0からアドセンスで月10万を1ブログで稼ぐ最短ルートを解説【8STEPです】

あと、ブログで月10万円稼げば人生変わるのにな・・・って0から稼ぎたい人に実績作りとしてお勧めなのが、クリック型広告のグーグルアドセンス。

アフィリエイトと違い、ライバルが弱く、確実に収益を稼ぐことができるので、モチベーションを保ちやすくブログが続けやすいというメリットがあります。

しかも、グーグルアドセンスは1度プログラムを貼っておけば、アカウントがBANされない限りずっと放置状態でOK!

仕組みを作り上げれば、月10万以上を放置で稼げるようになるのも決して夢ではありません。

が!

グーグルアドセンスにも王道・やり方が存在します。

ブログの作り方を間違えてしまうと、ごみブログ&稼げない・時間だけ無駄になるという最悪な結果に・・・

半年続けてブログで1000円稼げた!やった!って思っている人もいますが、はっきり言ってバイトしたほうがマシですよ。

おとなしく、せどりをやりましょう。

これからブログを始める方には、そんな思いをして欲しくありません。

前置きが長くなりましたが、これから紹介する8つの手順を踏まえたブログ構築をすることで、4か月~6か月後にアドセンスだけで10万を達成できる方法を公開します。

これは、裏技とかではなく、あくまでも王道をお伝えします。

よって再現性は非常に高いでしょう。

ブログ運営を始めて行う人や、収益に悩みを抱えている人はぜひご覧ください。

秋月
私自身この王道を無視してしまい、アドセンスで月10万を稼ぐのに1年3ヵ月も掛かった反省の記事でもあります。

はっきり言って、ここを無視して、書きたいことを書く自己流のブログ運営では一生稼げません。

私の失敗談は【アドセンス実践記】月10万達成時の記事数と大失敗6選を紹介【真似するな】で紹介しています。

0から始めるブログ初心者がアドセンスで月10万を稼ぐ8つの手順

手順1:アドセンスはジャンル選定が命!

アドセンスは、クリック率・クリック単価もとても重要な部分になりますが、それ以上に重要なのがアクセスです。

はっきり言って、このテーマ選びでミスると、あとで紹介する7つの手順も全く持って意味がありません。

ジャンルによるアクセスの重要性を理解してもらう為にも、1つ例を挙げて解説します。

私の失敗した不動産ブログは8.7万PVに対して、クリック率2%・アドセンス報酬が約11万のPV単価が1.2円。(クリック単価63円)

一方で仮に高校野球ブログを作り、月50万PVを達成した場合、クリック率1%のクリック単価が30円だったとしても、5000クリック×30円=15万円も稼げるのです。

アドセンスの収益はクリックしてくれる人数(PV)を集めれば集めるほど、収益が高くなります。

とはいえ、50万PVもあつめられるのか?って疑問に思うかもしれませんが、トレンドを狙えば比較的にPVは稼げます。(作業量は必要ですが・・・)

ここまで前置きが長くなりましたが、これから1ブログで10万を稼ぐテーマは以下の通りです。

アドセンスで選ぶべきテーマ
  • 常にトレンドがある。
  • 検索ボリュームがある(検索需要が常にある)
  • アフィリエイト案件がない(強力なライバルがいない)

この3つを意識ましょう。

詳しくはアドセンス初心者に単価が高いジャンルは難しいと断言する【稼げるジャンルは3つ】をご覧ください。

手順2:テーマの情報収集を行う。できるだけアナログを意識!(雑誌を読む)

1番のアドセンスブログのジャンルが決まったら、ライバルサイトよりも質の高い濃い記事を作る為の情報収集を行う必要があります。

この時に情報収集するときのポイントがありまして・・・雑誌を見るってことです。

ネットだけで情報収集をしてはいけません。

ネットだけの情報であればライバルサイトも収集できる為、差別化もできない上、仮にライバルよりも先に記事を書いたとしても、元々あったドメインパワーでつぶされてしまいます。

ネットだけの情報をまとめているトレンドサイト・アドセンスサイトが多い中で、あなたは雑誌・専門書を購入し、具体性のある記事を書いたらどうなるでしょうか?

ネットだけの情報に飽き飽きしていた読者が、あなたの専門性のあるサイトを呼んでくれるようになります。

その結果ページPV&滞在時間も上昇し、インデックスが早くなる・SEO対策につながるのです。

ネタ探しについては特化ブログのネタ切れパターン3選を解決する5つのネタ集めとは【250記事は余裕】もご覧ください。

手順3:ブログ設計を行う事・行き当たりばったりで書いても稼げない。

ブログ設計は必ず行うようにしてください。具体的にはここを意識してください。

ブログ設計で意識するポイント
  • コンセプト(ブログ全体で何を届けるのか?)
  • 読者設定
  • カテゴリー構成
  • キーワードを集める・記事を書く時に迷わない為

コンセプトを決めないサイトは専門性がありません。

軸がないブログは、自由すぎて記事を書く時のネタ探しにも苦労しますし、万人受けしかしない記事を書いても刺さらない記事の為、反って読まれなくなります。

そして読者設定も大事です。

どんな人が読むのか?(女性が読むのか・男性・お年寄り・子供)

この辺が上手く決まっているサイトと、決まっていないサイトは、記事構成や選ぶキーワードも異なってきます。

 

例えば、野球サイトを作ろうと思った時に、プロ野球を書くのか、高校球児を書くのでは読者層が変わると思いませんか?

高校野球はトーナメント制で、1回負けたら終わりです。

一方のプロ野球は144試合中の1試合に過ぎません。

高校野球の全力プレイが好きな人がいれば、プロ野球にしかない戦術・選手の組み合わせが好きって人だっているでしょう。

また、同じ野球でも見るのが好きな人と、野球が上手くなりたい人も違います。

そんな人に提案する記事としては、野球がうまくなる方法を書いてあげたほうが良いかもしれませんよね。

こんな感じでコンセプトと読者像を決めていきます。

尚、読者像をしっかり決めておくと、アドセンスだけでなくアフィリエイト案件も繋げられますのでオススメです。

ちなみに、プロ野球と高校野球のブログの場合、高校野球のブログの方がアクセスが稼げます。

プロ野球はすぐにニュースサイトが書いてくるので、ズラシ・特定の思考・戦略を書いていかないと稼げないでしょう。

 

いやいや・・・初心者にブログの設計が無理って思うかもしれません。

その場合は、同じテーマを運営しているライバルサイトを研究してみて下さい。

ライバルサイトはすでに結果を出しているサイトであり、あなたの答えがたくさん書いてあります。

アドセンスの配置など、非常に役に立つでしょう。

手順4:アドセンスの申請をする。プロフィールなどの書き忘れ注意

ブログ記事を書けるようになったら、マネタイズの主役になるアドセンスの申請を行います。

昔のアドセンスブログは日記ブログでも通ったのですが、ブログの参入者が増えたことから、質の高いブログにしかアドセンスプログラムを使わせないようになっているのです。

今ではプロフィール・アドセンスの規約まで掲載しなければなりません。

っと、ここまで厳しいことを言いましたが、ルールを守ればアドセンスは通りますのでご安心ください。

2020年版│アドセンス審査に落ちた人の共通点2選&一発合格のコツを解説【簡単】の技を使って、アドセンスをサクット通してしまいましょう!

仮に合格しなくても何回も申請ができますから、通るまで諦めないで下さいね。

手順5:アクセスはタイトルが命!タイトル付けをミスると検索上位に行かない。

ブログのテーマ&ブログ設計・ライバルチェックが終わったら、実際に記事を書いていきます。

記事で一番重要なのが、本文よりもタイトルの設定!

特にアクセス勝負・ライバル不在のジャンルは記事の内容がショボくてもタイトル次第でアクセスは集まります。

逆にタイトルの設定を間違えると、仮に検索順位で上位がとれても、興味を持ってもらえず、クリックされずにアクセスが稼げません。

手順6:記事に書く事は検索キーワードの答え・あなた独自の情報・ストーリーを書く

では何を書けばいいのか?

結論から言うと、検索キーワードの答えを書いてあげることです。

それもただ検索キーワードの答えを書いてあげるだけでなく、あなた独自の体験・情報・ストーリーを書きましょう。

そのために、雑誌という貴重な情報が必要になるのです。

記事を書く時に要注意なのが、「キーワードの羅列&タイトルの釣り&分かりませんでした」のブログは作らないでください。

ブログ記事は価値を提供して初めて稼げます。

アクセス欲しさに、タイトルで釣ったりすることはやめましょう。

詳しくはブログが検索で上位表示されない理由は?1位狙う上位表示のコツ5選を使いながら記事を書くと、アクセスも集まりますよ!

手順7:最初はショートレンジ(2週間後にトレンド)などの近未来にアクセスが稼げそうな内容を書く!

ブログ初心者の内は、アクセスの少なさに絶望感を覚えるかもしれません。

早くアクセスを集めるためには、2週間後にあたりでトレンドになりそうな記事を書きまくることです。

ここでロングテールの検索ボリュームが少ない(10~100)を書きまくると、すぐにアクセスが集まりません。

アフィリエイトブログはそれでOKですが、アドセンスブログは1番で決めたテーマのトレンドを中心に書きましょう。

では、なぜ2週間後なのかというと、ライバルが不在だったり、あなた自身のブログ記事がインデックスされるのが遅い場合があります。

あなたの記事がインデックスされないのに、速報系の記事を書いても、検索結果に載る頃にはトレンドが終了しているゴミ記事です。

そうならない為にも、インデックス時期を見越して2週間後にトレンドになりそうな記事を書きまくりましょう。

それを知るために、雑誌を手に入れるのです。

ヤフーテレビでは1週間分しかわかりませんが、テレビジョンなどを見ると1ヵ月先のテレビ情報までわかりますし、業界紙であればよりトレンド予想あったりします。

よって早い段階で、1か月後の情報を仕込んでおけば、ライバル不在であなたのサイトにアクセスが集まりやすくなるでしょう。

手順8:SEOから逃げるのは禁止!GRC等を設置して記事を計測する(改善)

ブログを構築したら、後は記事を書くだけです。

しかし、キーワードを狙って書いた記事がグーグルで何位を取れているのか?

これを知らずして、ブログで稼ぐっていうのは難しいでしょう。

Googleで上位表示を取ることが、アドセンス・アフィリエイトで稼ぐ上で最も重要なことになります。

秋月
内部リンクで成約を狙うアフィリエイトと違って本当に稼げないんですよね・・・

そのチェックを怠るってことは、改善する気なしのやったらやりっぱなしブログです。

自分の書いている記事のやり方であっているのか?を常に計測していきましょう。

仮に20位の記事だとGRCで分かった時、上位記事にあって、自分の記事にないものを付け加えていくことで、検索順位は1ページ目(10位以内)になることは良くある話です。

全くアクセスがなかった記事が、少し手間を加えて1日10pv~100pv稼ぐ記事になるほど楽で嬉しいことはありません。

なぜなら、そのリライト手法は今後も使えると分かったからです。

逆に記事の順位が70位とかで、ずっと今後上がらなそうな記事であれば、リライトすることもなく、ブログの平均評価を上げるために為にノーインデックスにする戦略を使います。

もし、GRCで順位が分かっていないと、すべての記事をリライトしたり、また順位がいいのに変にリライトして順位を下げる原因になりかねません。

常に改善するためにも、GRCを取り入れておきましょう。

まとめ:アドセンスで10万円を稼いだらそれはもう立派な実績!情報発信を始めよう。

ここまでアドセンスで月10万稼ぐ8STEPを紹介してきましたが、裏技なんて無いですよね。

裏技ばかり求めても本当に稼げないので、コツコツ王道をやっていきましょう。

そして最後に、アドセンスブログで稼いだ後の話をします。

アドセンスブログで月10万を稼ぐのは想像以上に大変ですが、逆に言えば、アドセンスで月10万稼げる人はほとんどいません。

ツイッターなどや、情報発信者の実績を見ると、10万とかショボ過ぎオワタ(;^ω^)って思うかもしれませんが、あれは異常な世界なんです。

あなたの周りにブログで1円でも稼いでいる人はいますか?

そういうことです。

私の周りでも誰もいません。

しかし今後、その周りの人たちが、会社以外で収入を得ようとすることが当たり前になってきます。

その時にあなたは、実績を使って人に教えるを意識する事で、アドセンス以外のマネタイズ「コンサル・サポート・情報商材」などでもお金を稼ぐことができるのです。

ワクワクしませんか?

私は初めてそれを聞いた時は、なんと月収70万の時でした・・・・

プレイヤーをやりつつも、人に教える(自分の商品開発)も頭に入れておいてくださいね。

ワンランク上の情報発信ブログの作り方は情報発信ブログで稼ぐ記事は4種類?アクセスが集まる書き方3選を解説【失敗談含む】も併せてご覧ください。

秋月
既に自分の得意がある!商品化出来そうなら、無理にアドセンスなんてやらずにこちらをやりましょう。
そしてコンテンツ販売に挑戦する感じですね。←自動化もできるしね!
コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事