在宅ワークで手堅く稼ぎたいからWebライターを始めてみたけど、どんな仕事を受ければいいか分からないなって悩んでいませんか?

Webライターというお仕事にはルールがありません。

故に「経験を積むために何でも仕事受けよう・・」って考えの方もいるかもしれませんがそれはNGです。

「副業でWebライターやっても稼げない!」という記事、目にする機会も多いと思います。

 

副業としてやるからには、時間という制約があります。

効率良く稼ぐ為には色んな方法がありますが、まずはジャンルを絞りましょう。話はそれからです。

 ただそう言うと・・・

在宅ワーク初心者
ジャンルを絞ってしまうと初心者の私にできる仕事が無いんじゃないか?不安だな・・・

って思うWebライター初心者の方も少なくありません。

そこで今回は経験談を踏まえながら、ジャンルを絞ることで得られるメリットと合わせて、初心者にオススメジャンルを解説します。

大月
オススメジャンルは個人的主観によるものですが、ほぼ間違いありません。
逆に初心者NGジャンルもありますので要チェックをお勧めします。

副業Webライターはなぜジャンルを絞った方がいいの?

幅広いジャンルの記事を書こうとすると正直効率が悪いだけでなく、時給200円以下になることはざらです。

Webライターは始めるにあたって、特別な機材や専門的な知識を必要としません。

故に“副業の”Webライターという職種上、Webライターにはライバルが多く価格競争に巻き込まれます。

その結果、駆け出しのWebライターの1文字の単価は0.2~0.5円と非常に安くなってしまうんです。

 

必死に3000文字の記事を書いても、最安値では600円の価値にしかなりません。

ちなみに私のデビュー記事(アニメ系)は3000文字の記事に4時間かかり時給に換算すると、なんと200円でした。

これを聞いてどう思いましたか?

絶望しますよね。しかしスキルを持たずしてライバルと同じ土俵で戦うとこうなります。

少しでもライバルを減らすライターさんになる為には、他のライター達と差別化するしかありません。

初心者が今すぐできるライバルを減らす行為こそ”ジャンルを絞る”なのです。

ジャンル選定が差別化の第一歩になります。

とはいえ次の疑問が出てきますよね。

ジャンルを絞ることで仕事が減るのでは?安心してください!仕事は沢山あります。

 

ただでさえ仕事を受注するのが大変なのに、ジャンルを絞って大丈夫?という不安も、確かにあると思います。

確かに、手当たり次第に記事を書いている現状からは一時的に減ってしまう可能性が高いです。

それでも、今はいろんなクラウドソーシングサイトがありますので、全く仕事がなくなってしまうという事はありません。

例えばクラウドワークスの全体のライティングの仕事は1,700件(2019年11月) です。

しかし現実1700件も見ませんよね?

ではジャンルを絞ってみましょう。恋愛の場合は120件

美容の場合は100件はあります。

100件を超えている仕事もありますから、ジャンルを絞っても仕事は無くなることはありません。

さらに言えばクラウドワークスだけじゃなく、ランサーズその他クラウドソーシングサイトにも仕事はあります。

手当たり次第書いている現状を続けても長期的に収入は上がらないです。

すぐに限界が来ます。

 そうであれば、今後の投資だと考えジャンルを絞りましょう。

他のWebライターとの差別化を図る為にも、勇気を出してジャンルを絞ると以下の3つのメリットが付いてきます。

Webライターのジャンルを絞ることで得られるメリット3

何度も言うようですが、

主婦や在宅ワークの“副業”ライターとしての成功の近道は「ジャンルを絞る」事です。

ジャンルを絞るメリットは以下の3つ!

Webライターがジャンルを絞る3つのメリット

  • リサーチの時間が減る
  • 実績・専門性が上がり単価UP
  • 信頼性があがり仕事が増える:コラムもかける場合もある

1つずつ解説していきます。

リサーチの時間が減る

とにかくリサーチの時間が減る事こそジャンルを絞る最大のメリットかもしれません。

考えても頂きたいのですが・・・

記事を書いている時、何に一番時間を使っていますか?

Webライティングは“リサーチ8割”と言われるほど、リサーチに時間に使います。

大月
私もブログもライバルサイトリサーチ・タイトル・見出し構成・見出しの順番に1時間くらい使います。
酷い場合は記事を書くよりも時間を使っちゃいますね。

 

リサーチは記事の質を保つために絶対必要なものである一方、できれば短くしたい・・・というのが本音ですよね?

その解決策としては、「知識をつける」という方法しかありません。

だからこそ、ジャンルを絞るという事がおすすめなんです。

同じジャンルを書き続けることで、知識をつけることで使いまわすことが出来ます。

最終的にはリサーチに時間を掛けずに執筆ができるようになるというのが最大のメリットです。

実績・専門性が上がり単価UP

そして、2つ目のメリットは「文字単価があがる」という事です。

ここで1つ例に挙げます。

あなたが美容系の商品のアフィ記事を書いてほしいとします。

以下の2人ならどっちに高い文字単価で記事を書いてほしいですか?

ライター比較事例
  • 沢山のジャンルを書きまくった実績100のWebライター
  • 美容系記事に特化した実績100のWebライター

もちろん専門知識があるWebライターですよね。

 美容系記事に特化したライターさんなら、アフィリしてほしい商品を使ったことがあるかもしれません。

そんな人だったら+0.3円くらい文字単価を上げても全然いいですよね!?

多少の文書構成が荒削りであったとしても、より専門性が高い記事をクライアントは求めています。

そんな中で、色んなジャンルを書いていると、あっちこっちリサーチをして何となく得た知識をなんとなく書いてませんか?

それではクライアントも、文字単価を上げてまで契約したいとは思いません。

専門性が高く、知識あるWebライターであるという事がクライアントに伝わり始めると、3つ目のメリットが出てきます。

信頼性UPで仕事が増える:コラムもあるかも

実績がたまり書いた記事で結果を出すと、アフィリエイターや企業からクラウドソーシング上のサイトでは絶対に出てこない仕事が貰えます。

以下のツイートをご覧ください。

書いた記事で結果を出すと、アフィリエイターなら新規サイトの記事作成(高単価)だったり、法人だったら紙媒体のコラムの仕事がもらえることもあるのです!

ジャンルを絞り、専門性を高めることができれば、「執筆スピードUP×文字単価UP×受注数UP」と稼げるWebライターへまっしぐらですよ!

大月
紙媒体の仕事は本当に美味しいですよ。
1記事1000文字で2万とかの案件もありましたので
それではジャンルを絞る重要性が分かっていただけたところで、オススメジャンルを紹介しますね。

初心者Webライターオススメジャンル5選

私が過去に見たり、依頼した記事を見て初心者Webライターでも書きやすいジャンルを紹介しますね。

以下の5つのどれかに絞るのがお勧めかと。

初心者Webライターオススメジャンル

  • 恋愛系(自分の経験が書きやすい&市場が大きい)
  • 美容系(毎回新しい商品が出るので仕事豊富)
  • 金融系(ライバル少な目・単価高い)
  • スポーツ系(トレンド関係でネタ増える・専門性が高いと尚良し)
  • 転職系(体験談が使える・経験値が常に増える)

1つずつ解説しますね。

1.恋愛系ライター(自分の経験が書きやすい&市場が大きい)

恋愛ライターの平均文字単価は0.5円~0.8円が多く、決して文字単価が高いとは言えません。

しかし、何より自分の恋愛した経験ベースなので、書きやすいのが最大のメリットです。

恋愛市場も大きい為、常にいろんな仕事や体験談を求めている人が多いので仕事がなくなるってことはありません。

恋愛系で書いた記事を応用して、外見UPの為の2番の美容系と組み合わせても面白いでしょう。

2.美容系ライター(毎回新しい商品が出るので仕事豊富)

 

美容系ライターもとにかく毎日のように新商品が発売されます。

よって市場が飽和して、「仕事無い・・・」ってことはありません。

美意識が高い方は商品の特徴だったり、商品を使った経過・感想を書く事でアフィリエイターから喜ばれる記事が書けるのが特徴!

信頼を勝ち取って、新サイトの構築をお願いされた場合は高単価案件を貰えるかもしれないので美容系ライターもお勧めです。

3.金融系ライター(ライバル少な目・単価高い)

 

金融系は知識がないと難しいですが、それゆえ文字単価1円~2円ぐらいの記事の仕事が豊富。

1記事5,000円を超えることも珍しくありません。仮に2時間で掛けたら時給2,000円越えですね

仕事は多いですが、なんせ知識を持っている人が少ない。

故に需要>>供給になりやすい上、アフィリエイト報酬が高いのでライターの文字単価も高いのです。

本業が金融系であれば、本業の知識を使って書いてみてはいかがでしょうか?

大月
私も本業の知識を使ってブログを始めました。
最初に勉強不要で高単価ジャンルが書けるWebライターはかなりお勧めですよ。

4.スポーツ系ライター(トレンド関係が多い・専門性が高いと尚良し)

 

スポーツ系ライターもオススメ。

単価は恋愛と同じかちょっと低めの0.4円~0.8円の依頼は最も多く、記事を書かないと稼げないジャンルですが、とにかくネタが豊富。

大会情報などを書くので、ラグビー好き・サッカー好きとか1つのスポーツが大好きならその知識をフルに使ってお金に変えることが出来ます。

しかも毎日情報が変わり、新しい選手・試合結果がでますから、ネタが尽きることはありません。

注意

メジャー系スポーツなら問題ありませんが、マイナー系スポーツだと仕事が無い場合があります。
得意スポーツの執筆依頼があるかを確認してからジャンルの絞り込みをしましょう。

5.転職系ライター(体験談が使える・経験値が常に増える)

最後に転職系ライターです。

過去に転職した経験談や、転職エージェントサービスを使った感想などをまとめる仕事です。

単価はまちまちですが、0.4円~1円ですね。

体験談のみの募集が多くリサーチ不要で書けるのはメリットですが、1度書いてしまうとほかで代用することはできない為、案件選びは慎重にやったほうがいいです。

とはいえ初心者Webライターにとってはいい仕事ではないのでしょうか?

大月
以上が初心者Webライターにお勧めしたいジャンルです。
次はWebライター初心者でも手を出すと消耗するやってはいけないジャンルを紹介します。

初心者Webライターが手を出してはいけないジャンル

初心者が手を出してはいけないジャンルは、ネットの情報をまとめるだけで記事になりやすい=アニメ・エンタメ系の記事作成です。

これだけは手を出してはいけません。

下記の仕事をご覧ください。

酷いですよね・・・文字単価0.1円です。

しかもこれ企業が出している案件なんですよ。

数の暴力&持っているドメインの強さだけで上位表示を狙うやり方なので、あなた自身のSEOライティングのスキルが身につくことはありません。

日本語さえ書ければよいのです。

しかしWebライターで稼ぎたい人はSEOスキルを身につけないと高単価を取ることが出来ません。

ネットの記事をまとめ直しで文字単価0.1円~0.3円以下でやるべきなのでしょうか?

はっきり言ってこんな仕事を受けていると時給100円以下になります。

絶対に手を出さないでください。

まとめ. 得意な専門分野が確立すると、自分のブログ記事を作成しそこからも収入UPが可能!

興味のないジャンルを調べて、記事を書くは無理

楽しくないことは続かずにすぐに辞めます。

なので仕事が減ってしまうという恐怖はあるかもしれませんが、勇気を出してジャンルを絞ってみてはどうでしょうか?

1つじゃなく2つで良いでしょう。

そして次のステップとしては、個人ブログを始めることがおすすめです。

記事を書く練習にもなりますし、専門的な知識を纏めたブログを作ることで、クライアントへも「こんなに知識がありますよ!」というアピールにもなります。

Webライターとして稼ぐためにも役立ちますし、そもそもブログで収益を上げることも可能です。

最初はなんか難しそう・・と感じるかもしれません。

何もしなければ練習は練習のままですが、せっかくならブログでもお金を稼ぎましょう!

今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事