アドセンスは稼げない?月5万円稼げない人達に足りない6つの視点

ブログを書き始めて半年以上経つけど、アドセンス報酬がようやく2万程度・・・・

「ブログ200記事程度書いたのに、ようやく月1万・・・」とアドセンスの報酬の伸び悩みを解決する方法を紹介します。

結論から言うと、アドセンスで稼げる人と稼げない人の差は「読者層の理解の有無」です。

読者層を理解していれば、アドセンス広告を踏んでもらいやすくなる=クリック率UP=必要PV数減少というループに入れます。

しかし、読者層を無視したブログの場合は、アドセンスのクリック率も上がらないので、月5万稼ぐ為の必要PV数が多くなってしまうのです。

 

残念ながらこの記事を読まず、読者像を無視したままのブログ運営では、いくら記事を書いても稼げないでしょう。

アドセンスブログで悩んでいる人ほど、ぜひじっくりご覧ください。

それではアドセンスブログで稼げない人に足りない6つの視点をご覧ください。

 

アドセンスは稼げないは嘘!月5万円稼げない人達が無視している視点6選

アクセスが圧倒的に足りない。達成不可能なテーマで書いている&SNSでアクセスを稼ごうとする。=SEOからの逃げ

アドセンスで月5万を達成できない人の多くは、自分の好きなことだけ書いている=検索ボリューム・ライバルチェックを無視した記事を書いています。

一般的にアドセンスのpv単価は0.3円と言われておりますので、月5万円を達成するためには月15万PVを誇るサイトを作らなければなりません。

1日平均あたりに直せば5,000PV/日を達成できるテーマで記事を書いていますか?

 

アドセンスでなかなか稼げない!って言っている人ほど、自分の日記の延長みたいな雑記ブログを書いています。

テーマがバラバラな上、専門性もない個人ブログですから、グーグルの評価が厳しくなり、記事を書いてもなかなか上位表示が出来ません。

その結果、検索流入でアクセスを集めるのが難しくSNSで頼ろうとするのですが、SNSのアクセスは安定しない上、利用者数が桁違い。

SNSであれば、自分のブログを紹介するツイートは精々1日3回程度でしょうが、グーグルの場合は上位表示している限り自動でアクセスを集められます。

どっちを優先すべき明白です。

 

ブログはツイッターも必須?副業初心者ほどSNS併用のNG理由5選も伝えていますが、ブログができていないのに一生懸命SNSをやったところでほとんど無駄。

それであれば、トレンド要素を含めたブログ記事を1つでも多く書く事をお勧めします。

SEOから逃げてはダメです。

ブログを上位表示させる書き方についてはブログは時代遅れ?ブログSEOだけの運用が時代遅れの3つの理由をご覧ください。

記事を書きまくれば、アドセンスで稼げると信じている。=記事単体のSEO対策を放棄している。

正直、ブログ運営歴3ヵ月以上&アドセンスのマネタイズ用の記事を200記事以上書いているのに、アドセンスで月5万を達成していない人は問題有です。

すでに200記事以上あるにも関わらず、記事を書きまくればいつかはpvが増えるって思って、1日の更新数を競う人がいます。

しかし、残念ながらそれは完全に間違いです。

今ある記事で、PV数が伸びない原因を探ることを放棄していますからね。

 

記事数でPVが増えることは半分本当ですが、もう半分はpvが返って減る原因にもなります。

記事を書けばPVが増える=上位表示できる記事が増えればです。

量産用の50%程度のとりあえず、適当にキーワードを選んだ程度の記事だった場合は、直帰率を増やす原因=SEOの悪循環につながります。

アドセンスで稼ぐどころじゃないんですよ。

まずはリライトしましょう。

3ヵ月前に書いた記事にも関わらず、検索順位が50位以下で&月間PV数が15以下なら削除対象かnoindexにすべきでしょう。

1記事当たりの検索順位が分からない!って方はSEO順位放置はNG!ブログ初心者が今すぐ使うべきチェックツール3選を使うのがお勧めです。

秋月

記事の検索順位を知らずして、リライト・ブログ運営を行うことは、地図がない航海をしているようなもの。

記事単体の検索順位を知ることで、初めて効果的なリライトが行えるのです。

検索順位を知らないリライトは、ただのやった振りですよ(笑)

 

テーマがバラバラによるクリック率の低下・アクセスのハードルを上げてしまう。

テーマがバラバラの雑記ブログを私はお勧めしません。

なぜなら、アドセンスのクリック率にも関わってくるからです。

アドセンスプログラムは、記事のコンテンツ内容に基づいて広告を発信してくれるので、特化ブログほど広告と親和性があります。

その結果、ページクリック率が2%超えることも珍しくありません。

私のアドセンスのみの不動産ブログは、ページクリック率が2.5%超えていた時期もありました。

一方の雑記ブログの場合は、テーマがバラバラで運営ができることがメリットではありますが、読者層もバラバラ&コンテンツ内容と広告に親和性がないため、クリック率が下がります。

精々ページクリック率は1%前後でしょう。

 

クリック率を軽視していけません。

むしろアドセンスでは一番重視すべき点です。

100円で60円(2クリック)稼げる特化ブログと、100クリック30円(1クリック)のブログを比べたら、特化ブログが5万円を稼ぐ必要PVは7.5万で済みます。

テーマが統一することで、必要pv数の半分になるだけでなく、グーグルに専門性を認められやすいのでSEO対策もしやすいです。

 

これを知らない雑記ブログでうまくいっていない人は、とにかく記事数を増やすことしか考えていないんですよね・・・・

これではいつまでたっても肉体労働を脱せませんよ。

極端な話、雑記ブログのカテゴリーでうまくいっているテーマの特化ブログを立ち上げたほうが早く稼げます。

特化ブログの作り方・キーワードの集め方については、無料版キーワードプランナーの使い方1つで効率良い特化ブログ作成法【実例あり】をどうぞ。

 

クリック単価を理解していない。記事ごとのクリックでいくらもらえるか把握できていない。

 

アドセンスは1クリック30円程度と言われておりますが、記事単位で異なることはご存知だと思います。

ですが、キーワードごとにいくらもらえるか?ってちゃんと把握していますか?

 

ライバルが激強の高単価テーマだけに飛び込むのも考え物ですが、アドセンスで稼ぐ為には、クリック単価の高いキーワードを選ぶ必要があります。

では、アドセンスのクリック単価をどうやって調べればいいのかというと、検索ボリュームを調べる際のキーワードプランナーを使います。

料理ブログと不動産ブログのキーワードで比べてみましたが、不動産テーマはPPCの広告最低入札価格が3,800円に対して、料理はたった9円(笑)

9円から広告が始められます。

この金額はあくまでも100%の金額であり、我々がアドセンス報酬としてもらえる金額は68%です。

※確認方法はアドセンス→アカウント情報から、収益配分率を確認できます。

 

よって、「冷凍 卵焼き」というキーワードで自慢のレシピ記事を書いたところで、アドセンス報酬は9円×68%=約6円のクリック単価にしかならないのです。

6円ですよ!!

ちなみに不動産の「マンション 売却 査定 」のクリック単価は2,584円になります。

約430倍です(笑)

430クリックされてようやく1クリックとと同等になれるのです。

どっちが楽でしょうか?

キーワードの難易度も当然ありますが、最低落札価格が100円も超えていないテーマで書きまくっても、クリック単価が安く、クリック率やアクセスが多くても稼げません。

注意しましょう。

秋月

ちなみに「マンション 売却査定」の12,651円の場合は、1撃で8,602円がアドセンス報酬になります。

過去に私も1度だけありましたが、こういったボーナスも高単価ジャンルにはあります。

クリック数を稼ごうとしている。誤クリックを狙っている。

 

アドセンス収益1円は大丈夫?クリック単価1円の原因2選&本質を解説でも解説してますが、スクロール時に誤クリックを狙う広告配置は100害あって1利無しです。

速攻で辞めましょう。

誤クリックによる、ユーザーの直離脱が続くようだと、グーグルは広告主を守るためにスマートプライシングを発動して、クリック単価が1円になります。

それはそうじゃないですか?

「マンション 売却 査定」でグーグルにワンクリックで12,651円も払うんですよ!

広告主からしてみれば、誤クリックによる離脱はたまったもんではありません。

広告主・グーグル・あなたの全員がWIN-WINになるブログ運営を行わない限り、大きく稼ぐことができませんよ。

7つの習慣の本質ですね。

 

ネットリテラシーが高い人を相手にしている。(超重要)

意外と知られていないのがここ!

超重要なのですが、アドセンス報酬が低いって言っている人に限って、ネットリテラシーの高いジャンル(ブログ・ゲーム・IT)などを書いてしまうんですよね。

読者を意識していない。(年齢を)

 

これがアドセンスで稼げない原因です。

若い人向けの記事を書いても、若い人はブログを見た瞬間に広告だ!って一発でわかります。

若い人は、もうすでに広告を見まくっているんですよ。

特にブログ記事を書いている雑記ブログは最悪で、ブロガーなんて全員アドセンスの配置場所とかわかるじゃないですか?

そんな人たちばっかりを集めて、アドセンスにクリックしてもらおうとするのが無理な話。

 

ゲームブログだって同じですよ。

ゲームの攻略を見ればOKで、広告の位置を把握しているネットリテラシーの高い人たちばかりです。

 

アドセンスで稼ぐのであれば、読者の年齢層50代以上の年齢層に読まれるブログがベストです。

ネットリテラシーが低い上、広告を画像と勘違いしてクリックしてくれる人すらいます。

しかも金も持っているので、その広告から商品を買ってもらえれば、あなたに入るアドセンスのクリック単価も上昇するメリット付き。

 

やっぱり情報発信ブログでもコンセプトメイキングが重要になりますが、アドセンスブログでも応用することで、ライバル不在の不労所得に近いミニサイトが作れるようになります。

この考え方はぜひ覚えてください。

金もない・ネットリテラシーが高い若い人ばっかり相手してもきついです。

秋月

ネットビジネスで1円でも稼いだことがある人は、ネットに対して超強者です。

WordPressなんて扱っている時点で、世間から見たら専門家に思われるレベル。

世の中には、アメブロの運営法や、Wordpressの立ち上げだけで一撃10万以上稼ぐコンサルとかあるぐらいですからね・・・・

知識の差をうまくお金に変えましょう。

まとめ:アドセンスで月5万稼ぐことは普通にすごい。稼いだら実績使って情報発信を始めましょう。

ちょっと厳しめに書きましたが、以上6点を守れば必ず5万ぐらいはすぐに達成できます。

アフィリエイトとアドセンスを併用すれば月20万も夢ではありません。

 

ここで重要なことを言いますが、アドセンスをメインで稼ぐのはやめましょう。

アドセンスはブログで稼ぐ1つの手段であり、放置して稼ぐものです。

何度も言うようですが、メインにしてはいけません。

 

アドセンスで月5万を不労所得に近い感じで稼げたら、情報発信をしていきましょう。

アドセンスで月5万を稼いだ手法を、これから副業が解禁になったサラリーマン向けに売るのです。

え・・たった5万で!?って思うかもしれませんが、必ず需要はあります。

なぜなら、働き方改革で残業代が出ない時代になった為、残業代で生活費を賄っていたサラリーマンにとっては非常にありがたい稼ぎ方だからです。

アドセンス・アフィリエイトも1つの稼ぐ手段として考えておき、情報発信を始めましょう。

情報発信のやり方については情報発信の仕方にコツはある?正しいブログ始め方を失敗経験から解説【まとめ】をご覧ください。

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です