ブログ記事の文字数は何文字?SEO対策に強い記事を書く3つの基準

ブログ初心者の方がSEOに強い記事を書く時に気になるのは文字数ではないのでしょうか?

ググって見ると・・・・

「5000字を越える超大作の方が良い!」って書いてあれば、「短い方が1000字以内でも上位表示可能!」など極端に分かれるので結局よくわからなかったりします。

しかし、上位表示させられるブロガー&アフィリエイターはSEOに強い記事の文字数を感覚的に理解しており、記事の文字数を決める基準はこれから紹介する3つの基準があります。

結局自己流で記事を書いてみたけど、上位表示が一切できずにアクセスが稼げずブログを辞めていくってことになりかねませんが、記事の文字数を決める基準を知ること、狙ったキーワードで上位表示が狙いやすくはなるでしょう。

少なくとも私は3つの文字数の基準で月70万稼ぎました。

今回はブログの文字数の3つの基準について解説させていただきます。

 

ブログ記事の文字数は何文字書けばいい?SEO対策を踏まえた3つの基準。

SEOに強いブログの文字数の目安は最低2000文字~3000文字!

ブログ文字数を決める最低目安は2000字~3000字ぐらいです。(多少越えてもOK)

近年では最低でも2,000字は欲しいです。

理由は2つ有ります。

ブログ記事の文字数が最低2000字必要な理由

☑本文からロングテールによる検索流入が期待できる

☑文字数が少ないゆえに読者に薄い情報だなって思わせないため(離脱回避&リピーターになってもらう。)

ロングテールは、狙った検索キーワードの類似キーワードのことを指し、読者がロングテールキーワードで検索してきた場合、類似したキーワードを文章から拾う事で検索表示されることです。

ロングテールには自分でも知らなかったライバルが全くいないキーワードもあるので、長期的な集客をするのに必要不可欠なものであり、サーチコンソールの検索アナリティクスから調べられます。

ライバル不在で、キラーページに運よく集客できただけで、アフィリエイト報酬が発生したらうれしいですよね!

 

また2000字の記事と500文字の記事があるブログだったらどっちのブログの情報を信用しますか?

仮に500字の記事にすごく良いことが書いてあっても、よっぽど文字数を稼ぐだけの2000字の記事に比べて情報量が劣ります。

500字だと検索結果の答えしか書く事が出来ませんよね。

実際に読む人間がショボいなって感じてしまえばそのブログから離れてしまい、リピーターとしてブログを読んでもらえなくなります。

自然と情報量を増やしたいなって思ったら、文字数はどんどん増えていきますよね?

最低でも2000字ぐらいの記事文字数を保つことで、検索結果の答え+α(自分の意見)を伝える事が出来るのでオススメです。

秋月

見出しは3つぐらいで最後にまとめがあるとベストです。

見出しが3つぐらいあれば、ボリューム不足と言うことも無く、ボリュームが多すぎて読み疲れない為、自分の伝えたいことまで読んでくれる確率があがります。

上位表示しているライバルサイト3サイトよりも多い文字数で書く。

 

最低2000文字ってお伝えしましたが、上位表示しているライバル記事が5000字に対して、2000字で上位表示を狙うのは非常に難しいです。

アフィリエイトのライバルチェックを5分でやる方法4選&同時に真似るポイント3選と同様に、上位3サイトの文字数をチェックしていきましょう。

ライバルサイトの文字をコピペして、文字数のチェックはbulletin boardを使います。

この記事で狙っているキーワードは「ブログ 記事 文字数」で狙っています。

 

1位はヒトデ氏のブログで、2位・3位も個人ブログです。

実際に計測してみると・・・

ライバルサイトの文字数

☑ヒトデ氏:1410文字(この文字量で1位になれるのは圧巻レベル)

☑2位サイト:2907文字

☑3位サイト:3400文字

このことから、大体3500文字程度~4000字程度書くことで、上位表示が出来る確率が高いなと予想することができます。

にも拘わらず「俺は最低2000字何だろ。2000字しか書かね」ってやっていると、いつまでたっても上位表示することができません。

狙っているライバルサイトによって臨機応変に文字数を変えていく必要があります。

秋月

記事を500記事ぐらい書いていくと、ライバルサイトの文字数が、チェックツールを使わなくても大体感覚的にわかってくるようになります。

最初はコピペしていちいちチェックするのは面倒かもしれませんが、上位表示が狙いやすくなるのでぜひ取り組みましょう。

余計なことを書いて文字数をかせぐのはダメ(3分~4分で読めるぐらいのボリューム)がベスト

 

上記のライバルチェックで大体3500文字程度~4000字程度とお伝えしましたが、5000字以上越える大作はOKか?

結論から言うと文字数が多すぎ記事は好まれません。(昔はそれでよかったんですけど・・・)

2017年には長文SEOで5000字以上書くと上位表示がされやすかったのですが、2019年から無意味な長文よりも、欲しい情報がすぐに見つかるか?→検索の答え以外の余計なことを書いて長文にするのはNGになりつつあります。

 

欲しい情報があるから検索しているのに、無意味な長文によって欲しい情報が見つからず、そのサイトから離脱した経験はありませんか?

文字数が多すぎることで「読むの大変そう・・」「情報が見つからない・・・」ってなることから離脱率増加・滞在時間減少からの検索上位が狙えなくなりますので、無意味な文章で延ばすぐらいだったら2000文字程度の記事に収めたほうがまた読まれます。

 

ブログの文字数より守って欲しい事は、必ず検索クエリの答えを最初に書く事

ブログの文字数よりも一番意識して欲しいのは、検索キーワードの答えがすぐに分かる文章構成にすることです。(超重要なことを言ってます!)

例えばパソコンを開いてパスワードを入れようと思ったけど、キーボードが壊れていたときに他の入力方法を探したとします。

キーボード以外の入力方法を探しているのに、タイトルに反して修理方法&パソコン紹介(アフィリエイト)ばっかり書いてあるサイトだったらどう思います?

 

タイトル詐欺すんなアフィカスが!!

って思いません?

 

キーボード以外の入力方法で検索している読者を想定して記事を書くなら、キーボード以外の入力方法を最初の見出しに書かないとダメなんですよ。

ここには情報が無いなって思われ、一瞬で離脱されてしまいます。

この記事も「ブログ 文字数」って検索する方に向けて書いておりますので、最初の見出しにブログの文字数について書いているわけです。

 

読者は忙しいんです。情報が無いなって思われた瞬間に一瞬で離脱されます。

最初に答えを提示して上げなければならないのです。

逆に情報がしっかり書いてあるなって思って貰う=興味を持って貰えれば、他の見出しの内容も読んで貰えるようになります。

その結果、滞在時間も伸びることでSEO対策が評価され、検索上位が取れるようになります。

 

まとめ:文字を読ませなければブログから収益は発生しません。疲れさせないことが大切。

 

どんなにいいことが書いてあっても、読まれなければ自分の意見すら聞いてもらえません。

つまり、ブログ収益が発生しないことになります。

 

文字数をむやみに増やし、SEO対策で1位をとることがブログで稼ぐ本質ではないのです。

 

人が1秒で読める文字数の目安をご存じでしょうか?

一般の人で1秒で10文字、早い人でも15文字と言われております。

つまり1分間で読める文字数は600文字~900文字になります。

そう言われてもよく分からない・・・って方は実際にあなたが1分間で何文字読めるか計ってみましょう。

読書速度ハカルくん

私は、普段ブログを読んでいるので割と早い方なのかもしれません。

 

2,000字から3,000字が良いとされているのは、1記事を3分~4分程度で読めるぐらいなので、読者が集中して読んでくれます。

その結果、ブログで伝えたいことが読者に伝わり、AdSense・アフィリエイトリンクをクリックしてくれたり、メルマガ登録をしてくれやすくなります。

 

逆に長すぎても良くない例として、私のメインブログは6,000字の記事が多いのですが、その記事の多くは、みんな読み疲れてしまっているのか、途中で離脱している人が多く見られております。

ライバルチェックをした結果なのでseo的には良いですが、あくまでも読者目線(ユーザービリティ)を優先すべきでしょう。

 

秋月

記事が長くなりそうであれば、2つに分けられる可能性があります。

2000字以上とれる記事であれば、ボリューム的には十分ですから2つの記事に分けて、2つのキーワードを狙った方が戦略的には良いでしょう。

どうしても1位を取りたいのであれば、1つの記事でまとめるのも有りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です