「起業したいけど、スタート時点では売り上げが上がらないからバイトで食いつなごう!」

会社員が独立して起業しようとしている今、またはすでにビジネスをスタートさせているこんなことを思っていたらアウトです。

元サラリーマンが起業の為にバイトするってあり得ないんですよ。できればフリーターでも辞めた方が良いです。

たしかにバイトは働いた時間と労働力に対してまとまったまった額が入り、効率よく稼げます

が!

起業をしているのにその本業を置いてバイトをするなんて、既にやり方が間違えているんですよ。

今回この記事でお伝えしている理由を理解することで、あなたは本業に集中し、それで儲かるように考えることができるようになります。

逆に理解出来ず、バイトばかりに頼っていると、再就職も出来ずずっとバイト漬けの人生になりかねません。

それでは、起業が軌道に乗るまでバイトで食いつなぐことが間違いである理由をじっくりご覧ください。

秋月

この記事は過去の私が起業で失敗したら、宅建おじさんとしてバイトすればOKかと本気で思っていた自分をぶん殴りたいと思って書いています。

よくバイトして成功まで食いつなぐが美談になっていますが、冷静に考えればそんなリスクを負わない方が良いですからね。

起業しているのにバイトをしようとしている時点で準備不足:ビジネスは運だけでは無理。

起業しているのに最初は売り上げが上がらないため、生活費を作ろうとバイトをする人がいますね。

これは「頑張っている人」と美談化されますが、実は間違いで単なる準備不足です。

そもそも起業しているにもかかわらず、バイトをして食いつなごうとしている時点でビジネスを成功させることは難しい。

 

明らかに準備不足だと思いませんか?

なぜなら生活費は必ず必要なお金。

生活の基本となる費用が無ければ、ビジネスどころではありません。

それなのにそれを頭に入れずに起業してしまうなんて、私個人としては「考え方が違う」と思います。

 

私は起業する前には、まず自分の生活費をすべて見直しました。

少なくとも家賃、食費、衣料費、光熱費、医療費、雑費、保険料、年金などは確保しておかなければなりません。

その時最低でも15万あれば問題ないって思いました。

現時点でも15万あればデート2回ぐらい出来ます。

これは絶対です。そして在職中にどんどん節約・最適化しておきましょう。(携帯代・家のネット環境・設備投資も事前にしておく)

アフィリエイトで稼ぐ初心者がパソコンを選ぶコツ6選&2019年おすすめPC3選

 

起業してすぐ売り上げが上がるほど甘くは無い。1年間無収入って思った方が良い。

 

今後は自分で稼がなければどこからもお金が入ってくることはないため、最低でもこの生活費を稼ぐ必要があります。

とはいえ、起業してすぐにはよほどのことがない限り、売り上げを見込むことは簡単ではありません。

「ひとまず安心できるから、せめて2年分の生活費は」とその分を確保していましたが、ビジネスがうまくいかないこともありました。

貯金額が減っていくのが想像以上にストレスが溜り、目先の金に目をくらんで80万円失ったこともあります。

つまり、売り上げがなかなか伸びなかったのです。

 

私自身ブログアフィリエイトで月50万円を安定させるのに半年以上かかりました。

そのため私はこの時、1年分以上の生活費は必要だということを痛感しました。

 

そこでこの経験から、今後起業を考えているあなたにお伝えします。

「せめて1年分の生活費は準備しておきましょう」

もちろん今後起業して稼ぐことが前提ですが、そうしておけばバイトを考えずに集中してビジネスに取り組むことができます。

 

バイトすると起業のビジネスに100%集中できない。←逃げに繋がる。

目標としていた起業をしたはいいけど、最初は売り上げが思うようには上がらないっていう方は多いです。

しかし、だからと言ってバイトをすることは起業のビジネスに100%集中できず、ますます売り上げを上げるのが遠ざかってしまいます。

そのため、バイトで食いつなぐようなことは考えないようにしましょう。

 

たしかにバイトをすると、決まった収入は得られますし、売り上げが上がらないビジネスをしているよりも効率が良いです。

でもそれって会社員と同じで、何のために起業したんでしょうか?

確かにバイトでもビジネスの勉強になることもありますので、全く否定する気持ちはありませんが・・・

それでも、自分の本業となるビジネスの売り上げを上げるための作業量は減るということになりますね?

結果、売り上げが上がるのが確実に遅くなります。

どう頑張っても時間的物理は取り戻せないですよ。

 

そもそも起業をするときには明確な目標があり、それに基づいて計画を立ててスタートさせたのではないでしょうか。

それなのに、自分が立ち上げた本業がおろそかになるような、時間を取られるバイトをすることはオススメできません。

 

起業したビジネスを成功させたいのであれば、バイトを考えるよりも本業に専念することの方が先決。

そのために沢山試行錯誤する時間が圧倒的に必要なんです。

バイトとしている暇はありませんよ。

定期的収入を考えるのであれば、アルバイトではなく、自分のビジネスに役に立つ仕事で実績作りになる仕事を行いましょう。

下記の仕事がオススメですね。

webライターに資格はいる?未経験でも時給850円稼ぐ必須スキルを文字単価20円ライターが解説

 

そもそもバイトしないといけないほど儲からないビジネスから起業するのが間違い

ここまで「起業が軌道に乗るまでのバイトで食いつなぐことは、間違っている」ということをお伝えしてきました。

それに対して「そうは言っても売り上げが上がらないのだから、やはりバイトで収入を得なければ」と言う方は多いでしょう。

しかし、もしバイトをしなければならないほどの儲からないビジネスであるならば、それはそのビジネスからやるのは間違っています。

 

それは儲かるビジネスからやる

という方法を取ることです。

やりたい事からやってはいけません。

 

そりゃあ誰だって、自分がやりたいビジネスをやっていたいですよね。

むしろ「そのために起業したのだから」、と言う方がほとんどだと思います。

でもね。そういう人から大失敗していくんですよ。

 

儲かってからやれば良いじゃ無いですか?儲かったお金を自由に使って。

優先順位が違います。

 

世界中の誰もが注目している経営者、孫正義さんだって最初から今のようなビジネスをやっているわけではありません。

マイクロチップとの出会いがあり、それが元で電子辞書を発明。

そうして特許取得後に電子辞書で稼ぎ、ソフトバンクを創業して、今に至ります。

当時は毎日起業のアイディアを考え、電子辞書が儲かると分かったから、電子辞書からはじめたようです。

あの孫さんだってこのような形をとり、そのときに儲かるビジネスをしているわけですが、あなたはこれについてどう思いますか?

私は「だったら私たちだって、ビジネスのやり方は相当考えなければならないのではないか」と考えるのが普通です。

やりたいビジネスは儲かってからやるべきだ、ということですね。

秋月

私が本当は不動産会社の広告に関する提案&不動産投資をやりたいんです。

でも最初からやったら大失敗する可能性が高い。

だからサイトアフィリエイトから始めました。

別にサイトアフィリエイトが大好きって訳で無く、むしろ嫌いです。(1対1の営業の方が向いてるんで。)

それでも個人がやって儲かるビジネスであり、放置してもお金が入ってくるシステムだからやっているに過ぎません。

どのビジネスでもインターネットで人を集めて物を売ることは必須!だからこそネットビジネスを学ぼう。

どのビジネスでも物を売るためには集客が必須。

では、その集客はどのようにすればよいのかと言えば、インターネットを利用することです。

そしてインターネットは人を集めるだけで無く、セールスなどの仕組み・コンテンツ販売の仕組みを作っておけばお金が出てくる自動販売機の完成。

それをあなたのビジネスに活用すれば、本当にやりたい事も出来ますよね?

だからこそ、ネットビジネスを学ぶことをオススメしたいのです。

手に職がなく将来不安な30代男性が速攻で学ぶスキルは1つだけです【必須科目】

 

集客方法は、PPC広告、SEO、SNS、SNS有料広告・YouTubeなどがありますが、まずはSEOを学んで下さい。

時間は掛かりますが、無料で出来ますし、SNSなど毎回投稿しなくてもSEOは自動化が出来ますし、SEOの方がアクセスが多く、悩みを自分で調べに来ている質の良い見込み客が集まるからです。

SEOがある程度でてきたら、SEOに依存するのは危険なのでSNS・YouTube・有料広告などと広げていけばOK。

バイトどころじゃありませんよ。まずはネット上にあなたのサービスの仕組みを作りましょう。

仕組み作りはこちらの6ステップ動画講義から学べます。

今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事