Diver リスト取り

どうも秋月です(@akituki_zidouka

WordPressのdiverって高性能なんだけど・・・・

アフィリエイト初心者:女性
diverってどんなプラグインを入れればいいのか分からない?私でも使いこなせるかな

WordPress経験者
今使っているプラグインは使えなくなるのかな?

などなど、アフィリエイターさんが作ったテーマ故に、リストを取るためのブログが作りにくいのでは?とか。

そもそもアフィンガー・ストーク・JINとかに比べて情報が少ないので、再現性あるか不安になりますよね。

結論から言うと、diverを使ってやりたいことが全部できています(#^^#)。

上記の通りにプラグインが激減し、更に人によっては不要なプラグインが出てきますので控えめにお勧め!

そこで今回はdiverを検討している人を始め、すでにdiverを持っているけど、どんなプラグインを入れていいのか分からない初心者様向けにオススメプラグインを紹介していきます。

秋月が使っているdiver専用プラグイン13選

ワードプレス初心者の必須プラグインはブログで稼ぐなら12個でOK!おすすめも紹介!とほとんど被ってしまいますがご了承ください。

気になるプラグインがありましたら、リンクをクリックしていただくと個別の使い方ページに飛びます。

diverで使うプラグイン
  • Akismet Anti-Spam:スパム防止
  • Classic Editor:昔の管理画面になる
  • Contact Form 7:問い合わせフォーム作る
  • Google XML Sitemaps:クローラーのサイトマップ作成
  • Table of Contents Plus:見出し作成
  • TinyMCE Advanced:投稿のフォントメニュー拡張機能
  • Websub/PubSubHubbub:即indexさせる&盗作防止
  • WP Fastest Cache:キャッシュプラグイン(控えめに最強)
  • Imagify Image Optimizer:画像圧縮
  • Imsanity:画像リサイズ
  • broken link checker:リンク管理

尚diver故に絶対に入れてはいけないプラグインもあります。

diverNGプラグイン(重複する)
  • All In One SEO Pack(デフォルト対応)
  • Jetpack:SNSの連動がdiverで直接可能
  • wordpress popular posts:アナリティクスのデータから出力可能
  • ZEBLINE:動くマーカー☚diver初期装備

上記の4つが私がSTORK➡DIVERに変更した際に停止したプラグインになります。

控えめにDIVERって超優秀ですよね。

ほかにも・・・・・

DIVERには不要プラグイン
  • AMPプラグイン:ワンクリックでAMP化可能
  • no self pingback:デフォルト装備

他のテンプレートでは必須と言われているAMP系プラグインも一切不要って言う点は本当に素晴らしいの一言。

アフィリエイト系のブログなら上記の11個のプラグインで十分楽しく運営できるでしょう。

ただリストマーケティングとして使うブログにはあと2つだけ入れたいプラグインがあります。

リスト集客ブログ故にに入れているテンプレートは?

私が入れている上記の11個以外に入れている残り2つのプラグインは・・・・

リストマーケティングに使えるプラグイン
  • TinyMCE テンプレート
  • AddQuicktag:ショートコードプラグイン

この2つを組み合わせて使います。こんな感じでサクッと広告画像が出てくるんですよね。

秋月
ごめんなさい。想定よりクリック率が悪かったので、今は利用していません
ただ、人によってはアドセンス広告並みのクリック率2%以上の可能性もあります。

やり方としてTinyMCE テンプレートで事前に設定したショートコードにAddQuicktagに登録して一瞬で出しています。

TinyMCE テンプレート取得後、左下のテンプレートを選択

記事を執筆するように、広告リンク(LPへのアクセス)を作っていきます。

秋月
ここでアフィリンクへの誘導文&アフィエイトのすることも可能です。
全記事でやると失敗します⇐(転職テンプレサイトになる)

これで記事に上記で設定したテンプレートの内容が出るようになりました。

ただ、設置に時間がかかるので、サクッと設置できるAddQuicktagを使って、簡単にテンプレートを設置できるようにしましょう。

これをアドセンス広告の様に毎記事貼る事で、ページPVの1%~2%をメルマガ・ラインアット登録フォームに飛ばすことが可能になりますよ。

広告の受けが悪ければ、事前に設定したTinyMCE テンプレートの内容を変えることで、設定した全記事を一瞬で変えることも可能です。

LPへのアクセスが少ない・・・って方は是非試してみて下さい。

秋月
全記事に設定をするのが面倒・・・って方はウェジェット機能のh2前に広告を置いておけばOKです。

以上の13個が私がDIVERで使っているプラグインになります。

あとは必要に応じてプラグインを追加してみて下さいね。(多すぎNG)

今回は以上です。

Diverって凄く気になるんだけど、購入すべきか迷っている方は是非!

【5大特典付】WordPressテーマ「DIVER」の評判を半年の使用経験からレビューしますを読んで、17,000円相当の特典を手に入れて稼いでいきましょう。

今回は以上です。

コメントを残す

Wordpressテーマ「DIVER」もっと早く出会いたかった【秋月5大特典付き】
Diver 購入

シンプルシティ・コクーンと無料テーマを始め、ストーク・アフィンガー5exの有料テンプレート経て、ようやく心の底から「このテーマを使って良かった!」と思えたのが、DIVERでした。

アフィリエイトサイトでも収益性が高くなるのは勿論ですが、リアルビジネスやあなたのサービスを提供するための「情報発信サイト」こそDiverは最も活躍します。

Diverを手にしたら、おそらく他のテンプレートに変えようとは思わなくなりますよ。

販売価格 : 17,980円 (税込)/当サイト限定購入5大特典あり
無期限・無制限メールサポート付き/無料バージョンアップ有り

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事