アドセンス初心者に単価が高いジャンルは難しいと断言する【稼げるジャンルは3つ】

ブログの副業はアドセンスがオススメって聞いたけど、どんなジャンルをやれば初心者でも稼げるんだろって悩んでいませんか?

よく聞く「クリック単価が高いジャンルがおすすめ!」と伝えているブログがありますが、あれは嘘。(挫折させる気かよ笑)

アドセンス初心者が高単価ジャンルに挑むなんて無理ゲー過ぎるので、はっきり言って稼ぐのは難しいですよ。

ではどんなジャンルを狙えば良いのか・・・・

結論から言うと、アフィリエイターが参戦しないジャンルを選ぶことです。

秋月
アドセンス上級者こそ上記の原則を守っていますよ・・・無理して強豪と戦う必要は無いので

アドセンスの最大のメリットは、どんな記事でも収益化できる事に対して、一方のアフィリエイトは広告ありきで記事を書きます。

まずはこの違いを理解しなければなりません。

でないとジャンル選定をミスった場合、SEO対策(被リンクばっちり)のゴリゴリサイトと勝負せざる得ない=アクセス来なくなり挫折するでしょう。

アドセンス初心者には、初心者なりの戦い方が存在するのです。

アドセンスで稼ぐ上で極めて重要な話をしますので、ぜひじっくりご覧ください。

秋月

私自身も、アドセンスブログのジャンル選定に失敗し、10万稼ぐのに時間がかかりました。

これから話すことを、ちゃんと理解していればこんな失敗はしなかっただろうなって思っています。

まだアドセンスの審査が終わっていない人は2020年版│アドセンス審査に落ちた人の共通点2選&一発合格のコツを解説【簡単】を見て審査を通して下さいね(^^)

アドセンス初心者はアフィリエイターが参加する高単価ジャンルで稼ぐのは難しい

アドセンスで稼ぐのに一番手っ取り早い方法は、クリック単価が高いジャンルで記事を書きまくってアクセスを集めることです。

なぜなら、クリック単価90円と、通常ジャンルのクリック単価30円と比べて、必要PV数が1/3で済みます。

じゃあ!クリック単価が高いジャンルで勝負するべきって思ったかもしれませんが、アフィリエイターがいるジャンルで勝負すると原則失敗するのでやめましょう。

例えば以下のようなジャンルです。

以下のジャンル
  • 転職
  • クレジットカード・金融関係
  • 恋愛(結婚)
  • 不動産・不動産投資
  • ウォーターサーバー
  • ダイエット関連(サプリなども含む)
  • 脱毛・AGA
  • SIM(通信関連)

などなど・・・、歴戦の王者が沢山ひそめくアフィリエイターがいるジャンルで勝負してはいけません!

記事の質も違うし、仮にあなたが経験談というコンテンツを用意出来たとしても、アフィリエイターには中古ドメインの被リンク・サイト構成の旨さによってあなたは勝てません。

また、リサーチ力が強すぎるライバルのジャンルで勝負することは、アドセンスの最大のメリットである(どんな記事でも合う広告が打てる)を捨てることになりますよ。

秋月
それでも高単価をやりたい!って方は、アドセンスを辞めてさっさとアフィリエイト一本に絞りましょう。アドセンスは無駄です。

アドセンス初心者はライバルが少ない低単価ジャンルで3つの面で稼ぐ!

アドセンスの最大のメリットは、アフィリエイターが収益化出来ないASPに無いジャンルで収益化出来るって点。

つまりアフィリエイターが絶対に書かないガラ空きの市場を狙えるってことです。

またアドセンスは、クリック単価以上にPV数のほうが重要。

ゆえに勝負するところは以下の3つの項目です!

初心者が勝負する3つの事!
  • アクセス数で勝負!ライバル不在・SNS拡散を狙う
  • クリック率を2%~3%と通常の倍を狙う
  • アクティブビュー率を上げる(良質なお客を送客する)

高単価ジャンルを選べない現状、アクセス数を増やすしかないですし、アクセス数があってもクリック率が高単価ジャンルと同じだと大きく稼ぐ事が出来ません。

故にクリック率を上げていく必要があるんですね。

そしてクリック単価を上げる為には広告を1秒以上みて押してくれた良質なお客様を集めて、クリック単価を上げていく必要があります。

これらの3つの条件を満たすほうが、アドセンスは大きく稼げるのです。

更に、アドセンスブログがアドセンスだけでしか稼いではいけない!というルールはありません。

後に紹介する高単価であるアフィリエイトを併用して大きく稼ぐ事が出来る【おすすめジャンル3選】をご紹介させて頂きます。

アフィリエイターと戦わない!アドセンスで初心者が大きく稼げるジャンル3選

アフィリエイターがいない市場&必ずトレンドが発生するジャンル。

やっぱりアドセンスのクリック単価もそこそこ高く、必ずトレンドが発生するアドセンスの王道をやるべきでしょう。

具体的に言えば、アクセスはたくさんあるけど、アフィリエイターががら空きの市場のことです。

アドセンスの王道ジャンル
  • 芸能人(不祥事・熱愛・学歴)
  • ドラマ(朝ドラオススメ)
  • アニメ関係
  • スポーツ
  • イベント(バレンタインなどのイベントまとめ)

つまり、テレビ番組が関連するジャンルです。

何がいいって、トレンドが発生する時期を予想できる=仕込んでおけばアクセスが大量に集められる点です。

例えば、スポーツのテニスの場合は「4大大会」(全豪・全仏・全英・全米)や、サッカーならWカップ・優勝争い・野球なら高校野球の甲子園など・・・・

ググれば一発で時期がわかりますよね。

Twitterで情報収集をしても良いでしょう。

つまり、トレンドが発生する3ヵ月前(SEOで評価される時期)に、記事を大量に仕込んでおけば、一気にアクセスを流し込むことが可能です!

私も過去に広島の黒田引退について書いたことがありましたが、1日だけで2,000pvと小爆発しました。

今に比べてカスみたいな記事でしたが、それでも1ヵ月で2万PVは射程圏内

更にですが・・・・芸能人の不倫記事とかが爆発すると1日3万PVで日給1万は余裕で稼げるようになります。

ドラマだって同じで、ヤフーテレビを使えば、ドラマの情報が前もって知ることができます。

特に雑誌(テレビジョン)を使うと、1ヵ月以上先のテレビ番組の情報が手に入るのでヤフーテレビよりもオススメであり、アナログの手段なのでライバルも少ないです。

こんな感じで、トレンドが予測しやすい分、決めたテーマのショートレンジ記事をどんどん仕込んでおけば、月30万PV=10万円は達成できます。

上記のようなジャンルは、ASP広告の成果報酬型ではなく、楽天・Amazonで商品を販売している業界になります。

楽天・Amazonアソシエイトで成果報酬を得ても、報酬率が2%前後からですから、アフィリエイターはやらないのです。

私もやりません(笑)

私がアドセンスでガチで稼ぐのであれば、アニメかドラマ(NHK)トレンド特化をやりますね。

資産性も高いですし!次に紹介する読者層がクリック率が高いという点が最大の魅力です!

秋月

スポーツなら、アドセンスだけでなくスポーツ品をAmazonで売ったり、U-NEXTの登録のアフィリエイト(1撃1,000円)を紹介することも可能です。

ドラマならFODで2000円以上いけます!

 

ネットリテラシーが低い、高齢者が好むジャンル

ネットリテラシーが低いジャンル・高齢者が好むようなジャンルを取り組むと、単価が低いジャンルでもRPM(1000PVに対してのクリック単価)がめちゃめちゃ高くなります。

高齢者を相手にするメリットは主に2つ。

読者を高齢者に絞るメリット
  • アドセンス広告を広告だと分からずにクリックする(クリック率高過ぎ)
  • お金を持っているので購入してくれる=アドセンス単価が高くなる。

PV数は上記の王道ジャンルにはかないませんが、収益性が高いのが特徴です。

主に高齢者向けのジャンルは「ゴルフ」「旅行」「楽器」「将棋・囲碁」「相撲」など趣味に特化したテーマになります。

特にゴルフの場合、情報商材アフィリエイトにもつなげられ、1撃2万とかありえる世界なのでオススメ。

アドセンスをメインにしつつ、パターなどの悩みについてはアフィリエイトしていくのが良いでしょう。

ゴルフ出来る時点で、結構な金持ちですからね。

秋月
過去に【マグロの初競り】について書いた記事がバズり、1日1万PVにも関わらず、日給1万=1PV1円を達成してしまいました(笑)クリック率4%越えなので高齢者向けはマジでおすすめですよ。

地域ブログ:アドセンスだけではなく、広告掲載料なども可能

地域ブログは上記の2つに比べて、アドセンス単価は低いですが、地元の飲食店の事やテーマパークの事を書くだけなのでネタには困りにくいのが特徴。

地元の毎年の夏祭り・イベントの情報を細かく(穴場スポット)書ければ、その時期に多くの人のアクセスをかっさらうことができます。

また、地元の小さな飲食店などの広告が打てないオーナーさんに対して、ブログの純広告(企業広告)・記事作成を提案して稼ぐ方法などもありますが、ネットだけで完結しようとすると難しいでしょう。

また地元民が主に見るサイトになりますから、PV数もどうしても頭打ちになります。

アドセンスで安定して稼ぐことはできても、大きくなりにくいので、地元の事を紹介したい!って方がやるべできでしょうね。

ただただ稼ぎたい!って方は上記の王道ジャンル(スポーツ)をやりましょう。

単価が低いジャンルでもアクセスさえあれば、アフィリエイトと併用して大きく稼げる!

ここまではアドセンスで稼げる!ジャンルでお伝えしましたが、ライバル不在&トレンドなのでアクセスは比較的集めやすいです。

故に!工夫次第ではアフィリエイトに繋げることで、アドセンスでは得られない収益を作る事が出来るんですよ!

アフィリエイトを加える例
  • 「アニメの女性キャラクター+かわいい」にVODアフィ付ける。(1000円以上狙える)
  • 「日曜劇場」にVOD+出ている芸能人が身につけている物をAmazonアフィする
  • 健康番組・料理番組でダイエット商品をAmazonアフィ・ASPアフィする

話題になっている事を取り扱えば、比較的にアクセスが集まりやすいので、その方に対してアフィリエイトで解決策を提案して上げるイメージです。

ごちゃ混ぜサイトだと、キラーページなどを作らないサイト設計上、アフィリエイトの成約率が激減しますが、そこはアクセス数の暴力で成約率よりも成約数で勝負です。

1日50PVのサイトで3件売って、成約率5%以上なら・・・

1日2000PV集めて、5件売って、0.04%で売るイメージ。

効率は悪いかも知れませんが、数では勝っていますし、+アドセンス収入が入ると考えれば悪くないのでは無いのでしょうか?

アドセンスとアフィリエイトを併用させる場合は若干の注意点がありますので、下記記事を参考に広告を貼ってみて下さいね♪

まとめ:自分の好きなジャンルがアドセンスに向いていないくても大丈夫!

アドセンスで稼ぐ上では、スポーツ・高齢者向け・地域密着のジャンルをお勧めしましたが、人によってはどれも興味ないよ!って方がいらっしゃるでしょう。

「やっぱりアドセンスで稼ぐことができないのかな・・・」って不安になっている方はちょっと間違っています。

別にアドセンスだけで稼ぐ必要はありません。

私も同じでスポーツとか正直全く興味はありませんでしたので、自分の得意な事「住宅購入」の情報発信からスタートしてます。

当時はアドセンスでしか稼ぐ方法を知らなかったので、高単価ジャンルで企業・アフィリエイターが相手だったので大苦戦しましたが、それでも10万は稼ぐことができました。

そして、現在はアフィリエイトを加えて月50万程度は安定して稼いでいます。

アドセンスは稼ぐ手段の1つであり、すべてではありません。

アドセンスも微妙・アフィリエイトもできないジャンルだったら、自分のWEBコンテンツを作って売る(価値創造)だってあります。

是非、アドセンスだけしか稼ぐ手段がなかったって人は、こちらの手法も取り入れてみましょう。

ブログの可能性が広がるだけでなく、あなた自身の可能性も広がります。

詳しい手法については情報発信ビジネスはコンサルだけじゃない!実績0でも情報発信で稼ぐ手段7選をご覧ください。

今回は以上です。

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事