副業をやりたいだけど、アフィリエイトやブログで稼ぐのは本当に難しいと聞くし、せどりは損するのが怖い。

そうだ「ウェブライターなら確実に稼げるじゃん!」って想った矢先「Webライターを始めたいけど、初心者ってぶっちゃけどれくらい稼げるんだろう・・・」と疑問に想うかも知れませんね。

ぶっちゃけます!初心者は全然稼げません!

私もブログを始める前に不動産系のWebライターの経験がありますが、正直全く稼げませんでした。

ただ、それ以上に得るものが大きく、ブログを書くきっかけにもなった上、最終的には住宅雑誌の監修のライターにまでなる事ができたのです。

最初にWebライターは心からオススメします。

今回は私の経験をベースに、初心者が稼げる月収の目安&副業Webライターが月5万稼ぐための方法を解説します。

大月

今ではウェブライターの仕事をやっておりませんが、希に来る不動産系のライティングのお仕事を1文字5円程度からやっていたりします。

最終的には月収10万達成でしました。

ウェブライターで学べるクライアントとの交渉スキルが使えるので、すぐにお金が欲しいのであればウェブライターもオススメできますね。

未経験者がWebライターとして稼げる月収の目安&時給について:現実

2,000文字の記事を10件書いたあなたの収入は10,000円です!

これが未経験Webライターの平均的な相場です。

これを聞いてどう思いましたか?

 

正直心の中で「少なすぎる・・・」と思いませんでしたか?

私も副業でWebライターを始めたころ、1か月目は1万円しか稼げずに絶望しました・・・

「時間と労力をかけている割に稼げない・・・」

これがWebライターになりたての頃、思っていた本音です。

そして私はブログを始めました。

注意:Webライターは[時間]という概念がありません。意識しないと時給が下がります。

アルバイトをすれば[時間×時給] という計算で給料が支払われますよね。

でも、Webライターは[時間]という概念がありません。

あるのは[文字単価]という考え方です。

Webライターという仕事は [文字数×文字単価] という計算で給料が支払われます。

では、[文字単価]の相場はいったいどれくらいだと思いますか?

 

始めたばかりのwebライターの相場は0.3円~1円が目安です。

仮に文字単価0.5円で2,000文字の記事を書いたとすると、1記事あたり1,000円という計算となります。

また、未経験のWebライターの場合、案件を取ること自体が困難であったり、2,000文字の記事を書くのに4~5時間は掛かるので・・・

冒頭に上げた時給200円が現実的になります。

何とか仕事の空き時間で1日1~2時間を確保したとして、毎日書いて月間10記事くらいではないでしょうか。

 

平均Webライターの収入は1万円から副業Webライターで月5万稼ぐ為に考える3つの戦略

平均Webライターの収入は1万円って聞いて悲しくなりますよね・・・

私も絶望しました。そしてブログを書く事を決意しましたが・・・すぐにお金が必要でウェブライターしか出来ない状況かもしれませんよね。

しかし闇雲にウェブライターを実践しても月5万は無理です。

そんなあなたの為に、副業Webライターで月5万稼ぐ為に考える3つの戦略をお伝えします。

 

1日どれくらいの時間をWebライティングの業務に使えるか?を逆算する

 

毎日平均して2時間をライティングに充てた場合、月60時間になります。

少し休む日も作ったとして、月50時間として計算します。要は実践時間から時給として逆算します。

すると、月50時間の勤務で5万円の収入を得るためには時給1,000円以上が必要を達成するライターになれば達成しますよね?

なので、まずはどのようにして時給1,000円を超えるのかを考えてみましょう。

 

1記事を書き上げるスピードを上げる&単価UP交渉をする。

 

初心者のあなたがまず目指すべきなのは、2,000文字の記事を2時間で書き切り、文字単価を1円に上げることです。

文字単価0.5円の記事を2,000文字書き上げるのに、4時間かかっているWebライター初心者のあなたの時給は・・・250円です。

安いですよね。

ただ、1~2か月もすれば2,000文字の記事も2時間ほどで書けるようになります。

そして、文章を書くのに慣れてきたら次は勇気を出して単価UPの交渉を行いましょう。

1日2時間で1記事執筆し、文字単価を1円に上げることができれば、あなたも月に5万円を稼ぐフリーランスの仲間入りです。

大月

時々0.3円ぐらいで記事を依頼している人がいますが、低単価の記事を書いても一向に時給は上がりませんので辞めましょう。

逆に安いライターとしての逆ブランディングになってしまいます。

勉強になるなどのよっぽどの事が無い限り、最低でも0.5円以上の単価の仕事をやるべきですね。

1~2つの得意ジャンルの専用ライターになる。(これ重要)

 

Webライターで早く稼ぐ&実績を作るのであれば、仕事や経験を取る為に様々なジャンルの記事を書くのではなく、自分の得意なジャンル専門の記事を見つけて専門的ライターとしての地位を作る事です。

理由は3つですね。

[box class="blue_box" title="1~2つの得意ジャンルの専用ライターになる3つのメリット"]

☑自分の経験から記事が楽しく書けるので、記事の質も高い&リサーチが少なくて済む

☑記事の質の高さから、仕事が取りやすい&単価交渉がしやすい

☑ウェブライターとしての実績を活かした情報発信ができる。

[/box]

自分の経験から記事を書けるので、時間が掛かるリサーチや、体験談が入っているのでオリジナルコンテンツが入っているので、クライアントさんのニーズを満たす良い記事が短時間で書けるメリットがあります。

頼む人からしても、書いて欲しいジャンルの同じジャンルでずっと書いている専門性の高いライターと、バラバラで書いているライターだったらどっちを信頼出来そうですか?

勿論専門性のあるライターさんですよね。

SEOで質が求められている以上、専門ライターさんに記事を書いて欲しいというニーズを満たすためにも、1~2つの得意ジャンルに絞って書くようにしましょう。

大月

ライターだけの話ではなく、欲しい物を購入する時はできる限り専門店で購入したくなりますよね。

バラバラなものをやるより、一点特化の方が早く結果が出せます。

 

初心者のWebライターは収入は限りなく少ないが、本業の能力をUPさせるぐらい使えるスキルです。

先ほどお話した通り、初心者のWebライターは稼げないのが現実ですが、Webライターはお金を失う心配なし&お金が貰える&スキルが付く唯一の副業!

「月1万ならやめてやる」となるのは勿体ないです。

たとえば、2,000文字という記事。

最初は「そんなにいっぱい書く事なんてできない」と思いながらも、まずはひたすら文字を書くことに集中します。

でも、1~2月もすると2,000文字程度はすらすらと書く事が出来るようになるんです。

 

これってブログをやる時でも使えるスキルね

何度も記事を書くうちに、クライアントから依頼の裏にはどんな本意があるのか読み取る力が身につきます。

相手のニーズを読み取り、わかりやすい言葉・言い回しで纏める・・・本業でも使う重要なスキルではないでしょうか?

副業としてお金を稼ぐために始めた事が、いつの間にかあなたの本業のスキルアップにも役立つのです。

私もWebライター&ブログを初めて、本業の収入UPや出世するスキルが身につきました。

私もWebライターを始めて間もない初心者の頃は、全然稼げないけど自分のスキルアップに繋がっていることが目に見えて分かったので楽しかったですよ。

クライアントに恵まれたということもあり、改善点やアドバイスを教えてもらいましたね。

ブログをやらないのであれば、収入よりも自分のスキルアップの為に3ヶ月間は、Webライティングを続けて見る事をオススメします。

そうすることで、知らず知らずのうちにWebライターとしてのスキルも身に付き、稼げるようになっていますよ。

Webライターとしてスキルが身につけば仕事を辞めたい20代後半が今すぐ情報発信ブログを構築するメリット4選【人生変わります】も出来るようになります。

大月

私も大学時代は2,000文字のレポートに1日掛かっていましたが、ブログ&Webライターで50分で書く事が出来るようになりました。

タイピング能力もそうですが、とにかく本文構成能力が圧倒的に付くのです。

ウェブライター初心者のオススメロールモデル2人を紹介

Webライターという仕事は文字単価も0.5~10円以上と幅広く、なかなか稼げずに辞めていく人も多いです。

ただ、今Webライターとして月に100万円以上稼ぐプロライターも、昔はあなたと同じく単価0.5円で頑張っていたのです。

スタートラインはみんな一緒です。初めから稼いでいる人はいません。

ウェブライターとして稼ぎたければ、以下の2人をフォローしておくのが良いでしょう。

[box class="blue_box" title="ウェブライターとして稼ぐモデルロール"]

☑ゴウ✕ライティング(@goh_ssk

Webライティングで月収5万円を稼ぐ為の情報発信&リアルを発信。フォロー必須

☑めんおう(@mennousan)(初心者が目指すべき道)

副業ライターで月収20万円を稼ぎ、専業になったライターさん。はてなブログが結構面白い。

[/box]

 

まとめ. 初めから稼げる人はまずいない!これはブログでも同じ。

まずは収入ではなく、自分のスキルアップの為に集中するのがよいでしょう。

Webライターとしてのスキルが身に付き、徐々に稼げるようになっていきます。

また実績が増えることで、新規の仕事が獲得しやすくなり、仕事の幅も広がります。

 

「Webライターは稼げない!」

 

それは同じ初心者が始めのステップでつまずき、やめていった人が言っていることです。

ハッキリ言ってウェブライターの初心者が月1万円で稼げない!って諦めるのであれば、ブログなんて時給1円ですよ。

結局月収数十万稼ぐWebライターも、はじめは稼げなかったけれど、我慢強く自分のスキルを少しずつ磨いていった努力の結果です。

すぐに現金が欲しい!って方はWebライターとして成長するために、はじめのうちはとにかく耐えてひたすら書く事をオススメしますね。

Webライターとして稼げるようになれば、Webライターのスキルがセーフティネットになって、会社のストレスも激減しますよ。

今回は以上です。

月10万稼ぐなら【簡単】未経験者が月10万稼ぐWebライターになるためにやることは3つだけ【経験談】本記事に加えてオススメです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事