アフィリエイトに裏技的稼ぎ方は無い!←ずるい抜け道は4つある【収益1桁変わる】

アフィリエイトを始めて数ヶ月が経ったけど、収益が1円も稼げない・・・

WordPressのアクセスが少なすぎて心折れる。スーパーアフィリエイターは裏技を使って稼いでいるのかな?

こういった疑問に答えていきます。

結論から言うと、アフィリエイト自体には裏技はありませんし、作業量は求められます。

ただし、これから紹介する【ずるい抜け道】を使う事で、収益に対して最短ルートを歩むことが出来ますよ(^^)

人によっては収益が一桁変わるかも知れません!

え!どういうことって思った方は、この先をご覧ください。

この記事を読んだ後に、自分自身の考え方が変わり、ブログを闇雲に更新したりする行為を辞める事になるでしょう。

アフィリエイトやブログで稼ぎたい人にこそ知って欲しい内容になりますので、是非じっくりご覧ください。

秋月

私自身、ブログで82万達成した時に、強く絶望感を覚えて裏技ばかり探していた時代がありました。

記事に集客して稼ぐアフィリエイトに対する裏技はありませんでしたけど、収益を得る上での裏技のこちらが見つかったイメージです。

アフィリエイトに作業せずに裏技的に稼ぐ方法は存在しませんよ。

「このTwitterツールを使えば月収100万!」

「初心者でも可能!1日5分のコピペで100万!」

「いいねをクリックするだけで月30万!」

など少ない作業量に対して、めちゃめちゃ稼げる言葉に心が躍らされていませんか?

残念ながら、アフィリエイトに裏技的稼ぐ方は存在しません。

というのもアフィリエイトは「広告主を読者に認知させ、読者への価値提供」をしないと、アフィリエイトで稼げません。

コピペで誰に価値提供をするのでしょうか?コピペで読者は反応してくれますか?

そもそもどんな商品を紹介するんですか?コピペごときで比較対象記事を作れますか?(笑)

客になる人もバカではありません。クソみたいなコピペ記事・投稿は一瞬でバレます

確かに魅力的なキャッチフレーズですが、こんなのは基本あり得ませんのでスルーしましょう。

ただし・・・・

膨大な作業量&仕組みが既にあれば、嘘では無くなる。

稼ぐ仕組みを構築した後だったら、上記の言葉通りになる場合があるからです。

例えば、「このTwitterツールを使えば月収100万!」っていうのも、1万程度の膨大なツイート量を作成・仕込み、更に質の良いフォロワーを事前に集めます。

しかもツイートも反応の良い物だけを再構成するなどの準備も必要です。

正直この時点でかなり努力していますよね・・・・

そして、仕組み構築後に、フォロワー何万人に対して、無料オファーアフィリエイト(アダルト中心)を仕込んでおけば普通に稼げます。

所謂ツイッターアダルトアフィですよね。

いいねをクリックするのも同じですで、いいねを押した後に、あなたのより多くのフォロワーに価値提供ができるから稼げる訳です。

初心者でも可能!1日5分のコピペで100万!も、既に稼げるブログを持っており、全て外注記事(トレンド)だったらどうでしょうか?

ライティングマニュアルで外注を育成して、SEO対策でも上位が狙える記事を量産して外注記事をコピペ投稿すれば稼げる可能性は高いですよね!

こんな感じで、すでに仕組みを持っている状態=価値提供ができる状態であれば、本当に上記のキャッチフレーズ通りになるんですよ。

この事実をキャッチフレーズにしているわけですよね・・・・(誇大広告ですが)

ただ、ここまで行くと詐欺商材でも程がありますから、基本的には「コピペで稼げる!」とかは無視して下さい。

希に裏技的に稼げる手法が存在するが、すぐに稼げなくなる。(市場の飽和)

ただごく希に、ネットビジネスにおいて裏技的な稼ぎ方って言うのも存在していました。

例えば、転売で言えば馬鹿でもできるビームを当てて稼ぐ「ブックオフせどり」

当時のブックオフは、ネットに併せて値付けもしておりませんでしたし、割引セール(1dayサンクスパス)という10%引きも使える天国状態。

しかも、更に郵便局の送料の特約契約は当時は、本1冊の送料50円前後で送れていたのに対して、Amazonは送料350円まで取れていました。

よって、本を1円でも売り出しても送料の350円が貰える為、利益が出ない本でも売れさえすれば、送料と経費・仕入れ額を引いても100円前後は絶対に儲かるまさに裏技状態!

とにかく108円本でビームを当てまくれば、1日仕入れすれば誰でも2万以上は稼げていたのです。

これやばくないですか?

ただ、あまりにもブックオフにマナーの悪いビームせどらが現れた為、ブックオフはビームせどりを禁止するように・・・

更には1dayサンクスパスも無くなり、最大のAmazonの送料が252円までと下がってしまったので、送料で稼ぐ裏技は使えなくなりました。

こうしてブックオフのビームせどりはあっけなく終わってしまったのです。

ストーリー展開で解説しましたが、まさしくこの話は、実践者が増えすぎてすぐに稼げなくなったって話でしたよね?

裏技的な稼ぎ方も、希に出てきますが、その裏技的な稼ぎ方は市場が小さく(ブックオフだけ)、参入者が増えたら稼げなくなるのです。

秋月
仮想通貨アフィリエイトも、記事を書きさえすれば稼げた凄い時代がありましたが、規制が入った瞬間全員撤退しましたよね。

一方の時代に左右されない正攻法はどうでしょうか?

稼ぐのには時間が掛かりますが、市場が大きいので長く生き残ることが出来るだけでなく、裏技をするよりも大きく稼ぐ事が出来ます。

裏技ばっかり探している人は、今すぐ裏技で稼ぐ事を捨てて、正攻法で勝負しましょう。

そして、正攻法の中で考え方という抜け道・裏技を探していくのです。

と言う事で、タイトルにもあった【ずるい抜け道】についてご紹介させて頂きます。

アフィリエイトには裏技がないけど、ずるい4つの抜け道で最短ルートを走る方法

アフィリエイトの本質は価値提供をすることでした。

よって「コピペで稼ぐ!」などの裏技はありません。

しかし、価値提供の考え方を変えれば、話は別であり裏技的に稼ぐ事が可能になるのです。

ずるい4つの抜け道
  • 1件3,000円以下の報酬はやるだけ時間の無駄
  • 自分の商品で高単価商品を作ること:利益率も高く・広告主に左右されない
  • 自分をブランド化して、信用貯金で高単価商品を売る&商品価値を上げる
  • セールスの仕組みを作る:収益一桁変わる

どれも重要な考え方です。

1つずつ解説していきます。

1件3,000円以下の報酬はやるだけ時間の無駄!レバレッチを効かせろ

過去に私が失敗した事でもありますが、3,000円以下の安すぎるアフィリエイト報酬をメインにやったところで、目標額を達成するのが大変になるって事です。

例えば、あなたが30万円を稼ぎたいとします。

2,000円のアフィリエイト商品だった場合は、月150成約をしなければなりません。

アフィリエイトリンクのクリック率5%のコンバージョン率を3%だと考えると、商品のキラーページに送るアクセスは以下のような式になります。

150÷3%÷5%=10万PV。

1つのキラーページに理論上10万PVを集めなければなりません。

これってかなりしんどくないですか?てか無理ゲー

仮に月1万であれば、30÷3%÷5%=2万PVで済みますし、後に紹介しますが、自分の商品で高単価商品の1撃30万を作れば月666PVで済みますよ。

月に10万PVが難しいけど、月666PV(1日20pv)だったら出来そうな感じしませんか?

同じ価値提供でも、商品単価を変えるだけでこんなに変わってきます。

当然商品単価が上がった分、価値提供・ブログの作り込み方もそれ相応に難易度は上がりますが、10万÷666=150倍も頑張る必要はありません。

精々4倍~5倍。

これだけで、通常の150倍分も稼ぎになるって事はお得じゃないですか?

秋月
低単価だからといって売りやすくなる!ってわけでもありませんしね。
お客は価値を感じない物に1円も払う気はありませんから、商品レビューの労力は高単価と同じだと考えた方が良いです。

アフィリエイトをやっていると、自分にはこんな高い物が売れないんじゃないかって思うかもしれません。

しかし、その気持ちがかえってアフィリエイトの難易度を上げているのです。

秋月
当然いきなり30万以上の商品を作るのは難しいですが、1万~3万の商品を扱うことはできますよね!
無理なら高単価商品をアフィリエイトすれば良いだけです。

自分の商品で高単価商品を作ること:利益率も高く・広告主に左右されない

上記の高単価商品を作るメリットとしては、ブログに集めるPV数などの難易度も下がるだけでなく、広告主に左右されずに、広告主にはらうフィーも自分の収益にすることが出来ます。

しかし、アフィリエイトの場合、頑張って成果を上げても承認率を下げられればおしまい。

結局のところ「広告主の下請けサービス」なんですよね。

物販アフィリエイトを続けている限り、あなたの収入は広告主に握られている=他社依存した状態から抜け出すことができません。

たしかに物販アフィリエイトは稼げます。

ですが、肝心の広告主がアフィリエイトの発生を非承認にしてしまえば、いくら頑張ったところであなたに入ってくる報酬は0円。

そんな酷いASPなんて無いでしょう!って思っている人は甘い。

テックキャンプは2018年8月に、アフィリエイトした人の発生を全て非承認にし、更に自己アフィリエイトでプログラミングスクール入ったものさえ非承認する愚行がありました。

これ怖くないですか?

もしあなたが1つの商品をアフィリエイトするためにサイト設計をしており、その広告主が全て非承認にしてしまえば今までの労働が全てパー。

だからこそアフィリエイトをメインにしてはいけないのです。

アフィリエイトはあくまでも自分の商品が売れなかった人に対して、アフターサービス不要で現金化するために使いましょう。

広告主に自分の収益を握られっぱなしだと、いつまで経っても本当の意味での経済の安定とは言えません。

自分をブランド化して、信用貯金で高単価商品を売る&商品価値を上げる

高単価商品を売る方法として、自分自身をブランド化し、自分が貯めた信用貯金で売るという方法があります。

これは他人も真似できないですし、大手企業も参入できない唯一生き残る道。

すなわち、自分をコンテンツ化した情報発信ってものです。

自分の稼いだ手法・既にもっている実績・人にすごいねって言われた好きな事を発信して、ポジションを取っていく、自分自身をブランディング化していきます。

情報発信ブログのテーマ
  • ブログで稼いだ方法を教えます。
  • 無料集客専門家:メルマガ・ブログ
  • コンサルティングのやり方を教えます。
  • ゴルフで100切りした方法を教えます。
  • あれだけ痩せなかった私が、食事制限無しで10㎏痩せた方法

こんな感じで既に自分が持っている実績を発信して、専門家としてもポジションを取っていけば、ブランディング化が出来るわけです。

ブランディングがある程度でき、集客が出来れば、あとは高単価商品をつくって売っていきましょう。

セールスの仕組みを作る:収益一桁変わる

よく集客!集客って息巻いている人がいますが、ハッキリ言いましょう。

セールスの仕組みしっかり作れば、少ないお客さん・リスト数でも大きく稼ぐ事が出来るって事を・・・・

プロブロガーや雑記ブロガーでなかなか大きく稼げないのは、「商品」「セールス」「集客」の3つの力を無視し、集客だけやれば稼げるって思っているからです。

この3つの力は、1つでも欠けると大きく稼ぐ事が出来ません。

例えば既に10万PVを持つサイトを持っていたとします。

十分な集客力を誇っていますので集客が10と考えても、マネタイズがアドセンスや楽天のみ(商品力0.2)。

更にセールスの仕組み無く、個人ブロガーとしての活動による信用だけの(セールス0.5)だったら、売り上げが1になってしまうんです。

一方の集客が月1万PVで集客が1だったとしても、高単価商品で10・セールスの仕組みを構築し5だった場合は売り上げが50に化けるわけです。

つまり稼ぎが50倍になるって事です。

集客数は1/10なのにですよ。

これって正直裏技的な考えじゃないですか?

 

残念ながら、いつまで記事を書いたり、SNSに投稿して集客ばかり頑張っても労力の割に大きく稼ぐ事ができません。

売る物を決めずに、なんとなくアドセンス・アフィをやるブログは、商品の無いお店に人だけ集めているのと同じですよ。

人がいても商品がないお店から売り上げなんて発生しないですよね・・・・

ネット系のビジネスは、収益が自動で入るイメージが強い事から、商品力・セールス力を無視しがちになるのですが、それは完全な罠。

早く稼ぎたいのであれば早く稼ぎたいので、早くセールスや商品に力を入れるべきでしょう。

まとめ:人に投資し、メンターに直接教わることが最強の抜け道である。

結局のところ、アフィリエイトの最強の抜け道は、既に稼いでいる人に投資して、メンターから教えて貰うのが最強って事です。

私も現在では、年商3000万以上のメンターに教わっています。

自己流が事故流というように、稼げる手法には王道が必ず存在するのです。

子供の時に教わる時や教習所などで車の免許を取るときは先生がいるのに、なぜかネットビジネスで先生を付けようとしないのが不思議でなりません。

確かに人を騙してお金を稼ごうとする詐欺的な人も居ますが、それでも状況を大きく変えたいのであれば、ちまちま無料の情報をあさるのではなく、人に投資すべきなのです。

私自身、人に投資してから、せどりで赤字だったのは月10万・ブログでも10万から→28万まで増えました。

そして現在ではブログだけでも50万以上稼いでいます。

やっぱり稼いだ人の成功体験・失敗談ほど勉強になる物はありません。

是非一人で悩んでいて、なかなかビジネスが進まない・時間だけ無情に経っていく状況に苛立ちを隠せない人は、人に投資するというアフィリエイトの抜け道を使って、早く成果を上げましょう。

秋月
いきなりお金を使え!とは言いません。まずはこちらの無料動画講義で学ばれてみてはいかがでしょうか?

今回は以上になります。

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事