仕事がつまらない・・・

    なんでこの仕事をやらないといけないのって思いつつも、仕事だからやる気を出すためにモチベーションを上げる言葉を探していませんか?

    「仕事 モチベーションを上げる」という検索で偉人の言葉を探しに来ているかと思います。

    しかし、結論からいうと偉人の言葉を見たぐらいであなたの仕事のモチベーション上げる事はできません。

    断言します。

    というのも私も過去につまらない仕事を辞めた人間でして、偉人の言葉を読みまくっていた1人でしたが、根本的な解決に1mmも近づきませんでした。

    以下のツイートをご覧ください。

    偉人の言葉は、モチベーションが上がらない原因を解決するための薬ではなく、増強剤の役割だからです。

    今回は上記のツイートを深堀しつつも、偉人の言葉で仕事のモチベーションが上がらない理由を踏まえて、偉人の言葉が使える時期について失敗談を踏まえて解説いたします。

    大月

    不動産屋の仕事を辞めようとして、オープンハウス(現地販売会)の車の中で偉人の言葉を探しまくっていましたが、やる気が1mmも上がらなかったことを思い出します。

    やり方が完全間違っていましたね。結局辞めました。

     

     

    【失敗談】偉人の言葉で一時的に仕事のモチベーションを上げようとしても次の日には忘れた

    これは私の失敗談でもあるのですが、偉人の言葉を一生懸命さがして、「よし!やるぞ!」ってモチベーションを上げようとしても、次の日には言葉を忘れてやる気が上がらなかったことがあります。

    言葉だけ見て、具体的な解決策にならないものは人間一瞬で忘れます。

    「え!私はそんなはずはない」って思う方はドイツの心理学者のエビングハウスの忘却曲線をご覧ください。

    この実験は「エビングハウスの忘却曲線」として現在でも有名です。
    実験の結果、記憶の保持率が20分後には58%、一時間後には44%、一日後には26%、31日後には21%まで低下することが分かりました。

    出典:エビングハウスの忘却曲線

     

    簡単に言うと、偉人の言葉でモチベーションを上げようとしても、次の日には74%の確率で忘れているってことです。

    そして私はすっかり忘れていました。

    もちろん偉人の言葉を読んでいる時は、ストーリーなどを見て面白いなって感動するんですよ!

    しかし、1週間経つ頃には偉人の言葉を探していた事をすら忘れていました。

    要はそれだけ人は忘れる生き物だって事なんです。

    こういう言葉は一時的にはモチベーションを上げますけど、結局偉人さんは偉人さん、あなたはあなた。

    それがどんなに感動した言葉だったとしても、仕事や人生に直接的に関わるような言葉でない限り忘れ去られます。

    結局、あなた自身が仕事や人生で体感した中で、自然とあなた自身の内から溢れ出る言葉でなければあまり意味はないという事なんですよね。

    大月
    どんなにかっこいい事や正論を言っても、経験したことがないだったら心に響かないじゃないですか?
    自分の体験ベースに落とし込んでいない状態での偉人の言葉は無駄だってことです。

    偉人の言葉を探す前に仕事でモチベーションを上げる方法は目標達成出来る方法を知る事。

    達成したい目標があったとして、偉人たちの言葉をいくら聞いてもやり方が分からないようだと、モチベーションが上がらないですよね?

    ではどうすればモチベーションは上げられるのでしょうか。

    目標達成に向けて正しい方法を知る!これが最強!

    モチベーションが爆上がりします。

    大月
    やり方が分からないと迷ったり、本当に目標達成できるのかな?と未来に対して不安に思い行動できなくなりますが、やれば確実に目標達成できるなら不安が無くなってモチベーション上がりやすいですよね。

     

    これだけ言われても分からないと思いますので、1つ営業の例で解説したいと思います。

    仕事のモチベーションが上がる方法の2人の営業の例:KPIを知る。

     

    例えば、同じ新規開拓営業の2人の内1人がやり方を知っている場合と知らない人の場合で解説します。

    やり方を知らない・成約率を一切知らない人は、新規開拓営業で毎日門前払いを食らっていますから、ものすごく徒労感がありますし、こんな事に意味はあるのかと思ってしまうかもしれません。

    何より、成約率を知らないのでゴールが分からず逆算することが出来ません。

    では成約率&正しいやり方を知っている営業マンが、同じ地域を1年間かけ網羅すると、成約率から年間の自分のノルマが達成出来ると分かっていたらどうでしょうか?

    あなたは担当地域の総数を12ヶ月で割りさらに月の稼働日数で割って、1日に消化すべき訪問件数を算出し、訪問件数をコツコツとクリアし続ければOK。

    毎日の門前払いで辛い思いをしても、「訪問件数をクリアすればノルマが達成できる!」って思えますから、訪問件数を追えばいいだけです。

    もはやゲーム感覚じゃないですか?

    営業先がポケモンゴーのストア周りみたいな感じ(笑)

    この行動手法をKPI(キーパフォーマンスインディケーター)を使うことで、到達したい目標までの行動を数値化できます。

    KPIは営業職の行動管理指標として、マネジメント職者の間では広く知られたものなんですよ。

    もちろんKPI自体はモチベーション維持の為のものではありませんが、一歩ずつノルマ達成の実感出来ればモチベーションUPに繋がるでしょう。

    ゴールから逆算できるっていうことはモチベーションを上げる為に最も重要と言っても過言ではありません。

    仕事の目標達成後どんな未来になるか想像し、モチベーションを保つ

    目標達成の正しい方法だけを知れば、モチベーションを上げることが出来るのか?って言われるとまだ足りない。

    結局何のために頑張るの?って疑問を解消しなければなりません。

    仕事の目標達成してどうなりたいか?(メリット)の部分を自分の中で決めないとモヤモヤした感じがずっと残りますよ。(こんな仕事意味ないんじゃね・・)

    メリットとはこんな感じですね。

    仕事の目標達成後のメリット
    • 営業職で歩合が100万もらえる⇒キャバクラ行きたい
    • 成長して独立するために実力をつけたい⇒3年後には脱サラ
    • 社内的地位を上げたい⇒好きな女の子に「俺仕事できるアピール」したい。
    • ネットビジネスで稼ぎたい⇒楽に生きたい(←俺)

    こんな感じで沢山ありますよね。

    この欲望を頭の中で映像化して、目標達成後したときにいつでも情景に思い浮かぶように妄想します。

    そして現実に戻ってみて下さい。

    妄想と全く違うことにイラってしますよね。(なんだよ現実の俺、女子社員に仕事できなくてモテねーじゃねか!)

    その負のエネルギーをモチベーションに変えていくわけです。

    正しいやり方を知った・正しいやり方を動かすガソリンになる「負のエネルギー」を得た。

    ここで初めてモチベーションUPに繋がるわけです。

    偉人の言葉だけでモチベーションUPは無理ですよ。使う場面は次です。

    偉人の言葉は仕事の目標達成に挫けそうになった時モチベーションを保つ起爆剤になる

    ここまで、目標を達成の正しいやり方&未来が分かり、さぁ行動するだけ!ってなるのですが、現実問題上手くいくことって少ないですよね。

    例えば営業の仮説を立てたけど、うまくいかない・・・とか。

    私自身、不動産用地仕入れで、訪問数を増やせば年間棟数を達成できると分かっていても、新規開拓で門前払いを繰り返す営業は足も重くなった経験があります。

    わかっちゃいるけどってヤツです()

    習慣化すれば確実に結果が出せるのに・・最初の一歩が踏み出せない&結果につながらなくて挫けそう。

    そんな時に使うのが「偉人の言葉」である増強剤ですよ。

    例えばイチロー選手のこの名言。

    私がネットビジネス初心者時代が頑張ろうと思った言葉です。

    小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

    やはり実際に事を成してきた人達の言葉ですからね。

    もの凄くシンプルで短い言葉の中に、物事の本質のようなものが凝縮されているように感じます。

    「やることはわかっているのにできない!」って思った時こそ偉人の言葉を見るのが効果的でしたよ。

    まとめ:どうしても仕事がつまらなくてモチベーションが上がらないなら新しい事に挑戦する

    目標達成したいことがあって頑張れる人ならいいのですが、仕事自体がつまらなすぎて・・・どうしたらいいの?って悩んでいる人もいるでしょう。

    私もその中の1人でした。

    だったら仕事以外でチャレンジできることを始めてみませんか?

    具体的には副業をやってみるってことです。

    副業は自分ひとりでやれば社長として自由にビジネスができますし、会社以外で収入を手に入れられればつまらない仕事を辞めて転職だったり、そのまま脱サラするもOKですしね。

    現に転職活動でもSNSのフォロワー数とか聞かれ、個人の力で稼ぐ・個人の影響力が重視されつつあります。

    会社という制度がなくなるかもしれないこの時代こそ、つまらない仕事以外でモチベーションを上げる副業をやってみませんか?

    オススメなのは自分を商品化できる情報発信がお勧めなので、下記記事をぜひご覧ください。

    今回は以上です。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事