仕事辞める 貯金

会社辞めたいサラリーマン
仕事がもう嫌で辞めたいけど、貯金無しで会社辞めても問題ないかな...

脱サラしたいサラリーマン
脱サラしたいけど貯金無しで脱サラ出来る?

など仕事を辞めたいけど、貯金額がいくら必要なんだろう?という悩みに脱サラ歴2年以上のあきてるが答えていきます。

結論から言うと、結果を出してサラリーマンに戻らないレベルの脱サラの場合は、最低でも貯金額は200万必要です。

これは絶対。

基本的に脱サラ・会社を辞める人には以下のツイートのルールが大事だと経験上本気で思っています。

というのもサラリーマンが会社を辞めると、200万円の貯金を半分にするある●●が発生します。

故に貯金100万以下の人を容赦なく破産させて、再就職ルートに強制的に帰還。

そしてそのルートはブラック企業コース...って事になるんですよ(;゚ロ゚)

これだけは避けなければなりません。

 

ただ貯金無しで、今すぐ辞めたいと言う人もいるでしょう。

そこで今回は脱サラ前に200万円貯金すべき理由及び、8月なら貯金無しでも辞められる理由について解説していきます。

 この記事を書いた人
あきづき:日給7万SNSブロガー
詳しいプロフィールはこちら

あきてる
私は脱サラ時400万円ほど持って脱サラ。
しかし現実は失敗ばかりで200万円以上失っています。

私みたいな失敗をしない為にも、仕事を辞めたい人は是非この記事を最後までじっくりご覧ください。

blank

脱サラ時の貯金は200万円も必要なの?仕事を辞めた後の生活費は?

実際仕事辞めて1年間生活するだけなら200万も要らないです。

というのも、会社に行くだけで、「飲み会・昼飯代・余計な備品購入」など、脱サラ後は一切不要になるので、生活費激減するんですよね。

私も仕事を辞める前には毎月の生活が成り立つか、計算したところ10~13万程度

1年間に換算しても10~13万×12か月=120~156万。

月15万で生活したとしても180万です。

月15万なら、飲み会など行かなければまあまあな生活ができますよね?

 

更に実家で起業すると決めていたので、実際には生活費が10万程度に収めることが出来ました。

ここまで聞くと....

脱サラに200万もいらないじゃんと!

脱サラしたい人
俺早く脱サラしたいから、貯金50万円でもいけるんじゃね。

ってね。

もしこの男性のように思っているのであれば、あなたの脱サラはほぼ確実に失敗しますよ。

何度も言いますが確実です。

というのも会社を辞めた人にこそ訪れるある理由で50万程度の貯金が吹き飛ぶからです。

 貯金なしで脱サラすると税金で破産します。【仕事を辞めた人が忘れがち】

脱サラしたサラリーマンあるあるなんですけど、前年度の収入に対しての税金の計算が出来ていない人が殆ど。

故に、予想よりも高い税金が来て、一気に貯金額&生活費がぶっ飛んで、再就職コースに戻される人が割と多いです....

これが私の失敗談だったりします。

 

具体的には

脱サラ1年目で取られた税金
  • 住民税:27万円
  • 国民健康保険:29万円(9回払いで1回の支払いで36,000円も取られた・・)
  • 年金:月16200円×12=約20万
  • 自動車保険:10万

はい。税金だけで86万で、予想より20万も高かったです。

50万とか100万レベルの脱サラなんていうのは秒で破産ですよね(^_^;)

あきてる
年収400万の人でも50万近く払うので、50万以下の脱サラはNGです。

私の前職は不動産屋で年収600万近くあったのが仇でして・・・・

辞めた年の6月に住民税で30万飛んだのは予想通りでしたが、まさかの国民年金保険料で36,000円も取られるとは思っていなかったです。

精々2万の20万以下だと思っていたのに、思わぬ出費でした。

会社員時代は社保+厚生年金で4万以下だったのに、保証が減るのに脱サラした瞬間余裕で5万越え・・・・

 

貯金額を持っていないと、この時点でゲームオーバーでした。

税金は一生懸命予想しても本当に読めません。

最低でも生活費+5万以上の収入源を持っていないのに、貯金無しの無計画で仕事を辞めると「税金」を支払うためにブラック企業への再就職ルートが確定します。

家族が居る人は更に要注意!税金が増額される

私は扶養している家族がいませんので、会社を辞めた後に厚生年金の任意継続を行いませんでしたが、家族がいる場合は必ず任意継続被保険者の手続きを行いましょう。

でないと奥さんの3号保険の適用がなくなり、奥さんにも国民年金の請求(月16,800円)が来てしまいます!

会社退職後20日以内しかできませんのでよく調べておきましょう。

 

故に家族持ちの人が仕事を辞めるときは最低でも300万は持っておきたいです。

 

ここまではあくまでも、脱サラ業をする為の、最低資金の話。

実際、脱サラして稼ぐまでの軌道に乗せるためには、それなりの時間とお金が掛かるのです。

脱サラ後1年間は無報酬でも食える為に貯金は200万!

やっぱり税金の支払い含めても、脱サラで仕事を辞めるタイミングは貯金額は最低200万です。

理由は無収入で1年間は生活できるようにする事。

「1年間は生きてける!」という安心感から精神崩壊も防げるし、仕事の疲れ・ストレスから解放され現実的及び正常な判断ができるようになります。

あきてる
※家族がいる場合は300万は持っておきたいです。(配偶者が収入があれば別)

逆にこの金額で以上の生活費がかかる場合は、のちに紹介する行動を真剣にやってください。

私も副業でしたが【アドセンス実践記】月10万達成時の記事数と大失敗6選を紹介【真似するな】でやった時は月10万稼ぐのに1年も掛かりました。

0から1にするって本当に大変何ですよね....

故に1つの事を1年間取り組むレベルで考えたとき、バイトとかしないと生活出来ないとかは論外。

稼ぐ手法に対して1年間取り組める生活費を用意しておくべきでしょう。

その為に最低でも貯金は200万がいるのです。

貯金無しで脱サラで失敗後の再就職がブラック企業コース

脱サラする際は、失敗する事を考えてはいけませんが、現実甘くないので、脱サラ失敗後のセーフティネットを考えておく必要があります。

あきてる
この貯金額・この期間になったら再就職だな...みたいな物です。

もし、貯金が50万程度で脱サラし、即失敗結果、3か月後に収入が無いと、生活できない・・って状況だったらどうしますか?

自己分析・書類準備で2週間はかかりますし、ホワイト企業の選考は2週間程度で終わることは無く、応募から2か月ぐらいかかる場合もあります。

故にギリギリの状況。

もし書類選考で落ちたら後がありません。

収入の無さに焦ってすぐに就職が決まる会社を受けまくったりする結果、人間を使い捨てにする企業=ブラック企業への就職ルートで余計に消耗してしまいます。

貯金額も失い、労働環境が悪くなる・・・

これでは会社を辞めたのが本末転倒です。

あきてる
逆に貯金が趣味もNGです。即スキルに自己投資しましょう。

仕事を辞める貯金よりも実は大事なのは固定費を削ること

ここまで仕事を辞めるときの貯金のことについてお伝えしてきましたが、最も大事なことは固定費を削るということです。

 

私はいろいろな固定費を削りました。

例えば大きなものでは家賃と車にかかる経費

私の場合、賃貸では無く、家は実家に住むことを決意!

普段の移動は電車や自転車などの移動手段に切り替え、保険料・車検・駐車場代をすべて解約。

年額20万円は節約ができました。

まだまだ削れるものはあります。

固定費を削れるポイント
  • 生命保険:補償を削れるところを見直すと定期でOK。養老保険とは即解約案件
  • 携帯電話:格安SIMへの切り替えをすると、月3000円くらいに抑えられます(iPhone→ワイモバイルにしました)
  • 新聞:いらないですよね。ネットでOK
  • クレジットカード:年会費とか払うものは即解約
  • 携帯サービス:知らない合間に入っている月300円サービスも即解約

 固定費を削りまくった結果、ビジネスで使うメルマガスタンドや教材代の支払いを入れても月13万(税金込み)で収まっています。

これなら1年間収入0でも200万あれば生きていけますよね!

あきてる
もしかすると今マンションか家を購入して住宅ローンを払っているかもしれませんね。
だからそのような場合には、住宅ローンの支払額の見直しをすることをオススメします。

会社を辞める貯金計画の時に、退職金・失業手当をあてにしない事。

仕事をやめる前、貯金計画をするときには退職金や失業手当をあてにしないようにしましょう。

まず退職金ですが、これは会社が社員に払う賃金の中で、法的に支払わなければならないという決まりはないものです。

また、退職金が出る会社であったとしても、就業年数によっては出ないことも。

私がいた会社は退職金は無し!の上、雇用保険すら入っていませんでしたからね(笑)(違法です)

退職金を会社を辞める時の貯金にすればOKという安易な考えはやめましょう。

あきてる
自己都合で会社を辞めたときは雇用保険が待機期間が終えた3ヶ月後です。
故に3ヶ月間の貯金はあった方が良いです。

貰えればラッキー程度にしておくのがベストです。

雇用保険が貰えない時の対処法はハローワークの雇用保険未加入&社内TOP営業で年収312万で絶望した話【やる事は1つだけ】をご覧ください。

どうしても貯金なしで脱サラ・仕事を辞めたい場合は8月に会社を辞めるがベスト

ここまで貯金200万円貯めるべきだ!と綺麗事を言ってきましたが、貯金無くても辞めたい!って場合もあるでしょう。

貯金無いけど辞めたい例
  • 貯金20万程度しかない
  • 人間関係が最悪
  • 転職も考えている

本当に人間関係が辛くて、体調が悪くなってきたって場合は、貯金無しで辞めてもOKです。

そして、辞める時期は8月が一番ベスト。

理由は3つありまして

貯金無しこそ8月に辞めるがベストな理由
・夏のボーナスを貰って辞められる
・来年の所得税4月・住民税が6月と税金の支払い時期に時間が出来る
・秋の就職活動にも動ける

という税金支払い・ボーナス面の2つに置いてベストな時期はやっぱり夏なわけです。

3ヶ月ぐらいニートしたい!って方も税金支払いとかがないので、実家に帰れば十分できますよ(^^)

すぐに就職したいんだ!って方も秋の就職活動で動く9~11月にも普通に間に合います。

あきてる
お金を一番使う年末にも雇用保険がちょうど下りるのもポイント!

”税金支払い””ボーナス面””転職活動”全ての面に置いて8月に退社がベストなのです。

貯金なしで脱サラ・仕事を辞める際すぐにできる金策

とは言え、全くお金0だと困りますので、実家に帰れるべきです。

そして3ヶ月程度で再就職&収益構築予定あれば・・・

一時しのぎ金策
  • カードでお金を借りる
  • 要らない物をメルカリで売る
  • 自己アフィリエイトする(送金は2ヶ月後)

あきてる
自己アフィリエイトについてはA8のセルフバックは稼げる?一瞬で確実に5万稼ぐおすすめ案件4選を解説をご覧ください。

実家ぐらい+金策が出来れば貯金ほぼ無しでも生活出来たりするんですね。

ただ、これも一時しのぎなので200万あってじっくり1年間脱サラ事業に取り組んで収益を上げる!って言うのが一番健全だと思います。

最終手段としてお使い下さい。

まとめ:ネットや副業で稼げれば貯金なしでも仕事を辞められます。

やりたいことがあって仕事を辞めるなら、貯金も大切。

でも、月の生活費を稼げるようになってから辞める方がベストです。

そうすれば、貯金額が減っていく恐怖感を味わって、神経をすり減らすこともありません。

それに月の生活費を稼げるようになっているということは、目標としている生活にめどがついているということ。

だから仕事を辞めるなら、そんな状態を作って辞めましょう。

あきてる
収入源は1つ1つは少なくてOKなので必ず2つあるとマジで安定します。こちらで複数の収益化を図ってきましょう

今の時代、正直ネットを使えば本業並みの収入を稼ぐことは可能です。

人間関係以外で辞めたい人は、手始めにサクッと1万円を稼いでみましょう。

自分の得意な事を活かして会社以外で稼げるようになると、「自分で稼げた!」経験が何より自信になります。

まだ脱サラする予定は無いけど1年後には!って方は人の下で働きたくないガチ勢が1年以内に自動課金で生きる手順【無能OK】を実践するのが良いでしょう。

この手法を使うと、本業にもプラスになるのでオススメですよ。

という事で今回は以上です。

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事