どうも秋月です(@akituki_zidouka

この記事をご覧になっているあなたは・・・

「メルマガって稼げるって聞いて興味がある!」だけど”時代遅れ”や「いまさらメルマガ?SNS」だとって言われてメルマガ運用について悩んでいませんか?

私もSNS(LINE)とメルマガ運用について非常に悩んでいましたが、結論から言うと”両方やれ”です。

そして”メルマガが時代遅れ!”って事は絶対にあり得ませんのでご安心くださいね。

むしろ今がチャンスで、メルマガは時代遅れでオワコン!とか言っている人はマジでヤバイです。

秋月
ブログオワコン!って言う人の100倍以上ヤバイ案件で、勉強不足を露見するレベル・・・ですよ(^_^;)

今回は、メルマガが時代遅れでは無いをテーマに、メルマガを絶対にやるべき理由&使い方についてご紹介していきますね。

[template id="7051"]

前提:メルマガが時代遅れって言っている人はヤバい

冒頭でもお話しましたが、メルマガが時代遅れって言う人は相当ヤバイです。

メルマガが時代遅れってなる事って最低10年以上は無いと思って居ます。

考えてみても下さい。

以下の事って必ずメールでやっていませんか?

メールで済ませていること
  • 会社の取引先の連絡←(社内ではSNSの所も増えてるけど)
  • サービス購入・登録時の確認
  • SNSの登録時の確認

これらって全てメールですよね?

特に会社員の方って一部の上場企業以外のメインはメールで連絡しているのでは無いのでしょうか?

大月
中小企業ではメール以前にFAXがバリバリ活用する時代ですよ。
不動産屋さんはFAX無いと生きていけません

リストを取って稼ぐ上で、見込み客が使用している情報取得媒体を使うのは当たり前。

故にあなたが集客している年齢層に併せて媒体を使いこなす必要があるので、メルマガが時代遅れって話ではありません。

むしろ!

40代以降の方向けの販売サービスを売るなら、SNSよりもメルマガで情報収集する文化がありますからメルマガを使うべきです。

さらにメルマガが時代遅れでは無い理由として・・・

アマゾンは時代遅れなのでしょうか?

GAFAの一角を担う1超ドル(110兆円)企業と、日本の年間の国家予算よりも多いAmazonがSNSを使う事はありませんよね?

購入確認・購入手続き・セール情報を伝える際は必ずメールで教えてくれますが、時代遅れなのでしょうか?

そんな事はありませんよね。

何だってAmazonは将来的に空中に倉庫を作ろうとしており、雇用を減らそうとして居る最先端企業。

本当に時代遅れならAmazonはとっくにSNSに切り替えているはずですよ。

故にメルマガが時代遅れなのはあり得ないって事です。

秋月
Amazonの事を詳しく知りたい方は、下記の本を読む事を強くオススメします。
未来予想が出来て楽しいですよ


SNSがあるからメルマガは時代遅れだ!←用途が違う

Amazonと一個人を一緒にするな!と言われてしまうと思いますので、SNSとメルマガの違いを解説しておきます。

そもそもメルマガを使う理由はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という直接お客様の反応(返信)を重視したマーケティング手法を行う為です。

秋月
DRMは最新マーケティングとかではなく、実は100年以上前の1872年にアーロン・モンゴメリー・ワードが生み出した手法と歴史があります。

DRMを行う為には3つのフェイズがあります。

DRMの3つのフェイズ
  • 1.集客←(SNS・ブログ・YouTube)
  • 2.教育←(ステップメール(メルマガ)LINE)
  • 3.販売←(LPランディングページ・スカイプ面談)

こんな形でそもそもSNSとメルマガの使うフェイズが違うんですね・・・

以下の画像のように使っていきます。

秋月
メルマガの部分にはLINEも含みます。

 よって、沢山リーチ出来るけど見込み客の距離感が遠いSNSと、既にリスト(名簿)を貰っているメルマガとは役割が全然違います。

見込み客との距離が近い(教育後)にセールスすると喜ばれますが、見込み客との距離が遠いSNSでセールスしても嫌われるだけです。

良くいますよね。Twitterでアフィリンクを付けていたり、Facebookおじさんがプラットホーム上でセールスするアレ・・・

かなり冷たい目で見られていますよ(^_^;)

メルマガとSNSの違い
  • メルマガは読者の距離感を近づける物!
  • SNSは沢山の方に自分を認知して貰う物!

それぞれ役割が違うのにメルマガが時代遅れだからSNSをやれ!いうのは根本的に間違っているのです。

どっちもやれ!これが答えになります。

秋月
高単価商品でも売れるブログ✕メルマガを組み合わせた手法を詳しく知りたい方はこちらをごらんください

時代遅れと言われているメルマガを使うべき2つの理由

メルマガとSNSの違いについて解説しましたが、メルマガだって時代とともに進化しています。

時代遅れと言われながらも使うべき理由は2つ!

メルマガの強み
  1. 単純に料金が安い
  2. リストが消えることが無い(超重要)

1つずつ解説していきます。

単純に料金が安い。かつ機能は高性能である

メルマガと良く比較されるLINEですが、2020年5月現在の料金表は以下の様になっています。

基本的に15,000円ベースに考えればOKですが、

実は45000通ってリストが4000人と越えてきて、Lステップでセールスしたときに10通送るとあっという間に無料メッセージ通数が越えてしまうケースも!

勿論、それは超上級者でリストを大量に持っている人の問題ですし、その額をペイ出来る金額は余裕で稼げるでしょう。

ただメルマガの場合はどんなにメールを送っても月3000円程度が相場。

LINEの1/5程度で済みます。

また私が使用しているMyASP(マイスピー)では凄い機能があって・・・

MyASP(メルマガスタンドの凄い機能)
  • メルマガ読者しか加入できないステップサイト(会員サイト)
  • 個人がASP(広告主)になれる

LINEではあり得ないですよね!

なのに付き1万円とLINEより遙かに安いです。

メルマガと聞くと、古い・・・ってイメージが強いかも知れませんが、配信システムはめちゃくちゃ最新的ですよ(^^)

リストが消えることがない。

メルマガを使うべき最大の理由は、読者に配信解除されない限りリストが消えることがないという事です。

LINEの場合、アカウントBANされてしまうと、折角集めた見込み客を全て失う事になります。

仮にすぐに売り上げが欲しい!って思った時にリストが無くなってしまうとどうしようも出来なくなりますよね。

メルマガは違います。全て自分でコントロール出来るんです。

仮にメルマガスタンド会社は潰れるかも知れませんが、メールリストはあなたの物なので、配信スタンドに登録し直せばすぐにセールス出来ます。

ブログの記事と同様に、あなたの一生の資産になるのです。

秋月
メルマガは既に商品販売にて信頼構築した成約リストを作る事をオススメします。
良い商品を売ってくれたあなたというブランドがメルマガの開封率を上げてくれます。
[template id="7051"]

メルマガの弱点は開封率!故にラインからリストを取っていこう。

 多くの人がメルマガはオワコンだよね・・・時代遅れって思うのはLINEとメルマガの開封率の差が原因でしょう。

ある調査では、LINEとメルマガのメッセージ開封率の差が6倍になり、リンクのクリック率はなんと20倍も差がある・・・という悲しい調査結果があります。

実際その通りだと思っていて、自分もメルマガからLINEに変えたときの反応率が変わりましたし、何よりリスト取得率UP!

だからこそ最初の入り口は、メールアドレスを打ち込む面倒すら与えずに簡単に登録出来るLINEの方がオススメですね!

そして特典を受け取って貰い、自分の信念を伝えていく=教育が出来るようになります。

その後、自分の商品を購入してくれた”成約リスト”という一番大事な見込み客に対して、メルマガ登録をして頂く資産化する流れが良いでしょう。

まとめ:それぞれの特性を生かすこそ最強。メルマガが時代遅れとか言う話ではないです。

メルマガが時代遅れでは無いポイントを纏めると3つで

メルマガのポイント
  • リスト(顧客名簿)を完全に資産化できる
  • SNSよりも見込み客の距離が近い!
  • Gメールの利用者は12億人越え!共通媒体であり高齢者コンテンツ向け

という感じです。

何度も言うようで申し訳ありませんが、メルマガは時代遅れではなく、それぞれのツールのメリットを組み合わせて使っていきましょう。

・ブログ単体で稼ぐ!

・SNSアフィだけ!

とかそういう思考では危険だし、1つルールが変わっただけで収益が0になってしまいます。

複数の媒体を使って自動課金を作ってみたい!方は期間限定のこちらの企画にご参加くださいね。

今回は以上です。

作業しているのに結果が出ないあなたへ

「ネット上にもう一人の自分を作って24時間・365日働かせる!」をコンセプトに自分の好きな事・得意な事で稼ぐ事に興味はありませんか?

すでに「ブログ頑張ってる」「動画頑張っている」「SNS頑張っている」なのに中々結果が出ないのには理由があります。

全くの初心者から月10万円以上を自動課金で稼ぎ出すブログを軸にした仕組み・思考・テクニックをまとめた動画講義+コンテンツサイトが【仕組みブログの教科書】です。

期間限定で無料プレゼントをして居ますので、下記のボタンからダウンロードをして下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事