【簡単】未経験者が月10万稼ぐWebライターになるためにやることは3つだけ【経験談】

Webライターという仕事は「未経験からでも始められる」「自分で働く時間や場所を決められる」ので、ネット起業初心者でもオススメでウェブライターのスキルは一生のスキルと言えます。

そのため、スキルを対面で教えるサービスのストアカでも、ウェブライターの講座が非常に人気。

おそらくあなたが、Webライター未経験でも稼ぎたいと思ってこのページをご覧頂いたのかと思います。

しかし、その一方で「ライターを安く買い叩くクライアントが多い為、Webライターは全然稼げない」という現実があるため、ただ闇雲に未経験者が記事を書いても絶対に稼げないんです。

私もブログを始める前にWebライター未経験者として、逆算せず闇雲に実践した事がありますが、いや・・・マジで稼げなかったです。

ただ、ご安心下さい。未経験者がウェブライターで月10万以上稼ぐ為にやることはシンプルで3つしかありません。

と言う事で、この3つについて深堀りしていきたいと思います。

秋月

ウェブライターである程度実績を作る事が出来れば、別の手法で稼ぐ事が出来るようになります。

よってまずはウェブライターで月10万円を稼ぐ事に集中しましょう。

月10万円稼げるだけでもtop5%に入ります。

未経験者が月10万を稼ぐWebライターになるため必要な文字数を逆算する

そもそもWebライターとして月10万円稼ぐ為のゴールをしっかり理解していますか?

ウェブライターは文字数が収入に直結しますので、とにかく書く必要があります。

そのために以下の考え方が必要です。

ウェブライターとして月10万円を稼ぐ考え方

☑文字単価✕文字数÷月の日数=1日に書くべき文字数

当たり前ですが、この考え方無しで目標月収を達成したいと思ってはダメです。

ウェブライターはブログのように最初は時給1円以下だけど、完成すれば1文字も書かなくても月30万とかの世界ではありません。

月10万円を稼ぐ為には1日3,333円を稼ぐ必要があります。

仮に文字単価が0.5円だった場合は、1日に約6700字以上書ける体質にし、時間を確保する必要があるなという逆算をしていくのです。

 

同時に、文字単価が1円になれば1日3,400字で済みますし、逆に初心者で文字単価0.3円の仕事を受けてしまったら、1日1万字書かないと月10万円稼げない事を意味しております。

よって、未経験者のウェブライターが意識することは2つ。

ウェブライターとして月10万を達成するために意識すること

☑文字を早く書く為のスキルを身につける

☑文字単価を上げて貰えるような専門性を身につける。

逆にこの2つの事を無視しして、闇雲に記事を書いても月10万稼ぐどころか、5万も稼げません。

そして多くの人が「ウェブライターは稼げないじゃん!」といって諦めていきます。

 

未経験者がWebライターになるためにまず文字を書くことを習慣化にすること

Webライターになる為にやるべきこと、それは「ひたすら書いてみる」ことです。

最初は辛いですが、1日でも書かないと逆に気持ち悪いと思えるほど「書く事」を習慣化すれば、あとは見せ方を変えるだけで月10万は達成出来ます。

そのためには、積極的に仕事を獲得し、実践することに注力してみてください。

というのも普段の生活の中で、書くことを仕事にしている人以外は、2,000文字~3000文字の文章を書く事はまずないと思います。

そのため、Webライティングをはじめた多くの人は文章を書く事に疲れ、初心者のまま去っていくのが現実なのです。

ウェブライターの座学をお金を払って学んでいたにもかかわらず、実際書く事に疲れて辞める人も多いので、座学云々よりもまずは書く事を覚えるのが一番早いし、お金も貰えます。

さらにクライアントによっては、ダメなところはしっかりと指摘してくれるので、実践しながら学ぶことが出来ますよ。

ひたすら書いて、改善し、また書く!

その繰り返しで、あなたのスキルは確実にアップしていきます。

 

記事を書く事に慣れることは、誰しもが通る、一番大きな壁なのです。

 

未経験者が稼ぐWebライターになるために最初に受けた方が良い案件はアフィリエイターの案件がベスト

 

未経験者のウェブライターの仕事はどこで取れば良いの?と思うかも知れませんが、クラウドソーシングサイトの「ランサーズ・クラウドワークス」を使えばOKです。

(オススメはクラウドワークス:CMにも出ているので案件が多い)

クラウドソーシングサイトとは?

個人や企業からの依頼と個人をマッチングしてくれる非常に便利なシステム

ここでよく多くの人が間違えるんですが、仕事を探すときに大手の記事作成会社の仕事を受けてしまうんですが、絶対に辞めましょう。

文字単価が安いのは、アフィリエイターとあまり変わりませんが、何しろ殆ど学べない。

大手のライティングマニュアルは古いSEOにありがちな「キーワードを多く出現させるように意識!」という、読者よりも検索エンジン対策ばかりを重視するために本質が学べないという残念なポイントがあります。

そういう記事は、検索エンジンが高機能になっているため、上位表示しにくいですし、何より読者に行動させるための記事構成などが全く学べないところに問題なのです。

 

アフィリエイターの場合は、上位表示をさせる為にSEOではなく、検索意図を満たし経験談を反映させるSXOを重視した書き方を教えてくれる人が多く、今後ウェブライターとして付加価値を付けたければ、SXOを学ぶべきなのです。

SXOが学べるなら、正直文字単価0.1円でもOK。

そんくらい価値があります。(後で自分でブログを立ち上げて取り戻せますし)

未経験者が稼ぐWebライターになるための裏技はブログを持つ事

ウェブライターとして稼ぐのに、ブログも作らないといけないの?って思うかも知れませんが、ブログを持つ事で未経験者のウェブライターに取って3つのメリットがあります。

ブログを持つメリット

成果物としてブログがテストライティング代りになる。

☑ブログが続けられると言う事は文字を書くことに慣れている(サボられる心配がない)

☑SEOを体現的に学ぶことが出来る。(後に資産化可能)

これはライターを雇う私の立場ですが、テストライティングを考える&審査するも面倒くさいですし、何より「下手くそな記事にお金を払うのが癪だな」っていう本音があります。

そして、何より相場よりも安い文字単価で書かされるライターの立場では、極力テストライティングは受けたくないでしょう。

そこで、あなたのライティングスキルを体現的に評価できるブログを用意しておくのです。

 

ポートフォリオってやつです。

ブログを書いている人のライティングのテイストやブログを見れば人柄が嫌でも分かってしまいますから、自分と合う人だったらブログだけで契約することも良くあります。

少なくとも私と契約した殆どのライターはブログを見せて貰ってからの契約です。

 

更にSEOも実際に学ぶことができるので、SEOライティングができるなどの付加価値が付けば、ブログやクラウドワークスなどから、募集からでは無く直接依頼で仕事が取れますので文字単価が高くなります。

是非、ブログも合せてやってみて下さい。

アメブロとはNGで必ずWordpressでやりましょう。

有料ブログは難しい?エックスサーバーでWordPressを簡単に始める手順を解説【まとめ】

秋月

テストライティングを無しにして貰えませんか?と言う方がいますが、雇う側の立場になって考える事をオススメします。

でないと一生プロジェクト契約はできません。

雇う側はある程度の質が担保された物にお金を払うのですから、テストライティングを受けたくないなら、それ相応の成果物を事前に用意しておけば良いだけの話です。

 

Webライターになるための必要な3つのスキルを実践で学ぶ【これを知らなきゃずっと稼げない】

Webライターはあなたもご存知の通り、「この資格がないとできない!」という事はありません。

むしろ資格を取る時間を書く事への習慣化の時間に充てるべきです。

ただし、ただ単に書くだけでも稼げずに終わってしまいます。

在宅ワークに必要な資格はありますか?←1個も無い理由3選を解説【資格無しOK】

それよりも以下の3つのスキルを理解するように務めて下さい。

ウェブライターとしての3つのスキル

☑情報収集スキル(リサーチ)

☑ニーズに応えるスキル

☑分かりやすく伝えるスキル

この3つのスキルがあれば、月10万を達成できますが、逆にこのスキルの1つでも欠ければNG。

1つずつ解説していきます。

 

月10万稼ぐWebライターになるための生命線(情報収集スキル(リサーチ))

1つ目の情報収集力は、いかに効率よく自分が欲しい情報を探すことが出来るかが重要となってきます。

このリサーチ力こそ、後に紹介する記事の執筆スピードを跳ね上げる重要な要素になるのです。

記事がなかなか早く書けないって人は、決まってこの記事構成・編集スキルが低く、大体リサーチ不足だったりします。

 

リサーチって言われると、めちゃくちゃ難しいのかな?って思うかも知れませんが、ググるだけというシンプルで簡単。

とは言え、検索するときに、キーワードをどう組み合わせるかで、出てくる内容は全然違ってきますよね?

複数のキーワードをどのように組み合わせて検索できるかどうかが、情報収集において大切なポイントであり、「検索力」というスキルはIT業界に存在するぐらいです。

このスキルが習得できると、情報収集する時間の速さを短縮することが出来ますし、読者が知りたい内容を組み合わせて書くことが出来ます。

秋月

ちなみに、プログラミングで稼ぐ場合は、この検索力が全てと言っても良いほど過言ではありません。

検索したプログラムを組み合わせてカレンダーを作ったり、アルゴリズムを考えたりすることもあるぐらいで、実際働いているプログラマーも1日100回以上ググっています。

月10万稼ぐWebライターになるためならニーズに応える記事が書けると文字単価UPがしやすくなる

2つ目のニーズに応えるスキルは、「読者が本当は何が知りたいのか?」を読み取るスキルです。

読者が知りたい情報をくみ取るためには、ペルソナを設定します。

クライアントがターゲットを指定してきた場合は、そのターゲットのことをさらに明確化していくのがポイントです。

 

年齢や性別、住んでいる場所や職業、趣味など、その人のことを細かく設定していきます。

そしてその読者の気持ちになりきってみることで、読者のニーズに気づくことが出来るはずです。

私もライティングを行う前は、このペルソナ設定に時間をかけています。

読者のニーズを把握することで、最後まで文章の構成がブレることなく最後まで一貫した文章を書くことが出来るんです。

 

そのペルソナを調べたりするのが、1番のリサーチ力に繋がっていきます。

キーワード&検索ボリュームの調べ方は無料ツール4選でOKと断言します。で紹介しているツールを組み合わせて使う事で、知恵袋などのQ&Aサイトで読者の悩みが分かるだけで無く、検索需要なども調べる事ができます。

是非この4つはお気に入りに登録しておきましょう。

 

月10万稼ぐWebライターになるためなら分かりやすく伝えるスキル

 

3つ目の分かりやすく伝えるスキル、これは言うまでもありませんよね。

動画や映像が普及している現代では、文章を読むのが好きっていう人はだんだん減ってきています。

ただでさえ文章を読むことに対して億劫なのに、さらに読みにくかったらすぐ記事を閉じられてしまいますよね。

 

私自身も、ブログや記事を読んでいて、読みにくいものはすぐ飛ばしてしまいます。

わかりやすい文章を書くスキルはWebライターにとって、超重要なスキルなんです。

 

よく、文字数稼ぎのために、何を言っているか分からない記事があったりしますが、そんな記事をクライアントに提出した瞬間に次の契約更新はなく文字単価UPどころではないと思った方が良いです。

 

そのためには、語彙力が必要になってきます。

読者が読みやすい表現に置き換えたり、例を使って伝えやすくするためには、ある程度の語彙力は必要不可欠です。

「自分には語彙力がないから無理・・・」と思っているなら今からでも遅くありません。

 

語彙力は本を読んだり、いろんな記事を読んで居ると思いますが、表現方法や文章の書き方に注目しながら読んでみるだけで色々思う事があります。

「ですますが続いていない」「リズム感がいいな」「この例えが非常に分かりやすい」など・・・

文章で稼いでいる人ほど、「読者にストレスを与えない」を意識しております。

読まれるブログ記事作成は簡単?滞在時間4分以上のたった3つの書き方のスキルを取り入れて貰えれば、比較的この問題は解決出来るでしょう。

 

稼ぐWebライターになるための方法が分からない?それは稼ぐ方法を知らないだけです。

「1文字0.5円じゃぜんぜん稼げない・・・じゃん」と心のどこかで感じ、絶望していると思います。

過去の私もそう思って一度挫折し、ブログに注力した経験がありますのでその気持ちがすごく分かるんですよ。

確かに、Webライターは誰でもできる反面、稼げるベテランor稼げないビギナーの両極端がいます。

その差は何か?

答えは意外と簡単で、稼ぐために必要なこと、それは依頼を請ける件数を増やし、案件の単価を上げる交渉をすることです。

ここで稼げないウェブライターはこう思う人が多いです。

「せっかく仕事をもらっているし、初心者だから単価交渉をするのは申し訳ない・・・」「仕事が無くなりそうで怖い」と。

気持ちは分かるんですよ。

ですが、いつまでも初心者単価でやっていたら、いつまで経っても初心者で稼ぐ事は出来ません。

要は自分の見せ方が下手くそ。

 

初心者とかそんな言葉は一切使わないで下さい。

そういう逃げの姿勢が実は低単価を招く原因でもあります。

 

文字単価を上げるウェブライターになるための簡単な方法は文字単価が高い案件のテストライティングを受けてみる事

 

既存のクライアントさんに文字単価のUP交渉をするのが怖いって思う人は、同時に文字単価が1円以上のテストライティングを受けてみるって方法もあったりします。

常に挑戦なんです。

仮に落ちたってマイナスになる事はありません。

むしろテストライティング代が貰えるのでOKで失敗では無いんですよね。

 

もし仮に受かった場合は、今日から文字単価1円以上ライターとして活躍することが出来ます。

とはいえ、背伸びして受かっただけに過ぎないので、最初はクライアントさんに、成果物をボロカスに言われるでしょう。

しかしそのボロカスにいう内容こそ、あなたが補完すべきスキルだったりするので、必死に覚えることで、いつしか1円以上のライターという風格が出るため、1円以下の仕事を受けずとも常に仕事がある状態になるようになります。

環境が人を変える。

まさしくスキルが足りないけど、実績を先に作るって考え方です。

 

既存のクライアントさんの文字単価を上げる裏技は、記事提出頻度を月20記事以上にすること

 

ちょっとした裏技を紹介しますが、既存のクライアントさんの文字単価を上げたければ、クライアントさんにとっていなければならない存在になれば良いだけです。

具体的に言うと、記事提出頻度を月20記事にする方法です。

 

プロブロガーは無い限り、非常に大変な作業になりますが、クライアントさんにとってみれば月20記事も書いてくれるライターは非常に貴重な存在。

「月20記事書いていますが、文字単価交渉をして頂けなければ他の仕事を引き受けます。」

コレでOKです。

クライアント側からして見れば、実際そんな人を探すためには、お金をかけないといけないですし、月5記事書いてくれるライター4人を雇うことになり、管理が大変になるというデメリットがあります。

同じ記事数でもコミュニケーションが4倍になりますからね・・・

コスパ悪いです。

私の場合、ライターを新たに探す手間が面倒な為、文字単価をコチラから上げるようにしていますが、なかなか文字単価を上げてくれないクライアントさんの場合は、記事の執筆数を上げてから文字単価の交渉をして見ましょう。

 

まとめ:未経験者が月10万稼ぐWebライターになるためには継続は力なり!継続に裏技は特になし!

今回ご紹介した方法で、必ず月10万は達成出来ます。

とはいえWebライターは簡単に始められる一方、月10万円を稼ぐには少なくとも1年前後時間がかかる事が一般的・・・

その為、途中で脱落してしまった人たちはネットでは「Webライターは稼げない」という批判的な情報も多くあります。

未経験者がWebライターとして稼ぐために最も大切なことは、「書き続ける」ことです。

そこには残念ながら裏技が無いんですよ。

 

クライアントも慈善活動ではないので、「頑張ってくれているから・・・」と簡単に単価を上げることはありません。

「魅力的な文章であるかどうか」その1点であなたの評価は決まります。

まずは記事を書く事に慣れ、読者へ伝わる文章へ質を上げていく、そして最後に、スピードと単価を上げる。

ゆっくりと1段ずつステップを踏み、続けていくことができれば、2年後にはあなたも月20万円稼ぐことも夢ではありません。

 

まずは騙されたと思って、ひたすら書き続けてみてください。

書き続けることであなたは確実にレベルアップをしていきます。

続ければ続けるほど、あなたの価値が高まっていく仕事、それがWebライターの仕事なんです。

ある意味ストックビジネスでもあり、月10万・いや・・月5万でもウェブライターとして稼げればtop数%に入りますので、その実績を使った別の稼ぎ方も出来るようになります。

だからこそ、まずは月10万をWebライターで稼ぐ事だけに注力しましょう。

今回は以上になりますが、初心者時代でも最低賃金以下で働かないようにwebライターに資格はいる?未経験でも時給850円稼ぐ必須スキルを文字単価20円ライターが解説も併せてご覧ください。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

1 個のコメント

  • こんばんは。
    Webライターは始めた時にもうプロだ、
    という意識を持ったほうがいいということですね。
    月に20記事書けるなら、自分でブログを立ち上げたほうが・・
    と思いますが、先にスキルを身につけてから
    ということなのでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です