「こんな会社辞めてやる!」「マジで自由にゆるく生きたい!」って思って独立しようとしても、何をすればいいのか分からず、良くありがちな人脈づくりの為に異業種交流会に行っていませんか?

はっきり言って無駄です。

先にツイートで結論を言いますね。

一見、「独立したい」ってググると、人脈大事!って出てくるので一生懸命作ろうとするのですが、独立するためだったらいらないです。

正確に言えば人脈作りのステージはもっと上なので、脱サラするための準備では不要!

それよりも大事なのは、独立後は常に「自分との闘い」が待っており、最大の敵は自分自身という事です。

今回は会社を辞める為に必要な独立準備5選と合わせて、自分との戦いに失敗した失敗談をご紹介します。

大月
独立したい人はリアルな失敗談なので、じっくりご覧ください。

会社やめて独立するための準備5選

独立したいなら生活費を最低200万以上貯金しろ!1年分の生活費は最低必要

独立するとなると、事業に投資するお金と当座の生活費を考えなければいけませんよね。

事業資金は何をするかにもよりますが、生活費に関しては1年間収入が無くても困らないように準備してください。

具体的には最低200万円位は必要だと思います。

注意
家族がいる場合は300万円は最低事業資金以外に貯めておきましょう。ただ1,000万円ないとダメ!とか言うことは無いです。
むしろ貯金するためにどんどん後回しにしたら、独立が出来なくなります。

会社を辞めて独立すると、予想外の支出が必ず出てきます。

例えば税金。

市県民税は前年度の収入で税額が決まり翌年徴収されますよね。

独立初年度は前年勤めていた時の収入から計算された税金の請求が来ますが、これが思っていたより高額だったりするんです。

大月
会社辞めた後の税金は以上に高いです。前年度の会社の年収分の請求が来ますから50万以上失うと思ったほうが良いでしょう。

肝心の事業の方だって計画通りには進まないもので、計画なんて気休めにしかならないと言っても過言じゃありません。

なんせ1年目は全く経験が無いんですからね。

よって想定していなかったところに費用が発生するなんて事は多々あります。

大月
椅子代・パソコン壊れた・クライアントの入金が止まった・契約書作成ツール・画像代・・・
私も想定以上の経費が掛かっています。

そうした失敗の積み重ねが「経験」となるので決して悪い事でもありませんが、売り上げが上がらず精神状態が保てなくなります。

その事で継続を危うくしてしまっては意味がありませんからね。

脱サラ後の生活費の貯金については、下記記事をご覧ください。

最初の事業は借金しない!原価が低く儲かるビジネスをやる事が先!

 

貯金はあまり必要ないなら、「融資受ければいいんじゃね!」って思うかもしれませんね。

しかし、融資受ける事業の脱サラは失敗時に痛いので、生き残れないので独立直後にやってはいけません。

借金って簡単に出来てしまうので、借りる時も使う時も痛みを感じにくいんですよ。

勿論返さなければいけませんけど、月々少額であまり負担を実感出来ませんし、「借りれた=返せる」という安易な見通しをしてしまいがち。

それゆえに計画通りに事が運ばず、生き残れれば上手くいったものも、借金が原因で失敗するのです。

とはいえ、やりたいことは融資受けないとできないんだけど・・・って思う気持ちもわかります。

 

ただそれは儲かって時間が出来たらからやりたい事をやればいいです。

なので、単純にあなたが「やりたい事かどうか」ではなく、「儲かるかどうか」で事業で考えるようにしましょう。

儲かるかどうか、つまり成功するかどうかについては、あのホリエモンがビジネスの4箇条として公言しています。

儲かるビジネスの4箇条
  • 小資本で始められる
  • 在庫がない(あるいは少ない)
  • 利益率が高い
  • 毎月定期収入が確保できる

    この4つに当てはまっているものが多い程、成功しやすいというわけですね。

    どれも大事ですけど、特に初めての起業という事で言えば「原価を低く抑えられる事」は絶対押さえてもらいたいところです。

    精神的ゆとりが生まれますからね。

    その上で儲けが出なければ意味がありませんので「利益率の高さ」も重要です。

    やりたい事をしても儲からなければ続けられませんからね。

    やりたい事は儲かってからやればいいんです。

    会社辞める前にクレジットカードを作ろう!

    クレジットカードは会社を辞める前に作りましょう。これは大切なことです。

    クレジットカードは会社を辞める前ならポンポン作れましたが、会社を辞めた瞬間本当に作れません。

    大月
    バイトをしている高校生でも作れる楽天カード以外はVISA・JCBは落ちました。
    CIC厳しい

    クレジットカードで借金するつもりか?って思われるかもしれませんが、それは違います。

    事業をやる上での支払い&入金業務はすべてカード決済にすべきだと言いたいのです。

    支払いを現金にしてしまうとポイントが付かなかったり、会計時にいくら使ったか?のデータが残らずわかりにくくなります。

    単純にポイント面でも損しますし、確定申告の時大変なんですよ。

    クレジットカードで決済していればいつ払ったかがデータで残り、会計ソフトfreeeを使えばすぐに確定申告ができます。

    脱サラする前にクレジットカードを作っておきましょう。

    クレジットカードをお金もらって作る方法は下記記事をどうぞ。

    会社員以外の収入を低リスクで最低1ヶ月分生活費が賄えるビジネスを作っておくこと

     

    独立して事業を始めるととにかく心細いものなんです。

    ですから独立する前に、低リスクで維持出来る副業を準備しておいてください。

    副業では1ヶ月分の生活費程度を稼げるとベストです。

    独立すると今までとは景色が全く変わってしまいます。

    仮に今会社でやっているビジネスで起業するとしても、これまでお付き合いのあった取引先の態度は一変

    取引してもらえても容赦なく条件が厳しくなったりしますし、最悪の場合は「お前誰?」って事に嫌と言うほど実感させられます。

    私が独立した時は副業っていましたが、それでも月に15万円程度。

    財布の方は何とも心細い状況で、起こる事にいちいち一喜一憂してしまい、結果的に判断を誤るという悪循環を何度も経験しました。

    独立すると大なり小なり孤独感はやってきます。

    そんな時副業の存在は大きいですし、その上生活費も賄えるとなれば自信にもなるんです。

     

    1人で作業限界はすぐに来る。収入がある会社員のうちに外注を経験しよう

    貯金が減っている時に外注化のハードルが上がる為、独立して実務を始めると、自分一人で処理できる作業の限界をすぐに超えてしまいます。

    自由になりたいから独立したのに、会社員時代より働いて「かえって不自由になった?」ってなるケースも少なくありません。

    脱サラして自由な時間を作りたい!家族との時間を作りたい故に独立したんですよね?

    だったら、会社員のうち外注化を経験してください。

    事務処理や秘書業務の代行をしている人達や、ブログ記事作成・画像作成・動画編集など何でもOK

    自分の苦手&お金にならない仕事をどんどん副業時に外注する経験をしてもらいたいんです。

    外注すれば今まで自分で処理していたものにお金を使う事になるわけですから、独立してから初めて外注化経験するとなると、経済的にハードルが高くてなかなか利用できません。

    ですから失敗しても大したリスクにならない会社員の間に経験しておいて欲しいんです。

    それに会社員時代の外注で良い外注さんを見つけておければ、独立してからでも安心して仕事を任せる事も出来ますよね。

    「備えあれば患いなし」

    備えは何もお金だけに限りません。

    いざという時頼りになる存在を育てておくのも一つの備えの形です。

     

    早寝早起きの習慣化を身に着ける事!(実は一番大事)

    侮るなかれ!実は一番大事と言っても過言ではありません。

    「早起きは三文の徳」なんて言いますが、早く寝て早く起きる生活習慣は健康にも良いですし、時間を有効に使えます。

    「早起きは3億の徳」という言葉すらありますし、本にも出版されるほどです。

     

    早起きは良いことはわかるんだけど・・・なかなか出来ないよって方に勧めなのは、何時に起きて何時に寝るとか、何時から何時は仕事の時間にするとか、そういう事を決めてルールにする事です。

    ルールにすると、一つ一つの事について良い悪いを考えなくて良くなります。

    そしてルールを守っていれば習慣化してしまうんです。

    大月
    早寝早起きは金を掛けずにできるお金になる習慣化です。
    脱サラ後だと起きる理由がなくてダラダラした生活になりやすいのでホント要注意。最大の敵はいつも自分自身です。

    次は、私が独立して失敗したな・・・副業時にやっておけばよかった失敗談4選をご紹介しますね。

    これをやっておけばよかった!会社辞めて2年間独立してわかった脱サラ失敗談3選

    2年前に戻れるなら、後1年働きながら下記の3つをやりたい!ぐらいです。

    タイムスリップしてまでやりたかった準備した方失敗4選
    • ブログアフィをリストを取らなかった!(相対する商売をしなかった)
    • SNSを一切やらなかった。プッシュ型メディアの構築
    • メンターを作らなかった。独立後に大金出すのはキツイ

    上記の3つをやればほぼ独立後失敗して後悔することは少なくありません。

    売り上げが下記のツイートのように爆速で下がった時に後悔して、精神的に不安になりますよ。

    1つずつ解説します。

    ブログアフィをリストを取らなかった!(相対する商売をしなかった)

    私がやっていたブログアフィリエイトはブログ内だけで完結する=メールアドレスやラインなどの顧客名簿を取得しない商品販売代行の仕事になります。

    確かに1件1万円近く貰えるし、人との相対をせずにお金がもらえるので非常に楽なビジネスでもあったのですが、そのお客様は1度きりの付き合い=お金を貰えるチャンスが1回しかないので顧客単価が低いのです。

    ブログ飯の必要PV数は?2年実践して確信した無理ゲー理由4選【ブログ飯は時代遅れ】でもお伝えしていますが、今あるアクセスが永遠に続くとは限りません。

    よって1人1人のお客様と向き合うビジネスモデル=繰り返しお金を頂き顧客単価(LTV)を上げるためにはリストを取る仕組みを作っておくべきでした。

    新規客より既存客を追いかける方が費用が1/7で済むのもポイント!

    本当に失敗。

    大月
    人と相対する仕事になると、程よい緊張感から脱サラ後の怠けることがかなり少なくなります。
    やっぱり本気でやるためには一人でやるのではなく、お客様と直接やり取りする方法がベストです。

    SNSを一切やらなかった。プッシュ型メディアの構築

    SNSって毎日更新したり、フォロワーとの絡みがめんどくさくて全然やっていませんでしたが、今思えばこれも独立前に1万フォロワーを達成しておくべきでした。

    なぜなら、ブログは待ちの媒体=アクセスは他人の意志によるもので、売り上げが欲しい時でもコントロールできません。

    逆に、TwitterなどのSNSは自分が投稿して仕掛けることで、売り上げが欲しいタイミングにセールスを仕掛けることが出来きます。

    プッシュ型メディアで、独立当初はこっちを強くしておくべきだったのです。

    売り上げが爆速で増えている人は、SNSの使い方がうまいし、そういう人は起業前にしっかり準備しています。

    これも完全に失敗。

    大月
    人と一切関わらないで、SEOの自動集客だけで生きていこうとしていたのがマジで甘かったですね・・・・

     

    メンターを作らなかった。独立後に大金出すのはキツイ

    人脈作りの為の異業種交流会は一切不要!と言いましたが、成功モデルのメンターにはお金を使ってください!

    大事なことをもう一度言います。

    成功モデルのメンターにはお金を使ってください!

    独立するとお金にも余裕がないので、実績あるメンターのコンサル料である数十万~100万円を出せず、自己成長に躊躇しがちになります。

    独立前に1か月分の収入を事前に作る!べきと先ほどお伝えしましたが、メンター無しで自己流でやると事故流と同じで1年以上かかったりするものです。

    この期間もったいなくないですか?

    メンターに投資して人間関係を気付けば、独立後に不安になっても相談相手として精神的支えになります。

    メンターに依存するとは違い、ビジネスパートナーとして将来組めるかもしれませんので、決められた収入がある会社員の内にメンターに投資しましょう。

    大月
    独立後、売り上げや貯金額が減っていく不安がある中で、100万の費用を払えますか?
    多くの人はおそらく無理です。だから給料があるうちにメンターに投資しましょう。

    独立準備に良くある間違い:異業種交流会にいって人脈作りをしようとする(ステージ違う)

    「人脈作りは大事だ!」ってどなたも腐るほど言われてきたと思います。

    私がいた不動産業界(仕入れ課)は特に人間関係が良好にならないと、物件情報も入ってきませんでしたから、人脈作りは独立後でも超大事なのかなって思っていました・・・

    が!

    ここははっきり言っておきます。

    独立前には人脈作りは必要ありません。

    むしろ、発信媒体の強化に努めましょう。

    理由は簡単で、実績0で会社の看板もない状態ではいくら仲良くなったとしても、仕事を紹介してもらえないからです。

    あなたが仕事を紹介する立場になればわかると思いますが、自分の大切な人に対して起業間もない人を紹介しますか?

    もし成功すればOKですが、成功しなかった時、紹介した相手にも迷惑をかけてしまい、善意で紹介したあなたの信頼を失う羽目になりかねません。

    実績0の人を紹介するのは怖いですよね?

    つまり実績0の独立前の状態で仕事に結びつくってことはほぼないのです。

    一生懸命名刺交換しても、それはすべてゴミ箱行きになることは必須。

    まずは情報発信して、人脈から商品を買ってもらうのではなく、自分の仕組みから商品を買ってもらうようにしましょう。

    それが実績になり、実績を使って人脈を広げていくわけです。

    故に独立前の異業種交流会はホント無駄。

    大月
    勘違いしてほしくないのですが、自分のお客様になる人に会いに行くのであれば有です。
    名刺交換した人を見込み客にする為なら、名刺交換&リスト登録にの有無を聞いて回りましょう。

    まとめ:会社を辞めて収入が無い中でブログを作る時間は精神的にキツイ。独立前に稼げる仕組みブログを作ろう。

    会社を辞めて独立したい人にやってほしい準備5選&失敗談3選を紹介しましたが、その準備の中で多くの事に共通しているのがブログです。

    SNSでは伝えられない長文で情報発信もできますし、SNSと連携してリストを取るって事もできますしね。

    さらにSEOがある程度できれば、自動集客も可能になりますので、長期的視点ではやっておくべき媒体です。

     

    しかし、ブログって作るのにとにかく時間がかかる!

    特化ブログでも最低でも4か月&100記事ですし、この「ユルくろぐ」のように様々なテーマで書いている雑記ブログ(会社以外からお金を得る方法を軸にした雑誌ブログ)だと最低半年&200記事は必要です。

    売り上げもなく、成功するか分からないブログで半年も1記事に2時間以上かけてブログ書けますか?

    おそらく精神的に不安を抱えて無理。

    故に多くの人が辞めてますし、下手するとバイトしてるかもしれませんよ。

    だからこそ、ブログは会社をやめて独立する前に作っておきましょう。

    今回は以上です。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事