ブログで言えない事はメルマガで教えます!は本当?メルマガ登録するメリットを解説

よく「ブログでは言えないノウハウをメルマガで公開しています!」言っている人のブログを見ると、「ホントかよ!?嘘くさ。」「とりあえずリストだけ取りたいんだろ!」って思っていませんか?

特にネットビジネスなどを始めたばかりの初心者だと、むやみにメールアドレスを教えるのは怖いなって思って「ブログを読むだけでいっか!」と思ってしまうようです。

しかし、結論から言います。

「ブログでは言えないノウハウをメルマガで公開しています!」は本当だから、とりあえずメルマガに登録したほうがいいですよ!と言っておきます。

理由はいくつかありますが、一番の理由はブログはSEOルールに縛られているため、本当に書きたいことが欠けないというジレンマがあるからです。

メルマガの場合はそれを無視して書けるので、稼いでいる人の生の声が聴けます。

ブログですべてを伝えろ!っていうのは無理なんです。

私自身、書きたいことが山ほどあるのですが、SEOで使えそうにないのでほとんどが没で記事公開しておりません。

今回はブログからメルマガ登録する3つのメリットと、逆にメルマガ登録が一切不要なブログの特徴について解説します。

 

ブログでだけ読むじゃダメなの?メルマガ登録するメリット3選

メルマガ登録特典が貰える(動画講義・無料レポートなど)

ブログ運営者からしてみれば、ブログからリストが取れる事が何よりも嬉しいことです。

当然メルマガ登録者とブログ読者とは扱いを別にしなければメルマガに登録すらしてもらえませんから、気合の入った有料級(有料商材の一部)をプレゼントしてもらうことが出来ます。

プレゼントの内容によって、今後のメルマガを読んでもらえるかが決まるといっても過言ではありませんから、プレゼントを作る気合が全く違います。

当然ググっても出てこないノウハウや、セミナー動画が貰えますので独自の一部のノウハウを無料で受け取ることが出来るんです。

感ののいい人だったら、そのプレゼントのノウハウを実践し、初心者から速攻で月5万とか稼いじゃう人もいます。

それくらい質が良いプレゼントが多いので、気になる情報発信者のプレゼントは貰っておいたほうが良いでしょう。

秋月

ここでのポイントは、むやみやたらにプレゼント目的でメルマガ登録をしないってことです。

人それぞれ解釈が違うので、本質は同じだけどプレゼントの内容が良く理解できず、頭が混乱して逆に情報デブに陥り、行動できなくなります。

メルマガ発信者のリアルタイムの情報がわかる。(ブログはどうしても過去になり使えないノウハウも掲載されている。)

これも割と大事で、ブログのメリットである1度書いたらほとんどメンテナンス無しで稼ぎ続けてくれる=昔の情報になりやすいってことです。

ここで私が3年前に書いた記事を1つ例にあげましょう。

FP2級の勉強時間は1カ月でOK?不動産営業マンが行うべき4つの勉強法

(別サイトに飛びます)

私のFP2級合格時の勉強法を伝えていますが、FP2級の範囲が変わったり、そもそも試験自体が変わったらどうなるでしょうか?

この記事はたまたま使えますが、そのノウハウが一切使えないってことになりかねません。

 

実際、私がそれで大失敗した事例がこちら

せどり初心者時に中古CDで速攻3万の赤字を出した原因の○○とは?

当時私がせどりを始めたのが2017年冬だったのですが、とある情報発信者のCDせどりが稼げる!っていう情報を信じて仕入れまくった結果どうなったか・・・・

アマゾンの出品規制でCDを出品できず仕入れ額すべて赤字

なぜこうなったかというと、私が読んでいた情報が2013年とブックオフせどりが天下だった時代なんですよね。

このころはアマゾンに規制もクソもありませんでしたから、とにかくビーム当てまくって稼ぐのが主流だったのですが、2017年の冬はそんな時代は終わっています。

SEOのメリットでもありますが、キーワードのライバル不在&ブログが強ければ、古い情報でも上位が取れる=リアルタイムで使えるとは限らないのです。

 

しかし、メルマガは近日中に起こった内容・ノウハウを発信をせず、古い手法で稼げる!って言えば速攻でメルマガを解除されます。

情報の鮮度を見ると動画・ブログよりも新鮮であることがメリットになります。

秋月

情報の鮮度の順番は、動画=ブログ<<メルマガ<<SNSです。

逆に個別対応ができる内容はSNS<<動画=ブログ<<メルマガになります。

ブログで書いても意味がない検索ボリュームが少ない超重要なノウハウが受け取りやすい(重要)

ブログは自由なんだし、何でも書いていいんじゃないの?って思うかもしれませんが、ブログは非常に残酷でして・・・検索ボリュームを無視して書くと、どんなに役に立つ有料級のノウハウを書いてもアクセスが全く来ません(笑)

 

例えばブログが続かない人に習慣化のやり方を書くとします。

これってブログを書き続けるのが辛い人にすごく役に立つ記事じゃないですか?

こういう人いますよね。「習慣化できない・・・・どうすればいいの?」って

ですが、検索ボリュームは残酷です。

「ブログ習慣化」で月10回も検索されないんですから・・・

これで記事書こうと思います?月1アクセスあるか無いかです。

私なら絶対に書きませんし、ブログでアクセスを集めるためには絶対に書いてはいけません(アクセス無い記事が低品質扱いされる可能性があるので)

似たような言葉で「ブログ 続けるのは」で見てみても同じです。

このキーワードを使って記事を書くと、大失敗します。

でもブログを習慣化にするアプローチを教えたいじゃないですか。(脳科学の方法に基づいたやり方とか)

そういう場合にメルマガを使うのがベストなんですよね。

SEOのルール無いですし、月1アクセスあるか無いかよりも、メルマガ読者に数百人・数千人に読まれたほうが嬉しいし、読者に価値提供できます。

キーワード&検索ボリュームの調べ方は無料ツール4選でOKと断言します。

有料級の情報は、より具体的なキーワードになる為、検索ボリュームが少ないという弱点があります。(みんな知らないキーワードだし。)

そこで記事を書くのはアクセスも稼げない+自分のノウハウを不特定多数に無料公開する恐れがあるので、それであれば、メルマガを登録してくれた特別な人に教えたほうがお互いにWIN-WINになるのです。

ね!?

ブログ読み漁るより、メルマガを登録したほうがお得に感じるでしょう。

ただ以下のブログの場合はメルマガを登録不要です。

 

商品だけを網羅して販売するブログのメルマガ登録にはあまり意味がありません。

アフィリエイトサイトなんかで、商品の販売しかしていないサイトがありますよね?

そういう場合、運営者よりも商品の情報を知りたい!のほうが勝っているので、顧客のほとんどがメルマガ登録をしません。(するなら公式をしますしね。)

アフィリエイターさんもそこをわかっているので、成約に近いキーワードばかり狙っていきます。

私も野菜通販のoisixを販売していた時に狙っていたキーワードはこんな感じ。

成約キーワードの例

☑oisix お試し

☑oisix 評判

☑oisix 評価

☑oisix 解約

☑oisix 楽天

解約も狙うの?って思うかもしれませんが、定期購入を考えているけど、解約方法が分からなくて不安って方に向けたアプローチとして書きます。

こういうサイトはoisixが知りたいのであり、サイト運営者の私、秋月大輝には全く興味がありません。

秋月の野菜通販ノウハウを大公開!ってメルマガ登録を促しても無駄なんですよね。

公式サイトや他のサイトを見ればoisixの情報がわかるので、読者にとっても物販アフィリエイト関連のサイトのメルマガは不要でしょう。

 

まとめ:メルマガはブログと違ってSEOのルール無視で掛ける媒体!ブログをやるならメルマガもやろう

ブログ読者がメルマガに登録するメリットがあるように、ブログ運営者がメルマガやるメリット多く存在します。

ブログ運営者がメルマガやるメリット

☑SEOを無視してトレンド情報・自分の価値観を伝えることが出来る(教育・価値観のすり合わせができる)

☑リストからセールスをすることで、独自企画でメルマガ読者の未来を変えてあげることが出来る。

☑グーグルアップデートのリスク回避になる。

特に、「独自企画でメルマガ読者の未来を変えてあげることが出来る。」が重要だと思っていて、読者との個別対応ができるようになるってところがポイントです。

ブログだと記事をUPして、読者がその記事を読んで終わりですが、メルマガの場合、送られてきたメールから問い合わせをすることで、個別対応を取ることが可能になります。

またアンケートを取ったりして、読者のニーズを深堀していくことも可能になるので、独りよがりの情報発信にならずに済むというメリットも!

ブログやっているけど、なかなか成果が出ないって人こそ、自身のブログにメルマガを取り入れてみましょう。

今回は以上になります。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です