情報商材は詐欺ばかり?100万使った私が稼げる商材の選び方6選を解説

独学でやるのも限界だけど、情報商材は詐欺が多いって聞くから見分ける方法が無いのかな?って疑問に情報商材・コンサル等に100万以上突っ込んだ私がその疑問に答えます。

結論から言うと、情報商材を見分けるポイントは6つあり、大体はコレでOKですが、それ以上ってなると購入しないと分からないです。

やっぱり情報商材を手に入れて変わるんだ!っていう勇気・意志が一番重要になります。

 

私も情報商材・コンサルなどで100万円ぐらい失敗しましたし、リアルで80万以上失った失敗もありますが、良い情報商材もありますし、私が購入した9万の情報商材はマジで人生レベルが変わった物でした。

新たな可能性に気が気がつけるんですよね。

本で出版社の関係所で非常に難しい。

情報商材購入と本を読むの違いは何?本に無い情報商材の本当の使い方を解説

今回は、情報商材を買うべきか迷っているあなたに、情報商材を見極める6つの基準をお伝えします。

それを見て情報商材を購入するかを決めていきましょう。

それではじっくりご覧ください。

 

情報商材は詐欺ばかり?100万使った私が稼げる商材の見分け方6選を解説

infotopかinfoカートなどのASPで販売されているか?←1つの目安程度

出典:https://www.infocart.jp/

購入する情報商材を見極める最初のポイントはASP経由かって事です。

情報商材の二大大手会社のinfotopかinfocartの商品だったら、LPや特商法などの記入に問題ないと思って良いでしょう。

と言うのも、infotopやinfocartで情報商材を販売する場合は、かなりガッツリ審査されます(笑)

具体的な審査されるポイント下記の通り

ASPの審査項目

☑販売ページの表現の仕方

☑特商法

☑決済方法

☑返金対応方法の有無・消費者センターへ対応方法

☑販売コンテンツ(PDF1枚だけじゃNG:SNSで騙すような情報商材は無理)

ASPの審査が終わったら、今度は決済会社の審査もあるので、販売審査に2週間近く掛かるんですよね。

私の商品販売の審査時一部が下記の画像です。

infocartさんはかなり丁寧に表現表記の訂正を沢山されます(笑)

故に次で紹介するLPの表現がASP経由だと殆ど通らないっす。

 

LP(ランディングページ)に簡単・コピペ・完全利益保証など沢山書かれていないか?

実際の情報商材の販売ページLPに書いてある表現で、稼げる自分を思い浮かべて、今あなたは決済リンクをクリックしようとしてませんか?(笑)

分かりますよ。その気持ちWW

コピーライティングがやっぱり上手いんですよね。(形はあります)

 

それ故に「簡単に一瞬で!」「コピペするだけ(笑)」「完全利益保証!」とか書いてあると・・・俺も出来るんじゃねって思うわけですよ。

しかし、これらの表記をしている商材の多くはクソ商材が多いですよね・・・

これらのパワーワードが多い場合は、経験上失敗します。

特に完全利益保証!による返金保証は無いもんだと思って下さい。そもそもビジネスに利益再現100%って事すらあり得ないんですよ。

情報商材の返金保証が安心?返金保証に頼る人が一生稼げない唯一の理由

そして、それらは5万以上する商材ではなく、1万~2万程度が多いです。

秋月

5万以上する商材だと、消費者が弁護士を使って取り戻してくる可能性があります。

だからこそ、仮に上記のようなパワーワードがあったとしても、理由がものすごく細かく書いてあるし、返金保証をしようとするマインドをぶっ叩いているLPが多いです。

それが1万~2万だと仮に取り戻そうとしても、弁護士を使う費用の方が大きいので、売った勝ちみたいなLPが多いわけです。

経験上ですよ。真面目な商材は沢山あります。

LP(ランディングページ)に情報商材のノウハウの目次・全体像が書いてあるか?(超重要です。)

私がLPで見るべきだ!って強く言えるのは、販売ページに情報商材のノウハウの目次があるかどうかです。

なぜなら、それがその情報商材のクオリティーを表す部分であり、その内容と異なれば情報商材の返金が(虚偽)で行えてしまう=販売者がリスクを負う行為だからです。

(クーリングオフが出来ない情報商材が虚偽で返金せざる得なくなる。)

故に真剣なノウハウが手に入りやすい事を意味しております。

例えば、ドラクエの販売手法であるプロダクトローンチがありますが、アレってCMなどでラスボスなどの戦闘シーンを公開していますよね?

少しずつゲームの全貌が明らかになっていくって感じになるのでやりたい!って思うし、クオリティーも公開され、安心して購入できる訳です。

自信がある情報発信者が販売する情報商材も同じでして、変に隠そうとすればするほど、怪しまれると分かっているので、良い教材ほど目次がしっかり書いてあるんですよね。

 

あなたが購入しようとしている情報商材のLPにはその内容がしっかり書いてありますか?

書いていないのであれば、その情報商材は買わなくてOKです。

結局、上記のパワーワードが書いていない真面目なLPであっても、情報商材を買った瞬間に、思っていたのと全く違い再現性の低すぎる(今では出来ない)ものだったらどうです?

最悪ですよね。

てか詐欺だろ!って思うわけですよ。

それだったら、パワーワードが沢山書いてあっても、それ故の根拠であるノウハウの目次がビッシリ書いてあり、再現性の高く、新しい視点が得られるノウハウなら、パワーワードが書いてあるLPの商材を買うべきです。

 

特商法があるか?特商法記載の会社が存在しているか?(法人番号があるかの有無)

 

情報商材の販売ページには特商法を設置しなければならないのですが、酷い情報商材は特商法すら置かない情報商材があります。

まあコレは論外。買ってはいけません。

特商法は、個人で販売している場合は個人名になりますが、会社で販売している場合もあります。

良くあるのが、個人よりも会社で販売した方が泊が付くなどの理由から、存在しない会社名を使う人も居るわけです。

これを手っ取り早く確認する方法は、国税庁の法人番号公表サイトで確認することをオススメします。

秋月

有限会社だったりすると出てこない場合もあります。

1つの目安なので、個人的には絶対NGにはしていません。

マイナス点ってだけです。

 

ちゃんと動画コンテンツがあるか?PDFだけだと伝わらない部分がある。(繰り返し勉強するコストが高い)

肝心な情報商材の中身の問題で、動画コンテンツが一切無いPDF400枚以上!とかそういう情報商材がありますが、動画コンテンツ・音声コンテンツがないのはよっぽど安くないとOUT

やっぱりテキストベースだとわかりにくい上に、情報商材を繰り返し勉強するコストがでかいですよね。

しかも、細かいニュアンスが分からなく、独自で全く別の解釈をしてしまい結果が出ないって事は良くある話です。

祖も一方で動画や音声は音で聴けますし、声から分かるトーン・細かい説明でテキストよりも頭に残る上、繰り返し勉強するときも聴けばOKなので、勉強コストも低い=学びやすい事が重要。

やっぱり1度では覚えきれませんからね。

情報商材で失敗する人の多くは繰り返し勉強しないんですよ。

1回読めば満足で、新しいノウハウをワクワク感で書籍を買う感じで買っちゃうわけです。(詐欺師はワクワク感を提供しています。)

これではノウハウコレクターから抜け出せなくなりますから、必ず最低7回はそのコンテンツをやることをオススメします。

秋月

人間はエビングハウスの忘却曲線により、情報商材を学んだ20分後には46%忘れ、1時間後には68%、1日後には74%忘れると言われています。

だからこそ、ノウハウをエビングハウスの忘却曲線で忘れてしまう短期記憶から、長期記憶に移転される為に繰り返し聞く必要があるのです。

そしてそれが7回前後と言われております。

販売者のブログやメルマガが自分の価値観にあうか?フリーサンプル(ブログ記事・メルマガ)などの質は高いか?

一番大事なのは、やっぱりその販売者の考えに共感・好きになれるかって事です。

SNSなどのフォロワーが多いからとかいう理由で安心だろうはダメですよW。

共感できる人・好きになれる人の発言なら、素直に受け入れられるし、仮に自分の中で「おかしいぞコレ」って思うマインドセットも、好きな人なら少しずつでも考え方を変えられるわけです。

そして稼げない自分の「おかしいぞコレ」が、お金持ちになる重要なキーワードだったりします。

 

もし自分が全く共感できない人が同じ事を言っていたらどうでしょう?

結果を出す為に重要なキーワードにもかかわらず、素直に聴けないってなると・・・・

もうお分かりでしょう。

結果が出ずに、お金だけ失うって事になります。

よって、自分も販売者のような考え方や生き方を目標に出来るような人の情報商材を買うのが一番の近道になります。

秋月

その情報商材の販売者の無料紹介しているコンテンツを読みまくりましょう。(ブログ・音声・動画)など

それがあなたが購入する情報商材の質が分かる方法でもあります。

有料商材だったら、それ以上の質のコンテンツが期待できます。後は金額と要相談って感じですね。

 

情報商材のレビューは100%信じてはダメ。別の商材を売る戦略を踏まえて見るべき。(プロパガンダブログはクソです。)

良くある間違いとして、「情報商材名+詐欺」って検索して詐欺って出たら買わない方が良いです!

これは嘘です。

あくまでも1つの目安レベルであり、対して重要ではありません。

むしろLPに目次が書いてあったり、販売者が作っているフリーサンプル(無料記事・ウェブナー)の質を見極める方が100倍大事です。

と言うのも、ある人を叩いて、自分の情報商材(購入しなくてもアフィリエイト報酬が高い商品)を売りたい人のプロパガンダブログがあります。

個人的にこういうブログは、言葉悪いですけどクソだと思っていて・・・

情報商材名+詐欺はライバルが少ないので、上位表示が取りやすく、更に販売者の実績を借りて堂々と集客しているわけです。

本当は良い情報商材なのに、SEOで上位表示を取りたい・自分が買っていないのでアフィリエイトできないからと言って詐欺と決めつけ、自分の商品に誘導しているブログからは買わないことを強くオススメします。

そういうことをやる人ですから、販売者の人間的に問題有りじゃ無いんでしょうか?

ブログに人の愚痴や悪口を書くデメリット3選&効果的な悪口の使い方を解説

秋月

勘違いして欲しくないのですが、自分が購入経験がある情報商材レビューサイトはOKです。

ただしそれは1つの商品だけを推すブログだったらプロパガンダブログと変わりませんからNG。

あくまでも公平に見るって事です。

あと実践記は著作権違反(ノウハウのことを書く)は販売者から訴えられる可能性もあるので気をつけてください。

まとめ:良質な情報商材も多い。情報商材=詐欺と決めつけている思考停止は危険。

ここまで情報商材について解説してきましたが、全て詐欺だ!本で勉強すればOKなんだよって言うのはNG。

それって思考停止なんですよね。

私も情報商材=詐欺だと思って無料の情報でやったら、時間掛かりすぎて挫折しかけました。

月10万稼ぐ副業アドセンスブログの記事数は?実践記から学ぶ失敗談6選を解説

よって成果が出ていない人は、1つの情報商材を購入して、徹底的にやることをオススメします。

今回は以上です。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

2 件のコメント

  • こんにちは。
    情報商材の選び方のポイントが具体的に書かれているので、
    わかりやすいと思いました。
    この基準で選定をすると良質な情報商材ということになるので、
    その商材をアフィリエイトすることも可能かもしれませんね。

    • takafumi様
      いつもコメント有難うございます。
      コメント欄とメルマガフォームの不具合によりコメントに気がつくのが遅くなり申し訳ありません。

      情報商材を買うことで、やっぱりノウハウよりも成果を上げている人の考え方が学べるって言うのが最高ですね。
      本はHOWtoのどうやってよりもWhattoの何のほうが出版社側に取っては売れるので、制作者からしても具体的なのを開示しないという狙いがあります。
      ご参考になれば幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です