今更アフィリエイトはもう遅い?2020年から始めるなら知るべき3つの事実【無知は稼げない】

副業を始めたいけど、初期費用が掛からないアフィリエイトを始めて見たいんだけど・・・

初心者:女性
今更アフィリエイトを始めてももう遅いのでは?

初心者:男性
ブログアフィリエイトなどオワコンって聞くから、アフィリエイトは稼げないんじゃ・・・

などの疑問に答えていきます。

結論から言うと、2020年からアフィリエイトを始める事自体、遅くなくてむしろ早い方かも知れません。

まだまだアフィリエイトは稼げますので安心して下さい^^

てか、アフィリエイト人口、精々300万人で日本人の3%しかやっていない事ですからね。

秋月
考えてみても下さい。あなたの周りの同僚にアフィリエイトやっている形跡って見られます?
これから不況になって始める人に比べてみればあなたは超行動力ある素晴らしい人です。

ですが、昔からあるアフィリエイトとルール・難易度が変わり、普通にアフィリエイトをやっても稼ぐのが難しくなっているのも事実です。

故に、今回は2020年からアフィリエイトを始めるさいに、知って頂きたい3つの真実についてお伝えさせて頂きます。

秋月
正直アフィリエイトをやっている私からしてアフィリエイトに遅いってあるのかな?って思っています。

今更アフィリエイトはもう遅いって事はあり得ない。むしろこれからが本番

アフィリエイトって始まったのが2001年。

そして2013年頃に認知されてきたビジネスの為、既に5年以上経っている2020年からアフィリエイトを始めるのは今更感がありますよね・・・・

しかし、結論からアフィリエイトに遅いって言葉があり得ません。

まず市場をご覧ください。

出典:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2055

 

2020年には3990億円のアフィリエイト市場に対して、2年後には5400億と約1.6倍以上まで市場が伸びます。

毎年15%~20%成長していきますね。

更に5Gが発達して、速度制限がなくなれば、ますます1人あたりがインターネットを使う時間が増え、ますますアフィリエイト市場も発展していきます。

むしろこれからが本番!ですよ。

アフィリエイトはもう時代遅れと聞いたけど?←リアルビジネスの人達は時代遅れですか?

アフィリエイトって時代遅れ!オワコンとか聞いて、今更間を感じている人は盛大な勘違いをしております。

アフィリエイトは怪しくて、古くさい言葉に聞こえるかも知れませんが、アフィリエイトの本質は紹介のこと。

故に紹介して手数料を得るリアルビジネスも全てアフィリエイトなのです。

例えば、不動産仲介(東急リバブル・三井のリハウス)などの仕事って、今から始めても時代遅れって思います?

そして毎年、不動産屋に入社する人達はみんな時代遅れでオワコンなのでしょうか?

思わないですよね?

スーパーの食品販売実演だって、おいしさを知ってもらい商品を買って貰うので、アフィリエイトをしているのと同じなのです。

だから、アフィリエイトを今からでは遅いって事はあり得ないです。

まあこれだけでは理解されないと思いますので、次の理由で後発組でも稼げる理由が分かるでしょう。

日本では経験年数だけ長い人が優遇されるが、参入が遅くてもアフィリエイトは全て実力

日本の会社では、勤続年数で市場評価されるのですが、アフィリエイト市場では全て実力です。

アフィリエイトって言葉を知ったのは、2008年とかに知って、10年間前に始めても、大して実践をせずに浅い知識で先輩風を吹かせても、月1万も稼げて居ない人も居れば、

2020年始めても、3ヶ月間集中して取り組み月5万円を稼いだら、実力はアフィリエイト歴3ヶ月の方のほうが上なのですよ。

日本の会社じゃあり得ないですよね。

新人よりも成績上げていない人が、なぜか先輩ずらしているのに、会社からしてみれば、長い期間貢献しているから・・・って言葉で、先輩を優遇しますよね?

(年功序列は経験積みで辛い)

しかし、アフィリエイトは残酷で、先輩もクソもなく10年続けようが、月1万は月1万の実力でしかないのです。

よって、「アフィリエイトは今更もう遅いよね・・・」ではなく。

アフィリエイトで絶対に稼いでやる!そのために未来の自分を信じて投資・作業する!

これがあれば、2020年からアフィリエイトを始めても稼げます。

とは言え、アフィリエイトサイトでは今更もう遅いジャンルもある。

と、ここまで今からアフィリエイトを始めても遅くない理由をお伝えしましたが、やっぱり先行者利益もあることは事実です。

今からやっても遅くないですよ!って綺麗事だけを言うつもりもありません。

2020年からアフィリエイトを始めるならやってはいけないジャンルは「稼げると言われる高単価ジャンル」です。

今更もう遅いジャンル
  • ダイエット(健康系)
  • 脱毛
  • 転職
  • 不動産
  • ウォーターサーバー
  • サプリメント系・美容

この辺はかなり激ムズであり、あなたよりも前に沢山努力し、中古ドメインを購入して、被リンクによるSEOのブーストをしているサイトばかりです。

よっぽどライバルよりも知識がある(職場・お客様からお金を貰っている分野)でない限り、稼げるからと言って勝負しない方が良いでしょう。

またYLYM(健康・金融)ジャンルも絶対に手を出さないで下さい。(やるならSEO無視にして下さい。)

逆に多少単価が低くても、あなたの好きな事・得意な事で勝負した方が、アフィリエイトを挫折せずに稼げるようになるのでオススメです。

初心者でも稼げるクリックで報酬が発生するGoogleAdSenseで稼ぐならアドセンス初心者に単価が高いジャンルは難しいと断言する【稼げるジャンルは3つ】をどうぞ

これからアフィリエイトを始める人が意識すべき3つのポイント

今更アフィリエイトを始めるのは遅い?という質問に対して、全然問題ない!とお伝えしてきましたが・・・・

従来のアフィリエイトでは稼ぎにくくなっているのも事実。時代に合うやり方って有るんですよ。

故にアフィリエイトを始めるなら知って欲しい3つの事実があります。

3つの事実
  • 企業参入でアフィリエイトの難易度が上がっている。
  • アフィリエイトで稼ぐ事をメインにしてはいけない。
  • 情報自体の価値がどんどん落ちてきている。

1つずつ解説していきます。

企業参入でアフィリエイトの難易度が上がっている。

アフィリエイトは稼げます。

だからこそ、参入者が増えてきており、ライバルサイトとの差別化が出来ない・読者に共感されない・役に立たないブログはどんどん淘汰されていくでしょう。

それを証拠に、昔は1000文字記事を書けば上位表示が出来たGoogleは、現在では2000文字~3000文字は書かないと上位表示は難しくなっています。

よって記事のコンテンツ・情報量が昔より多く必要になったと言う事です。(アフィリエイトの作業量増加

更に言えば、グーグルアップデートの回数が3ヶ月に1回と回数がどんどん増えてきております。

前は1度上位表示を取れば、当分下がらなかったのが、一瞬でアクセスが半減するって事もありました。

更に、企業がアフィリエイトが儲かるとわかり、今後企業の超強いドメインでアフィリエイトに参入される事が予想されます。

Googleの上位表示で必要なE-A-Tは、企業と言う事でTの信頼性は非常に高い状態です。

普通にやっても勝てないでしょう。

今後は勝てない記事がどんどん増えてくるって事を念頭にサイト構築を行った方が良いでしょう。

勝てないキーワードは捨て、新しいキーワードで勝負する。

この勇気を持つか持たないかで、時間短縮になるでしょう。

そして、次の考え方が大事になります。

アフィリエイトで稼ぐ事をメインにしてはいけない。サブ的要因として稼ぐのが優秀

アフィリエイトで飯を食うことは可能ですが、アフィリエイトの最大のデメリットは広告主の下請けサービスという点。

私も昔はアフィリエイト・ブログで飯を食べれるようになったので、自由だ!って本気で思っていましたが、今思えばただのアホです。

アフィリエイトをメインにしてはいけないと意識させた事件は、成果を全非承認にした、テックキャンプ案件ですよね。

これ怖くないですか?

アフィリエイトで、一生懸命紹介した案件は0円とか酷すぎますよね?

アフィリエイトはマジで稼げるんですよ。会社の収入なんて軌道に乗れば一瞬で抜かせます。

だからこそ勘違いしてしまいがちなのですが、本質は広告の下請けサービスなので、くれぐれもアフィリエイトだけやれば脱サラ出来る・自由になれるとは思わないで下さい!

最初はアフィリエイトに注力するのはOKですが、最終的には自分の商品を作って、自分の商品が売れなかった時に、サブ的にアフィリエイトを使っていくって方法が良いでしょう。

情報自体の価値がどんどん落ちてきている。これからは誰が発信するかに向けられる。

情報の価値が落ちている?うん・・・どういうことって思いますよね?

しかし考えてみても下さい。

アフィリエイターが増えたおかげで、すごく細かい質の高い記事が増え、今現在でも無料で有料級の情報が簡単に手に入れられるようになりました。

秋月
このブログでも、以前購入した情報商材の実践内容を踏まえて解説しているので、有料級の情報をお届けしているつもりですよ(^^)

かつては情報商材で販売されていた有料級の情報が、今やググって一瞬で出てくる時代になっています。

こうなると、情報自体の価値って下がっているって思いませんか?

(一部の本当に良い情報はまだまだ価値が高すぎますし、売れます。)

 

こうなってくると、情報の価値よりも、誰が発信するか?=人に向けられる訳です。

ブランディングってところが重要って事。

グーグルアップデートの回数が増え、上位表示が安定しない・集客が安定しない・ライバルの増加した時代です。

今後ますます厳しくなっていくでしょう。

だからこそ、未だ匿名で頑張っている物販アフィリエイトよりも先に、自分自身をブランディング化して、情報に価値を与えていく方にシフトしていくことが重要でしょう。

今後はあなたが先行者利益になりましょう。

まとめ:1つの媒体でアフィリエイトする時代はオワコン。ミックスメディアを使いましょう。

と言う事で、アフィリエイトを始めるに遅い!とかは有りませんが、普通にやっても稼ぐのが難しい時代になったって事。

情報自体の価値が落ちてきており、人という点が評価される時代において、1つの媒体で稼ごうとすることはオワコンだと言えるでしょう。

故に、あなた自身を様々な媒体で認知させて、信用を貯めていき、商品を紹介・販売するのが現在の手法と言えます。

逆に先行者の方は、従来の方法で通用しなくなっているので、切り替えが中々出来ず、そこに後発組のチャンスが眠っているという事にも繋がるんですよ。

だからこそ、アフィリエイトは広告主の下請けサービスって事を理解して、自分自身のサービス(価値構築)も考えながらアフィリエイトに挑戦しましょう。

自分の得意などを情報発信するならこちらから始めて下さいね。

今回は以上になります。

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事