htmlの勉強は何時間?プログラミング初心者こそ1週間にすべき理由【稼げない】

プログラミングはかっこいいし、手に職が持てるし、人手不足で、お金も稼げるというイメージでプログラミングを勉強する人がものすごく増えてきています。

この記事を読んでくれているあなたもよっし!自分も変わろうって思って決意してプログラミングを勉強しようとしていませんか?

webプログラマーになろうとする人は、最初にhtml&cssから勉強するのですが、完璧主義・真面目な人ほどhtml&cssの勉強に時間を掛けるのはNGです。

HTML&CSSの勉強期間は3日~最長で1週間で終わらせるようにしてください。

時間にして20時間~30時間。

ここには完璧主義者・一生懸命やろうとする真面目なプログラミング初心者に対しての罠があります。

今回は、プログラミング勉強経験者である私が反省点を踏まえて、htmlの勉強を1週間で終わらせるべき2つの理由と勉強法を経験則にてご紹介します。

大月

先に言っておきます。

プログラミングをお金儲けの為に始めるのであれば、絶対に辞めて下さい。

プログラミング以外にも稼ぐ方法はいくらでもあります。

テクノロジーが好き・感動するレベルか、1日中コードを書いていても楽しいと思えない限りマジでオススメしません。

また1日1時間の勉強しか出来ないなら、プログラミングはやらない方が良いです。

結果80万円ドブにすてました。

htmlの勉強時間に1週間&30時間掛けてはいけない2つの理由。

html&CSSはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語にすぎず、早くお金が稼げるプログラミング言語に勉強時間を使うべき。

 

html&CSSもプログラミング初心者からみればプログラミング言語だと思われがちですが、正式に言うとhtml&CSSはマークアップ言語(印を付ける)と呼ばれる物で、htmlはプログラミング言語ではありません。

プログラミング言語とマークアップ言語の最大の違いは、計算ができるか否かの違い。

マークアップ言語ではランサーズなどでも案件を見たのですが、単価が激減します。

html&cssのスキルだけでできる仕事のコーディング・レスポンシブサイトのコーディングは約3,000件しかお仕事が無いのに対して、サーバーサイド言語であるphpが使えると、13,000件まで仕事量が増え、更に金額単価が上がります。

 

仕事を発注する側の立場で考えて欲しいのですが、同じ単価であればhtmlだけできる人よりも、htmlに加えてプログラミング言語であるphp・jsなどもできる人(スキルが高い人)に任せたいって思いますよね。

 

html&cssを完璧に覚えようとする心がけは素晴らしいのですが、真面目な人ほど完璧に覚えようとして、いつしかお金を稼ぐって目的からhtml&cssを完璧に覚えるっていう罠にかかってしまいます。

仕事をして忙しい時間を合間見て勉強している人は、年収上げたい・転職したい・お金を稼ぎたくてプログラミングは勉強しているはず。

それであれば、htmlに勉強時間を掛けずに、JavaScript(プログラミング言語)を勉強し始めましょう。

 

html&CSSはPHP・JavaScriptなどのweb言語で分からないときに調べた方が効率的!最悪htmlはコピペでOK

 

html&cssに時間を掛けなくて良い2つ目の理由は、PHP・JavaScriptでもhtmlを利用するので、プログラミング言語と一緒にhtmlを学ぶことができる=効率的だからという理由があります。

htmlはweb系・web制作では最低限の必須スキル上、ブラウザ上にサイトを映し出すにはhtmlが必要になるので、PHP・JavaScriptを学ぶときでもhtmlの内容は必ず出てきます。

 

本などに書いてあるサンプルコードを模写して学ぶ時に、htmlでも分からないタグが出てきた場合は、htmlクイックリファレンスで調べて実際にブラウザ上で映し出せば、そのタグの使い方をプログラミング言語を学びながらhtmlを学んだ方が効率的で時間短縮になります。(私はここで失敗しました。)

 

しかも、スクールの先生に聞いて後から分かったのですが、仕事のコーディングではhtml&cssでホームページを作る際に、ググれば優秀な人達が、すでにソースコードを転記してくれているのをコピペして変更しているとのこと・・・

あとは、設計にあわせてcssなどのデザインを変えていけば良いので、完璧に覚えようとする必要はありません。(変更がわからなければググる。)

初心者は0からサイトを作れるスキルが無いとNG思いがちですが、実際に仕事をしている人達は0から作るのは効率が悪いのでやらないのが、初心者とエンジニアのギャップの差かもしれません。

 

とはいえhtmlの技術が全くもって分からないと、ほかの言語を学ぶときに困ってしまいますので、html&cssに時間を掛けずに効率よく学ぶ方法をご紹介させていただきます。

 

html&CSSを3日~1週間以内で勉強する流れ

1.プロゲートを1日~3日で分からなくても良いので一気に上級コースまでやる。

 

プログラミング初心者の方にオススメな勉強方法として、オンライン学習ができるプロゲートのhtml&cssの講座一気に勉強するのがオススメ。

プロゲートで勉強する理由は、なんと言ってもプログラミング初心者でもわかりやすい。

講座はサイトを実際に作っていきながらやっていく流れになるので、静止のホームページのイメージ図が手っ取り早くつかめます。(ここ重要。)

 

イメージをつかむって言うのがポイントなので、完璧に覚えようとするのは辞めてください。時間の無駄。ここには時間を掛けてはいけません。

 

プロゲートで学ぶ流れ

・初級はタグの使い方。cssとのclass属性の設定方法

・中級はログイン画面の設定。cssの本格的デザイン hover擬似クラス(カーソルが乗っている要素の変更)

・上級は、レスポンシブサイト(スマホ対応サイト)の作成

 

html&cssの中級を勉強するためには月々980円課金しなければなりませんが、ほかの言語も学べるようになるので、課金価値MAX!

ケチるのは辞めましょう。本よりも安いですから。

あと道場コースっていうのもあり、ヒント無しでサイト作りを行うものあるんですが、やらなくてOK !

時間があるときにやってください。プロゲートはあくまでもイメージをつかむための物であり、完璧にこなすために行う物ではありません。

道場コースの代わりじゃないのですが、次が重要になります。

 

良くある間違い:プロゲートのレベル上げにはまってしまう罠

 

プログラミング初学者あるあるの1つなのですが、復習のために何度もhtmlの上級コースをやってしまう人がいます。

ポケモンみたいにランキングやレベルが上がったときにツイートすると反応が多い為、ついついはまってしまいますが、プログラミングで稼ぐ人の目的はプロゲートのレベル上げじゃないはず!

そんな事をしていたら時間だけ失い、他の言語を勉強するのが遅れてしまいます。

参考までにこの人の動画が分かりやすいかも。

 

すぐに応用編に突入しましょう。

大月

分からない事だらけでも、とにかく最初は勧めることです。

本の模写で実際にプログラムを1から書いてみる所にいち早くスタートすべきで、後に紹介するJavascriptの勉強の時にもう一度軽く復習が良いでしょう。

2.1冊の本を使って実際にホームページを作ってみる。(本通りでOk)

 

プロゲートで学んだら、実際に静止サイトを作ってみます。

プロゲートではエディタが用意されてそこにコーディングすればOKでしたが、本を読みながらサイトを作る場合はエディタを用意しなければなりません。

(エディタの用意方法は今回はふれません。)

 

エディタを設定したら、実際に本を読みながらサイトを実際に作っていきましょう。

プロゲートでサイトを作ったとのイメージがかなり役に立つはずです。

本に出てくるタグで分からなければhtmlクイックリファレンスで調べて知識に落とし込みましょう。

 

本で勉強するとこんなメリットがあります。

本で勉強するメリット

☑エディタの設定方法が分かる。

☑htmlとcssの連結が上手くいくようになる。

☑ブラウザ上でサイトを作るのでは無く、自分のパソコンの環境でサイトを作ることができるようになる。

 

実際に私もプロゲートをやりこんでしまったせいで、

結果、時間がかかり勉強が進まなかったという失敗を犯しましたが、

プログラミングを初めて2週間でサイトを作ることができるようになりました。

 

実際にブログ形式・ビジネス形式のサイトを本を模写すると、cssのfloatの影響でデザインが崩れることから、疑似言語のafterを入れるなど、プロゲートだけでは分からない細かい部分を勉強できるので、本での勉強は早めに行う事をオススメします。

とりあえず私が勉強してきたオススメの本を紹介します。

 

全ページ一生懸命やる必要は無いですよ。分かるところは飛ばしてOK

 

3.タグの使い方などが分かれば、JavaScriptを勉強することで、動きのあるサイト作りを学ぶ

 

htmlとcssを勉強すると、静止サイトはできあがるのですが、クリックすると時間が動き出したり、ブログ内検索などをするときのプログラムはJavaScriptを利用しなければなりません。

JavaScriptがホームページ内で動きを行う際に、htmlの画面上から情報をインプットして動く(アンケートなど)プログラムを組む勉強をしますので、特に<input>タグ・<from>タグの勉強に役立つことでしょう。

サイトを1つ作ったら、JavaScriptでプログラミング言語を学ぶと、よりhtmlの知識も深まりますので、プログラミング言語を学ぶまえのhtmlの勉強に時間を掛けてはいけないのです。

 

JavaScriptを学ぶならこの本が超オススメ!

まとめ:プログラミングでお金を稼ぎたかったら早めにWordpress&PHPを覚えよう。3ヶ月程度

正直HTMLを覚えた程度では、ランサーズやクラウドワークスで仕事を探そうとしてもかなり難しく、最低でもXamppやクラウド9で開発環境を作った上でのWordpress構築が出来ないと話にならないでしょう。

PHPを動かせないと話にならないのが現状です。

そしてプログラムにはあまり興味が持てず、お金を稼ぐだけの目的で始めたので私は80万円のスクール代をドブに捨てました。

 

もしこれからプログラミングが稼げると聞いて副業をはじめるのであれば、はっきり言ってオススメしません。

初期にめちゃくちゃ勉強する割に稼げませんし、常に作業による報酬=自動化が出来ない事がやっぱりダメなんです。

ブログ集客✕メルマガによる仕組み構築をすることで、集客からセールスまでを自動化できます。

あなたがお金を稼ぐ自動課金システムを作りたいなら、プログラミングの勉強を辞め、ブログかSNSを始めた方がよいでしょう。

初心者のアフィリエイトの超効率的な勉強方法は3ステップだけです【10万いける】

大月

プログラムに興味があるなら、本当に才能があるのでプログラミングを全力でやってみてはいかがでしょうか?

その際に就職するルートで、実務経験&実績作りをして、フリーの仕事を貰うイメージが最短かと思われます。

いきなりフリーランスはよっぽどの事が無いと無理ですね。

(当時のメンターが現実を教えてくれた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です