意識高い系大学生や、爆前と老後や近未来の将来に不安過ぎてとにかく行動しないと・・・って思って居る人の中に資格を取るべきかなって悩んでいるかも知れませんよね?

今回はそんな悩みに答えていきます。

結論から言うと、資格を沢山持っていても将来の備えにもなりませんので、大学で資格を取りまくるは辞めましょう。

ましては就活でも全く関係ない業界だったらせっかく取った資格も無駄になります。

ですが、資格を取るよりも遙かに将来の備えになる方法があります。

それは・・・

自分の力だけでお金を稼ぐ経験です。

これは大学生の方が圧倒的に有利であり、サラリーマン生活が長いほど出来なくなってくるんですよ。

そしてお金を稼いだ経験は必ず就活で即戦力として有利に見られます。

と言う事で、大学で資格を取りまくるよりもいかに、「自分の力だけでお金を稼ぐ経験」の方がいかに重要かについてお伝えしていきます。

そもそも大学で資格を取りまくるは無駄!大学生が資格を取るべきベストなタイミングは?

大学でとにかく資格を取りまくる事に熱心な人に水を差すようで気が引けるのですが、結論から言うと内定を貰ってからでOKです。

むしろ内定を貰ってから勉強した方が、入社までに取得するという期限付きなので資格勉強のモチベーションが上がって一石二鳥なんですよ。

以前先輩が会社の採用で行った経験談を教えて貰ったのですが、社会人経験のない新卒を採用時は、将来性を見ているので資格はあまり意識していないようで。

不動産屋の場合は=この新卒は数字(契約)が取れそうかな?

ここしか見てません。

要は経験・体験による人としての深みの部分を見ている気がします。(資格を取る向上心と目的を見ています。)

故に宅建を持っている人でも落ちてましたね。

選考時の資格というのは、中途採用の場合などで実務経験がある人が実務経験の裏付けとして説得力を増す為だけです。

よって、新卒のように実務経験のない人が持っていたとしても、正直なところ殆ど評価せず、ポテンシャル(将来性)を見ています。

大月

新卒で宅建士を持っていれば、「やるな~~すごいな」って個人的には思いますけどね。

ですが、実務経験がない新卒に重要事項説明作成&調査をして契約したら・・・何千万のトラブルになる可能性があります。

最低1年は怖くてやらせられなかったです。

それに資格は本来自分の能力を高める為に目指してもらいたいものですから、“就活の為”に資格を取るというのもあまり感心しませんしね。

故に、資格マニアの大学生は落とされるって聞いたことがあると思いますが、まさに”就活の為”がいやらしく感じるんでしょうね・・・

「俺すげー!だろみたいな。実務経験が無ければ使い物にならないのよ・・・」

結論は内定貰ってからでOKです。

資格だけ持っていても稼げないがやり方があります。

大学生のうちに資格を取りまくるのが良くない理由は使わない資格に時間とお金を消耗するから

最初にお伝えしておきますが、あなたに将来何か目指している事があるのなら、大学生のうちから関連する資格を取る事も悪いことではありません。

むしろ最高の投資だと思います。

しかし資格マニアになるというのだけはNGで、時間とお金の浪費にしかなりません。

(これ大学生だけじゃ無くて、社会人でもありがちで私もやらかしました。)

先程もお伝えした通り、資格があっても実務経験が無ければ、なにもアドバンテージとはなりません。

下手したら印象最悪です。

例えば、運転免許を持っていてもペーパードライバーの車に乗りたいと思います?

怖くて嫌ですよね?

それと同じことで沢山資格を持っていても、使わなければ知識も技術も時間と共に失われていくので、持っていても何の価値も生まないゴミです。

勉強した時間だけ無駄になる・・・・

そんなの勿体ないですよね。

だからこそ・・・・

大学生こそ、どこかに所属せず自分の力でお金を稼ぐ経験すべき【会社員になると出来なってくる】

です。

そもそも”資格を取ろう”と思う気持ちのモチベーションが、単に将来のお金の不安とかなら、お金を稼ぐ方にシフトしていった方が良くないですか?

将来の不安がお金が絡んでいるのに、なんとなく不安だから資格を取りまくるって逃げる事に意味はありますか?

いい加減気づきましょう。

資格を取るよりも自分でお金を稼ぐ経験の方が最強です。

なぜ私が、大学生の内に資格を取りまくるよりも、お金を稼ぐ経験をすることを重要視しているのは・・・

サラリーマン生活が長引く事で安定収入という麻薬で自分で稼ごうとする力がどんどん無くなっていくからなんです。

私はたった5年しかサラリーマン生活をやっていませんでしたが、それでもこの安定収入・ボーナスという麻薬は想像以上に強力。

サラリーマンにとってボーナスはデメリットでしかありません。

サラリーマンをやっていると、「自分で稼ごうとする」のをどうやってやれば良いの・・・って思考停止になる人がほとんどなんです。

大月

私の彼女の同僚も思考停止状態で、月給16万のブラック企業で働いています。

ヤバイ状況なのに、考えることが面倒くさくなってくるのがサラリーマン思考の怖さです。

 

資格を取りまくる大学生より、自分で稼ぐ大学生の方が評価されるよ。【大企業は副業解禁している事実】

 

自分でお金稼ぐ経験がある大学生はかなり有利になります。

就活で自分の力で稼げる大学生が有利な理由
  • ビジネスの基本のキャッシュポイントが分かる
  • 主体的に行動が出来る&向上心のある人と見られる

実務経験がない資格を自慢されても、その資格で利益になるの?って思われがちです。

しかし、実際に自分の力で稼いでいる人は自分の会社にその経験を使ってくれるだろう=ポテンシャルがあるって印象付ける事ができます。

実際私は中途採用で転職活動しましたが、アフィリエイトで食ってるって居た瞬間。

かなり食いつきが良かったです。

書類選考は10社中7社は通りました。

中途でこのレベルですから、大学生で金を稼いだ経験がある人は大チャンスですよ。

一方の資格は企業に属していないと殆ど使い物にならないので、あなたが本当にピンチの時ほど役に立ちません。

注意!
会社によっては既に稼いでいる人を敬遠する企業もありますが、そういう企業は敬遠しておけばOK。
どうしても入りたい場合は、特に申告せずに確定申告を普通徴収に切り替えれば良しです。
大月

本当に良い時代ですよね。

私がネットビジネスって言葉を知ったのは大学4年の1月でした・・・

意味も分からない中国をやるよりブログやせどりをやれば良かったと心から後悔しています。

とはいえ、それでもコスパの高い資格を取りたい大学生の為にオススメの資格を一応紹介しておきます。

大学生1年~2年のうちに取るおすすめ資格ベスト3選(就活も有利です)

1位:TOEIC:企業の約半分以上が点数を気にする(個人的にはGoogle翻訳でOKかな)

大学生のうちに取っておきたい資格のナンバーワンは、TOEIC(トーイック)です。

企業の約半分以上がTOEICのスコアを新卒/中途に関わらず採用選考時にスコアの提出を求める為に1位にしました。

大月
※転職活動中にもTOEICの点数を聞かれたので間違いないですよ。

TOEICがなぜ最も取得しておくべき資格なのかと言うと、英語の必要性が高まっているからに他なりません。

有名なところでは楽天が社内公用語に英語を採用しているように、近年は業種に限らず英語力が求められるシーンも増えてます。

実体験としては、私も外国人のローン審査時に英語が通じず苦労した経験がありますが、外国人が日本に永住権を持って家を買う時代。

ますますグローバル化していくでしょう。

TOEICで700点ぐらい取っておけば、就活も有利に進められそうなので、もしあなたが大学生1年・2年であれば勉強しても良いでしょう。

ただ現在就職活動中のTOEICの勉強は遅すぎるので、早急に金を稼ぐ経験を行いましょう。

大月

大学生の就職活動においては最低600点以上おさえておきたいところ。(まあ私は無理)

一般的には700点以上で日常のコミュニケーションに支障がないレベルと言われています。

即戦力採用となる中途採用や社内査定においては700点が一つの目安です。

2位:MOS:個人的には一番欲しいスキルです。

MOSは、Microsoft Office Specialistの略で、Officeは約7割がWindowsの日本の企業の多くが社内のパソコンで導入しているので、持っていて損のない資格です。

大月

ネットビジネスで会社員以上の給料を稼ぐなら一番使えるスキルです。

Officeには以下の5つのソフトがあります。

Officeのソフトの種類
  • Word(ワード) 文書作成
  • Excel(エクセル) 表計算
  • PowerPoint(パワーポイント) プレゼンテーション資料の作成
  • Access(アクセス) データベース作成
  • Outlook(アウトルック) メール/スケジュール管理

5つ上げましたが、Word・Excel・PowerPointは職種を問わず日常的に作業の中で利用するのでお勧めです。

特に、パワーポイント使い方5選を覚えるとプロ並みの画像編集が出来たり、動画作成も出来たりします。

就活の際、資格が応募要件になるような事は殆どありませんが、実際問題としてWordとExcel程度は使えないと仕事になりません。

履歴書に書けるという以前に身に付けておいていただきたいスキルです。

むしろどれか1つ使えないと・・・・ちょっとお荷物社員になりかねない。

よって、Word・Excel・PowerPointでのエキスパート認定を目指す所から始めましょう。

大月

ここで1つポイントなんですが、今の40代~60代はパソコンが使えない人が多いです。

よってパソコンスキルで上司の仕事を手伝ってあげると、気に入られて出世街道に近づくという裏技をお伝えしておきます。

あなたが出世するためには、まず上司を出世させなければなりませんからね・・・

出世した上司の力を使ってあなたが出世するイメージです。

3位:宅建士:コスパ最高よ。民法を知り、世間知らずの大学生を置いてきぼりに出来る資格

宅建士は、「宅地建物取引士」の略称です。こんなやつ

国家資格としては最大規模の受験者数を誇る資格で、宅建士を取得すると不動産契約時の「重要事項説明」が説明できるようになります。

つまり1人で契約できるようになります。

一見、不動産屋しか使えないじゃんそんな資格って思ったら大間違い。

めちゃくちゃコスパ高いのはここから。

宅建がコスパ高いところ
  • 店舗のコンサルティングなどの建物の仲介で使える。
  • 不動産だけでなく、銀行・建築などの業界でも資格手当が付く
  • 民法を学ぶので法的トラブルに強くなる。(←重要)

宅建士の資格で学べる「民法」を知っておくことで、今後の近隣トラブル・金銭トラブルも慌てずに対処することが可能になります。

知っているか知らないかだけで初期動作が変わってくるので、何にも知らない大学生・社会人を置いてきぼりにし、ある程度法律を知っている人に変わる事が出来るのです。

この差はでかい。

私も、実際脱サラした時に、法的トラブルに巻き込まれましたが、この時の知識をフル活用しましたからね・・・

敢えて難点を挙げるとすれば、やや難易度の高い資格で合格率が15%前後と、簡単に取得出来る資格とは言えません。

ただ300時間ほど勉強すれば合格出来ますので頑張りましょう。

大月

FPを取った方が良いんじゃ無いかって思うかも知れませんが、宅建士よりコスパ悪いのでオススメしません。

むしろ宅建士取ってからFPを受験するとクッソ簡単になります。

まとめ:大学生が金を稼ぐ経験をするだけで人生がイージーモードになる!最初は初期投資が掛からないブログがオススメ

大学生が自らの力でお金を稼ぐ経験!ってなんだよって思うかも知れませんが、インターネットを使って仕組みを作ることです。

“ネット上で稼げる仕組み”は色々ありますけど、大学生のあなたに今特にお勧めしたいのは、ズバリ!ブログです!!

ブログは最初は稼げませんが、初期投資も掛からない上、アフィリエイトで成果を上げられればその実績を使って、ブランディングをすることも出来ます。

また上級者向けの話になるのですが、あなたのブログをインターネット上の人気店にし、自分で作った高単価商品を販売する事も出来ますよ。

わけのわかんない資格を取るよりワクワクしませんか?

その感覚こそ大学生に取って大切な物です。

そしてブログで集客できる技術は多くの企業でも求めているスキルになるので、仮にあまり成果が出なくてもめちゃくちゃ企業から評価されます。

と言う事でまずは、ブログを使って自分の情報を発信するようにしましょう。

その詳しいやり方は情報発信の仕方にコツはある?正しいブログ始め方を失敗経験から解説【まとめ】を見れば一発で分かるようになりますので是非ご覧ください。

今回は以上です。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事