本せどり初心者が陥る売れない病!中古本の回転率と毎日売れる在庫数を解説

本せどりで本が毎日売れないな・・・って悩んでいる初心者はすぐにでも売れるような対策をしましょう。

売り上げが上げられないと、クレジットカードでの支払いに間に合わずキャッシュフローを悪化させるだけでなく、売れなければ資金が回収できない=新たな仕入れが出来ないという悪循環に下りいるからです。

つまり、利益額・利益率よりも「回転率」を上げる努力をすることをオススメします。

回転率を意識せずに馬鹿みたいに仕入れすると、過去の私のように手元に利益が残らない状態(黒字倒産)になってしまいます。

 

私は以前2018年1月に1冊1,000円ぐらいの本を150冊仕入れし、66冊しか売れていないので、利益を返上して仕入れ資金を払ってしまいました。それでも5万の赤字です。

この時は会社を辞めたかったので早くせどりで利益出さないと!!!!と思い必死に売れる方法を探していましたよ。

そりゃあ価格改定ツールを使うのは当たり前!週1回は手打ちで値段を下げまくってましたね。

毎日アマゾンセラーセントラルも100回ぐらい見ましたよ。1,000円の売り上げで超喜ぶ自分がしました。

でも売り上げが変わっていないと・・・はあ↓と☜うぜぇー

せどり初心者にはこの状況って結構ありがちじゃないですか?(私は冗談抜きで赤字になると本気で思ってましたからね。私は必死でしたよ。)

 

でも手元に利益が出たり、商品が売れるようになってからわかってきたんですよ。

原因は仕入れにあります。そして多くはコレ!

取り扱っている商品ジャンルの回転率ををしっかり理解していないんじゃないかと

売り上げゼロの日があって精神的に安定しない方向けに、上記の事を踏まえて解説していきたいと思います。

 

中古本せどりが売れない人はジャンルの強みと回転率をちゃんと理解しておりますか?

例えばへルビ(ヘルスビューティー)は新品の為利益率が低いといわれておりますが、回転率が良く、なんといっても出品が楽。

中古CDせどりの場合は、中古の為回転率は悪いといわれておりますが、利益率がよく利益額も高いといわれているジャンル。

今あなたが売れないと悩んでいる中古本せどりの強みというと?

中古本せどりの強み

・仕入金額が安い。(108円から利益本がある)

・利益率はかなり高い 30%オーバーは当たり前。すごい場合は50%を超えるときもある。

・ほかの中古のジャンルより回転率が良い。

こんなところだと思います。一方で中古本せどりの弱点を見てみましょう。

中古本せどりの弱点

・新品に比べて回転率が悪い。

・出品の手間がめんどくさい☜ここは今は関係ない。

・ライバルが多い・価格競争が激しい。

・利益額が低い

中古本せどりは仕入金額が少なくても利益が出せるジャンルなので、ライバルもめちゃくちゃ多いし、本は売りやすいとはいえ、新品せどりに比べて売れないですよ。

しかもみんな価格改定をやっているから、商品ページの順番が常に入れ替わってしまいます。

安くしなければますます売れないという悪循環が起きるってわけです。じゃあどうするか?

 

仕入れで1カ月以内で売れる商品しか仕入れないか、3カ月寝かせて売る商品を仕入れるか?

 

ずっと私が本せどりうれねーーーーーーーって思っていた時にこの2つがよぎったんですよね。

1つは1カ月以内に利益が出るような商品だけを仕入れする方法で、回転率が良ければライバルが沢山いても売れていきます。

1カ月に売れている個数をモノレートで確認し、1カ月に10冊売れている本であれば、出品者から10番目以内にいれば1カ月後には理論上は売れますよね?(後から新規出品者が出てきたら別)

でもこの方法は、仕入れ対象商品がかなり絞られるので、せどり初心者には難しいです。

 

もう一つは3カ月かけて売る方法です。☜私は主にこっち

モノレートをみて3カ月に8回~10回程度折れており、利益が500円以上出るのであれば即買ってます。

ただしライバルは10人以上いる場合は買いません。精々5人~7人程度

売れている数が8回と少ないような感じがしますが、ライバルがあまりいなければ激しい値段競争に巻き込まれずに済みますので、利益を確保しながら売って行くイメージです。

 

あと、めんどくさいかもしれないですが、写真やコメントを充実させるだけで中古本は値段を下げずとも売ることができます。

また回転率も早くなるので、この方法と組み合わせて売っております。

しかし一般的な回転率と比べると回転率が悪いので、大量仕入れには向いておりませんが、週1仕入れしかしない私にしてみたらちょうどいいのです。

 

三カ月スパンで売り切る中古本を購入すると毎日在庫数の1%売れる。在庫回転率が1%以下は要注意

 

3カ月スパンで販売している私の在庫回転率は毎日1%~1.2%程度です。在庫が300あれば、1日3冊から4冊は売れていきます。

月平均にすると100~120冊程度(価格改定をすればもっと売れるかも)。

1カ月の在庫回転率は30%ってことです。毎日売れる状況にするための在庫数は最低でも200は欲しいところ。

有名せどらーさんのブログをみても、中古本せどり売れている個数と在庫数の関係は1%前後というブログが多かったので間違えがないでしょう。

 

逆に毎日の在庫回転率が1%も売れていない人は、価格改定や損切りして早めに資金回収すべきです。

 

もちろんすごい方は毎日2%以上の1カ月で在庫の6割が売れてしまう回転率のよい在庫の持ち主もおります。

注意

在庫数を増やす為に、売れにくい物を買ってもダメです。常に出口を考えなければなりません。

また在庫300以上あるのに、毎日の在庫回転率が1%以下及び月の在庫回転率25%以下だった場合は、損切りしてでも在庫の回転率の健全化を図った方が良いでしょう。

 

毎日の売れる個数が在庫数1%の回転率でも、仕入れ資金を払いながら手元に利益を残す考え方。

在庫回転率は1%だった場合、在庫数に対して1カ月で3割しか減らない為、仕入れ額を一気に増やしてしまうと一気に仕入れ額に利益が全部ぶっ飛んでしまい、更には給料から持ち出ししてカードの支払をしなければならないという悪循環に陥ります。

私もこの悪循環に3カ月もはまってしまいました(2018年1月・2月・3月)。

 

4月にこの考え方が理解できてから大量仕入れをしても仕入れ額を全額支払っても手元に利益が残るようになりました。

仕入れ額の単価を徹底的に安くし、1冊で3冊分の仕入れ額が得られる利益が高い商品を購入する事!

つまり中古本せどりの最大の強みを生かし切るってことが、回転率が悪くても手元に利益が残る唯一の考え方だといえます。

うん?当たり前のことを言うなよって!?

本当に理解してますか?

 

理解しているのであれば、まさかブックオフのプロパー棚でビーム当てていないでしょね(笑)

毎日の商品回転率が1%だったらこの考え方しかありません。

要は月の在庫回転率が30%であるのであれば、1つの商品で3冊分以上の仕入れ額を稼げるようになれば、仕入れ額を払っても黒字になるってことですね。

ひとつここで例を上げます。

毎日の在庫回転率が1%だったとした場合の利益が出る考え方

※平均仕入れ単価が200円で利益600円出る商品だと仮定し月に100冊購入、月の在庫回転率が30%とし、Amazon・FBA手数料700円として計算した場合(1商品の売り上げは1,500円)

1500×30冊=45,000円の売り上げから手数料(700×30)を引くと純利益で24,000円

200円の本を100冊買ったので仕入れ額は2万。24,000円から2万円を引けば0.4万円の黒字。残りの70冊は売れれば、(売り上げ-Amazon手数料)がすべて利益になります。

これを繰り返して、使える資金を大きくしていくのがコツ!

この仕組みができれば、在庫がある限定にはなるものの、何もしなくてもFBAがおこずかいマシーンになってくれます。

もしこれが仕入れ額500円で800円の利益しか出ない場合・・・、計算上では毎月45%以上の在庫回転率になっていないと黒字変換するのに時間がかかってしまいます。(上記の理論を行う場合は、利益が1500円でる本を探さないとダメ!)

仕入れ額が安ければ、在庫回転率が悪くても黒字にする時間はそんなにかからないです。

しかし仕入れ額が高いプロパー棚で仕入ればっかりしていると下記の記事のようなキャッシュフロー崩壊が待っております。

ブックオフで利益本仕入れしているのに利益が手元に残らない失敗談【本せどり初心者あるある】

 

まとめ:せどりがうれない悩みを解決するなら、価格改定の少ないライバルの数を気にすることから始めよう。

上記の理論が完璧に行くときは、ライバルが少なく価格競争が起こりづらい商品であることが前提になってきます。

でも仕入れ資金を売り上げで1度払ってしまえば、利益が出なかったとしても赤字ってことはないでしょう。少しではありますが確実に利益は出ます。

私がこのことに気が気が付いたのはせどりを初めて3カ月たった時です(笑)。

 

先生に利益額も大事だけど、中古本せどりは仕入れ額を抑えることが重要と言われ続けてようやく気が付きました。

もちろん回転率・評価・コメント・写真など売れ行きを決める要素は沢山ありますが、この基準で仕入れができるようになったのは非常に大きいです。

毎日中古本が売れてほしいと願うのであれば、最低でも在庫を200以上にしてから考えるべきでしょう。

そして初月で利益を手元に残して売り上げを上げるためには、回転率も大事ですが、仕入れ額を極限に減らすという方がもっと大切!

下記のような本がおすすめですね。

ブックオフの108円の単C本が稼げないのは嘘!500円以上稼げる利益本を大公開

秋月

せどりは正しいやり方、仕入れ方法を知ることでブログアフィリエイトよりも早く成果がだせます。

人によっては2ヶ月で10万~20万稼ぐ人もいるぐらいなので、実績作りには優れた副業です。

しかし、自分が働かなければ収入ゼロのせどりでは、いつまで経っても肉体労働から抜け出せないので、せどりは実績作りの一環としてを始めるのが良いでしょう。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です