資格を使って会社を辞めてやる!!脱サラだ!転職だ!って思ったことはありませんか?

私も恥ずかしながら、「電気工事士」をとって、独立してやるって思ったことがあります。(エアコン屋になろうと思っていた。)

そしてオームの法則辺りで挫折しました(笑)

残念ながらタイトル通り、資格だけで一生食べていけるなんて、そんな甘い話はないと今ならハッキリ言えます。

が!

だからと言って諦める必要が無いのも事実です。

資格をただ持っているというだけではダメで、実はやり方はあります。

結論から言うと「集客の仕組み」と「オリジナリティ(コンセプトの差別化)」を構築する事です。

でないと、資格だけなら持っている人は沢山いますから、埋もれて稼げない資格の仲間入り。

このやり方は、残念ながら会社では教えてくれません。

会社は安くあなたを使いたいからこの事を絶対に教えてくれないんですよね。

この二つを手に入れれば、速攻でマネタイズは可能です。

という事で今日は、集客の仕組み作り&オリジナリティの構築法について解説させていただきます。

 

会社を辞めても一生食べていける資格が無い理由は、資格を持っているだけで集客が出来る時代は終わっているから

資格もあり、実務経験も申し分ない。会社員時代の経験も豊富で特に問題ないのに、全くもって稼げない・・・・

何でだと思います?

理由は、集客の仕組みにあります。

会社員時代のあなたと、資格を取り独立したあなたとの最大の違いは会社の看板による集客の仕組みを持っているか否かです。

 

資格を持っているというだけで、集客出来る時代は残念ながら終わってしまいました。

不景気時代に「会社に雇われるために」ユーキャンを始め、資格取得を推す風潮がありましたよね?

人気の資格ほど取得スクールが増え、同じ資格を持つライバルを大量に排出しています。

 

何を隠そう実は私、事業として資格ビジネスへの参入を検討した事があるのですが・・・・

 

「行政書士で各業界の優遇措置の書類を作って月100万!」

「ファイナンシャルプランナーで月収80万!しかもスカイプ相談だけ・・・」

 

まあ全て挑戦しようとしましたよ。実際FPは宅建士の副業目的でとりましたし。

その手の情報を集めてみると、まぁ美味しいビジネスだとして参入を促すサイトが沢山出てきます。

胡散臭い、何の役に立つのかよくわからない資格は別としても、今は子供のうちから英検などを積極的に取らせたり、それをまた受験での優位性に繋げる政策があったりと、資格への関心の高さは公私共に感じます。

日本人は資格による権威性は以上に高いですから・・・

あなたにも思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

「資格を持っています!」だけではアドバンテージとはならないのです。

秋月

勘違いして欲しくないのですが、資格を取ることに意味が無いと言うわけではありません。

むしろ資格で稼げるビジネスを始める土台には乗っているけど、それだけでは稼げないよって話です。

会社を辞めても一生食べていける資格がない実例:弁護士ですら年収が70万円以下と言われる時代

資格モノの最高峰である弁護士ですら、資格を持っているというだけでは食べていけません。

弁護士でも年収が500万円に満たない人が沢山いて、4610人の弁護士はなんと年収が70万円以下なのです。

国税庁の統計によれば、2009年の東京を拠点とする弁護士1万5894人のうち、年間所得70万円以下が実にその3割に当たる4610人もいるのだ。

出典:https://president.jp/articles/-/8359

弁護士と言えば高給取りのイメージですよね?

一体どういう事なのでしょうか・・・。

弁護士の平均年収は約1,000万円ですから、稼げる資格である事は確かです。

でも実は弁護士と一口に言っても、働き方しだいで稼ぐ額が一気に変わるのも事実。

 

例えば、大手の弁護士事務所で「パートナー弁護士」になると、年収は一瞬で億を超えます。

「パートナー」というのは経営参画している上層の弁護士です。

そこまでいかない中下層の弁護士を「アソシエイト」と言いますが、彼らでも年収5,000万円位です。

その他、「インハウスローヤー」という企業の法務部門で雇われて働く弁護士や、小規模な弁護士事務所でも正規雇用されている弁護士だと年収は1,500万円程度あるそうです。

 

夢ありますよね!法廷で戦う戦士は確かにお金が貰えます。

しかし、それは仕事の取り方を知っている人の弁護士だけであり、現実的には平均年収が大きく下がります。

経費を抑えるために小規模な事務所などを間借りしている所謂「ノキ弁」で、年収は300万円程度といわれていますし、無理して自分で事務所を持ってしまったりすると、家賃や人件費が嵩んで年収100万円なんて弁護士もザラにいます。

この差は一体何なのか・・・ここまでご覧になっている人はもう分かりますよね?

「集客の仕組み」の有無ですね。

この集客の仕組みというのは「ネット・人脈・実績」これら全てです。

ただ資格を取りさえすれば稼げるというわけではないことは、このデータからも明らかですよね。

 

資格を持っているだけじゃ一生ご飯は食べられない!まずは小さい実績作り始めよう。

弁護士でさえも、ただ資格を取っただけでは食べていけないのですから、取得しやすい資格などになるとさらに厳しい現実が待っています。

ですから、いきなり会社を辞めても、待っているのは貧困地獄なんて事にもなりかねません。

では、どうすればいいか?

「急がば回れ!」を体現するかのごとく、会社を在職中に、まずは小さいところからでも実績に集中しましょう。

具体的に有効なのがスキルシェアサービスを使う事です。

「スキルシェアサービス」とは、一言でいうと個人が持っている能力をスポット的に売り買いするプラットホームの事。

初心者はココナラから始めるのがオススメ!

 

ココナラはあくまでもネット上のやり取りのみなので、本業を持ちながらでも自分の空いた時間を使って成果物を販売出来ます。

オススメなのはコンテンツ販売で、冗談抜きで自動販売機になります。

ノウハウをPDFに纏めて、売るでOK。

私の場合は「不動産屋のホームページの作り方」「SEO対策」をPDFに纏められますし、知り合いの中では雑誌せどりで稼げる本の銘柄を1,000円で売っていました。

1度設定すれば、何もしなくても良い「自動化」の仕組みを作った販売実績は立派なあなたの実績です。

あとは、お客様の声・反応をみてどんどん自分の商品を差別化していけばOK。

500円しか稼げないのかよ!ショボって思っている限り一生独立は無理。

独立せずに素直に資格を生かしてサラリーマンをやっていた方が、あなたは確実に幸せです。

勿論、ココナラの中には、語学レッスンを行うなど顧客と対面して提供するサービスもありますので、あなたが持っている資格に併せて、まずは「0→1」を作り上げて下さい。

秋月

販売出来る商品のジャンルは多岐に渡っていて、趣味の延長線上のようなものからかなり専門性の高いものまであります。

人気なのはIT・占い・美容・デザイナー・語学辺りですね。

ライバルチェックを行い、まずは売れている人の真似をしましょう。

それから差別化です。

 

 

資格で一生食っていきたいなら、会社員の間に資格を使った集客の仕組みを作ること。

先程の弁護士の例を見てもわかるように、資格をただ取るだけではダメですよね。

実績に関しては「ココナラ」など他人の力(プラットフォーム)を使えば小さい実績は集客の仕組みがなくても作れますが、資格で生活したいのであれば、集客出来る仕組み作りからは逃れられません。

これをやらないと、年収70万円以下の仲間入りですからね・・・

集客の仕組みと言っても、SNS・ブログ・YouTube・人脈紹介などなど、沢山ありますが、会社員時代で行って欲しい集客構築はブログです。

なぜなら、ブログはストックが型ですぐに構築は出来ません。

時間がかかり、独立後収入が少なくなってからブログを作り始めるでは遅いからです。

 

しかし、ブログは自分が持っている悩みを検索して問合せしてくれるので、質の高いお客様の声・反応を頂ける資産型媒体であるのも事実です。

こんな感じで見込み客から沢山声を頂けるんですよ。

質問させてください。現在、新築マンションを建設中であと3ヶ月で完成入居予定です。

住んでいるマンションの売却の関係で主が、住所変更をしてしまうと色々と面倒なので母子たけ転入を先にしたいのです。

幼稚園も問題で1日も早く手続きをしたいのですが、その場合でも転入は、分かりつつも受け入れてくれますか?

役所は、建設中などは調べれば直ぐにわかってしまいますよね。不安です。

 

2020年問題を聞くのは初めてです。本当にありがとうございます。かきについてききたいですが。

1、今投資用ワンルーム購入を考えておりますが、まさかやめたほうがいいでしょうか。
アドバイスをよろしくお願いします。

2、マイホームを一戸建てにしたいですが、それも2020年後にしたほうがいいでしょうか。
以上です、よろしくお願いします。

1つの不動産ブログにこんな感じで、70件ぐらいコメントを頂いております。

これだけで不動産コンサルティングも出来そうじゃないですか?(会社員時代にそんな事を考えたことも無かった失敗談です。)

1つづつ丁寧に返信すれば、あなたのサービスを買って貰える可能性だって高いわけです。

そして、ブログでもコメントを頂いております。

おはようございます。
情報商材はアフィリエイト報酬として高単価なので魅力を感じています。
情報発信のコツについても読ませていただきました。
「信念の矢」の通ったブログを構築するということですね。

このようにコメントを頂く(行動して貰う)と、集客→メルマガ・ライン@などの教育・販売のSTEPに誘引しやすくなります。

ある程度ブログが出来たら、SNSはすぐに始められるフロー型を始め、SNS→ブログ→メルマガ・会員登録→販売という流れを作っていきましょう。

資格を使って会社を辞めたいな・・・でもどうすれば?

その気持ち分かります。だからこそ悩んでいるならまずはブログを作ってみてください!

話はそれからですよ。

ブログの構築法については情報発信の仕方にコツはある?正しいブログ始め方を失敗経験から解説【まとめ】をご覧ください。

 

(まとめ)資格と経験を組み合わせたアイデア次第と見せ方で食っていける。コンセプトメイキング

ここまで読んで頂いたあなたなら分かっていただけるかと思いますが・・・・

「資格を持っているだけで一生食べていける」そんな魔法の資格はありません。

ただ、資格を利用して稼いでいくことは出来ます。

つまり、資格にプラスアルファとなる何かを加えるのです。

 

資格とあなたの経験を足して、一つのオリジナル商品(サービス)を作ります。

例としてカラーコーディネーターの資格で考えてみましょう。

 

カラーコーディネーターとしての色についての知識から、性別や性格での嗜好性がわかると思います。

ですから「タイプ別の好かれる色の組み合わせ」なんてものを作ってみるのはどうでしょうか?

さらに自分の実体験なども加えながら「シーン別のファッションとかカラーコーディネート」をパターン化して用意してみてもいいですよね?

こんな風に、カラーコーディネーターという資格にあなた独自の工夫を加えればいいのです。

 

またファッションが得意なら、ただ「ファッションを一生懸命やります!」じゃライバルが多すぎて、集客・実績勝負と強者の戦略になってしまいます。

そこで「童貞卒業!ファッションの専門家」みたいな見せ方だったらどうでしょう。

初めての彼女が欲しい人なら、あなたのサービスを使いそうですよね。

ここで「服を一緒に選んであげる」などの出張型体験型サービスを入れると、交通費込みで1日10万とかでもいけますよね。

 

要は見せ方です。(めちゃくちゃ重要な事を言っております。)

どうですか?

資格は大きな武器にはなりますが、資格だけでは通用しません。

でも少しの工夫と集客の仕組みさえ持っていれば、意外といけます。

とは言え、売りやすい資格もあるのは事実なので、これから資格を取って副業で稼ぎたいって人はその資格は本当に取る意味ある?資格で稼ぐ注意点3選を元資格マニアが解説をご覧ください。

今回は以上です。

秋月

見せ方・アイデアが重要と伝えましたが、稼ぐ手法をオリジナリティにしてはいけません。

本質は同じなんですよ。

むしろ、ライバルが稼いでいる(あなたもやれば稼げる)再現性の高い方法で、見せ方を変えるべきと言う事です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事