぶっちゃけ優秀すぎる。

人気記事生成プラグインといえば、WordPress Popular Postsが有名ですが、自サイトのDB(データベース)に書き込みをするWordPress Popular Postsはブログが重くなるのでオススメできません。

一方のJetpackはjetpack内のサーバーによるアクセス解析なので、サーバーに負担を掛けず軽いのです。

とはいえ、普通に使うと、デザインがかなりダサイので重いwordpress popular postsを使わず人気記事を表示する方法を解説でオシャレにランキングを作ってみて下さい。

またSNS自動投稿プラグインも使わなくて済むため、結果的にサイト高速化に繋がります。

broken link checker

ASP・物販アフィリエイトサイトに必須!リンク切れを教えてくれるプラグイン。

広告主がアフィリエイトプログラムを終了させてしまった場合、その記事のリンクはリンク切れとなってしまいます。

そのまま放置しておくとSEO対策でもマイナス評価の上、せっかくのコンバージョンが見込める記事に、商品が売っていないリンクに読者を飛ばすのは経済的に損です。

とはいえ、広告主がアフィリエイトプログラムを終了するタイミングをいちいち把握するのは無理があるもの。

そこで、broken link checkerを使う事で、一瞬で使えないアフィリエイトリンク・引用リンクを確認できます。

リンク切れを排除することで、新しい広告を貼ったりなどのサイトメンテナンスがしやすくなります。

物販アフィリエイトを行うならインストールをしておきましょう。

インストール後は何も設定しなくてOKです。(ツール→broken link checkerからリンク切れが確認できる。)

大月

ブログリライト時にも使えるので長期的な運営を考えているサイトにも入れておきましょう。

まとめ:Wordpressプラグイン20個超は使いすぎ。おすすめ以外のプラグインの数を減らそう。

WordPressのプラグインのおすすめで30個でも50個も紹介しているサイトがありますが、全部使うのはNG!

個人ブログでも20個以上で使いすぎの印象です。

15個程度で良いんじゃないかな。

プラグインを入れすぎると、サイトスピードが遅くなるだけでなく、プラグインの数だけセキュリティの穴を広げる事になりかねません。

プラグイン50個とか管理&更新できます?

無理ですよね。

WordPress開く度に何かのプラグインを更新しないといけないってなったら最悪ですし、プラグイン同士の相性の悪さで不具合が起きても解決に時間が掛かってしまいます。

プラグインを減らす努力は3つあります。

プラグインを減らす3つの努力
  • プログラミングを覚える
  • 多くの機能が付いている有料テーマテンプレートを使う
  • プラグインに投資する。

プログラミングを覚えるのは無理にしろ、

機能性が高いテーマテンプレートを使えば、プラグインの数は減らせるし(cocoonでAll In One SEO Packは不要)、高性能の有料プラグインを買えば、プラグインの数を2~3個減らせることも珍しくありません。

時間を掛けてプログラミングで解決出来ないのであれば、お金でサクッと解決してしまいましょう。

どうせ稼ぐんですから、稼ぐ道具には投資すべきですよ。(1万円以下やし。)

と言うわけで今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事