はあ・・なんで一生懸命記事を書いているのに検索からのアクセスが来ないの?って思っている方・・・

まさかキーワードプランナー無視でキーワードを作って記事を書いていませんか?

ブログ初心者が記事を内容が良い記事を一生懸命書いてもアクセスが集まらない原因の1つとして、検索需要のないキーワードで記事を書いていることが上げられます。

アドセンスが受からない・・・より大変なことです。

大月

私もキーワードプランナー無視でブログを2ヶ月続けてしまいましたが、まあアクセスが上がる記事が殆ど有りませんでしたね(;゚ロ゚)

アクセスが安定的に集まるブログを作りたかったら、キーワードプランナーを必ず使うようにしましょう。

1度登録してしまえばいつでもキーワードプランナーは使えます。

でないと全くアクセスが集まらないブログになってしまいます。

とは言え、キーワードプランナーの登録は難しそうって思うかも知れませんが、タイトル通り5分程度で終わる簡単な作業です。

今回は2019年版としてキーワードプランナー登録方法&注意点をお伝えしますので、キーワードプランナーの設定をサクッとやってしまいましょう。

注意!
ある手順を間違えると、知らないうちに数千円~数万円をグーグルから請求が来ますので気をつけて下さい。
大月

2018年はキーワードプランナーに登録しようとすると、勝手にAdowodsExpress(アドワーズエクスプレス)に登録される仕様変更で登録が大変でした。

しかし、2019年の登録は再び簡単になりましたので、この記事をご覧頂きながら5分で登録して貰えればと思います。

5分で出来るキーワードプランナーの登録方法の流れ

キーワードプランナーの設定は5分程度で終わります。

流れとしては以下の4つになります。Gmail持っている人は上記の画像通り

キーワードプランナーの登録手順
  1. Gメールアカウントを取得する(持っている人は不要)
  2. GoogleAdowods(グーグルアドワーズ)の広告作成&登録
  3. GoogleAdowods(グーグルアドワーズ)の広告の停止&削除を行う
  4. GoogleAdowods(グーグルアドワーズ)でキーワードプランナーを使う。

Gメールのアカウントを所有しているものとして2番から解説していきます。

大月

Gメールのアカウントを持っていなければ、ここからアカウントを作成するところから始めましょう。

記入が終われば、次へを押してください。

 

2:キーワードプランナーのGoogleAdowods(グーグルアドワーズ)の広告作成&登録

 

まず最初にグーグルアドワーズのサイトにアクセスします。

 

キーワードプランナーに異動をクリックすると、「電話」か「来店」「ウェブサイト」の3つ出てきますので、ウェブサイトを選択して次へ

次に進むと、あなたのマーケティングエリアが出てきます。

GPS設定をアカウントに行っている場合はあなたの家付近がマーケティングエリアになっている場合もあります。

新規にアカウントは何もしていないのですが、なぜか岡山県になっていました。

PPCアフィリエイトを行う際に、変更できますので何もせずに次をクリック。

 

PPC広告の設定になります。

キーワードプランナーが使えるGoogleAdowods(グーグルアドワーズ)には、広告を登録しなければなりませんので、ここでは適当に作っていきます。

広告例

広告1:不動産購入ならここ

広告2:最高のサービスを提供します。

広告3:24時間以内にアドバイスします。

こんな感じでOK。

最終的に消しますので、ここは深く考えずに適当に記入してください。終わったら次へを押します。

広告を決めたら、PPCの予算を決める設定が出てきます。

グーグルアドワーズ時代(2017年まで)は最安値2円から設定できましたが、アドワーズエクスプレスは1日197円が最安値となり、月6,000円からのスタートでしか設定できません。

6,000円も!と思って不安になる方がいると思いますが、ご安心ください。

このお金はPPC広告を行わない限り請求されませんので、197円で設定して次へいきましょう。

 

全体の確認です。

特に何も無いので次へでOK

 

最後にアドワーズに登録する際のあなたの個人情報を入力します。

 

個人情報入力後に、PPC広告の支払い方法を聞かれますが、必ず「手動払い」を選択してください。

そして銀行振り込みに変更をしておきます。

 

手動払いにしておけば、PPC広告でお金を請求されることはありません。

あなたが手動で払わない限りPPC広告が打てないからです。

以上で2番のアドワーズ登録が終わります。

 最大の注意点

クレジットカードで登録すると、メールが届き24時間以内に決められた予算でPPC広告を勝手に打ち始めます。

予算6000円のケースの場合、1ヶ月放置すると6,000円がグーグルから請求されますので、必ず手動払いで登録してください。

3:GoogleAdowods(グーグルアドワーズ)の広告の停止&削除を行う

 

登録が終わったら、先ほど適当に設定した広告を「有効⇒一時停止」にする手続きを行います。

万が一の為の設定です。

画面左上の赤い四角の中の「有効」を無効に変更します。

無効にする際に、グーグルから理由を聞かれますが、「上記の該当しない」を選べば簡単にアンケートが終了して、広告を無効に出来ます。

一時停止後、アドワーズに登録するための作った広告を削除します。

右上のツールから「エキスパートモード」に切り替えるを選択すると、多くの方が利用して居るキーワードプランナーの画面に飛びます。

エキスパートモードに変換されたら、左下のキャンペーン(作った広告)の☑をクリックすると削除することが出来ます。

削除さえしてしまえば、何があってもPPC広告が流されないので、有料化にならずに済みます。

以上でアドワーズの登録&広告の削除設定は終わりです。

注意!

登録の確認としてメールの内容を見ると、「24時間以内に広告を発信しますよ!」というやる気満々なグーグルのメッセージが届く場合があります。

ただメールを確認しても、上記の方法で広告を無効にしておりますから、PPC広告が打たれることはありません。

4:作ったGoogleAdowods(グーグルアドワーズ)アカウント登録後、キーワードプランナーを使う。

 

ここまでお疲れ様でした。

では早速お目当てのキーワードプランナーを利用していきましょう。右上のまずはツールをクリックします。

 

キーワードプランナーを選択。

キーワードプランナーを選択すると、画像の青い四角の中に検索回数を調べたいキーワードを入力できますので、これでいつでも無料でキーワードプランナーを利用することができます。

この記事で狙っている「キーワードプランナー 登録方法」は月10~100件ほど検索されており、上位表示が取れれば、少なくとも1人からは毎日アクセスがあるキーワードだってことが分かります。

長期的なアクセスを目指すのであれば、ブログが弱い内は最低10~100・慣れてくれば100~1000・1000~1万とキーワードを大きくして狙えば、それに応じてアクセスUPが見込めるのです。

虫眼鏡キーワードや創作キーワードでは、キーワードプランナーで調べても0~10の間が多いのでアクセスはありません。

なんとなく感覚でやっている人は、今すぐにキーワードプランナーを取り入れるようにしましょう。

最後にブログ初心者がキーワードプランナーで狙うべき検索ボリュームを解説します。

まとめ:キーワードプランナーでブログ初心者が狙う検索ボリュームは10~100!を狙っていこう

ではキーワードプランナーを使う際に、どのキーワードを狙うべきか?

ブログ初心者&ブログ立ち上げから3ヶ月弱(ドメインが弱い)時は、10~100の検索ボリュームを狙うことをオススメします。

10~100を狙う理由は以下の通り

検索ボリュームを10~100を狙う理由

☑複合キーワード(3語)は上位表示が取りやすい。別のキーワードが見つかるかも

☑ライバルが少なく、アプデでも吹き飛びにくい

☑キーワードが狭い(絞っている)為、キーワードに合うアフィリエイト案件が決まりやすい

10~100しかない検索ボリュームは一見、月頑張っても100pvしか無い記事でしょ・・・って思うかも知れませんが、そんな事はありません。

1位を取る事で月300~1000pvは狙えます。

理由は簡単で10~100のキーワードで1位と取り滞在時間が長ければ、他のキーワードも評価され、検索流入が見込めるからです。

サーチコンソールを見るとアレ・・こんなキーワードが検索されているんだ!って気がつくと思いますが、それがライバル不在のお宝キーワードって事になるんです。

 

お宝キーワードが見つかったら、それに合う記事を書けばアクセスは増やせそうですよね。

またライバルも少ないのでグーグルアップデートによる検索順位変動が起きにくいのもメリット!

そして、複数のキーワードを使って検索する分アクセスは減りますが、その分悩みが深いです。

故に検索キーワードの答えであるアフィリエイトを紹介する事で、アフィリエイトが決まりやすくなるというのが最大のメリットといっても過言ではありません。

数万pvしかないのに月収100万以上というのは、全てこの戦略をとっています。

大月

アドセンスでは稼ぎにくくなりますが、初心者こそ10~100を狙い、チャンスがあれば100~1000・1万と狙うのが良いでしょう。

今回は以上になります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事