副業ブログで稼ごうと思った時に一番最初に不安に思う事は、会社にバレないかって事だと思います。

ただ同時に、実名ブログでないとブログに信用性が出ずに稼げないとインフルエンサーに言われて「実名」「匿名」で悩んでいませんか?

結論から言うと、匿名ブログでも全然稼げます。

別に名前が匿名か実名かなんて事はどうだって良いです。

そんな事で悩んでいるなら、匿名ブログで記事を書き始めましょう。

とは言え、一つ匿名ブログの名前の付け方を間違えてしまうと、名前の付け方による人間性でブログの信用を失いかねません。

今回は匿名ブログによるハンドルネームで付けてはいけない名前と、本当の意味での実名ブログのメリットについて解説します。

秋月

匿名ブログでも身バレするんじゃないか?って不安になって行動できない方はご安心ください。

私自身ブログを会社にバレたのは会社に退職届を出したときです。

つまり、これから紹介する5つのヘマをやらかさない限り99%バレません。

匿名ブログは実名より稼げないは嘘です。稼いでいるアフィリエイターは殆ど匿名です。

Twitterとかで実名ブログじゃないと稼げないって言っている人は何を言っているんでしょうか?

大丈夫ですか?って言うレベル。

そもそも実名だけで信用が取れるなら苦労しません。

実名ブログ=信用できるは間違いでそんな事いったらみんなお金持ちですよ。

 

メルマガに限っては特電法で全員実名と住所を明かさなければなりません。

その理論で言えばメルマガ実践者全員稼げていますよね?

でも現実は、稼げている人も居れば稼げていない人がいるわけです。

そりゃあ肝心のコンテンツの内容がショボかったら、ファンも付かないし、そもそもアクセスが伸びませんからね。

 

私も1サイトで月40万売り上げたブログも匿名ブログでした。

最近物販ブログでもメルマガやるために変えましたが・・・

騙されないで下さい。

本名でやる場合はブログ以外のメリットがあるだけの話で、ここで言うブログで稼ぐ稼げないとは別です。

秋月

正直言って、本人に会わない限り実名ブログとか言われているブログも偽名かもしれませんよ。

ブログが実名・匿名で稼げる&稼げないで論争するのが無駄です。

 

顔出しした方が良いの?アフィリエイトサイトなら別に不要です。極論プロフィール無くてもOK

次は顔出し問題。

別に顔出しは一切不要です。

物販アフィリエイトサイトなら極端な話プロフィールすら要りません。

私の物販アフィリエイトのメンター(月500万プレイヤー)にウォーターサーバーの稼いでいるブログを見せて貰いましたが、プロフィールは一切ありませんでした。

それより、ナビゲーションカテゴリーを強化して、サイト訪問者が一発でキラーページに回れるようになっています。

検索をしてきた読者は購入商品の事を知りたいのであって、サイト運営者には興味がありませんから、そっちの方が合理的ですよね。

結局コンテンツ内容・調査内容(外注によるアンケートがある)で信用します。(検索順位でも信用になる)

SNSでリア充で稼ぐブログとは設計が全く違うわけです。

秋月

これから情報発信ブログやテーマに沿った趣味ブログを始めるなら、プロフィールはあった方が良いです。

ただし、顔出しは絶対必要ではありません。アイコンでOK。

ただ、アイコンを適当な画像にすると、素人間丸出しなのでココナラで綺麗に作って貰う(3,000円程度)と良いでしょう。

ブログのレベルが上がります。

このアイコンもココナラから生まれました。

 

匿名ブログの名前の付け方は要注意:覚えにくい名前(英語)や、ふざけた名前・初心者を付けるのはダメ。

 

ここからが本題です。

匿名ブログでも実名ブログでもブログの信用から稼げる&稼げないは関係ないとお伝えしましたが、匿名ブログの名前の付け方によっては一気に信用性は失います。

例えば、こんな名前は要注意。

[box class="blue_box" title="こんな匿名の名前はダメ"]

☑特徴もない訳のわかんない名前(抽象的すぎる):例(サラリーマン太郎・キラキラ女子・中年おっさん)

☑英語・言いにくい名前・読めない漢字(昔風のアフィリエイトを思い出させるような名前)

☑責任逃れから初心者を付ける(初心者ブロガー:プログラミング初心者)

[/box]

まさかと思いますか、あなたはこの中で名前を付けていないですよね?

だとしたら知らない間に、読者によるブログの信頼性が落ちてますよ。

あなたは得体の知れない名前を付けるような人のブログや、英語とかでおしゃれ感を演出しているけど誰だかよく分かんない人の記事を信用しようと思いますか?

多分、情報だけ参考にしてそっと閉じてしまうでしょう。

コメントを書こうとしても「こんにちは。サラリーマン太郎さん」ってやるの嫌じゃないですか?

英語だったら余計面倒くさいです。

こういう名前を付けてしまう人は、読者への配慮がない人という烙印を押されますので、知らない間にブログの信用性&権威性を失っていきます。

 

そして意外と多いのが初心者って付ける人。

速攻で辞めてください。

あなたも検索する立場になれば分かると思いますが、悩みを解決したいのに初心者から教わりたいって誰が思います?

自分が検索する場合は初心者の記事を読まないのに、自分が発信する立場だと責任から逃げようとして初心者って付けてしまう人がいますが、はっきり言って信用獲得以前の問題。

いくら良いこと書いても・・・・

「初心者の記事でしょう。合っているか分からない」なって思われるんですよ。

勿体なくないですか?

肩書きに「ちょっとした専門家」って付けるだけで、ブログ記事の権威性&信頼性が増しますので、絶対に初心者ってつけるのは辞めましょう。

情報発信の仕方にコツはある?正しいブログ始め方を失敗経験から解説【まとめ】

匿名ブログでも会社に身バレしないの?身バレする原因5選&対策。

ここまでで、匿名ブログでも問題なく稼げると分かったけど、「やっぱり会社に身バレするんじゃないか?」って不安になっている方もまだ多いと思います。

結論から言うと100%バレないってことはありません。ですが99.9%はバレません。

バレる理由っていうのは主にこの5つしかありませんので、この5つさえ対策すればOKです。

1つずつ対策法などを解説していきますね。

 

ブログ収益の確定申告のミスによる住民税増加で会社にバレる

ブログで稼ぐ前に知って欲しいことは、年間のブログ収入が20万円以上(経費を引いて)になると確定申告をしなければならないというルールがあります。

ここで注意すべきポイントは、住民税の請求をブログ分だけは「特別徴収から普通徴収」に変更することです。

やり方は確定申告時に、普通徴収と特別徴収を選択するチェック項目があるので普通徴収にチェックするだけでOK。

これでバレません。

※特別徴収とは会社へ住民税を請求すること。

住民税は収入に対し約10%が請求されますが、特別徴収のまま確定申告してしまうと、昨年の給料に対して請求される住民税にプラスして、ブログ収益分の住民税が会社に請求されます。

その結果、住民税額が違う=別に収入があることが会社にバレます。

 

 

まれに役所の手違いで、特別徴収のまま勧められるケースも0ではありません。(ここが100%って言えない理由)

まだブログ収益が年間50万円程度であれば、メルカリで物を売った(雑所得)で申請した等の言い訳を用意しておくと良いでしょう。

ただし、200万とかになると、副業の転売(せどり)になるので注意。

ただ、これでバレる確率は0.01%程度。

一番バレる原因は次の4つです。

ブログにプライベートな内容の記事を書く。

 

ブログにね。プライベートの内容を書いてしまうパターン。

会社の備品が社員に映っていたり、昨日プライベートで行った場所の記事がタイムリーに投稿されていたらアウト。

確か有名ブロガーの「ももねいろ(現暮らしラク)」さんはこれで身バレしたはず。

 

雑記ブログは自分のタイムリーに経験した事を書けるのが強みですが、ついついプライベートの内容が多くなりがちです。

それ故に会社にバレやすいデメリットもありますので要注意。

しかも、身バレするリスクが高いのにプライベートの記事って検索ボリュームがあまり無く、アクセスが上がりにくいんですよね。

【悲壮】雑記ブログ100記事&3ヵ月でアクセスは増えません【実例有】

私がおすすめしている情報発信ブログであれば、プライベートの内容は殆ど書きませんので問題ありません。

 

ブログをやっている・収益自慢をしてしまう。(体験済み)

これ、私の失敗談でもあるのですが、仲の良い事務員の女の子にブログは稼げるよって教えちゃったんですよね。

たまたまその子は口を滑らせませんでしたが、ただの同僚だったら嫉妬を買う可能性が非常に高く、嫉妬から言いふらされる可能性が十分あります。

それだけ、ネットで稼ぐって言うことは非常識であり、やったことがない人からしてみれば宇宙人レベルだったりするわけです。

お金の稼いだ自慢はマジで辞めましょう。

恨みを買っても足を引っ張られるだけで、何も良いことはありません。

(ネット上の収益報告は別です。どんどんやって錯覚資産をつくりましょう)

 

会社でブログ記事を書く。(仕事しろ!)

 

これは・・・言わなくても分かりますよね。

上司にブログを書いている&リサーチしているところがばれたら終わりです。

もし会社でキーワードプランナーとか開いたら履歴でバレますからね。

辞めましょう。

Facebookページから拡散目的で個人アカウントにシェアしてしまう。同僚にバレますよ。

Facebookは実名登録であり、同僚の電話番号が入っていると友達かもであなたの投稿が簡単にみれます。

ジェットパックなどでFacebookと連動するだけではバレません。

なぜならFacebookページに投稿されるだけで、あなたの個人アカウントには投稿されないからです。

ここまではOK。

 

しかし欲をかいて、友達にブログを読んで貰う為に、ブログ専用のFacebookページから個人アカウントにシェアした瞬間どうなるでしょうか?

あなたの個人アカウントにあなたのブログがバレる=会社の同僚がいつでも見れるわけです。

もし、ブログに収益報告をしてみてください。

あなたの事を下だとみていた同僚・先輩が、実は自分よりブログで稼いでいる悔しさと嫉妬で上司・会社に報告される危険性があります。

会社員である以上、Facebookの個人アカウントで営業をしないようにしましょう。

秋月

Facebookの個人アカウントによる身バレも結構多いみたいです。

身バレしないようにSNSをつかうのであれば、Twitterを利用したり、Facebookページの広告を打ったりしないとだめですね。

 

まとめ:本名で始めるメリットはブログ以外での活動の幅が広がったとき。(ネット以外で活躍する場合)

ここまで匿名ブログでも稼ぐ上では十分!ってお伝えしてきましたが、実名ブログにしかないメリットって言うのもちゃんと存在します。

それはブログ以外で活動する=コンサル・リアルセミナーなどを開くときです。

ブログで稼げるようになる=SEO対策などの集客が出来ることを意味していますから、企業へ集客コンサルなどの事業展開も可能にするスキルを得ることが出来ます。

その際にどうでしょう。

あなたがハンドルネームで付けた「ひよこ・ひろっち・ゆかり」(名前は適当)の匿名ブログを見せて、果たして信用されるでしょうか?

集客をお願いする人達は、普段からネットに疎い40代~60代(お金を持っている人)はおそらく・・・

大丈夫か?

てかなぜ名前じゃない?

本当にあなたのブログ?って思うはずです。

 

匿名ブログは、ネット上では有効ですが、リアルまで活動の幅を広げたときに苦労します。

一方の匿名ブログで、会社を法人化していれば代表者と実績を見せるブログの名前が一致する=信用するデータの1つをすぐに見せることが出来ますので、成約率も匿名ブログに比べて実名ブログの方が上がるでしょう。

ただ、ブログで稼ぐっていう視点でみれば、実名ブログ・匿名ブログも変わりませんので、悩んでいる人は匿名ブログから初めて見るのが良いでしょう。

今回は以上です。

 

最後に似たような疑問として、ブログを有名にすべきか?っていう悩みがあります。

私からして見れば、ブログで稼ぐよりも有名にする方が遙かに大変なので、ブランディングから始めるのは辞めましょう。

匿名ブログで悩んでいる人は、下記の記事も是非ご覧ください。

なぜブログで有名になりたいの?稼ぐなら知名度よりやるべき2つの事

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事