とにかく親世代から貯金!っと聞いていた為・・・・

若い20代女性
将来出産や、結婚のために若いときの貯金は大切だよね・・・・

20代後半のサラリーマン
老後に3000万いるって聞くし、とにかく貯金しておけば大丈夫だろ。

など、起こるかよく分からない貯金を若いときからやっていませんか?

私も一時期貯金マニアで1ヶ月20万貯めて、「俺将来勝ち組♪」とか粋っていましたが・・・

27代で年収500万以上達成して勝ち組だと思っていた時の話

正直20代の頃の貯金ってマジで無意味であり、人生の誤差レベルでだと確信しました。

自分自身の経験が大きいのですが、FPとして調べたところやっぱり若い時の貯金は一切無意味。

のちに紹介しますが、若いときの貯金額の価値は、政府によって簡単にコントロールされてしまうという事を知ってください。

今回は若い時の貯金が一切不要である理由を、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ私が、7つの理由から解説させていただきます。

秋月
FPは貯金すべきだ!という理由も間違っては居ませんが、最適な回答とは言えません。
「稼ぐ方法を実践しろ!」が正解ですね←責任が生じるので言えないのでしょうが。

20代は意味の無い貯金をしない方が良い理由5選

20代が使う1万と60代が使う1万の価値は全然違う。

そもそも若くて先が長い&しがらみも少ない20代と、体に制限が出てきて残り少ない人生の60歳が使う同じ1万円で得られる経験はどっちの方が時間として残るでしょうか?

20代はその1万円で得られる経験が40年以上使える可能性がありますが、60歳の時では精々20年程度。

単純に同じ1万円で得られる経験・価値は倍以上違いますよね!

人間関係に例えれば、1万円の飲み会がキッカケで友達になった40年以降の友達ってかなり凄い価値じゃないですか?

辛いとき・油がのった30代の仕事仲間になるかも知れませんが、一方の60代からの人間関係は精々終活仲間程度。

人間関係でも価値が変わってくるのです。

若いときの時間・経験は戻ってこないからこそ、つまんねー貯金なんてしている場合ではありませんよ。

 

20代で貯金を切り崩して得た経験の数は30代で生きてくる。

20代で金も使わずに失敗も経験も積まなかった人が30代になるのと、20代で沢山失敗したけど、成功体験を積んだ人だったらどう考えても30代の人の方が人間力があるでしょう。

それは稼ぎだけでなく、話の面白さ・頭の良さ・モテるなど・・・・

ちなみに私は沢山お金を使ってきましたが、以下のような事が分かるようになりました。

貯金をせずに金を使って分かってきたこと
  • 稼げる系の詐欺師の見分け方
  • 金持ちが何をやっているか?
  • 高額商品の売り方
  • ネットでお金の稼ぐ方法
  • 不動産投資の見分け方・騙され方
  • 出会い系サイトで失敗した経験(笑)←街コンで彼女ゲット
  • プログラミングは自分には向かない(80万失う)
  • 脱サラして、自分でお金を稼ぎ続ける大変さ(売り上げ激減も経験)

お金を使って失敗する事で、自分が30代でやるべき方向性が一気に決まっていきます。(嫌でも得意不得意が分かるので)

仕事ができない28歳こそ真面目に働くより即やるべき行動5選【成長のチャンスです】でもお伝えしてますが、20代こそ貯金を切り崩しても30代で生きる方向性が決めるのが重要だと私は考えています。

20代の貯金額なんて失敗してもたかがしててる。(100万程度だろ(笑))

20代の平均年収は365万程度であり、そこから貯金される額が失ってもたかがしているって話です。

金融広報中央委員会の調査によると20代の平均貯金額は239万円ですが、実際値の平均は85万程度。

100万以下の失敗なんて正直誤差レベル。今稼いでいる人達を見て下さい。(1000万とか失敗しているので)

たった数十万の貯金を貯め、数十万失うのが怖いといって、今後の人生に役に立つ経験をせずに時間を失うって勿体ないと思いませんか?

私も1年で300万ぐらい失敗しましたが・・・次に生かせると必ず信じています。

貯金は金を稼げばいくらでも出来る。若い時の貯金は稼げれば一瞬で取り戻せる

私は300万ほど1年で失敗しました・・・・が!

所持金ってサラリーマン時代の貯金額から、そんなに減っていないんですよ。(400万程度)

なぜか?

貯金は金を稼げばいくらでも出来る=稼ぐ情報に投資しているからです。

月収25万の内毎月5万円貯金して60万円1年で貯めるよりも、最初に60万円ぐらいのコンサルティングを受けて、月収20万円を稼げるようになれば、たった3ヶ月で達成出来ます。

結局稼げればいくらでも貯金は出来るんです。

お世辞でもおおいと言えない20代のサラリーマン時代の給料から無理矢理貯金するよりも、月収50万以上稼いでから貯金した方が効率的ですし、

更に貯金をせずに100万・200万と稼いだ方が、若い時に貯金しなかった額なんて一瞬で取り戻せますよ。

貯金額に満足してしまい、良くも悪くもお金に心をとらわれる。(リスクを負えない)

私も一時期貯金マニアだった時代、貯金額をみて安心していた自分=動くのが怖いと思っていた時がありました。

貯金額って額が増えれば触れるほど、達成感が高いので貯金額が増えれば「俺20代でここまで貯金している♪」って肯定できる分、貯金額が減ることに躊躇してしまうんですよ。

あなたの周りにも居ませんか?貯金額でマウント取る人が。

あれ、自分が挑戦出来ないって言っているのと同じですし、貯金は使わない=金がなく経験値がないのと一緒。

脱サラしないのであれば貯金額なんて100万あれば上等。

それ以降はどんどん失敗して、稼げる情報を使ってお金稼ぎをするべきです。

秋月
ただし脱サラを検討しているのであれば貯金200万は必要と断言します!

ここまでは、若いときの貯金が無意味っていう話は経験談がベースになっている内容が多いですが、次からは政府による2つの理由です。

FPが解説!若い時の老後資金の貯金がまったく無意味である理由2選

【悲壮】若い時の貯金は政府のインフレ政策でお金の価値が一気に減らされる。

政府があなたの貯金額の価値を簡単に変えることができる事をまずは知ってください。

具体的には「インフレ率」であなたの貯金額の価値を下げられてしまいます。

どういうことかというと、政府・日銀は2013年にデフレ脱却として「2020年までに物価上昇率を2%にする」と公言しています。

日本銀行は、2013年1月に、「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現するという約束をしています。

日本政府にとって2つのメリットがあります。

物価上昇率を上げる理由
  • 日本の借金である国債が約250兆円が減る。
  • 海外と同等のインフレ率なので、円トレンド(円高)を抑えることができる。

仮に2020年から1年で物価上昇率が2%上がることで、あなたの若い時の貯金100万円が、1年後の物価上昇で実質の価値は98万円に下がっていることになります。

もしこれが10年続いたらどうでしょうか?

2%×10乗で24%も物価が上昇するため、100万÷124万=実質80万円。

20年で現在から51%も物価が上昇するので、上記と同様の計算で66万。

老後本番の30年後って言うのは81も増加するので%貯金は、なんと100万あった貯金の価値が55万と約半分になってしまうのです。

ヤバくないですか?

30年後に今の物価の約82%増加ってことは考えにくいですが、政府がやろうとしている事はまさにこの事です。

今あなたが一生懸命貯めている貴重なお金は老後時には、老後時に半分しか残りません・・・・

必要な時に価値が半分になる貯金に対して一生懸命出来ますか?

秋月

インフレを行う理由は、上記2つが主な理由なのですが、国別信用格付けをこれ以上下げない為でもあります。

1992年はAAAと最高だったはずなのに、2019年時点ではA+と中国よりも下回っております。

どんどん日本がオワコン化に近づいているわけです・・・・

消費税を上げないとBランクになる可能性もあるので、消費税を上げないとヤバいかもです。

【悲壮】2037年に年金制度が破綻する。現役時代の貯金だけで逃げ切れるわけがない

老後資金の国民年金は2037年に破綻!?20代から知るべき老後対策でも解説していますが、総務省でシレっと国民年金が破産する統計を取っているんです。

出典:http://president.jp/articles/-/10301

2025年には、1人の年金を1.8人で支えるぐらいまで減ってきており、このままいくと間違えなく破産しますよね。

仮に国民年金の年78万円がもらえなかった場合、会社員の厚生年金の年150万程度しか収入がありません。

老後夫婦で贅沢をしなかった場合の平均生活費が24万円(年288万)ですから、約140万円・月にして11.5万円を貯金から切り崩さなければなりません。

20代の平均年収が365万の日本で、月11万以上の貯金ができる人はいるのでしょうか?

仮に貯金が出来たとしても、インフレでお金の価値を殺されますから、実質月30万の貯金をしないと無理なわけです。

この2つの理由から、若い時の貯金は一切無意味ということが分かっていただけたかと思います。

よって・・・・老後資金などの準備をする唯一の手立てとは!

まとめ:老後資金はアフィリエイト・副業・ビジネスで月20万円稼げるようになれば問題はありません。

しかありません。インフレ後に必要な生活費を毎月手に入れられれば、インフレによる値崩れは一切関係なくなります。

若い時の貯金は将来の老後資金を稼ぐ為に投資しましょう。

方法は2つあります。

老後資金をためる有効方法
  1. 老後時でもお金が発生する仕組み・スキルを作る。
  2. 金融資産・インフレで価値が上昇する不動産などを持つ

相続を得るとかそういう方法もありますが、主な方法は上記の2つでしょう。

ただ、2番の金融資産を持つということは、それ相応のリスクがあります。

私も不動産を持っていますが、空室が続くと家賃0になりますし、大規模修繕工事などで、数万・数十万などの経費が掛かることも・・・

この方法は収入が複数ないとお勧めできません。

よって、あなたが行う最初の方法は1番のスキル・仕組みを作るしかありません。

その中でお勧めしたいのがアフィリエイト。

アフィリエイトはうざいと思われがちですが、初期投資や維持費にそこまでお金がかからないのに、稼げる額は青天井という最強のビジネススタイルです。

とはいえ、アフィリエイト初心者が本だけの勉強法では稼げないなので貯金を人や情報に投資し、アフィリエイトで月20万稼ぐ事を目標にしましょう。

アフィリエイトで学べる「ネットからの集客」「セールスライティング」「サイト構築」は価値創造して、販売することに使えるスキルです。

手に職がない将来不安な30代男性でも自分だけの商品を作れるように、若い時の貯金をスキルに投資しましょう。

あとは老後までに作業量などを増やして、収益UP&キープすればOKです。

更に、アフィリエイトの収入を使って、金融資産に投資する流れができれば、貯金を残さずとも老後生活は安定するでしょう。

なんせ、毎月サラリーマン時代以上の収入が入ってくるのですから。

若いあなたがやることは貯金ではなく・・・・

老後時にひねればお金が出てくる蛇口の数を増やすことです。

今回は以上です。

秋月

私はサラリーマン時代に貯金を使って収入源が5個にしました。(本業・せどり・アフィリエイト・不動産投資・ライター)

本業以外は数万~10万程度でしたが、収入源の数が多いと精神的に安定しますし、老後資金の不安は消えますよ。

どうやるのって思った方はこちらをご覧ください。

作業しているのに結果が出ないあなたへ

「ネット上にもう一人の自分を作って24時間・365日働かせる!」をコンセプトに自分の好きな事・得意な事で稼ぐ事に興味はありませんか?

すでに「ブログ頑張ってる」「動画頑張っている」「SNS頑張っている」なのに中々結果が出ないのには理由があります。

全くの初心者から月10万円以上を自動課金で稼ぎ出す仕組み・思考・テクニックをまとめた5つの動画講義+コンテンツサイトが【TMA:自動課金構築講座】です。

期間限定で無料プレゼントをして居ますので、下記のボタンからダウンロードをして下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事