ブログが続かないと悩む時点で間違い?勘違い7選を専業アフィリエイターが解説

今日もブログが書けなかったっと落ち込み「ブログ 続かない」と検索しておりませんか?

ブログが続かないと悩み、私もよくブログを続けるコツとかを検索していました。

が!

最近になって、ブログが続かないと悩んでいる時点で間違いだった事に気が付いたのです。

なぜなら、ブログが続かないって悩んでいる時点でブログを書く意思がありますよね?

つまりあなたはブログを続けているんです。

そもそもブログが続かずに辞めた人は、ブログ続かないってわざわざ悩みません。

 

ブログが続かないと悩んでいる人に必要なのは「ブログ記事を投稿できない理由」を探るべきであり、ブログを続けるための根性論ではないんです。

今回は、ブログが続かないと悩んでいる人の勘違い6選と対応策について専業アフィリエイターの私が解説いたします。

経験に基づいて書いている内容なので、じっくり読んでください。

 

ブログが続かないと悩む人の勘違い6選:記事が投稿できない原因と対策を探ろう

毎日更新しなければならない。⇐(対策)そんなことはありません。予約投稿を使いこなそう

ブログって毎日書かないと成果が出ないんでしょって思っているかもしれませんが、そんなことは一切ありません。

私は半年以上放置しているブログがありますが、それでも月20万程度は稼いでいるサイトを持っております。

確かに、毎日更新をしていればファンが付きやすいのは確かです。

ですが現実、毎日ブログ記事を書く時間がある人はほとんどおらず、そんな人は専業ブロガーでない限りあり得ません。

本業が忙しかったり、用事が立て込んでいれば、平日はブログを書く時間が無いと言う人も居るでしょう。

 

仕事が忙しく、平日にまとまった時間が取れない人こそ予約投稿を利用しましょう。

休日にブログが掛ける時間がある人は、休日に記事を書くという事に集中する為に、平日の通勤時にネタの選定・インプット・キーワードでの調査を7日分行っておけば、土日の2日で7記事分書くことで予約投稿による毎日更新ができますよね。

 

何も毎日ブログを書くだけが毎日更新ではありません。

休日に一気に書き上げるのも十分有り。

そのためには、記事を書くためのネタ集めと、キーワードのライバルの方法の時間を早くなるとブログが続けやすくなるでしょう。(ネタ切れで辞める人が多いので)

毎日記事が書けないって、ブログを辞めてしまうのであれば、更新頻度を落とすのも1つの手です。

 

また、キーワードのライバルチェックが上手くなれば、外注化という方法もあります。

何もあなたが書くだけがブログではありません。

忙しいを理由にブログを書く時間がないと言い訳するのはやめてください。

みんな忙しい中、時間を作ってブログを書いており、結果を出されております。

ブログを書く時間がないと悩んでいる人はブログ記事を書く時間が無いと言い訳する人が知らないたった1つの事をご覧ください。

ブログを書くのに時間がかかる⇐(対策)ブログネタを探すリサーチと記事を書く作業を別にする。

ブログを辞めてしまう多くの原因は、1記事当たりに書く時間がかかると言うことです。

ブログ初心者が1記事を仕上げるのには、「キーワード調査・ライバルチェック・広告探し・タイトル決め・記事を書く・画像を作成・挿入」に3時間~4時間ぐらい普通にかかります。

情報商材に書いてある「1日30分の記事作成で稼ぐ」って聞いてブログを始めたのに、実際は記事作成に3時間以上かかって「話が違う!」といって辞めてしまうのです。

でもこれはもったいない。

そもそも初心者が記事書くのに時間がかかるのは当たり前。

一番ダメな原因は、一気に記事を書こうとする事で1記事に対して長時間になってしまうことです。

これではさすがにブログを書くのが嫌になりますよ。

私も嫌です。

 

ここでオススメしたいのが、キーワードを探すのと、ブログを書くのを別にするという方法。

例えば、ブログを書ける時間が1日2時間あったとした場合、2時間をブログ更新に使うのではなく、全ての時間をブログ更新するためのネタ探しをする時間に充てます。

そして次の日の2時間で、前日に決めたネタを元にブログを2つ書くと言うイメージですね。

このメリットは、1つのことに集中できると言うことにあります。

 

一気にネタを複数決めれば、あとは記事を書くことにだけ集中できるので、その結果、多く記事を量産する事ができるようになります。

結局ブログで一番時間がかかるのは、記事を書くことよりも、ブログのネタを探すことです。

毎日更新をするのであれば、「前の日に書くネタとキーワードを調査する。⇒記事を書く。⇒次の日の記事を書くネタを探す」のサイクルにしなければなりません。

書くネタを探すキーワード選定は無料版キーワードプランナーの使い方1つで効率良い特化ブログ作成法【実例あり】を参考にすると良いでしょう。

 

記事のネタがないからブログが書けない⇐(対策)ブログを続けることは書く事だけではない。インプットが大事

記事のネタがないからブログが書けないって悩む人の気持ちすごくわかります。

私も以前、記事のネタがないことからブログを3か月以上お休みしたことがあるくらいです。

ネタがない時って以上に焦って、ネタを探そうとしてブログを書こうとするのですが、とにかくブログが書けない⇒自己嫌悪に陥るのループにはまりかねません。

この書くネタがないことから、ブログが続かない自分への自己嫌悪になってしまう原因は「インプット不足」にあります。

 

稼ぐためにはアウトプットのほうが大事って思われがちですが、ブログで稼ぐならむしろインプットを重視すべきです。

ブログを続けるというのはブログ記事を書く事がだけではありません。

短期集中で、ブログテーマの知識を蓄える・本を読む・動画を見るなどのインプットをすることだってブログを続ける重要な要素なのです。

ネタ切れで悩んでいるあなたがやるべきことは・・・

 

ブログ記事をあえて書かないという勇気を持つこと。

 

インプット不足なのにブログ記事を書くと、薄っぺらい記事を量産することになるので、反ってアクセス減になります。

それならブログを書かないほうがマシです。

 

質が大事で常に100%で記事を書かないといけない⇐(対策)ブログの記事はリライト前提!70%程度の完成度で投稿する。(完了主義)

 

せっかく一生懸命記事を書いたのに、質にこだわり過ぎて下書きのままにする人がいますが絶対にNG。

70%程度のできであればサクッと投稿してしまいましょう。

理由は4つあります。

ブログ記事を下書きのままにしてはいけない理由

☑記事は何が当たるかわからない。検索エンジンがダメでもSNSで当たるかもしれない。

☑ブログはリライト(書き直し・書き足し)を行い最新の情報にしていくから、そのとき完璧でもどうせ手直しする

☑SEOは70%のできでも、ライバル・キーワードが弱ければ上位検索で1~3位を取ることは可能。

☑完璧を目指しすぎて更新しなければ、アクセスも増えず本末転倒

結局、ブログ記事はそのとき100%で情報網も完璧だと思っても、時間が経てば新しい情報がどんどん追加されます。

その都度ブログをリライトしていく必要がありますから、リライト時に自分の中での100%に近づけていけば良いのです。

それよりもまずは更新しましょう。

 

自分では完璧じゃない・・・これでは上位表示が取れないかもって不安になるかもしれませんが、allintitle検索で一桁のキーワードであれば、タイトルにキーワードを入れておけば、上位表示は可能です。

完璧に書いた記事よりも、適当に書いた記事の方がアクセス多いという経験をされたことはありませんか?

下書き保存していた記事が、SNSで読まれたり、思いもしなかったキーワードで上位表示が取れるかもしれませんよ。

そして記事の質を考える上で一番重要なのは、

記事の質というのは、読む人に人によって記事の完成度というのは変わるってことです。

 

自分では完璧な100%だと思って居ても、読む人に取ってみれば別に100%ではないかもしれません。

更に言えばあなたが書いた70%の記事も100%だと思って問題が解決したと思ってくれる読者は居るでしょう。

だからあなたの物差しの100%というのはそこまで重要ではありません。

それよりも下書きで温めていた記事を世の中に発信するほうが重要です。

完璧主義ではネットビジネスでは稼げません。7割~8割の完成度で終わらせる完了主義にしましょう。

 

記事の質に拘ったのになぜ上位表示にならないの!って悩んでいる人はタイトルに原因があります。

クリック率2.51倍UP?ブログ800記事書いて分かったタイトルの決め方7選参考にしながらタイトルを決めてみることをオススメします。

 

まったく稼げない&アクセスがないからつらい⇐収益ではなく、記事数を目標にする(自分がコントロールできるものを意識する)

まずブログを始めて1ヵ月~3ヵ月ぐらいの人はアクセスと収益を気にしてはいけません。(トレンドブログ以外)

ブログを始めて最初の1ヶ月~3ヶ月が目標にすべきことは、記事数を意識すべきなのです。

なぜなら、収益やアクセスはあくまでも読者やグーグルの評価によって左右されるものであり、予想はできてもあなたがコントロールできる部分ではありません。

しかし、記事数はどうでしょうか?

記事数は自分で増やせるのでコントロールできますよね!?

あなたがブログに充てる時間を増やし、記事を書いていけば目標記事数を達成すれば、記事数が増えたことにより、結果としてアクセスや収益が増えていくのです。

 

とはいえ、1日1日の収益やアクセスが気になる気持ちはわかります。

もしかすると稼げているかもしれませんからね。

しかし、現実は残酷で、アフィリエイトマーケティング協会2018年によると、ブログで月1万円も稼げない割合が52.8%とブログアフィリエイトをやる半分の人は1万も稼げずに撤退する世界。

しかも最初の1ヶ月~3ヶ月では無収入も珍しくはありません。

それなのに収益やアクセスに拘り過ぎて「才能がないからやめる」って愚行な選択肢を多くの人が選んでしまうわけです。

 

ブログの成長は、ブログ記事がGoogleの検索エンジンに評価される3ヶ月後~4ヶ月後です。

記事を書けばすぐに成果が出る物ではありません。

今書いている記事が3ヶ月後に成果を出してくれると思って、まずは集客用記事とキラーページを用意することに専念しましょう。

一番勿体ないのは、ブログが評価されてきたのに、記事数が足りず成長スピードを落としてしまうことです・・・

 

ブログを書くモチベーションがない⇐(対策)そもそもモチベーションに頼っては稼げない。ブログを続けるには習慣化にすること

よく「ブログを書くモチベーションが湧かない」などモチベーションに関する質問をいただきますが、残念ながらモチベーションに頼るのは間違っております。

てか、あなたは、3ヶ月も収益無い状態でモチベーションMAXしてブログを書きましょう!って言われてブログを書き続けられますか?

おそらく無理です。私も無理。

今この記事を書いている時点でモチベーションは低いです。

それでもブログを書いております。

なぜか?

私はモチベーションでブログを続けているのではなく、ブログを書く事を習慣化にしたからです。

暇さえあればリサーチしてますから。

 

ブログが続けられないと悩んでいる人は、まずモチベーションに頼るという概念を捨てましょう!

モチベーションに左右されるとブログで結果がでない時に、モチベーションを原因で適切な行動が取れなくなってしまいます。

ブログを書かないと気持ち悪い!っていう意識レベルまでになれば稼げたも同然です。

ブログを書くことを習慣化にすれば「ブログ 続かない」と検索することは無くなるでしょう。

 

 

それでもブログが続かないと悩んでいる人へ:特化ブログを続けると、ライターの仕事&本執筆・セミナー依頼などが来ます。

ここまでブログが続かないと悩んでいる人が犯している勘違い6選を解説いたしましたが、真面目なあなたはまだ悩んでしまうかもしれません。

「ブログを書く事だけがブログを続けることではない」って対策は、ブログ記事を増やしたい人にとっては悩みを解決できる方法ではありませんからね。

気持ちはわかります。

ですが、これだけは覚えておいてほしいです。

 

ブログはゴールが決まっているわけではなく持久戦であること。

ブログは時間が経てば経つほど、ライバルが辞めていくので、ブログ続けているだけで自然にチャンスが回ってきます。

現に私は不動産系特化ブログ&副業系のブログを2年続けただけで、住宅購入の監修ライター・本の執筆・不動産投資のセミナーの講師依頼等の仕事を頂くまでに成長しました。

 

ブログが続けられないと悩んでいる人はブログが書けない原因があるからです。

ネタ切れなどで一時的にブログ記事が書けないのであれば、インプットに力を入れる。

記事を書く時間が長すぎるのであれば、リサーチと記事を書く時間を分けてみる。

それぞれの原因に合わせて解決していけば、ブログが続けられないと悩まずに済みますので、まずはブログが書けない原因を把握するところから始めましょう。

 

おそらく、ブログの設計図がしっかりできていない事が記事ネタ切れや、記事の書く時間が長引く原因です。

合わせてブログ開設準備7選をしないアフィリエイト初心者が稼げない理由【体験済】をご覧ください。

今回は以上になります。

 

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です