「何で無駄に頭下げないといけないの?」

「こんな理不尽耐えられない!」

など会社で働きたくないガチ勢の人は、会社を辞める為の行動をしていますか?

もし、本気で会社で働きたくないけど、”何をすればいいのか分からない”って方に1年後自動課金で生きる方法を提案したいと思います。

正直1年あれば達成可能です。むしろ人によっては半年で済むかもしれません。

自動課金って聞くと、怪しさ満点かもしれませんが、簡単に言えば仕組みを作ってあなたの商品or他人の商品(アフィリエイト)をして稼ぐことです。

というわけで、会社で働きたくないガチ勢が1年で自動課金で生きる方法について経験談を交えて解説します。

大月
いや・・・俺会社の仕事できない無能だしって思っている方も安心してください。
私も1日退社とかしている無能社員の1人ですが、一応自動課金で生きております。

会社で働きたくない理由の独立は逃げでもありません。むしろ挑戦的

働きたくない・楽する為に独立するなんて世の中を舐めているのかと非難を浴びそうですが、私はそうは思いません。

それには「働く」とはどういう事かといったやや哲学的な話になってしまいますが、私は直接作業を行う事だけが「働く」ではないと思っています。

しかし現実問題として・・・

正社員が正義だ!って意見が強すぎませんか?

特に親世代。

気持ちはわかります。

でも意味の狭義の「働く」を避ける為に独立したとしても、そこに広義の「働く」が伴っていれば、それは逃げでも何でもないと思うんです。

具体的には、ビジネスのアイデアを持っていてお金も用意出来る。

後は実務を担ってくれる人を見つけて、その人に賃金を支払って作業を行ってもらい、それで儲けを出せたとしたらそれは立派な働くではないでしょうか?

この場合、実務は担っていませんが人を雇う事で雇用を創出していますし、起業して事業を行っている事で経済活動が発生しています。

これだけでも十分社会に貢献していると私は思います。

 

無能だから働きたくないなどの無能感は環境と上司が作り出す

いやいや「仕組み作れ」って言われても俺会社では無能だし、自信ないよって方もいると思います。

私もスキルがなくて無能感を感じて退社した1人でしたが、知恵袋とか見てみるとやっぱり同じような方がいらっしゃいました。

無能なニートです。働きたくないのではなく人に迷惑をかけたくありません。
私が働くことは社会の迷惑でしかありません。

だから私は働くことは諦めました。自分は間違っていますか?

ぎりぎり健常者の人は、障害者でも病気でもないのだから、周りは当然普通の基準を求めてきます。
なのでどんなに苦悩を訴えようとも、甘えている、努力が足りない、意識が低い、という、

普通の人が怠けているレベルの認識しかされないのです。

でも私は脱サラ後転職活動して思ったのですが、無能な人を作り出すのはその職場の環境だったり、上司が作り出しているということを確信したのです。

あなたは最初から今でも無能ではありません。

上司に無駄に怒られたり、たまたま苦手な仕事が続いてミスをした=失敗からの罪悪感からくる無能感なわけです。

職場の雰囲気や得意な事でマッチすると有能になっていたっていうのは良くある話です。

でなければ転職サイトで「成功事例」なんてものは出ませんよ。

すぐに退社されて終了。

むしろ自分の事を無能と思える人は真面目が多いです。

真面目に人でコツコツやれば仕組みは作れるのでご安心ください。

大月
むしろ本当に無能な奴ほど、自分を無能と自覚せずに偉そうにしている奴なんですよね・・・

人間関係が劣悪なところはむしろ辞めてもOK

人間関係が劣悪で破綻しているような職場で我慢して作業していたり、或いは全く不得意な領域の作業を強いられていたり、そういう状態でいても満足な成果など出るはずがありません。

それでは誰も幸せになれませんよね。

人間関係劣悪&作業としての「働く」を全うするというだけで誰も幸せにしない、なれない。

そういう働き方に社会的意義があるとも思えません。

むしろ人間関係によるストレス抱えて、本来の能力を発揮できない=他人なので意志は変えられないと悪循環です。

ストレスフリーに可能な限り近づけた上で、自分の得意なところで勝負すれば、働きたくないから会社を辞めるでも十分ありだと思います。

大月
勿論、最初から一切作業を負担しないは無理です。むしろ1日3時間は働いたほうが良いです。
ですからこれは言わば「挑戦」ですよね。全く働かず、自動課金を得たい!って方はここから先の話は意味がありませんので閉じてください

ガチで会社で働きたくない人が1年で自動課金で生きる5つの行動

ガチで会社で働きたくない。

1年後に自動課金で生活したいなら、贅沢な暮らしは無理ですがストレスフリーの生活は達成可能です。

具体的には5つの行動を1年でやるってことですね。

自動課金で生きる為の5つの行動

  1. 固定費下げる。プライド捨てて実家に帰ろう!
  2. すべて自分でやろうとしない。仕事を他人に任せて定時退社を狙う
  3. SNSで見込み客をあつめる集客媒体を作る
  4. noteを販売。商品を作って売ってみる
  5. SNSからリストを取っていく!

1つずつ解説します。

1.固定費下げる。プライド捨てて実家に帰ろう!

固定費を下げるは会社で働きたくない人にとって最初にやるべき行動です。

今都内で家賃8万円払っているとしたら、田舎に住んで月4万以下のワンルームに住めば、それだけで4万円節約できますよね?

これって節約に見えますけど、収入4万UPしたのと同じです。

4万も払いたくないなら、実家に帰って1円も払わなければ、甘えって思われるかもですが、年間100万近くは節約できます。

税金・携帯代・若干の交際費を入れても月10万以下で生活できることは可能でしょう。

大月
働いている途中に引っ越しは難しいでしょうが、食費を抑えたり携帯代を減らすことは可能です。
月10万以下におさえられれば、自動課金で生きることも十分可能になりますのでまずは節約しましょう。

2.働きたくないならすべて自分でやろうとしない。仕事を他人に任せて定時退社を狙う

 

次は自動課金の仕組みを作るために時間を作らなければなりません。

そのために他人に仕事を任せる=苦手な仕事はやらないという方向で話を進める必要があります。

そもそも残業しまくっている人は、今日やらなくていい事を無理にやっていませんか?

上司が怖いから・・・

帰りづらい雰囲気だから・・・

気持ちはわかりますが、時間を作らない限りいつまで経っても働きたくない会社で働き続けなければならなくなります。

苦手な仕事は一層他人に任せて、得意な仕事を手伝ってあげるようにしましょう。

お互いwin-winだし、人にお願いする=外注化の練習にもなるのでお勧めです。

3.SNSで見込み客をあつめる集客媒体を作る

固定費削った・時間も作った。

そしたら仕組みを作る行動を始めます。

ここでブログとかYouTubeをやるっていうのもありなのですが、個人的にはSNSをお勧めします。

理由は簡単で、SEOの評価に時間が書かる&チャンネル登録が増えない=挫折する原因だからです。

SNSは毎日作業しないといけないという弱点はありますが、行動量に比例して結果が早く出ますし、SEOとかのルールを覚えずに文字さえ打てればすぐに始められるのもポイント。

3ヵ月以上真剣にやってみましょう。

フォロワーを集めて、ある程度仲が良くなった人・ツイートに反応が出てきたら次のステップです。

 

4.noteを販売。商品を作って売ってみる(ノウハウ・PDF・音声)なら無料で作れる。

 

SNSでフォロワー(見込み客)を集めたら、自分の人生経験で使えたノウハウを、数か月前あなたと同じ気持ちの「ガチで働きたくないけど何したらいいの?」状態の人に向けて販売してみます。

商品を作ると言っても、製造業のようにお金を書けるのではなく、noteとか文字を書くだけですし、音声は自分の声なので無料で商品が作れるわけです。

つまり売れなくても赤字になりません。

noteはすぐに登録すれば販売できますから、フォロワーさんに求められている内容を事前にリサーチしておくのが良いでしょう。

商品の作り方は下記記事をどうぞ!

5.SNSからリストを取っていく!=見込み客に販売できるようにしよう。

正直4番まで達成すれば、人によっては月20万は達成できます。(コンテンツ販売・広告代行など)

とはいえ、SNSのアカウントもいつ削除されるか分からないので、自分の頑張りを資産化しないと怖いですよね?

そんな時はSNSの集客媒体を使って、ライン@やメルマガなどに周知して登録させる必要があります。

いわゆるリストマーケティングってやつです。

リストさえあれば、自分の商品が売れなかった場合でも、別の商品の紹介ができますし、それでも買わない場合はメールアドレスを他人に売る=無料オファーでも現金化することが出来ます。

SNSのアカウントBANされてもリストは残りますし、逆にリストがなければ、自分から好きなタイミングで商品紹介はできませんよね?

商品が売れたら、方向性は間違っていないのでリストを取得していく動きもやっていきましょう。

まとめ:ガチで働きたくないならすぐに行動しましょう。

5つの行動を紹介しましたが、ほかにもブログやYouTubeがあればもっと安定しますが、今お話しした5つの行動の3つは、この記事を読んだ後にできますよね?

特に1番の固定費が高いと、「働きたくないから自動課金で生きる」までに時間がかかります。

月10万程度の固定費に抑え、まずは会社以外から1円でも稼ぐようにしましょう。

さあ今日この瞬間から生活費を見直してみては?

今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事