情報発信の仕方にコツはある?正しいブログ始め方を失敗経験から解説【まとめ】

情報発信ブログって稼げるって聞いたけどめちゃくちゃ難しそうだったり、実績0だし、何を書けばいいのか分からないと悩んでいませんか?

私も上記の悩みを持っていた一人であり、情報発信ブログを作ってみたところ大失敗を犯しました。

結論から言うと何となく作っちゃダメなんで、情報発信ブログを作るには4つのコツが重要になります。

 

情報発信ブログは、自分が書きたい事を書く雑記ブログとは違い事前準備が必要。

よって、完全なブログ初心者には難しく感じるのも無理はありませんが、逆にコツさえ守れば、雑記ブログよりも稼げる情報発信ブログがあっさり作れるようになるのです。

今回は私の失敗例も紹介していますので、ぜひじっくりご覧ください。

それでは情報発信ブログを始める4つのコツを解説します。

 

情報発信を始める4つのコツとは

発信する情報の軸をコンセプトメイキングをやる。←私はここで失敗しました。

ブログを作る前にコンセプトメイキングだけは絶対にやってください。

やらないと稼げないブログを量産する羽目になります。

雑記ブログが稼げないと言われているのは、ブログ全体の読者のターゲット層を定めず、自分の書き方(発信したい)だけを書くから稼げないのです。

いわば自己満。図にするとこんな感じ。

しかしここでお伝えする情報発信ブログというのは、自分を商品にするけど、ターゲットにした読者が悩んでいる事に加え、商品で解決できる情報のみを書きます。

ここが大きな違い。

 

いやいや!ブログ記事は役に立つことを書いているから(読者も定めてるし)って反論したくなるかもしれませんね。

ですが、ブログ全体でコンセプトメイキング(ターゲットや売る商品)を決めておりますか?

情報はもはや誰でも簡単にググれば、誰でも手に入る時代です。

記事単体の内容の情報だけではなく、ブログ全体で信用してもらう必要があるのです。

 

例えば、iPhoneだけのことを書いている専門ブログと、食べ物・iPhone・スポーツ・ニュースなど何でも書いている雑記ブログで比較します。

後者のサイトのiPhone記事は、例え前者のサイトと変わらない情報量で書いてあったとしても、キュレーションサイトにより本当かな?って信用しにくいだけでなく、ブログの読者の属性を細かく設定していません。

結果、マネタイズにつなげにくいです。

一方iPhoneだけ書いている専門ブログならどうでしょうか?

iPhoneを手に入れる人の年齢・悩み・手にする未来を想像して、iPhoneの記事を書いているブログなら信用しやすい上、iPhoneという軸でマネタイズができます。

それだけでなく、専門性がコンセプトがないブログより評価されますので、結局SEO対策(SXO)により、検索上位が取りやすくなり結果が出せるのです。

とはいえ、ただコンセプトメイキングをすればいいのかというとそんなことはありません。

私の失敗例でご紹介します。

 

コンセプトメイキングの失敗例

以前「ブログ稼いだお金で不動産を買う」というコンセプトでブログ運営をし、大失敗に終わりました。

残骸→https://dokusyonoaki-blognoaki.com

結局不動産キーワードばかり上位を取り、月2万pvあったのにも関わらず、ブログ関連に入ってきたアクセスは月300pv。

(すでに1ヵ月目の当ブログに負けてます。)

結局、物販アフィで月3万ぐらい稼ぐサイトに成り下がってしまいました。

大失敗の何物でもありません。

 

なぜ失敗したか・・・・

それはコンセプトで設定したキーワードである「不動産」と「ブログで稼ぐ」の読者の層がまるっきり違うからです。

「不動産」を買える層っていうのはどちらかといえばお金持ちなんですよね。(年収低いのに無理なローンを組む人もいるが・・・)

だから、ネットビジネスってあんまり興味ありません。

これが私の誤算でした。

住宅ローンで不安を抱えている人に新しくネットビジネスを提案しようとしましたが、怪しいと言われるネットビジネスをしてまで住宅ローンを払おうと思う人がいなかったってことです。

また、ブログで稼ぎたい人は不動産なんて高価なものが買えない人が多いです。

ネットビジネスを進めて不動産を売りつけられるんじゃないかって思われたのかもしれません。

結局上記でお伝えした信用の面で大失敗し、本質的に言えば、自分の言いたい情報だけを言う雑記ブログと変わらなかったのです。

 

コンセプトメイキングのターゲット層にブレがあると一気に商品が決まらなくなります。

実際、私が戸建て特化のサイトを作りましたが、月2万pv時点では月10万ぐらい稼げていました。(1万の案件10問い合わせ)

ネットビジネス・不動産購入と読者層がバラバラになると、どちらの良さが消えるだけでなく、足を引っ張るだけの記事になるので絶対に辞めましょう。

秋月

このブログでは「ブログを使って稼ぐ」をコンセプトに運営しています。

 

情報発信の記事は3つの役割があり単にアクセスを集めるだけではない。

ブログ記事は何でも書けばOKかというと、そんなことはありません。

それは雑記ブログだけ。

ブログ記事にはちゃんと役割があるんです。

これは情報発信ブログだけでなく、物販アフィリエイトも同じです。

主に3つですね。

情報発信ブログの記事の役割

☑集客記事(検索ボリュームが大きいキーワード:一般的で抽象度の高い記事)

☑教育記事※センタリング記事ともいう(商品の知識を伝える記事:集客記事よりも具体性があり、成約記事につなげる)

☑成約記事※クッションページ(LPによる商品ページ&メルマガ誘因:内部リンクは無し)

アクセスを集めないとって躍起になっている人は、記事に役割があることをちゃんと理解してません。

私も以前は全く理解していませんでした。

よって月10万でずっとくすぶっていた時期もあります。

しかし、アクセス集めて稼げるのはグーグルアドセンスだけであり、それ以上大きく稼ぐ(成果を上げる)には集客記事→教育記事→成約記事(LP)につなげていく流れを作らないといけません。

これは絶対です。

でないと一生、むやみにアクセスだけを追い続ける記事量産運営から抜け出せなくなってしまいます。

秋月

アフィリエイトの場合は、センタリング記事でアフィリエイトしている場合が多いです。

情報発信のブログを始める前に売る商品を決めておく。(メインの軸を変えず、関連する商品を多くても3個まで)

 

ブログの読者像を決める前に、ブログで売る商品を決めておくとより読者像(ターゲット)を設定するのがオススメ。

なぜなら、悩んでいる読者に対し商品購入後のストーリーを見せることで、ブログの信頼度も上がるからです。

ブログ読者が商品購入後に悩みを解決したストーリーを想像できれば、あとは逆算でその悩みを解決する方法をブログを作り、教育すればOK。

そうすることで、無駄に記事を作る必要もなく、同時にブログ全体のコンセプトメイキング(軸)がしっかりしてきます。

 

ここで勘違いしてしまうのは、商品を増やし過ぎてしまう点です。

情報発信とはいえブログなんだから何でも売ればいいじゃん!って思うかもしれませんがこれはNG。

途中で違う商品を紹介してしまうと、最初に紹介する商品で解決したい読者と属性が異なる為、ブランディングに影響します。

 

1つ例を出します。

最初に特化ブログの教材をメルマガで売ろうと考えていたとします。

ブログでは「専門ブログを運営すべき」と推すことで、特化ブログで悩んでいる人がアクセスしてくれていたとしましょう。

この時に最初に決定していた特化ブログの教材を買うことで成功したストーリーを見せればそれは売れますよね?

特化ブログに悩んでいる人たちを集めているわけですから・・・

 

しかし途中で、アフィ単価が良いからといって、アダルトアフィリエイトやパワーブログ(雑記)などの教材を売り始めてきたらどうしますか?

一気に萎えますよね・・・結局売りたいだけかと。

だからこそ途中で商品を変えたり、増やしたりしてはダメ。

 

売る商品と関連商品をメインと合わせて3つまでににしましょう。

特化ブログであれば、売る商品の助けになるアクセスアップのSNS教材や外注戦略など、関連した商品を売りましょう。

メインの商材を変える=読者像を思いっきり変えるのと同じです。

 

批判を恐れてはいけない。誰にも刺さらない文章は罪。

最後は批判を恐れて、一般的なきれいごとしか言わない文章を見かけますが、きれいごとだけの文章ほどつまらなく参考にならないものはありません。

自分が商品だからこそ、本音でブログを書きましょう。

本音で書くからこそ、あなたの価値観に共感した人がブログからアクションを起こしてくれるのはあなたに興味があるからです。

はっきり言って本音でブログが書けない人は稼げませんので辞めたほうがいいです。

 

きれいごとを書いて、情報を並べたサイトであればWikipediaを見ていればOKですからね。

情報の内容よりも、誰から受け取るか?を意識すべきでしょう。

本音でブログを書くべきとお伝えしましたが、人を不快にさせる文章を書けということではありません。

会社員がオワコンだと仮に思っていても、「会社員オワコン=ブログ最強!」ってそのまま伝えると敵を増やすだけです。

それであれば、会社にいるリスクを集客記事でわかりやすく伝え、会社員がオワコンだって読者に気が付かせるような配慮を持つべきでしょう。

集客記事で会社員がオワコンだって思われなければ、その人とは価値観が合わなかった=お客様ではないってことです。

よくある勘違い【実績無いとダメですか?】←いいえそんな事はありません。

多くの人がプロフィールで実績を公開している為、ブログ初心者の方の中には、実績0だと情報発信はできないのでしょうか?って思うかもしれません。

しかし、実は実績0でも情報発信ってできるんですよね。

別に情報発信ってお金を稼ぐ系だけではありません。趣味でもOKだし、恋愛・ダイエット経験何でもOK。

もしあなたが、ブログで稼いだことがなくても・・・

「出会い系で彼女捕まえた」

「1回だけでもゴルフ100切り」

「ダイエットで5キロやせた」などの経験があればそれってもう実績と変わらないわけです。

要は経験が実績になるってことです。

その経験を生かして、アフィリエイトサイト・情報発信ブログを構築して稼ぐ実績を作れば、稼ぐ系でも情報発信ができるようになります。

人に自慢できる経験・実績もない。そんな時はどうすればいいの?

 

無趣味で特に自慢できる実績がない人は情報発信ってできないのでしょうか?って思うかもしれませんよね。

しかし安心してください。

実践の中で情報発信をしていけばOKです。

例えば実績0からメルマガを始めるとした場合で解説すると・・・・

「無料レポートの作り方」

「メルマガスタンドの登録方法」

「ステップメール構築」

「ブログ×メルマガ」

「メルマガスタンドの比較」

などなど、実践すればわかってくることが沢山あると思います。

そうすると1つだけ気が付きませんか?

 

「過去の自分より成長することを」

 

今この記事をみて実績0で悩んでいるあなたよりも、何かの稼ぐ系を実践していれば、過去の自分よりも成長していますよね。

過去の自分と同じような立場の人に情報発信をしていけばOKです。

ただし、実績が0の分、ほかの人よりも丁寧な対応などで差別化していく必要が出てきますが、実績0でも情報発信はできるのです。

だからこそ、ターゲットを決めるコンセプトメイキングが超重要になります。

 

間違っても自分を初心者とは言ってはいけない。それはタダの甘えです。

ここで実績0の人や、自分の持っている情報に自信がない人は「初心者」って言葉で逃げようとしますが、情報発信ブログ&アフィリエイトサイトでは絶対にダメです。

考えてみればわかることだと思いますが、あなたは初心者から何かを教わりたいですか?

ありえないですよね。実績ある人に教わりたいはず。

要は初心者って言葉を使って責任逃れをしようとしているわけですが、ビジネスで1円でも稼ぐ以上プロです。

責任逃れするマインドは即捨ててください。

実績0から始める人が初心者って言いたくなる気持ちもわかりますが、「初心者からは誰も買わない」と肝に銘じて情報発信ブログを構築しましょう。

 

まとめ:自分が持っている情報に価値を持つところから始めよう。

情報発信で発信する情報は「実績になる」事だけを発信しないといけないと思っておりませんか?

だとしたらそれは大きな勘違いです。

あなたが持っている情報はあなたが思っている以上にはるかに価値があります。

例えば、プログラミング失敗し、プログラミングで1円も稼げなかった経験(私)だって、プログラミングに挑戦したことがない人にとっては確実に有益です。

なぜなら、失敗した理由を知ることで、習得するまでの時間短縮なるので、これほど貴重なものはありませんよね?

これってプログラミング以外でも同じ事が言えるのではないでしょうか?

 

あなたが挑戦した事・価値観・思想っていう情報は、誰かの悩んでいることを解決することができるんです。

その情報でお金も稼ぐことができるだけでなく、読者に感謝されるって最高じゃありませんか?

自分を商品とした情報発信の第一歩を下記のメール講座で解説しています。

ぜひご参加ください。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です