Twitterをやっていると「相互フォローは意味が無い」という議論。

インフルエンサーは必ず「相互フォローに意味が無い!」って言いますよね?

そんなインフルエンサーの言葉を真に受けて、フォロワー居ない状態で一生懸命ツイートしていませんか?

はっきり言ってほとんど無駄なので辞めましょう。

そもそもインフルエンサーとはステージが違います。

ツイッター初心者に相互フォローに意味が無いと悩む前に「相互フォローであなたを認知してもらう!」ここにつきます。

「相互フォロー」なんて・・・って下らないプライドをいつまでもって、フォロワーが増えないと悩むのであれば、そんなプライドは捨ててください。

逆に相互フォロー=悪って思っていると発信力がなかなかつきません。

順番があり、ここにインフルエンサー発信の罠があります。

今回は相互フォローに意味が無いという意見に真っ向から反対し、相互フォローの意味について解説させていただきます。

ツイッターの相互フォローの意味は認知の為!【認知を無視して過去に失敗しました】

そもそも何ですが、「ツイッターでいい発言したらフォローさせる!」って思っていませんか?

勿論正解でもありますが、半分間違いでして「誰が発信したか?」が最も重要になります。

私は今のアカウントでツイッターを始める前に、実はブログ月収30万時代にツイッターを始めたことがありました。

相互フォローは一切せず、フォロワーが400人前後の時に下記のツイートを発信しました。

ブログの事について経験談を沢山つぶやいていたので5いいねももらえました。

とはいえ、それ以外はほとんどなし。

毎日15ツイート以上しているのにも関わらず、フォロワーが一切伸びなかったのです。(その結果フェイドアウト)

しかし、認知度を相互フォローで上げた後に同じツイートをしました。

まあ今のほうが反応数は倍ですよね・・・(対して変わらないって言われればそれまでですが。)

 

いきなり発信力をつけたいは無理。認知される前にツイートしても、リスト0にメルマガを送るようなもの

インフルエンサー達と初心者の決定的な違いは、すでに認知されている=無駄な相互フォローをしてブランディングを下げたくない・TLを汚して情報が受け取れないことを嫌う意味があります。

でもツイッターを始めた初心者の時にそれを真に受けると、メルマガのリスト0に対して一生懸命メールを書くようなものです。

これは商品が売れる順番にも関係しており、いい商品だからといって売れるわけじゃないですよね?

商品が売れていく順序
  1. 商品を販売していることを認知してもらう
  2. 商品のページを見てよりメリットを知ってもらう
  3. 商品を購入してもらう
  4. 商品のファンになる=ほかの商品が売れる
  5. お客様の声として更に商品の情報が拡散し、認知される

基本的にこの順番です。

これをツイッターに置き換えると、いくら実績(商品のメリット)があっても、認知されない(露出が少ない)と難しい。

ツイッターで相互フォロー意味ない!と言っている人で成果を上げられていない人は、1番を徹底的に無視してから上手くいかないのです。

「ツイッターをこのようなポジショニングでやっているよ!」って認知させる為に手っ取り早いのが相互フォローになります。

要は使い方次第。

とは言え相互フォローだけのツイッターは当然意味ありません。

とはいえ、フォロワー1000を超えたにも拘わらず、相互フォローしかやらないアカウントも全く持って意味が無いと思っているのも事実です。

フォロワー1000を超えているのに相互フォローしかやらないアカウントの末路
  • FF比(フォロー・フォロワー比)が1以下で権威性が持てない
  • ポジショニングとは属性が違う人ばかり集めてしまい反応率が低すぎる
  • フォロワーを集めるのが目的になってしまい、フォロワーに対して集客できない
  • フォロワー数に対して反応率が低い=権威性が落ちる

結局ツイッターを始めた理由は、自分の発信を自分と同じ属性の人に届ける為=影響力を高めたい・商品販売などに繋げたいから始めているのではないのでしょうか?

結局相互フォローを使う人は、「フォロワーだけを増やしたい人」が大半。

にも拘わらず、相互フォローばかりして全く関係ない人を集めまくるっても数を増やすだけのゲームに成り代わってしまいます。

正直それ自動フォローツールと変わりないです。

相互フォローは認知される為のきっかけづくりであって、最終的には自分の持っている情報で発信力を高めていかなければ意味がありません。

大月
私も「フォロワー数が欲しい!」という数の誘惑に負けないようにしながら、Twitterやってます。

相互フォローはやりたくない!相互フォロー無しでフォロワーを増やす2つの方法

相互フォローってわけのわかんないアカウントをフォローしないといけないから、嫌だって思う気持ちもわかります。

そんな人は、よっぽどあなたが凄い実績を持っていない限り、相互フォロー無しで増やす方法は2つ。

相互フォロー無しで初期に認知を上げる方法
  • インフルエンサーに乗っかる(無料だけど難易度高い)
  • 拡散垢に広告を依頼する(お金かかる&反応率は保証されない)

の2つです。

インフルエンサーに乗っかる(無料だけど難易度高い)

インフルエンサーに乗っかるという手法ですが、インフルエンサーのツイートに対してリプを送ったり、メンション付けてツイートして鋭い切り替えしをしていく方法。

当たってリツイートをして、インフルエンサーのフォロワーさんに話題になればフォロワー数は増えますがまあ難しい。

私もホリエモンこと堀江さんに対して、メンション付きのツイートを流しましたが、一瞬でスルーされました(笑)

インフルエンサーは1日何百の通知が来ているので、そもそもあなたのツイートは殆ど無視されるのが現状。

大月
インフルエンサーにRTされる為には、インフルエンサーの趣向・考え・IN時間などを調べた上で送る必要があると言われております。
批判リプしても雑魚扱いされて放置されるだけです・・・

拡散垢に広告を依頼する(お金かかる&反応率は保証されない)

インフルエンサー向けのツイートは正直、思いついた程度でOKですが、もう一つの方法として拡散アカウントに課金して、自分のツイートをRTしてもらう方法です。

自分のツイートをすべてRTしてもらえれば、拡散アカウントのフォロワーさん(自分外)の人に認知される期待ができます。

とはいえ。拡散アカウントに依頼する場合も注意があって・・・・

拡散アカウントに依頼する注意点
  • 拡散アカウントが相互フォローアカウントしか無い場合(反応率がゴミ)
  • メンション紹介&フォロー必須のメンション企画をしてくれるか?(自分はフォロバする必要なし)
  • 自分のポジションと拡散アカウントのフォロワーの属性があっているか?

結局フォロワー数が多い=拡散力があるわけではありません。

自分の情報を届けたい&求めているフォロワーさんと繋がるために、自分の情報を拡散垢のフォロワーさんに発信してもらう必要があります。

自分の発信している情報が料理なのに、アニメアカウントの拡散枠と繋がっても無駄ですよね(笑)

この辺を要注意です。

相互フォロー後合わないアカウントをリムってOK!リムNGルールはツイッターに無い

よく相互フォローした後にリムる人はSNSでの信用を無くす!みたいなツイートがありますが気にしなくてOKです。

というのも相互フォローのとらえ方だと思うんです。

相互フォローでリムると信用なくすと思っている人の見解と私の違い
  • リムる人はSNSでの信用を無くす=相互フォローはずっと繋がらないといけないと思っている。
  • 私=相互フォローはきっかけづくりの場!その後の情報発信でメリットがないと思われたらお互い切られるのは当たり前

私が思う相互フォローはいわば結婚相談所の出会いの場だと思っております。

結婚相談所にいって、価値観やポジションが合わない人と成婚しないでしょう?

相互フォローは認知によるきっかけづくり。

相互フォローをきっかけに濃い繋がりを作るリプだったり、RTだけじゃないオリジナルツイートをしないと一瞬で切られますよ。

TwitterってSNSはどうしても数で見がちですが、基本的には1対1の個々とのやり取りがベース。

少なくともRTしかしない相互アカウントの場合、私は切ります。

大月
もちろん相互フォロー企画でフォローした瞬間にリムる人は論外。
信頼関係をぶち壊しに来ています。
とはいえ、1ヵ月近く経って、RTしかしないようなアカウントをフォローしても意味ない(FF比下がるので)切っていきましょう。

まとめ:ツイッターの相互フォローで認知されつつあるならツイート数を増やそう

相互フォローには認知の意味があるということで、「相互フォローに意味なし」という意見に反対させていただきましたが、結局は役に立つ情報発信がベースに合ってからこそ。

数増やし&インプ稼ぎのRTしかしないとかだったら、マジで稼げないのでTwitterやっても意味がありません。

フォロワーは数ではなく人です。

結局オリジナルツイートをしっかり発信して、認知されなければフォロワー数も伸びない・反応率が低い&何も与えられないアカウントとして辞めるのがオチ。

ある程度認知されてきたら、相互フォローに頼るのではなく、方向性を目指してツイート数を増やしていきましょう。

今回は以上です。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事