AIに仕事が奪われる1つの特徴とは?AI時代必須スキル5選を解説【もうすぐです】

まずこの衝撃的な動画をご覧ください。

AI技術の研究が近年目覚ましく進みすぎて悠長な事を言っていられない状況です。

もうこれ・・・・チェーン店のコック・ホールさんの殆どがAIになりそうだな・・・

しかも驚くべきは、簡易的作業の仕事だけで無く、税理士や航空管制官といったかなりハイレベルの資格を有する職業がAIに仕事奪われるランキングで上位だって事です。

超難しい資格なのにですよ。(今一生懸命税理士を勉強している人は何かしらの付加価値を付ける要素が無いと厳しいかも)

よって普通に仕事をしているだけではAIに仕事が奪われるのは確実です。

しかし、一方でAIには出来ない人のみができるスキルという物が存在し、使いこなせば人生の経済面ではかなり楽になります。

そのスキルの結論から言うと「人を動かすスキル」です。

結局、あなたが必要な生活費は人がAIが払うわけでは無く、人が消費・投資行動によって得られることができますので、人に近い職種「営業・マーケッター」などは強いですが、逆に人から遠い職種はAIに仕事を奪われる前提で行動しないと、マジで仕事が無くなってしまいます。

困りますよね?

だからこそこれから紹介するスキルと掛け合わせて、AI時代でも付加価値が与えられるビジネスマンになる必要があるのです。

今回は、一見理解してそうで、一般的に知られていないAI時代に必須スキル5選に答えつつ、人間には簡単にできて実はAIには出来ないある事について4分程度で解説します。

是非じっくりご覧ください。

秋月

会社で1度ぐらいは話題になる「俺、AIに仕事奪われるんじゃね?」って会話が多いですよね?

しかし、そこ以降話が発展しないのは、まだ現実味が無いからだと言えます。

現実味が無い今だからこそ、先にスキルを身につけて圧倒的な差を付けてしまいましょう。

AIの本質は自動化!正解が1つしかないものはどんどんAIに仕事が奪われていく

AIに仕事が奪われるって言うけど、AIの得意分野って何だろう?

結論から言うと、決められた条件内での自動化です。

現在研究が進められている特化型人工知能は、膨大な量の計算を瞬時に行ったり、均一でない作業精度を高めたりと、本来は人間が苦手としている領域を補う為の存在です。

税理士や航空管制官などは決められた条件内で1つの正解を求める仕事はAIの超得意分野。

具体例をあげますね?

決められた経費・収入で支払う税金額が2パターンってあり得ます?

あり得ないですよね。安い税額の方を支払いたいと思いますし、それが脱税扱いになったら納税者は困ります。

正解の納税額は1つしかありません。

 

また飛行機着陸時に「2つの内どっちかに着陸して下さい」って複数の飛行機に伝えます?

もし飛行機同士で同じ着陸地を選んだら、飛行機同士でぶつかり大惨事になってしまいます。

こちらもそれぞれの状況に合わせて、1機1機着陸場所が異なるような1パターンを算出しなければなりません。

 

では人と関わる分野なら自動化は無いのか?

そんな事は無いんですよね。

アナウンサーもAI化する時代

 

女子アナとか言えば、B級アイドルみたいな感じで、人気があったりしますが、アナウンサーのお仕事はニュースの原稿を分かりやすく性格に伝える事が本質です。

ということは、正解が1つしかありませんから、AIに打って変わるわけです。

中国のIT会社が開発したAIアナウンサーの動画をご覧ください。

これ・・・もう人とあまり変わりが無いですよね?

確かにアナウンサーの失敗・反応とかが、番組に色を飾ったり、ゲストとの化学反応を起こして面白い番組だろ!って声もあるかも知れません。

しかし、朝のクソ忙しい時間に、今日の情報を正確に素早く知りたいなら、AIアナウンサーの方が良いですよね?

こんな感じで、アナウンサーだけでなく、1つの正解を性格に出すことが求められる仕事は容赦なくAIに打って変わってくるでしょう。

では、AIに仕事を奪われない為にはどうしたら良いのか?

以下の5つのスキルを身につけるが正解になります。

 

これが出来なければAIに仕事を奪われるAI時代必須スキル5選

AIにはない物事を分かりやすく説明し、感情を動かす・行動させるスキル(教えるスキル)

AIは1つの正解を徹底的に自動化しますが、人の感情というのは必ずしも正解に動くとは限らないです。

むしろ、人は最善解が分かっていながらそれを“しない”時に心動かされたりするものじゃないですか?

故に人の感情を動かす“ライティングスキル”や“パブリックスピーキングスキル”がますます必須になるでしょう。

むしろ覚えておいて損はありません。

 

例えば、他人を踏み台にして「月収100万!達成」とか自慢している人よりも、「ノウハウコレクターだったけど、ようやく月10万稼ぐことが出来ました」って人の方が共感が得られたりします。

みんなストーリーに共感しているわけですよね?

薄っぺらい月収100万でもすごい事には間違いないですが、お金を払ってどっちに教わりたいか?って聞くと100万の1/10の成果にもかかわらず、月10万の人に教わりたい!と言ってお金を出す方もいるんですよ。

これAIだったらあり得ないじゃないですか?

そういうことを人はその都度状況で判断することが出来ますがAIにはそれが出来ません。

とは言え人も実際に人の感情を動かす為には、判断出来るだけではダメで、経験とそれを分かりやすく伝えるスキルが無いといけません。

パブリックスピーキングは独学では難しいですが、ライティングスキルに関しては、お金を貰いながら学べることが出来ますので、まずは人を動かすライティングスキルを手に入れましょう。

webライターに資格はいる?未経験でも時給850円稼ぐ必須スキルを文字単価20円ライターが解説

秋月

ライティングスキルを手に入れるだけでも、会社員以上の給料を獲得する事が出来るようになります。

まず最初にライティングスキルを手に入れるのが良いでしょう。

ネットやAIを駆使し、知名度・実績を作るスキル。ブランディング

次に情報を発信するあなたの知名度・実績を作るスキル・ブランディングをAIやネットを駆使して構築するのがオススメ。

ライティングスキルを学びながらも、ブログやSNSなどの無料でできるネットツールを使って、何物でも無かったあなたから、●●の専門家・実績者のあなたになる事で以下の2つのメリットが得られます。

実績・知名度を作るメリット

☑今の時代「何を言ったかではなく誰が言ったかに変わってきている

☑信用で物が売れやすくなる=WEBマーケティングの難易度が下がる。

この2つは大きいですね。

SNSの知名度だけでサラリーマンの5倍・10倍稼ぐ人も居るくらいですから、知名度を上げるのもAI時代を生き残るスキルの1つでしょう。

秋月

知名度を上げると収入も上がるのも事実ですが、知名度が無いと稼げないも嘘です。

なぜブログで有名になりたいの?稼ぐなら知名度よりやるべき2つの事

 

AIに任せた仕事に人を集めるWEBマーケティングスキル

人という不完全で非合理的な物を多く集めるためには、WEBマーケティング・広告運用SEMスキルが欲しいです。

2番の知名度を上げるリスク(炎上)などを考えて、なかなか知名度・顔出しが出来ないって人は、SEOや広告運用で知名度以上の効果の売り上げをたたき出すことが出来ます。

その結果、知名度ではなく実績が付いてきますから、実績で1番の「人を教える・人を動かすスキル」を使っていくルートも有りです。

秋月

まずは無料でできるSEO対策から収益を上げて、広告運用に流れていくのが良いでしょう。

AIには出来ない価値創造スキル

人の気持ちを汲み取る事と同様に、もう一つAIが苦手な事があります。

それは新たな価値を創造するという能力です。

 

現在研究が進められているAIは、特化型人工知能と言われており、分かりやすい例で言えば、囲碁のAIの「AlphaGo」

囲碁を指す情報をどんどん付け加えて言って、ついに中国の最強の碁士でも勝てない程に成長していますね?

むしろ「AlphaGo」に勝つぞ!みたいなのがイベントになっています。

1つのことを特化させようしたら、おそらく人間はAIに勝てないでしょうね。

ただこれはあくまでも囲碁を指す事だけに特化した能力です。

将棋を指す中で得た新しい情報は次の一手を打つ為に活かされますが、それらの経験から新しいケーキの作り方を創造する事はありません。

例えば、福島県大玉村にある向山製作所という会社があるのですが、リーマンショックで本業が窮地に立たされ、受注がなく稼働していない精密機器を製作時に使用する無菌室を有効利用出来ないかと考え、スイーツを作って販売したという話があります。

従業員の雇用を守る為に、元々料理好きだった社長さんの思い付きで始めた事らしいですが、人はこんな風に全く違った領域への応用を創造する事が出来ます。

AIは過去の人のデータを纏め、最善の手を出すだけなので、全く別のことに応用するのは無理。

 

個人でもネットコンテンツのような商品を開発しますよね?

これだってAIからして見れば、似たようなコンテンツは作成できるでしょうが、コンセプトメイキングまでは無理でしょう。

このように、今まで存在しなかったところに新しい価値を創造する力は人ならではと言えます。

 

AIを管理・使いこなし、自分の仕事と掛け合わせるスキル「インターネットが使えない」はNG

もう一つの考え方としては、自分自身がそのAIを管理し使いこなす側になる事で、AIと競合する事を避けるという手もあります。

10~20年後には今ある仕事の半分近くがAIに取って変わるとも言われています。

その最たるものが事務職と言われていますよね。

 

単純な入力作業などは人がやるより正確で速いですからね。

確実にAIに任せる時代が来るでしょう。

しかし、そうした入力作業をAIに任せる側にいれば生き残れる道はあると思います。

いわゆるAIの上司です(笑)

考えればいろんなパターンがあります。

ここにタイトル

☑企業内でAI事務部門を管理するポジションに就く

☑AI商品の取り扱いをレクチャーする仕事

☑AIを駆使して情報分析を行い、分析結果を商品として販売する

なんて事でも居場所は確保出来そうですよね。

今の“Office”同様に、AIを駆使したアプリが必ず登場するでしょう。

将来、仮想通貨をAIが支配するって言われているくらいですから、そのマイクロソフトがAIに関するアプリを出さないわけがありません。

 

Yahoo!やGoogleで検索出来る事がインターネットを使えるという事ではありませんよ。

インターネットで商売をする方法とか、稼ぐ仕組みを知っているとか持っているとか、そういう知識と技術が必要になってきます。

時代に取り残されないように、今のうちからインターネット位は使い熟せるようになっておきましょう。

オススメはブログです。

まずはブログで1万円を稼いでみましょう。ライティング&マーケティングの勉強にもなって一石三鳥です。

【朗報】アドセンスで月1万稼ぐ勉強は本で十分です【情報商材不要】

 

AIは実は同時に2つの事が出来ない。

AIは2つの事が出来ない?ってどういうことって思うでしょう。

AIって感情読み取る以外何でも出来そうな気がするじゃないですか?

しかし、AIはプログラムに1つ1つ実行するので、同時に2つの命令を実行することができないのです。

例えば、「本の文字を読みながら、文字にマーカーを引く」という動作、人間だったら小学生の授業でやるじゃないですか?

しかし、AIの場合は「1.本の文字を読む→2.文字にマーカーを引く」という順番になります。

人の脳も基本的には同じ事をしていますが、人は常に情報収集を行いながら判断する事が可能です。

この“ながら”の情報処理はAIであっても出来ません。(進化したらわかりませんが)

 

よってAIを使いこなす人間がAIを理解していないと、逆に業務に支障に支障がでるのは間違いありません。

そういう意味では、AIを使いこなすスキルと自分のスキルを併せる力はどんどん重宝されるでしょうね。

人の曖昧さや抽象的なものを判断出来る能力は、どれだけAI技術が進歩しても負けないんじゃないでしょうか。

 

まとめ:ネットツールは全て無料で誰にでもチャンスがある。AI時代に人生をイージー化するならネットを使いこなそう。

AI時代に「1つの正解を算出する」仕事は、残念ながらどんどんAIに変わっていくでしょう。

同時に正解がない「ビジネスの価値提供・人間の感情を動かす」などのスキルがある人とない人の差がどんどん激しくなるでしょう。

しかし、落胆する必要はありません。

むしろラッキーだと思って下さい。

幸いにも昔なら何千万もしたネットツールが、今では無料で使えます。

よって、この記事を読んでいるこの瞬間から「ビジネスの価値提供・人間の感情を動かす」学び・実践することが出来るので、最初の小さな一歩を踏み出してみませんか?

AI時代の必須スキル5選に興味があるなら、再現性が高く、5つのスキルが手に入るブログがオススメです。

ブログは学べるだけで無く、マジで稼げますからね。

怪しすぎるだろそれ・・・って方はブログと会社員は稼ぐ仕組みが真逆?一般人が収入を得る4つの方法をご覧ください。

私も日々進化しないとAIに変わられて終わってしまい、AIと同僚って事もあり得るかも(笑)

今回は以上です。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です