アフィリエイト初心者がジャンル選定を決めた後にライバルチェックをして見ると・・・・

アフィリエイト初心者:女性
全部アフィリエイトサイトじゃん。ライバルが強そうで太刀打ちできないよ
アフィリエイトサイトが無いブルーオーシャンでやりたい。

自分がアフィリエイトに挑戦しようとしているジャンルが1位~10位全てアフィリエイトサイトか、企業サイトが上位を取っているジャンルは落ち込みますよね。

そんな時アフィリエイトの広告をみるとブルーオーシャン!って言葉を見かけて、「ブルーオーシャンジャンルってあるのかな?」って必死に探すかも知れませんね。

しかし結論からいうと、アフィリエイトにそもそもブルーオーシャンジャンルという物はなく、むしろ稼げないからブルーオーシャンジャンルをやるのはNGです。

騙されないでください。

でないと、冗談抜きで必死に書いて1位を取ったにもかかわらず、月1000円しか稼げなかった・・・って言うことに。

そもそも考え方が全然違います。稼いでいる人達のジャンルを見てください。

みんなレッドオーシャンジャンルでしょ(笑)

今回はアフィリエイト初心者向け、ブルーオーシャンという考え方の現実をご紹介させて頂きます。

大月
当然1位~10位全て企業サイトのジャンルは挑戦してはいけませんが、これから紹介する「ずらし」でいなければ挑戦しましょう。

まだライバルチェックすらしたことが無い人は5分で可能!アフィリエイトのライバルサイト分析4選【3つパクれます】からご覧ください。

アフィリエイトにブルーオーシャンジャンルは無い。(ライバル不在はない)

 

アフィリエイト初心者に知ってもらいたい現実があるのですが、原則「アフィリエイトにブルーオーシャンジャンルは存在しない」と言う事。

これを知るだけで、ジャンル選定で迷っている約半分の人をごぼう抜き出来ます。

ダイエット・転職・美容・脱毛・ウォーターサーバーとかは広告単価が高いのでライバルが沢山いますし、ビックキーワードで1位を保つために月間1,000万円以上使っている企業もあるくらいです。

上記のようなジャンルはレッドオーシャンって事は分かりますが、アフィリエイト単価が低い(ゲーム・アニメ・野菜通販)とかも見てください。※上記の1/5程度

「スマホゲーム おすすめ」

「野菜通販 おすすめ」

「アニメ おすすめ」

上位5位までを掲載した画像ですが、3記事は企業サイトですよ。(あとは特化ブログ)

アフィリエイト広告があるジャンル=ライバルは絶対にいるレッドオーシャンなんだって言うことを認めてください。

ちなみにアフィリエイト広告すらないアドセンスだってライバルは沢山います。

つまりライバル不在で知らない間に「爆稼ぎ!」って事は幻想なので辞めましょう。

あと人がいないブルーオーシャンって事は・・・・

アフィリエイトサイトがないブルーオーシャンジャンルは稼げないから人がいない

アフィリエイトサイトがない=市場が無い・需要が無いと言うことを意味しております。

やったブルーオーシャンを見つけた!と思ってもそのジャンルの検索ボリューム・マネタイズを把握していますか?

 例えば「テニス」というレッドオーシャンジャンルと、テニスとバトミントンを融合した「クロスミントン」というブルーオーシャンジャンルで比較します。

テニス初心者の場合、1位~5位までが企業サイトであり、1940万サイトも関連があります。

 

一方のクロスミントン初心者の場合、関連サイトが177,000しかありません。

しかも1位以外は個人のサイトであり、酷い場合は404エラー(記事がない)状態ですら上位表示が出来ている始末。

検索ボリュームも10~100。テニスと比べて1/100です。

上位取れれば1日1PVぐらいは見込みがあるでしょう。

「●●+初心者」キーワードは商品が売りやすい成約率が高いキーワードなのに、1日1PVしか入らないのは厳しい。

そもそもテニスとクロスミントンの単体での検索ボリュームは・・・

テニスとクロスミントンの検索ボリュームの比較
  • テニス:10万~100万
  • クロスミントン 100~1000

つまりはクロスミントンはテニス市場の1/100以下という事を意味しております。

単純に稼げる額が1/100以下。

一応「クロスミントン」はライバル不在のブルーオーシャンジャンルですが、真剣にやったところで稼げないわけです。

ライバルがいない=稼げないから人がいないという考え方にしましょう。

なので、アフィリエイトのブルーオーシャンという意味とは・・・・

アフィリエイトのブルーオーシャンとはレットオーシャンのずらしで見つけたニッチの事

です。ブルーオーシャンジャンルではアフィリエイトは稼げません。

レッドオーシャンジャンルなんだけど、そのキーワードを使って記事を書いていない所に記事を書く=ライバル不在のブルーオーシャンを狙います。

つまりはニッチ戦略です。

要するにキーワードを細分化して、複合キーワードで上位表示を狙いつつ、最終的にはジャンルのビックキーワードでも上位表示が取れるようにしていく流れ。

言葉だけではわかりにくいので、「ダイエット」というレッドオーシャンジャンルで解説します。

ダイエットというレッドオーシャンジャンルでアフィリエイトのニッチを解説。

「ダイエット」っていうレッドオーシャンジャンルに「ダイエット おすすめ」などのキーワードで攻めても、上位表示は不可能でしょう。

そこでキーワードのずらしを使います。

ずらしの基本はキーワードの細分化です。

ダイエットを細分化すると「二の腕ダイエット」「脚ダイエット」「腹ダイエット」とか沢山のジャンルに分けることが出来ますよね。

今回の例で「二の腕 ダイエット」というキーワードを取り扱った場合、1万~10万の検索ボリューム。

若干検索ボリュームが足りない気がしますが、ダイエット関連は商品が沢山あるので二の腕ダイエット特化ブログにするわけです。

いきなり「二の腕 ダイエット」というキーワードを狙っても上位表示は取れませんから、関連キーワードツールで「二の腕 ダイエット」に関するキーワードを拾っていきます。

すると「二の腕 ダイエット バイバイ」というキーワードを見つけることが出来ました。

検索ボリュームは10~100と少なめですが、最初はこの検索ボリュームを狙っていけばOK。

実際の検索結果をみても、「二の腕 ダイエット バイバイ」が入っているタイトルはYouTubeの2位と5位だけ。

allintetle(オールインタイトル)検索をしても75件しかありませんから、十分上位表示は狙えます。

こんな感じで、レッドオーシャンジャンルの中のブルーオーシャンを見つけていくのがアフィリエイトのブルーオーシャン戦略になります。

ドメインが強くなったら、検索ボリュームを増やした物を狙えばOKです。

大月
正直、ダイエットはかなり厳しいジャンルなので、10~100でも難しいですが、ダイエットよりはライバルの少ないジャンル及びキーワードが多いレッドオーシャンなら、上位表示はもう少し簡単になります。

情報商材のブルーオーシャンを狙い撃ち!みたいな文言に騙されるな。

アフィリエイトのブルーオーシャンは、レッドオーシャンの中にあるライバル不在のキーワードを見つけるブルーオーシャン戦略だとお伝えしました。

しかし、中にはブルーオーシャン狙い撃ち!という情報商材に騙される人がいるのも事実です。

所謂先ほどのクロスミントンの例ではありませんが、ニッチを狙いすぎて稼げないパターンの情報商材も存在しますので注意しましょう。

とはいえ、ブルーオーシャンがあるのも事実では存在します。具体的には2つ。

アフィリエイトのブルーオーシャンを狙い撃ちできる2つの方法
  • トレンドキーワード
  • 新商品キーワード

いわばトレンドです。

トレンドキーワードは毎日生まれておりますから、ライバルは全くもって不在。

チャンスではありますが労力を書けないとブルーオーシャンは狙えないと理解してください。

ドメインパワーなどの影響も勿論ありますが、基本的には早く記事を書いた人が上位表示が出来るわけです。

大月
トレンドキーワードを狙う上で、一般的な事を書いてもニュースサイトに負けるでのずらしを入れないとダメです。
ニュースサイトで知り得なかった情報を深掘りする必要があります。

新商品のキーワードはライバル不在のブルーオーシャンだが外れもある。

 

かなり稼いでいるアフィリエイターの中にはASPをあまり使わずに、ライバルがやっていない新商品の物販アフィリエイトで稼いでいる人も中には居ます。

トレンドキーワードの応用ですよね。

ライバル不在で、商品リンクもAmazonや楽天を使って張れるのでアフィリエイトは可能です。

ただ、難しいのはその商品が売れている商品なのか?って事。

新商品は売れない可能性もあるので、売れない商品をアフィリエイトしたところで全くもって売れません。

そこの見定めのリサーチが非常に難しいので初心者には正直向きません。

既に売れている・実績のある商品をアフィリエイトした方が確実でしょう。

アフィリエイトのジャンルで迷って辞めたくなるなら、雑記ブログからニッチジャンルを探すのもあり。

 ここまで話をしましたが、ライバルサイトが多すぎて、何を書いて良いのか分からない・・・

「ブログ諦めよっかな」ってなっている場合は、雑記ブログから初めて見るのもありです。

正直、【悲壮】雑記ブログ100記事&3ヵ月でアクセスは増えません【実例有】という弱点はありますが、沢山のジャンルが書けるので、アクセスが集まったジャンルを自分がブログを運営しながら見つけることが出来ます。

これってかなり大きくて、キーワードプランナーなどで出てこないライバル不在のキーワードがどんどん拾えるようになります。

あとは、雑記ブログでアクセスが稼げた&アフィリエイト出来そうなジャンルの特化サイトを作れば、結果がでるのは間違いありません。

既に結果を出しているので。

全部レッドオーシャンじゃん・・・

「やっぱり私にはアフィリエイト無理なのかな・・」って思考停止をするのではなく、ジャンルを見つけるヒントとして雑記ブログを初めて見ましょう。

まとめ:アフィリエイトのレットオーシャンジャンルは椅子取りゲーム。続けていれば勝てるようになる。

最後に、アフィリエイト初心者に朗報があります。

それはアフィリエイトのレッドオーシャンは続けていれば勝てるようになるという事実です。

なぜなら、グーグルアップデートの回数が増え、過去にレッドオーシャンジャンルで椅子に座っていた人(上位表示)がどんどん退場させられています。

私も「住宅購入」というレッドオーシャンジャンルで上位を取っていましたが、1年放置で分かった放置ブログで稼ぐ条件3選【結論:放置はコスパ悪い】をしたところ、かなりの多くのキーワードが退場させられました・・・

レッドオーシャンジャンルは最終的に放置される傾向にありますから、続けていれば勝てるようになります。

だからこそ、自分が得意なジャンル✕人がいるジャンルで絶対に勝負してください。

今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事