Twitterに反応がないを1ヶ月でいいね数1.79倍にした5つのテクニック│超簡単小技集

Twitter初心者
Twitter初めて見たけど、反応が全くなくてつまらないな....

Twitter
同じ時期に始めたあの人は、たくさんいいね付くのに私は。辛い

とTwitterをやっていると、自分のツイートに反応がなくて絶望しますよね(笑)

私もつい先日までは、フォロワー3000人のくせにTwitterに反応がなさ過ぎて、挫折しかけました。

やばくない?フォロワー3000人の垢ですよ。

ただ、これを改善するために、1ヶ月間(正確には10日くらい)対策したところ、

いいね20台と反応率が跳ね上がりました。

実際、2020年7月1日~6日と2020年8月1日~6日のデータを比べてみると....

7月の6日間でいいね数1457に対して、

8月の6日で2616と1.79倍まで倍増!

あきてる
同じ条件の拡散屋さんを入れていますので、RT数は200程度の差しか有りません

そんな感じで”いいね”による反応が増えて、リプ数も格段に増えました。

この記事の結論じゃ無いんですが、要するに心理学を使え!って事なんですよね。

やった事は5つですが、隙間時間でポチポチできる簡単作業なので、今回は【Twitterの反応が無い】で困っている人に、Twitterで使える5つのテクニックを解説します。

 この記事を書いた人
あきづき:日給7万SNSブロガー
詳しいプロフィールはこちら

blank

ツイッターの反応数が増えたのはフォロワー数が原因ではない。

一応ですが、冒頭の画像ではフォロワーさんが300人弱増えていますので、人によっては....

Twitter民
お前それ!単純にフォロワー増えただけだろ

って言われる方も居ると思いますが、全く要因は0では無いと思いますが、基本関係ないですね。

てかフォロワーが増えれば単純に”いいね数”が増えると思ったら大間違い。

フォロワーが少なくてもtwitterでいいねをたくさんもらうにはフォロワー数どれくらい?←極論0でも増やせるのようにフォロワー14で1ツイート70以上の反応(いいね)を取っています。

他のツイートも20以上と正直、今運営して居るアカウントよりも反応率激高なんですよWW

あきてる
今のTwitterって超面白くて、アルゴリズム変更によってフォロワー数が多い=発信力があるわけじゃ無く、親密度によって拡散性が決まるんですよね。

その証拠に私のツイートを見て下さい。

これがTwitterのテクニックを使って、反応率をあげよ!って思った発端。

Twitterの反応が取れないときにまずやった方が良いこと

はやり最初にやるべき事は、今フォローしてくれている人に、自分のツイートの感想を聞くって事です。

急遽アンケートを採った結果

つまんない!って言う人が3人しか居なくてビビってる。

みんな優しいフォロワーさんが多い事が分かりました。

 

同時に私のツイートは【専門性が高過ぎ】とかのリプを貰いまくり.....

課題としては「専門性が高い内容を如何に例を挙げて分かりやすくするか?」が課題だと分かりました。

あきてる
結局本質のツイート内容も改善しないと、後に紹介するテクニックも効果でないっすから
ツイートを改善した上で、心理学も応用したTwitterの5つのテクニックを紹介します。

1ヶ月でTwitterのいいね数(反応率)を1.79倍にした5つのテクニック

やったことは5つも有るけど、満員電車に乗っていても出来る超簡単な方法です。

Twitterテクニック5選
  • 発信を1つ。多くても3つに絞る
  • ツイートの1行目に拘る
  • セルフリツイート&いいね:心理学を使う
  • いいね3倍返し
  • 企画で濃いファンを作る

これだけ見ると、心理学?って思うかもですが、かなり心理学を使っています。

どれも大事なテクニックなので1つずつ解説していきますね。

発信を1つ。多くても3つに絞る(フォロー&反応する理由付け)

発信内容を1つにするは本当に大事だなって実感しました。

私自身、インプ200で凹んだ時って、ブログ・Twitterだけじゃなくて

 

・不動産投資:住宅購入

・FPの金

・ネットビジネス全般

・せどり

・ウェブライター

・DRM(LINE)

・サラリーマンのつらさ・マインドセット

 

これみて....

お前結局何者?って状態になっていたと思います。

合計8ジャンルくらい発信していたんで、軽く見られるのは当たり前ですよね。

 

だからこそ、私は発信内容をフォロワーさんの絞るべきだと考えました。

あきてる
フォロワーさん!が私をフォローする理由付けにもなる
だからこんなツイートをしたんです。

そしたら、リプ欄をみると、フォロワーさんからかなり熱いメッセージを頂き、結局こういうことだったんだな....と理解しました。

絞ることで、4回に1回くらいは拡散屋を使わなくても、”いいね”がフォロワーの1%以上をたたき出せるようになったのです。

大事です。

ツイートの1行目にコピーを効かせる

ツイートの内容を絞ったところで、全部読んで貰えるとは限りません。

読ませる為には、最初の1文のコピーで決まったりします。

 

私が意識している1文目テクニックは以下の5つ

1文目のテクニック
・【】を使う
・?を使う
・強烈な言葉を入れる(オワコンとか)
・\●●/のセリフパターン
・いきなり見出しを使う
結局ブログもそうですが、タイトルがショボそう(読んでメリット無さそう)なら読まないじゃ無いですか?
だからこそ、Twitterで意識するべきは最初の1文目が大事ですね。
これこそ最初の1行目が上手くいったパターン

あきてる
最初の次に最後が読まれます。故に私は最初に”結び”を考えてから、最初の1行にコピーを作っています。

セルフリツイート&いいね:心理学を使う

あなたはツイートした後に、そのまま放置とかしていませんか?

私はつい先日まで放置していました(笑)

 

でもそれめちゃくちゃ勿体ないです。

 

というのも、”赤信号みんなで渡れば怖くない”っていう言葉があるように、最初の1人目になるのはちょっと抵抗があるわけです。

要するにいいね0・RT0のツイートに押しに行くのは、心理的なハードルが高くなってしまいます。

だからこそ、すでに押されているツイートなんだ!っていう後から”押す”という行動をさせやすくするために、自分でいいね・RTを1にするのがいいでしょう。

あきてる
実際、セルフリツイートをやるようになってから、拡散屋以外からいきなりRTされる事も増えています。

いいね3倍返し

これは”返報性の法則”を使うって事です。

返報性の法則とは、何かを貰ったら、お返ししないと気持ち悪いと思う心理学です。

 

twitterでいいねをたくさんもらうにはフォロワー数どれくらい?←極論0でも増やせるで、1ツイート平均20のいいねを貰っているのは、返報性の法則をめちゃくちゃ使ったからと言っても過言じゃ無いです。

自分の反応率を上げたければ、いいねを3倍返しするようにしましょう。

これと同時にツイッターの相互フォローで同属性1000人を最短30日で集めるやり方2選【有名になれる】を行えば、

 

・フォロワーも早く増える

・いいね数も増える

 

だけでなく、次に紹介する濃い繋がりを構築するのがやりやすくなりますよ。

企画で濃いファンを作る

正直ですが、フォロワー数が多いけど、全員からDMシカトされるってアカウントを作ってもTwitterで稼ぐではダメ。

だからこそ、いいねだけじゃなくて、フォロワーさんから感謝されるためにも企画をやっておきましょう。

 

企画から仲良くなるって事もあるんですよ!

ここではあまり話はしませんが、noteとか販売する時は、いいねをくれるフォロワーとかでは無く、DMでやりとりできる同属性のフォロワーが何人居るかで売上げが変わってきますよ。

 

企画はスルーされてもOK。

とにかく100フォロワーでもTwitter企画で確実にファンが増えるネタ5選【相互フォロー企画は無駄】を参考に、フォロワーにギブする企画をどんどんやっていきましょう。

最後です。

まとめ:Twitterには心理学のテクニックが実は大事:すぐにやってみよう

Twitterで反応率を上げる最大の方法は、ここでは紹介していませんが、「リプ」なんですね。

というのもTwitterは「情報を共有」を大事にしており、そこからのコミュニケーションを楽しむ仕組みだから。

あきてる
よってタイムラインの全てのRT非表示コードを入れても出来ないんです。
だから
・インフルエンサーにリプする
・同属性ターゲットにリプする
この2つがTwitterにおいて、一番反応率を上げる方法と言っても良いです。
ですが、毎日100リプとか大変で、ツイッターのタイムラインに疲れる人必見!TL見ずに月300フォロワー増やした3つの手順【超簡単】のようにSNS疲れを起こしちゃいます。
だからこそ、リプをしないでも反応率を上げる心理学を使ったTwitterテクニックも馬鹿にならないで、是非やってみて下さいね。
ただ、Twitterの反応率が上がったところで、
・売る商品がない
・販売するページ・仕組みが無い
・顧客教育フェイズが無い
では商品が売れませんから、TwitterをやりつつこちらのLINE動画講座で、集客から販売まで自動化して見て下さいね。
今回は以上です。
コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事