家事の隙間時間を使って、スマホで確実に稼げる副業って無いのかな?

でもスマホ系の副業は詐欺が多そうだし・・・・って何をやれば確実なのかが分からない人に朗報です。

スマホで確実に稼ぐ在宅ワークはWebライターです。

Webライターって聞くとパソコンを持っていないと出来ないといわれていますが、それは一昔前の話。

無料で使える優秀なツールが増えた為、やり方次第では、スマホ副業で月5万円ならいけます。

以下のツイートをご覧ください。

スマホ系だと情報商材「いいねだけで30万」とか嘘くさい物ばかりで、数十万失っている人が多い中、手軽にそして損せずに確実に稼げるのがWebライターなのです。

副業初心者でパソコンを持っていないとでも今日から始める事が出来ますよ。

とはいえ、普通にやっていたら稼げない&時給200円以下が待ち受けておりますので、上記のツイートを深掘りしながらスマホでWebライターで稼ぐ方法を解説します。

大月
タイトルにあるように、スマホでWebライターを本気でやる事はオススメしません。
ですが、会社以外で確実にお金を稼ぐ第一歩としてやるのも損は無いですよ。

前提条件:当たり前ですがスマホよりWebライターはパソコンの方が稼げます。

    当然なんですが、スマホ入力やリサーチする時間は全てパソコンの方が早く済むので、Webライターはパソコンの方が稼げます。

    文句は言わせません。

    基本的にはWebライティングの収入は、「文字単価×スピード」で決まりますよね。

    スマホでライティングを行うと、どうしてもパソコンでタイピングするよりスピードが落ちてしまいます。

    Webライティングで稼ごうと思った時、スピードが命なので、スマホだけだと稼ぎにくいのです。

    「いやいや、私はスマホで文章を打ち込む速さは相当早いから大丈夫!」って思っている人は、実際に文章を打ち込む速さを計測してみてください。

    大月
    私は残念ながら2,300字ぐらい差がありました・・・(フリック入力が使えないのもありますが、パソコンだと1時間で4000字は打てるので)

    つまり、パソコンとスピード勝負しても負けます。

    ただスマホのWebライターのメリットはスピードじゃ無いんですよ。

    やっぱ、パソコンがいるのね・・って方は下記記事をご覧ください。

    「いやいやスマホだけで稼ぎたいんだ!」って方は続きをご覧ください。

    スマホWebライターがPCより優位なのは隙間時間が使える!

    スマホのメリットと言えば、なんといってもどこへでも持ち運べるてすぐに使えるって事

    パソコンではスピードが注目されていましたが、スマホの優位性はスピードではなく「お手軽感♪」故の隙間時間が使えるって事に注目して下さい。

    電車内でいきなりパソコン開けます?(埼京線の中で開いたらPC壊されますよ(笑))

    そうです。隙間時間では行動しにくいんです。

    スマホでWebライターで稼ぐなら「隙間時間」で勝負しましょう。

    更にパソコンで作業しようとすると、どうしても起動させてアプリを開いて・・・と、書き始めるまでに時間が掛ってしまいますよね。

    スマホでの隙間時間の作業でやる事は「リサーチ」と「文書構成の作成」を徹底して行いましょう。

     

    スマホでリサーチと文章構成をやっておけば、執筆作業が楽になる話。

     

    WebライティングはWebライティングを5時間で1万字書くリサーチのコツは3つだけ【ブログ利用可】でも伝えていますが、リサーチに8割です。

    リサーチが出来れば、あとは文章構成の作成をまた隙間時間にやれば、家に帰ってきた時からいきなり執筆が出来ます。

    これパソコンでやっていた場合どうなると思います?

    仕事中にリサーチや文章構成が出来ないので、仕事で疲れまくっている体に鞭をうってリサーチからやらないといけないんですよ・・・

    よって仕事がある平日はリサーチはスマホでやるようにしましょう。

    仮にあなたがパソコンを持っていたとしてもです。

    大月
    次はスマホWebライターが時間をドブに捨てるやってはいけない1つの事をお伝えしますね。

     

    スマホWebライターで絶対に守って欲しい約束事はフリックはNG

    スマホで記事のリサーチと文章構成が出来た!さあ記事を書くだけだって時に気をつけないといけないのが、フリック入力が絶対にNGって事です。

    私はフリック入力すら出来ない”ボタン連打野郎”でしたが、会社の営業時間中にサボって記事を書いたのにもかかわらず、1時間で打てたのがたったの1,400字・・・

    フリックが出来る人でも2,000字打てるかどうかじゃ無いでしょうか?

    はっきり言って遅すぎます。

    Webライター報酬の原理原則は「文字単価✕文字数÷時間」=時給です。

    3,000字の記事で1500円の0.5円の案件を受けると、パソコンなら1時間弱で時給1000円ぐらいになるところ、スマホだと時給500円レベルになりますからね。

    フリック入力だけはNG!

    じゃあスマホがダメか?っていうとそんな事はありません。

    スマホもツールを使えばパソコン並みに早く打つ事も出来るんですよ。

    スマホWebライターが使うべき執筆時に使う2つのツール

    ブルートゥース内臓のキーボード

    スマホWebライターが絶対に持っておくべき物は、ブルートゥース内臓のキーボードを活用することです。

    パソコンと比較すれば画面は小さいですが、文字の打ちやすさはパソコンと同レベルまで高めることができます。

    折りたたみ式なので、仕事用のバックやスーツの胸ポケットにも入れられますので、昼ご飯中の休憩時間にコッソリ執筆だって出来ますよ。

    これを購入出来ないようだと、悪いことは言いません。

    スマホでWebライターは難しいでしょう。どうしても購入したくない人は次の方法をどうぞ

     

    スマホの音声執筆も有りです。ただし場所が制限される

     

    スマホの音声入力で記事を入力することで、入力よりも早くできます。

    トークは文字を打つよりも早いですからね。スマホ執筆では是非使うべき方法です。

    ただし、声が出せる空間で無いと仕事が出来ないので、自宅で仕事する以外現実的ではありません。

     

    また、音声入力だとスマホが聞き取れない場合も多く、違う文章が反映してイライラするときも・・・・

    私も1度使用したことがありますが、うまく言葉の読み込みが出来ず、結局何度もやり直しを行い時間がかかってしまいました。

    (それでもフリックよりは早い。)

    そこで分かった事が1つ。

    はっきりと大きな声でゆっくりと、打ち込む文章を話すことがポイントです!

    執筆で使うツールは異常ですが、スマホWebライターで使うツールはまだあります。

    執筆時以外に使えるスマホWebライターツール3選

    執筆時でブルートゥースキーボード&音声入力をお伝えしましたが、クライアントとやりとりする際に使うツールも合せて紹介します。

    3つあればOKですね。

    スマホでWebライターの仕事に使うツール

    • チャットワーク(スラッグorスカイプ)
    • 画像作成ツール(キャンバ)
    • Evernote

    1つずつ解説していきますね。

    チャットワーク:文章構成のメモにも使えます。

    チャットワークは仕事依頼されたクライアントさんに記事を納品したり、指示を仰いだりするときに使用します。

    アプリは取っておきましょう。

    クラウドワークスやランサーズ(仕事を依頼した場所)内でやりとりするもんじゃないの?って思われがちですが、チャット履歴とかを編集できたりするので、多くのクライアントはチャットワークを使います。

    そしてチャットワークは、クライアントさんとのコミュニケーションツールとして使うだけで無く、記事構成のメモとしても使えます。

    マイチャットに下記の画像のように見出しを入れておけば、本番書きやすいですよね?

    スマホ webライター

    入れといて損はないツールです。

     

    画像作成・加工ツール(なんでもいい)

     

    体験談系の記事を書く場合、リアルな意見として画像添付が条件の仕事もあります。また画像をくれって言う人も居ますね。

    そんなときに使えるのが画像作成アプリです。

    画像作成・画像を探すアプリ:無料

    この3つを抑えておけば、画像系は問題ありません。

    正直画像提出はクライアントさんによるので、絶対条件ではありません。

    PCと併せてやるならEvernote

     

    PCを持っている事前提ですが、お互いのメリットを最大限活用する為には“Evernote(エバーノート)”というアプリがおすすめです。

    このアプリはメモや長文執筆、画像の保存等、色々な使い方があります。

    なかでもおすすめ機能が、パソコンへもアプリを入れておくことで、ノートの内容を自動で同期してくれます。

    スマホで作成した文書構成を自動でパソコンに同期し、パソコンで仕上げの執筆を行う事が可能です。

    過去に書いた記事を自由にまとめることも可能なので、以前書いた記事を参考にしたいという時も外出先でもすぐに確認ができるので便利ですよ。

    ちょっとした隙間時間を無駄にしたくない人は、スマホとパソコンを使い分けて、それぞれの機能を併用することで、効率よく稼いでいきましょう!

    注意!クライアントがスマホでのWebライター作業を認めているか?

    最後に1点注意をして頂きたいのが、クライアントがスマホでの作業を認めているかは事前に確認をしてください。

    依頼するクライアントによってはスマホでWebライターが出来る事知らなかったり、スマホにはない「Word」での提出を指定されるケースも有る為、NGパターンって結構多いですよ。

    またスマホだけで文章を完成させると、パソコンで見た際にレイアウトが崩れてしまうケースもあり、クライアントへ迷惑をかけてしまう事があります。

    どうしてもスマホだけで書きたい人は、まず仕事を受注する前に納品形式を必ず確認しましょう!

    大月
    質問する際に、「スマホで書く」って言うと心配されますので問題ない旨を伝えましょう。その上で納品形式を確認してください。

     まとめ:ここまで頑張ってもスマホWebライターだと5万程度妥当。スマホなら別の副業がオススメ

    ここまでスマホでWebライターで稼ぐ方法をお伝えしましたが!

    正直私はオススメしません。

    なぜなら、Webライターはネット上に仕組みを構築出来ない上、纏まった時間でスピード勝負するとパソコンに比べて稼げないからです。

    そもそもスマホの得意分野は打つ事ではありません。

    手軽さによる情報発信です。

    だからこそ、副業で確実に稼ぐ最初の一歩としてはオススメですが、ある程度稼いだらすぐに辞めて別の副業をやりましょう。

    スマホでオススメする副業は下記記事をご覧ください。

    今回は以上です。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事