新サーチコンソールのドメインプロパティの登録方法&メリットを解説

2019年2月27日頃に出始めたサーチコンソールのドメインプロパティですが、何のために使うか疑問に思っている人も多いのではないのでしょうか?

私も最初はドメインプロパティってなんだって思っておりましたが、実はこのドメインプロパティでサーチコンソールに登録すると便利なのです。

結論から言うと、正しくサーチコンソールに設定をしていないと、グーグルの評価取りこぼしていた&重複コンテンツ扱いされている可能性がありました。

コピペもせずに一生懸命記事を書いているのに、重複コンテンツ扱いって最悪ですよね・・・

ですが、ドメインプロパティでサーチコンソール登録するとそれが一気に解消されます。

しかも設定の手間が減り余計に簡単になりました。

今回はドメインプロパティを使うメリットを始め、ドメインプロパティによる新サーチコンソールの登録方法について解説いたします。

 

新サーチコンソールのドメインプロパティとは?ドメインプロパティを使うメリット

ドメインプロパティとは、httpやhttpsを始めwww.の有無、サブドメインを踏まえたドメインを1つにまとめる大きな箱のようなものです。

ドメインプロパティができる前のサーチコンソールは、httpsから始まるドメインを作っても、httpやwww.有無の残りの3パターンがあるため、それぞれをサーチコンソールに登録し、すべてのサイトマップへの通知や評価を現在使っているドメインに集約させる手続きが必要でした。

なぜなら、httpsで受けていた評価と、使っていないhttpにも評価が行くことで、最大限グーグルから評価を得られないデメリットがあります。

更に、httpから始まるドメインと、httpsから始まるドメインはグーグルにとっては全く違うドメインの為、httpとhttpsから始まる同じ記事がインデックスされてしまった場合、重複コンテンツ扱いになる可能性があるのです。

よって、今まではSSL化後のサーチコンソール再登録は順位が下がる?即やるべき1つの対策を行う必要がありました。

ですが、すべてのドメインをまとめた箱であるドメインプロパティを使うことで、4パターンをサーチコンソールに登録して統合させる手続きが減ったっていうのが最大のメリットです。

では、面倒な作業が無くなるドメインプロパティを使ったサーチコンソールの登録方法を解説をしていきます。

新サーチコンソールのドメインプロパティの設定方法を解説:DNSレコードによる所有権確認

 

まず新サーチコンソールにアクセスし、ドメインプロパティに登録するドメインの入力をしてください。

サイトURLを登録するので、左側のドメインを選択します。※大きな1つの箱を作るのでhttp系は書かないでください。

ドメイン入力後、新サーチコンソールと連結するサイトの所有権確認画面が出てきます。

下記画像の赤井四角のコード内容をコピーしてください。

DNSレコードによる所有権確認が必要なるため、レンタルサーバーのDNSレコード設定から行っていきます。

私はエックスサーバーを利用していますので、エックスサーバーによる解説になりますが、どのレンタルサーバーも基本的にはやることは同じです。

 

DNSレコード設定を選択したら、下記の赤井四角のDNSレコード追加を選択

DNSレコード追加画面の「種別」をTXTに変更し、内容にサーチコンソールに出てきたコードを貼り付けます。

以下の画像のように設定してください。

これで確認画面に進めばOKです。

これにて、ドメインプロパティで登録時に必要なDNSレコードによる所有権確認設定は終了になりますが、この確認方法のデメリットは、確認までにマジで時間がかかるってことです。

よって、すぐにサーチコンソールで所有権確認できませんでしたって出てきても焦らないでください。

私が時間を計測したところ、DNSレコードを設定してから、シャワーを浴びた30分かかりました。

レンタルサーバーによっては、DNSレコードの確認までに1時間かかっても珍しくないようです。30分は1つの目安としてみてもらえると良いでしょう。

設定方法は上記の内容で間違えがありませんから、時間さえ立てば、所有権は確認できます。

お疲れさまでした。

すでに4つのドメインを登録した方であれば、ドメインプロパティによる再登録は不要だと思いますが、これから新サイトを立ち上げる場合は、DNSレコードによるサーチコンソールの登録を行うほうが無難でしょう。

サーチコンソールに登録が完了したら、google xml sitemaps設定からサーチコンソール連携&所有権確認法を解説のようにサイトマップを作ってみて下さい。

秋月

ドメインプロパティによる所有権確認は、従来の方法より時間がかかるデメリットがありますが、非常にわかりやすい為、ブログ初心者にはうってつけの方法でしょう。

サーチコンソールの登録はブログを始めるスタートラインにも満たないので、さっさと登録を済ましてしまいましょう。

今回は以上になります。

サイトマップ作成も済ませたのであれば、プログラミングができない初心者おすすめWordPressプラグイン10選+αを徹底解説で紹介しているプラグインで快適なブログ運営を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です