1分でブログが軽くなる?画像リサイズ【Imsanity】の設定方法

あなたは画像のデータ圧縮しっかり出来ていますか?

実は画像圧縮だけでは、ブログ運営においての画像圧縮処理は完ぺきではありません。

私も恥ずかしながらつい先日まで、しっかりと画像圧縮処理が出来ておりませんでした。

画像のデータ圧縮する方法は主に2つ。

画像圧縮処理の2つの方法

☑画像自体を圧縮する

☑画像のサイズを最適化する

この2つです。

画像圧縮だけでは足りないのです!

画像自体の圧縮はimagifyでOKですが、画像のリサイズについては、今回紹介するImsanityを使えば、わずか1分で画像サイズ最適化が無料で出来る超優れものプラグイン!

imagifyとImsanityの2つの設定を1度やれば、自動化で画像圧縮を行うので、画像によってサイトが重くなることを防ぎます。

今回はImsanityの設定方法と、リサイズするべき理由についてご紹介させていただきます。

秋月

このプラグインは個人的に神プラグインの1つです。

もっと早く出会っていれば良かったって本気で思っていますので、ぜひ是非取り入れてみて下さい。

 

なぜ画像をリサイズする必要があるの?!

 

デジカメなどで写真を撮ると幅2160px✕縦1180pxの画像として処理されますが、ブログのコンテンツ幅は横600~700px・サイドバーを入れても1100pxです。

WordPressは便利なので、2160pxの画像を張ったとしても、はみ出すことがなく自動比率で縮小してくれます。

仮に700pxまでだった場合、700÷2160=32.4%の比で画像処理され、横700pxの縦382pxとして掲載されるのです。

しかし、WordPressが勝手に32.4%のデータ量に圧縮されたんだ!って思うのは大間違いです!

 

WordPressは画像の縮小を行ったに過ぎず、使用している画像のデータ量は2160pxのクソ重い画像を利用したままなのです。

 

デジカメなどで撮る写真は1MB(1000KB)を越え、このまま圧縮せずに利用するのは言語道断。サイトが重くなり直帰率が増加します。

仮に圧縮したとしても2180pxの画像の圧縮をしたことになるのでまだ足りません。

実際利用する700pxまで画像をリサイズして画像を小さくすれば、画像が小さくなった分だけ画像データが軽くなるわけです。

よって、画像のリサイズは画像圧縮と同じぐらい重要。

ですが、画像をアップロード前に、ペイントなどで画像リサイズをするのはめんどくさ過ぎるので、現実的ではありません。

そこで1度設定したら自動でリサイズしてくれる素晴らしいプラグイン【Imsanity】を使います。

 

1分で画像リサイズ!Wordpressプラグイン【Imsanity】の設定法

 

Imsanityを使う前に2つだけ注意点があります。

☑一度リサイズされた画像は元に戻せない。

☑設定よりも小さい画像はリサイズされない。

1度リサイズしたら最後、その画像は元のサイズに戻すことが出来ませんので、初めての設定時には必ずバックアップを取っておきましょう。

バックアップを取ったら、早速Imsanityを使っていきます。

 

インストール終了後、有効化にして設定画面に行きます。

設定画面に行くと、画像のリサイズ幅の設定ができますので、サイズを変更して下さい。

私の場合は728pxで変更しておりますが、アフィンガーは640pxがお勧めです。

※0に変更すると、幅に合わせて自動比でリサイズしてくれます。

なぜ640pxにするかというと、AFFINGERの記事エリア幅を変更する色々なパターンをまとめましたを見て、640pxにしたところPCでもベスト位置だったので640を採用しています。

960とかに設置する方が多いのですが、それだとあんまり削れていないですよねって印象です。

最終的な判断はお任せしますが、pxを設定する際はサイドバー部分は含まないように計算しましょう。

あとは右下の変更を保存をクリックすればOKです。今後アップロード画像が設定幅より大きい場合は自動的にリサイズされます。

ここまで1分でおわりますね。簡単すぎる・・・

 

これで設定は終わりました。残りはプラグインを入れるまえの画像の最適化です。

これもすぐに終わります。

画像を検索を押すと、過去に取得した画像250枚がでますので、検索終了後、サイズを変更するをクリックすれば終了。

1回につき250枚までしか検索できないので、ブログ運営歴が長ければ2回・3回と行えばOKです。

今回は以上です。

ほかのWordpressお勧めプラグインについてはプログラミングができない初心者おすすめWordPressプラグイン10選+αを徹底解説をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です