アドセンス収益1円は大丈夫?クリック単価1円の原因2選&本質を解説

アドセンスに無事に合格したら、ついにネットからお小遣いが貰えるようになります。夢は膨らみますよね?

早速アドセンス貼ってみたら1円稼げたけど、クリック単価30円って聞いていたのに、1円って大丈夫なの?ってが1度はあるはずです。

結論から言うと、アドセンスの1円はよくあることなので問題ありません。

ただ、クリックされているのに1円ってなると、心配になりますよね?

今回、アドセンスのクリック単価が1円になる原因2選&アドセンスの単価よりももっと気にして欲しい本質についてご紹介します。

 

アドセンスの収益1円って大丈夫なの?←問題ありません。

アドセンスの収益画面をみて1円って大丈夫なの?って重いかもしれませんが、全くもって問題ありません。

素直に1円を受け取りましょう。

と言うのも、アドセンス広告には「クリック型広告」と「インプレッション広告」の2種類あり、1円を生み出しているのは、広告表示でお金が貰えるインプレッション広告による物です。

クリック無しの広告表示だけでお金が貰えますので、勿論単価は低め。

よって、通常100PVに対して1クリックされるアドセンスで、100pv以下の弱小サイトでも1日1円~10円程度稼げるのは、インプレッション広告のおかげなのです。

もしこれが、クリック型広告しか表示されなかったら、1日100pv達成していない弱小サイトは1円すら稼げないですからね。

よって、アドセンス報酬の1円表示は特に不具合等ではありません。

 

アドセンスのインプレッション広告型とクリック型広告の表示は設定できるの?

 

結論から言うと出来ません。

サイトによってはPV数が沢山あるから、全てクリック広告だけにして欲しい!

逆に、PV数が少なくてクリックされる可能性が殆ど無いから、確実に受け取れるインプレッション広告が良い!などあると思いますが、Googleが自動で最も効果の高い広告を自動で選んでくれております。

インプレッション単価広告とクリック単価 (CPC、クリック単価) 広告は、同じオークションにかけられ、最も効果の高い広告のみがページに表示されます。

AdSenseヘルプより

 

Googleが自動で選んでくれているので、あなたは広告に関する設定を一切行わなくても良いのが最大のメリット。

インプレッション広告型にして欲しいなどの細かい要望を気にせずに、PV数を増やす努力=記事作成に集中すべきでしょう。

 

ただクリック数が0で1円稼げた原因は分かったけど・・・・

アドセンスのクリックがあったのに1円ってどういうこと!

って不安に思っている方も居るでしょう。

結論から言うと、原則気にしなくてOKなのですが、不安で作業が出来ないって方の為に、アドセンスのクリック単価が1円になる理由を解説いたします。

 

心配しなくても大丈夫?アドセンスのクリック単価が1円になる原因2選とは

誤クリック・不正クリックによる物:特単で1円になる。

クリック数を稼ぐ=アドセンスで稼げるという公式上、クリック数を稼ぐ為にあえて広告をペタペタと貼ってしまう人がいますが、絶対に辞めて下さい。

例えば、広告と広告の感覚を狭くし、読者がスクロールする際に間違えてアドセンスをクリックしてしまったなどです。

これって、クリック数は稼げますけど、読者が広告に興味を持ってクリックしたわけではありませんから、広告主からしてメリットはありません。

Googleは、広告主にGoogleのアドワーズ広告を使って貰えなくなる事を恐れを避けるため、企業を守る形でクリック単価を1円にするのです。

当たり前ですよね?

 

また友達や家族による不正クリックも同様です。

あなたの為にクリックをした場合、最初はクリック単価が貰えます。(経験積み)

しかし、同じサイトで複数回もクリックするって事は基本的にあり得ません。

特に、家族や友人にAdSenseのクリックを依頼するときは、自分のブログが弱小ブログだからこそであり、1日50pvしかないブログに1クリック毎日されていたら怪しまれて当然。

弱小のくせにクリック率2%ですからね。

ありえません。

Googleがクリック単価を1円とし、最終的にはアカウント停止になるので絶対に辞めましょう。

自分のアドセンスコードを、第三者が他人のアダルトサイトに貼るアドセンス狩りが流行っておりましたが、2019年にはデフォルトで対策されております。

残るはツールによるクリック数増加ですが、常日ごとアカウントのクリック数を把握することで対策可能です。

いつものクリック数が突如倍以上になっていた場合、連絡フォームにて報告するようにしましょう。

スマートプライシング:クリック後即離脱が続く場合

上記の誤クリックを続け、クリック後の広告ページの即離脱が続くと、あなたのサイトにスマートプライシングが発動されてしまいます。

Smart Pricing(スマート プライシング)とは、Google ネットワークでのクリック単価を引き下げるように調整するGoogleの機能です。Googleでは広告主様の時間と手間を軽減できるよう、継続的に特定のクリックの価値を推測して入札単価を調整しています。

googleサポート

Googleはアドセンス広告クリック後、そのクリック先で成約したかの有無も把握しているのです。

当然誤クリックによる、広告ページ即離脱も分かります。

Googleは広告主を守るために、即離脱が多いアドセンス広告を貼るサイトのクリック単価を、最大で1円まで下げられてしまうのです。

 

スマートプライシングにならない・広告のクリック単価を上げる方法は主に2つ。

スマートプライシング対策

☑アドセンスのアクティブビュー率を上げる。

☑広告の数を減らす。(誤クリックにならない位置)だけに貼る。

アクティブビュー率とは、広告面積の50%が画面に1秒表示されたか確率の事です。

アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを判断する技術で、YouTube や一部のディスプレイ ネットワークのウェブサイトとモバイルアプリに実装されています。

ディスプレイ広告は、面積の 50% 以上が画面に 1 秒以上表示されると視認可能と見なされます。動画広告の場合は、面積の 50% 以上が画面に表示され、2 秒以上再生されると視認可能と見なされます。

Googleサポート

誤クリックを狙っている記事は、スマホをスクロールする際のクリックする場所を狙う=広告を見て貰う前提ではありませんから、当然アクティブビュー率も下がってしまうのです。

アクティブビュー率が下がると、その広告のクリック単価も激減します。

アクティブビュー率を高くするためには、むやみやたらと貼っていた広告の数を減らし、サイト表示の最初の画面か、記事下の読者が行動してくれる場所に貼っておくべきなのです。

そうすることで、アクティブビュー率が高くなる→広告を理解してクリックした→直離脱が少なくなる→スマートプライシング解除という良いループに入ることが出来ます。

誤クリックを併用する広告配置は100害あって1利無しですから、即辞めましょう。

1記事のアドセンスの広告数は原則3つ+リンクユニットだけでOKですよ。

秋月

アフィリエイトリンクと併用すると、クリック単価は下がりますよ。

それでもアフィリエイトとアドセンスは併用すべきですけどね。

アフィリエイトとアドセンス併用でクリック単価18円下がった唯一の理由

まとめ:アドセンスの本質はクリック単価よりもPV数!PV単価を上げたければアドセンス以外を始めよう。

誤クリックを中心とするアドセンス広告配置でなければ、スマートプライシングによる1円も気にしなくて大丈夫です。

結局アドセンスはPVが稼げなければ、どんなに高単価ジャンルでも稼ぐ事が出来ません。

「ああ・・・1円しかならない。クリック単価が低すぎて不安」って思う気持ちも分からなくもありませんが、不安になっていても悩みは改善しません。

PVを増やす適切な努力をしましょう。

あなたが、まだアドセンスで月1万円を稼げていないのであれば、単純に勉強不足なのかもしれません。

アドセンスで月1万円稼ぐだけなら、情報商材は不要ですので【朗報】アドセンスで月1万稼ぐ勉強は本で十分です【情報商材不要】をご覧ください。

 

最後に、これを言ったら怒られるかもしれませんが、AdSenseの単価が低すぎるって悩んでいる時点で、弱小ブログ思考です。

別に稼ぐ手法ってアドセンスだけではありませんよ。

アフィリエイトだってあるし、コンサル・商品サポート・無料オファーアフィリエイトなど沢山あります。

そもそも、アドセンス自体クリック単価が低いので、PV単価を上げたければアドセンスの単価の高いテーマを扱うよりも自分の商品を作ることを始めましょう。

アドセンス以外の稼ぐ手法については実績0の初心者が趣味ブログで収入を得るおすすめ手法4選【比較的簡単です】をご覧ください。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です