念願の思いで、会社を脱サラし、これから一人でやっていくんだワクワク感があるなかで、同時に一人でやる事と併せてお金が心配だと思います。

そうやっぱりお金が一番怖いですよね。

私もいかにお金を節約することばかり考えていましたが、起業して2年で気がつきました。

1年目こそ赤字覚悟で仕組み構築に投資すべきだと心から言いたいです。

そうじゃないといつまで経っても1日12時間以上仕事する羽目になり・・・

「何のために脱サラしたんだっけ?」ってマジで悩みますよ。

今回は私の失敗談を踏まえて、起業1年目こそ赤字覚悟で投資すべき理由を紹介します。

大月
1ヶ月ぐらいやってみると、作業量の多さに絶望します。ちなみに金は起業の最大のリスクではありません。

結論:自分一人では作業に限界が来る!起業1年目こそ赤字覚悟で仕組みを作ろう!

私の経験になりますが、脱サラした直後は作業量の事を一切考えず、ただ売り上げUPの事だけを考えていました。

苦手な事は無視。全て自分でやれば無料だし、金は使えないよね・・・って感じでやっていました。

私が当時やっていたことは下記の事です。

脱サラ直後の作業量

  • ブログ記事執筆 1日1万~2万字
  • ブログリライト
  • メール対応・ネタ探し
  • 画像加工
  • 動画撮影
  • 動画編集
  • 帳簿作成
  • 仕入れ&梱包(せどりもやっていたので)

はい・・到底無理ゲーでした。

実際自分が立てた計画通りに自分が作業できず罪悪感も湧いたし、何より苦手な画像加工・動画編集のデザイン系の仕事が本当に辛かった。

「あーでもない」「こーでもない・ソフトわかんねー」とかであっという間に1日~2日過ぎていくので、イライラしてしまうんですよね。

こんな感じで一瞬で作業量がパンクします。

今だから言えますが、デザインとか動画編集とか私のビジネスモデル上では1円にもならないんですよね。

ここに数時間とか使っている以上成功出来るわけが無いので自分の作業を減らす仕組みを作るんです。

大月
ただデザインがダサイサイトだったり、ブログの画像がショボいと滞在率にも関わってくるので、無体策ってわけにはいきません。

とにかく1つの作業量を減らせ!細分化して外注化及び金を使って解決

とにかく作業量に絶望した私は、あるコンサルで作業を分割することを覚えたので、とにかくやってみました。

例えばブログ記事執筆でも7工程があるわけです。

ブログ記事作成の各工程
  1. キーワードを探す
  2. ネタ探し
  3. タイトル考える
  4. 見出し考える
  5. 本文作成
  6. 画像作成
  7. 投稿

私は1から全部やっていましたが、5番の本文作成が面倒であり&修正しやすいと判断したので人に任せてみました。

そしたらポンポン記事が増えてくるわけです。(あれは楽)

次に、6番の画像作成がパワポで作るのが面倒くさかったので、思い切って有料画像に変えた所、ブログ執筆時間が30分以上削減することが出来ました。

ブログのクオリティも上がるだけで無く、画像作成で使っていた30分も無くなったため、なんでもっと早くやらなかったのか後悔しています。

今の例はブログでしたが、YouTubeやSNSとかも細分化出来ます。

思い切って人に任せてみてはいかがでしょうか?

あともう一つ仕組みを作る上でお金を掛けて欲しいところがあります。

自分が得意&金になる部分以外を任せる。4つの基準で判断

 

1つ1つの作業を細分化しましたが、今度は1つの作業に対して、(得意・不得意)と(金になる・ならない)の4つの軸で判断して欲しいのです。

ここで私を例に挙げて紹介します。

作業を仕組み化する4つの基準(私の場合)
  • 得意✕金になる=ブログ・メルマガ・喋る
  • 不得意✕金になる=SNS拡散・動画編集(誰かと組む・スポンサーになる)
  • 得意✕金にならない=計算関係
  • 不得意✕金にならない=デザイン・画像加工(必要な場合は金で解決)

こんな感じで、自分を仕分けしてみると、自分がやるべき行動が見えてきます。

当然あなたが一番力を入れないといけない事は【得意✕金になる】です。

後の作業は金払って、得意な人にお願いして貰いましょう。

次は起業1年目の赤字を覚悟してでもお金を払うことで、マインドセット的なプラス要因をお伝えします。

 

起業1年目に赤字覚悟でも数十万投資することで、絶対に稼ぐ覚悟が生まれる。

ビジネスに投資をすると、本気でやる気が出ます。

これは失敗談でもあるのですが、私はアフィリエイトで今まで、起業1年目に仕組み化に対して1円も使わなかったので堕落した生活を送ってしまいました。

アフィリエイトとかって経費が月2,000円レベルなので、ある程度ブログが完成すると冗談抜きで働かなくても生きていけるんですよ。

しかもサラリーマンより稼げる。よって私は2019年殆ど働いていません(笑)

しかし、この慢心も一瞬で崩壊します。

だから収益の仕組みが分散化出来てないうちは働き続けないといけないんですね。

そんな時、ビジネスに赤字覚悟で広告などに突っ込むと、常にリスクを負う=自分がサボる分人に迷惑を掛ける+1日辺り金が減るっていう負のエネルギーが行動量に変えてくれるんです!

コレマジです。

仕組み化を構築する上で月々5万以上(SNSスポンサー・有料画像)に突っ込んでからになってからやる気が満ちあふれているんですよね!

自分にエンジン掛けたいなら、自分がやっている事に金を突っ込むことをオススメします。

大月
月5万使うと1日サボるだけで1700円も失う訳ですよ。(かなり贅沢できる)
生活ギリギリで突っ込むと鬱になるのでダメですが、早く成長するためにも金は使っていきましょう。

よくある勘違い:1万以下の教材では人生が変わるレベルの投資なわけがない。(精々参考書程度)

自己投資をする上でよくある勘違いの中に、「少額投資でも頑張れば何とかなる」ということがあります。

無料は論外ですが、1万の情報商品で人生を変えるぜ!って息巻いている人がいますが、そんなの殆ど無理ですよ。

今まで沢山情報商材を購入してきましたが、1万程度で本当に良かった商品は無かったですね・・・(NOTEで1人いたぐらい)

なぜならお小遣い程度の1万位で購入できる内容の商品は、ありきたりの情報でしかないからです。

成功事例を1パターン知れたぐらいですね。

それでも勉強になるのですが。

当たり外れが多いのもやっぱり1万以下なんですよね・・・(あのクソツールが!)

大月
1万の商材を真剣にやれば、月10万は普通に稼げるので勘違いしないで下さい。ただ脱サラレベルの30万・50万・100万となると無理です。マインドセットが無い場合もあります。

なので、わけ湧かんないものに金を使うのではなく、ある程度高い物に使った方が良いです。

実は高い商品を買うほうがコストパフォーマンス良い。

ネット起業のための自己投資としては、実は高い商品を買った方がコストパフォーマンスは良いです。

間違いないです。9万ぐらいした情報商材でメルマガは覚えられました。

高い商品がよいかというと言うと、販売されているものの多くは、優秀な販売者が販売価格の3倍~5倍以上の価値提供を考えたものです。

販売価格を上げるって事は、売れる個数が減るリスクを負う事に直結します。

故にお得感をより感じて貰えないと買って貰えないので、最大の価値提供を考えなければなりません。

 

結果的に良い情報商材1つを購入する事で、今までわけのわかんないノウハウに寄り道せずに希少な時間を無駄にしなかったことが良かったです。

このようなわけで、高い商品は購入時には躊躇する気持ちも分かりますが、高い商品はそれなりに付加価値がありますのでオススメ。

大月
単純に1万の商品の3倍の付加価値は2万円ですが、5万円の商品の付加価値は10万円と情報商材の値段以上の8万円も差があります。実践時間を失わないためにもある程度しっかりした物を購入する事をオススメします。

まとめ:赤字より怖いのは起業したのに成長していない事!起業1年目こそ赤字覚悟にも環境に投資しよう。

 

ここまで、起業1年目は赤字になっても仕組み化のノウハウや知識に投資しよう!ってお伝えしましたが、それ以上に自分自身が成長しない方がヤバイです。

起業期間が長いのに成長できていないという、赤字になるより怖い。

特にネットビジネスで起業している人はあっという間にルールが変わりますよね。

ネットビジネスの媒体への変化
2012年:アメブロ全盛期
2013年:シリウスでの特化ブログ
2015年:はてなブログの雑記ブログ
2016年:Wordpress
2019年:YouTube
2020年:Kindle集客(予想)

こんな感じでどんどん変わっていきます。たった7年で5回も流行が変わっているんですよ。

この時流に乗るためには、新しいツールをどのように使いこなせばよいのかということの勉強が必要ですね。

ということは、新しい環境に対して人に教わってまでも知識やスキルを深め、ブラッシュアップすることが求められます。

少なくとも私は起業1年目で自分のやりたい事ではないプログラミングに金をぶっ込んでしまい失敗しました。

この記事を読んでいるあなたにはそんなミスをして欲しくはありません。

ずっと赤字ではダメですが、最初の1年目でマンパワーがある程度使える時こそ自己投資する環境に投資してみてはいかがでしょうか?

今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事