安直な起業NG!社会人の仕事はとりあえず3年が嘘ではない理由3選【商品力UP】

「石の上にも三年」「茨の中にも三年」「商い三年」

日本では古くから、「とりあえず3年は続けなさい」と言われてきました。

 

とはいえ、現在のSNSなどで、「新卒3年」とか検索してみると・・・・

「企業に最低3年勤めろ!は老害が言う事」

「合わなかったら一瞬でやめろ!」

「同じ会社に3年も務めるとかもったいなさすぎる・・」

など、バブル期では考えられなかった「石の上にも三年」がボロッカスに言われているわけですよ(笑)

あなたも漠然と辞めたいと思いながらも、「とりあえず3年は続けた方がいいのかな」と思っているのではないでしょうか?

 

結論から言うと、「よっぽどの事が無い限り3年間は続けろ!」です。

この結論を聞いて、「秋月って老害なんじゃねWW」って思われたかもしれません。

確かに、本当に意味のない仕事をしていたり、人を騙してクソ商品を売らされている(心を痛める)のであれば、速攻で会社を辞めるべきです。

ですが、特にそのようなことがなく、まだ入社1年目とかなのに「仕事つまらない・こんなことしても意味ない」って辞めるのは浅はかって事。

 

というのも、「石の上にも三年」で学ぶことは、仕事内容ではなく、ある○○を学ぶべき期間だからです。

なんとなく辞めたいと感じているのであれば、続けるという事には意外なメリットをもたらしてくれますよ。

仕事を辞めるのか続けるのか、今一度メリット・デメリットをしっかりと考えてから、判断しても遅くはありません。

あなたが見落としがちな、仕事を続ける“メリット”についてご紹介していきます。

秋月

私は勢いで脱サラしてしまった人間ですが、それでも5年は働きました。

そのおかげで、起業してからのトラブルにはある程度対応できるようになってきています。

 

人とかかる仕事をするなら、3年間でビジネスマナーを身につけるべき。(お金の持っている層に相手にされなくなる。)

まずはしっかりと3年間は今の仕事をやり遂げ、ビジネスマンとして一番大切なビジネスマナーをしっかりと学んでください。

尊敬語と謙譲語の違いを理解してます?

(なんでも「お~」を付ければいいってもんじゃありませんよ。)

これが分からない&使えないようだったら、まだあなたは会社を辞めて起業するべきではありませんよ。

冗談抜きでこれが大切であり、今後あなたのビジネスマナーによって、「頭悪そう・嘘ついてそう」とかお客様に思われないようにするための第一印象を良くするためです。

人は見た目が9割というベストセラーの本がありますが、ビジネスマナーも含まれてますからね。

 

ビジネスには色々な業種があり、年齢・性別・経験が異なる人たちと関わる機会が多いですよね。

そんな価値観が異なる人々の、唯一共通した指標となるのが、実はビジネスマナーなんです。

「挨拶もできない・・」「名刺交換もできない・・」は論外として、言葉遣いが悪い人みてどう思います?

ビジネスをする上で常識的な事ができない人は、信用できないですよね?

 

以前、不動産仲介会社の他社の40代以降の人で、なぜかタメ語で話してくる人がいました。

「友達か!」って突っ込みたくなります。

頭悪いを通り越して「気持ち悪い」って思いましたからね。

私は最低限の話だけ聞いて、その人には物件紹介とかは一切行いませんでした。(同じ会社の別の人には送ってましたけど)

ビジネスマナーが出来ないとこう思われるんですよ。

 

特にお金の持っている富裕層は、ビジネスマナーが出来ない人を相手にしません。

どういうことかというと、あなたも稼げる人間になるためには、ビジネスマナーを身につけた方がいいということです。

これから多くの人と関わり仕事を行う上で、マナーの基礎があれば、安心してビジネスに集中できますよね。

入社して1~3年の間であれば、多少の失敗も許してもらえます。

仕事内容以前に、最低限のビジネスマナーだけは学びましょう。

その特権があるうちに、多くの人と関わり、勉強をすることが非常に重要となっていくのです。

秋月

記事作成を依頼する際、応募される方の中で、ビジネスメール・挨拶や自己紹介が無い人がいます。

そういう人は速攻で落とすし、むしろ返信すらしていません。

そういう気づかいが出来ないと、人と関わる仕事は一切取れないですよ。

サラリーマンなどに起業を教える人は特にビジネスマナーを覚えておこう。

 

私も行っていますが、「副業を教えます!」とかでコンサルティングを行っている人がいますが、もしあなたがサラリーマンに勤めていて、ビジネスマナーが出来ないコンサルタントに数十万払って教わりたいですかね?

私は無理です。

「頭悪そうな人から教わりたいと思いません」

実績はあるでしょうが、不快にならないビジネスマナーが使え、自分と価値観がある同じ実績を持つ人に教わればいいだけの話。

もしあなたが学生をターゲットにして商品を販売するなら、ビジネスマナー無視でOKですが、サラリーマンで家庭を持っている(ある程度プライドがある)人をターゲットにするなら、相手を尊重できるビジネスマナーを覚えておくべきですよ。

 

よって3年ぐらい勤めときましょう。

3年務めてない奴に何がわかるんだ!っていう人もいるぐらいですから・・・

(こういう人を相手にしないって方法もありますが、できればお客様になってもらったほうがいいですよね。)

秋月

ビジネスマナーのセミナーに参加して学べばいいんじゃね!って思う人もいるかもしれません。

セミナー参加で実践レベルまで使えればもちろんOK です。

ですが、いきなりできる天才レベルはなかなか居ないでしょうから、凡人であるあなたは3年間は勤めたほうがいいです。

お金をもらいながらビジネスマナーを実戦形式で学んでいきましょう。

4年目から仕事が楽しくなる。スキルが付いてくる。(専門性が増す。経験談)

同じ仕事を3年以上も行っていると、「飽きてきたなー」と感じることはありませんか?

私も入社3年目の時に同じことを思ったので、その気持ちとても分かります。

しかもその時は、トップ営業マンで312万だったので、年収の少なさに絶望を覚え更に辞めようかな・・・っていうボンテージがMAX状態。

でも冷静に考えると実はそれ、仕事に慣れてきた証拠なんですよ。

 

新人に任せる仕事なんて、基本的な業務がほとんどです。

というのも、仕事を振る側として、仕事ができない入社1年目に大きな仕事は振れないってことなんですよ。←だから詰まんないんだけど。

頼む側からしてみれば、その人が失敗して取引先の信用を失ったら会社は大きな損失被ります。

本来仕事を頼むってことはめちゃくちゃ怖いことなんですからね!(起業すればわかります。)

 

本当に楽しいのは、4年目以降。

少しずつレベルの高い仕事を任せてもらえるようになり、新人から半人前、そして一人前にステップアップしていきます。

私も家の販売から、会社の数億の金を動かす仕入れ課になったのも4年目でした。

そうなると、大きなプロジェクトをやらざる得ない状況になり、社内でも社外でも関わる人が多くなります。(ゴルフとかめっちゃ行ったもん。)

更に、専門的なスキルも徐々に身についていきます。

(今では謄本・測量図・公図・グーグルマップを見ればある程度の解体費・建売業者の買取価格を一瞬で見積もれますW)

 

そのスキルは、今後あなたが生きていく上で、大きな武器になるかもしれません。

仕事を続けてみることで、仕事へのやりがいを感じ、楽しくなってくる可能性があるんですよ。

氷山の一角でしかない、基本的な業務だけで今の仕事に見切りをつけてしまうのは早いです。

前菜しか食べていないのに、まだすべてを判断しないでください。

本当に美味しいメインディッシュはこれからですし、4年目以降で身についたスキルを使ってこの後に紹介する商品開発にも使えます。

 

副業で仕事の内容を商品化するときに経験年数はブランディングにもなる。

副業を考えているあなたにも、「経験年数」というのは一つの価値になります。

創業90年、設立50周年・・・あなたの身の回りにもこのようなキャッチコピーのお店がありますよね?

続けるということは、実はそれだけ価値があることなんです。

 

ここがポイントなんですけど、副業の実績がない内は経験年数でゴリ押しする方法が結構効果的なんです。

例えば、素人の人と、別の中華料理店で修業した人10年の人が同時に中華料理店を始め、2人とも販売実績が0だったとします。

お互い売れた実績は使えません。

ですが、10年修行してきた人に「10年以上修行してきた本場の中華料理が食べられます!」って言われたらどうでしょう。

ド素人の中華料理店よりも商売繁盛するのは目に見えてますよね。

ここで使ったのは、販売実績・お客様の声ではありません。

「経験年数」ただこれだけ。

それほど「経験年数」って武器になるんですよ。

 

でも個人でこの信頼を構築するのは、実はすごく大変。

いきなり「私なら大丈夫です!」「こんなすごい能力があるんです!」と、強くアピールされたらどう思いますか?

何か余計に怪しく感じますよね。

そんな時、「経験年数」は大きな安心感、説得力を与えてくれます。

時間は誰しも平等に与えられた、共通の物差しです。

「10年この仕事を行っている」と聞けば、どれだけの時間を今の仕事に費やしてきたのか、簡単にイメージする事が出来ますよね。

転職サイトにも10年やってきた人優遇します!みたいな企業もありますけど、正しくこの事でしょう。

それはお客様への安心感にもつながるんです。

 

仕事3年以上の経験年数が無ければ副業で稼げず商品も売れないの?←それは違います。

 

経験年数はブランディングの強力な武器になりますよ!ってお話しをしましたが、経験年数はあくまでも1つの武器にしかすぎません。

経験年数だけがモノをいうわけじゃないですよ。

その理論が成り立つなら、昔から地元からやっている店が、後から参入してきた会社に負けるはずないじゃないですか?

でも現実は違いますよね。

どんどん昔ながらのお店は撤退に追い込まれています。

 

経験年数が無ければ、その分のスキルで補えばいいし、スキルが無ければスキルのある人から学んでショートカットするって方法もあります。

スキルを使って、圧倒的な成果・実績を積み上げて、実績を使ってモノを売ればOKです。

アフィリエイトに裏技的な稼ぎ方は無いけど考え方の抜け道はあります

 

経験年数を重視するダメな例を1つ上げます。

私もよく不動産ブログで家づくりを紹介していると、自称経験20年とかいう老害からクソコメを貰います。

おそらく私より不動産の知識やスキルはあるのでしょうが、経験してきたことも違いますし、何よりその老害よりは初心者に優しく伝えることが出来るスキル=(伝え方・情報発信力)が恐らくありません。

経験年数による慢心でしょうか?

これはこれでダメなんですよね。

経験年数だけでマウンティングを取るのはダメ。

別にあなたじゃなくても、年を取れば誰でもできることですからね。

そこにはあまり価値はありません。

 

まとめ.   人間関係最悪・稼ぐ仕組みが既にあるなら辞めてOKです。

この記事では、仕事を続ける事でのメリット(ビジネスマナーを実践的に覚える・専門的スキル)をお伝えしてきました。

ただ、今あなたが人間関係や職場環境で苦しんでいるのなら、必ずしも無理する必要はありません。

速攻で会社を辞めましょう。

なぜなら、他人を変えることで人間関係を良くすることは誰にもできないからです。

もしあなたの上司に「すぐに会社を辞めたら次はないから!」と脅されても大丈夫。それは嘘です。

会社を辞めたら次はないは嘘です。仕事辞めて人生楽しくなった3つの自由

 

また、もしあなたが既に本業以外で稼ぐ仕組みがあるのであれば話は別です。

ムリせずに仕事を辞めて、稼ぐ仕組みづくりに注力していきましょう。

稼ぐ仕組みづくりの経験年数を増やしていった方が、今後あなたの人生をより豊かにしていく近道かもしれません。

 

続けることや、辞めることはそれぞれに一長一短があります。

そして最も重要な事は、これから数年後の自分を想像したときに、成長できている自分が想像できるかどうかです。

自分より3つ以上先輩社員が、勤続年数3年以内のあなたと同じ事をやっていたらその会社を辞めるサインです。

確実に成長しません。その会社にいる限り。

この記事を読んで、あなたが自分の現状と将来についてしっかりと考え、行動していただければ幸いです。

今回は以上になります。

秋月

私も27歳の時、26の自分と1歩も成長していない・・・・と絶望し会社を辞めました。(変わったのは立場だけ)

仕事ができない28歳は成長のチャンス?真面目に働くよりやるべき3つ行動

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス