ブログはタイトルが8割って言われているけど、タイトルに文字数に制限ってあるの?って疑問に答えたいと思います。

「タイトル 文字数」で調べてみると「ブログタイトルの文字数は32文字以内がベスト!」って書いてあり、32文字以内のタイトル付けに悩んでいました。

ただブログを添削するとこんな質問が必ずいただきます。

ブログ初心者
タイトルの文字数が減らせないのですが、必ず32文字以内にしないといけないのでしょうか?

そうですよね?

つい魅力的な文言を入れたり、【】を使うと即32文字を超えますので、32文字以上でもタイトルをつけたくなる気持ちもわかります。

結論から言うと、必ず32文字以下は古く、32文字を超えても問題ないが私の見解です。

具体的にはタイトル通り43文字までOK!

今回はブログタイトルの文字数が32文字が古い理由とベストな文字数について解説させていただきます。

大月

グーグルに表示されるブログタイトルは全角で1文字・半角で0.5文字扱いです。

この記事は36.5文字になります。

タイトル文字数を調べるのであれば、タイトル文字数カウント君が便利です。

 

記事タイトルの文字数が32文字までSEOに適していると言われる理由

ブログ記事のタイトルを32文字までと言われる理由は、PCによる検索が32文字までのタイトル分しか表示されないからです。

実際現物を見ていただきたいので、私のブログの「旗竿地購入で後悔しない方法ってある?失敗前に知るべき4つのメリットと5つのデメリット」というタイトルが長い記事を例にします。

タイトルがなんと42文字もあるので、当然PC&タブレットのグーグルの画面上を見てみると・・・

 

 

「旗竿地・後悔」という月100~1000回検索されるキーワード5位に入っていますが、メリット部分で切れてしまっております。

この画像を見たPCユーザーは「メリット」でタイトルが切れているので、旗竿地のメリットの記事と思われるかもしれません。

しかし、このユーザーが入力しているキーワードは「旗竿地 後悔」というデメリットを探しています。

デメリットってタイトルに入っているはずなのに、メリットで切れている為、旗竿地のメリットの記事だと思われる=クリックされずにSEO対策に適していないと言われるのが従来の32文字までにすべき理由です。

が!

これで32文字までにしないといけないのか・・・っていうのはちょっと待ってください。

記事タイトルの文字数が32文字まで古いと言われる理由はスマホにあり

 

アクセスが多いスマホはどうでしょうか?

スマホ文字で表示される文字数だとこうなります。

スマホの場合、42文字の「旗竿地購入で後悔しない方法ってある?失敗前に知るべき4つのメリットと5つのデメリット」がすべて表示されているではありませんか?

記事の概要であるディスクリプションが100文字程度しか表示されないものの、タイトルは43文字まで表示されます。

多くのブログはスマホからのアクセスが8割でPC&タブレットが2割といわれております。

大月
このブログはスマホ61%・PCで36%・タブレット3%とPC率が高いですね。
ネットビジネスなんでPCで見てくれている人が多いのでしょう。

キーワードだけ羅列したようなつまらなそうな32文字のタイトルと、文字数を名一杯使って興味を引ける43文字のタイトルだったらどっちを優先すべきでしょうか?

もちろんスマホですよね。

スマホが43文字で表示されることを知らない人ってかなりいます。

キーワードだけ並べたような機械的なタイトルが多い中で、残りの11文字を使って興味をそそるタイトルを付けられればそれだけでライバルをごぼう抜きできるわけです。

よってブログタイトルが32文字までっていうのはPCやタブレット向けの古い方法といえます。

とはいえ32文字で記事タイトルが収まるならSEO対策的にはベスト。

43文字を使って魅力的なタイトルにするとクリックされやすくはなるのですが、無意味に文字数を延ばすのは得策ではありません。

特に同じキーワードを2回使うのはもったいないですね。

やっぱりPCユーザーの検索のほうが、記事から行動してくれやすい=真剣に調べているので、どちらにも対応した32文字がベストなの2019年現在においても変わりはありません。

32文字でうまくいった例がこの記事「住宅ローン本審査の結果通知は平均どれくらい?回答が出ない原因5選」という記事です。

この記事2018年7月下旬に書いたのですが、「住宅ローン 本審査 結果」という1820万もの膨大な検索ボリュームがある中で3位に入っているのです。

(1位だったのに3月13日のアプデで下がりました。)

 

タイトルを見ると1位はブログのタイトルが32文字以内に対し、4位以下は32文字以上で、PCからではわかりずらくなってます。

PCからの読者はスマホよりも悩みが深い人が多く、記事の滞在時間UP=SEO対策になりやすいのです。

PCユーザーはアクセス数が少ないと言って切ってしまうのは勿体ないので、極力32文字で狙ったキーワードを含めて興味付け出来そうなタイトルを付けましょう。

記事タイトルの文字数が32文字で収まらなくてもSEO対策に適したタイトルの付け方

32文字でタイトルが付けられない場合、以下の2つの事を意識するだけで一気にクリック率&SEO対策が良くなります。

タイトルが32文字に収まらない時の2つのポイント
  • 狙っているキーワードは極力左側に書く
  • 32文字で記事の内容が分かるようにする。

1つずつ解説します。

Fの法則!狙っているキーワードを左側に書く

あなたの狙っているキーワードの上位表示しているライバルのタイトルの殆どが左側にキーワードが来ているはず。

なぜなら左側に狙っているキーワードを狙うことを配置することで、人間の左側から見る習性(Fの法則)によって、この記事に情報がありそう=クリック率UPに繋がります。

その結果、SEO対策に使えるのです。

タイトルの都合で左側に持って行けないかもしれませんが、極力左側に持って行くようにしましょう。

32文字で記事の内容が分かるようにする。

 

どうしても32文字を超えてしまう場合どうしたらいいのか?

ポイントは32文字を越えても、PCでも表示される32文字だけでどんな記事か分かるようにしておくことです。

例えば「旗竿地 デメリット 後悔」のキーワードを狙った記事を書くとします。

「旗竿地購入で後悔しない方法ってある?失敗前に知るべき4つのメリットと5つのデメリット」のメリットで切れているのでNG。

これだとメリットの記事として見られてしまうでしょう。

もしメリットも書くのであれば、「旗竿地購入で後悔しない方法はある?失敗前に知るべきデメリット5選とメリット4選」にすることで、ちょうどデメリット5選まで表示されます。

メリットの「メ」から33文字になるのでメリットは表示されませんが、当初の目的である「旗竿地 デメリット 後悔」を満たす記事になっておりますので、PCユーザーからでもクリック率が高くなるでしょう。

 

まとめ:記事タイトルの文字数を40文字までであれば良し!32文字だったら尚良し

スマホは43文字までと言われているので、43文字でOKかというとそんな事はありません。

最高文字数でも40文字までには抑えたいところです。

なぜなら、ツイッターなどのSNSで表示される文字数が40文字までだからです。

Twitterシェア時タイトル文字数まとめ

日本語全角を1文字、英語大文字を約2/3文字、英語小文字を約1/2文字として計算。

PC・・・34文字(34文字を越えると末尾が…表記となり33文字表示)

スマートフォン(Safari)・・・40文字(2行の場合)

公式アプリ・・・34文字(2行の場合)

出典:https://restinpeace.jp/title-length/

 

一昔前まではグーグルだけでOKだと思っていましたが、最近ではそうは行かなくなりました。

なぜならグーグルで検索する人が減っているデータがあるからです。

 LIDDELL株式会社は、若者100人を対象にアンケート調査を行った。最近、よく使っている検索についてたずねたところ、1位「Google」(33%)、2位「Twitter」(31% )、3位「Instagram」(24%)、4位「Yahoo!」(12%)となり、TwitterやInstagramといったソーシャルメディアが検索エンジンと並んで利用されていることがわかった。

出典:https://eczine.jp/news/detail/2779

 

グーグルとツイッターの検索需要がほとんど変わらないですよ。

グーグルで引っかからなくてもツイッターの検索で引っかかれば、更新したブログ記事が見られる可能性も高い。

私がブログを始めた時はSNSをやらなくてもOKだったのですが、最近ではグーグル以外でもSNSを意識したタイトルつけを行った方が良いでしょう。

よってブログタイトルで理想である文字数の結論は・・・・

32文字~40文字までの間に検索者の目を引くタイトルを付ける事!

人に興味を持って貰えるタイトルが作れるかでアクセス数が変わってきます。

タイトル付けで悩んでいる人はクリック率2.51倍UP?ブログ800記事書いて分かったタイトルの決め方7選をご覧ください。

以上になります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事