老後資金の国民年金は2037年に破綻!?20代から知るべき老後対策

最近国民年金の支払いの制度が変わりましたが、これは我々若い世代にとっては大変重要な問題です。

今までは国民年金とは20歳から60歳までの40年間のうち25年間支払えば、65歳から国民年金の受給資格を得る制度でした。

しかし、法改正でたったの10年間支払いをすれば、65歳から国民年金の受給資格を得るようになってしまったのです。

受給資格者が増えるという事で一見よく聞こえますが、それは40歳以上の方だけで、我々20代にはとっては

 

国民年金の負担が増えるだけ!!

 

この法改正で、国民年金は2037年に破断する可能性が一気に跳ね上がりました。

今回は私含むこれからの20代がどのように老後資金を貯めていけば良いのかについて解説いたします。

 

2014年に65歳の年金を2.2人で支えている。2025年にはなんと1.8人で支える羽目に・・・

出典:http://president.jp/articles/-/10301

2017年現在の国民年金の満額は年間780,100円になりますが、このお金を2014年の時には2.2人で支えておりました

この時点で年金は破綻しそうなのですが、2025年には1.8人に減るという財務省の統計で発表されております。

参考:財務省

 

更に2033年頃には1.3人になり、2037年は年金支払額は赤字になってしまいます。

 

ちなみに年金制度ができた1960年代は11.8人で1人の高齢者を支えておりました。

この50年強で少子高齢化がだいぶ進んできていることがわかります。

2037年に国が増税をし、社会保障額を増やすことで年金の赤字部分を補てんすることができますが、そこまでして国が年金を存続させるのかは不明です。

 

今回の年金受給者の間口を広げたことで、年金を支払っていない方が払うようになるような狙いがありますが、

その分25年間も支払いをしていない人でも年金を受け取れるようになってしまったので、結果的には社会保障料が高くなるでしょう。

 

 

今の20代は厚生年金が一番貰える世代と比べて5,000万円も貰えない。

 

厚生年金とは国民年金とは別にもらえる年金です。

会社員であれば自動的に社会保険に加入し、厚生年金は給料から引き落としされてしまいます。

厚生年金は1940年代の人と比べて、約5,000万円以上も貰える金額が少なくなります。

しかも少なくなるだけでなく、支払ってきた厚生年金に対して、平均約2,000万円も少なくなってしまうのです。

 

払い損じゃねーか!!

 

実際は会社が半分負担しているので、2,000万円も負担していることはありません。

しかしながら20代の私たちはいずれも老後に満足いくお金をもらうことができないという事は理解いただけたと思います。

 

老後資金はいくら必要?

 

20代でまだ遊び足りない年代で老後の事を考えたくはありませんが、老後資金がもらえない現実がある以上は、老後の事を考える必要があります。

少しデータが古いのですが、平成19年に厚生労働省が、60代の老後生活でゆとりある生活と最低限の生活にかかる費用のデータをご紹介させていただきます。

 

60代の生活費の平均水準

・ゆとりある生活費の平均 378,000円

・最低限の生活費の平均  235,000円

出典:厚労省

 

老後で最低減の生活を送るためには、最低でも月24万円が必要になることがわかります。

但し24万円というのは病気をしない場合で、病院に行ったら24万円では足りなくなるという恐ろしいデータ。

仮に定年を65歳し、80歳までの老後資金を計算します。

 

24万円×12カ月×15年=4,320万円

 

現在の老人は年金等があるので、3,000万円の貯金があれば十分といわれております。

 

しかし、我々20代が老後を迎えた時は年金が破綻しておりますので、貯金でやりくりしようとする場合は、20代から定年の65歳の間に4,000万円以上の貯金をしなければなりません。

 

ちなみに大学卒業の22歳から仕事をはじめ、定年退職する65歳までは516カ月あります。

4,320万円÷516カ月=毎月83,720円の貯金が必要。

無理ですよね。

 

20代の我々が今すべき資産形成とは

年金が破綻してしまったら、毎月83,720円も貯金しないといけないのですが、それができなければやることは1つです。

 

65歳以降も毎月24万円の収入が得られる状態にする事。

 

私は65歳の老後以降でも毎月24万円が入ってくるような仕組みを作るべきだと考えております。

24万円以上収入がある仕組みを作る方法はなんでもいい。

不動産投資の家賃収入でもいいし、株でもいい。

65歳でも体を動かすことが好きであれば働いたっていいんです。

これからは70歳定年説もあるくらいですから。

その中でオススメなのが仕組みブログによる情報発信で稼ぐ方法です。

ブログは、不動産投資・株みたいに大金が必要な訳で無く、1万円とパソコンがあれば始められる副業です。

たった1万円程度で始められるからといって舐めないでください。

 

ブログはアフィリエイトでも日給で10万以上稼げる立派な広告業ビジネスです。

 

私も日給5万円以上稼ぐ事に成功しました。

ここまで行くのに苦労しましたが、「継続✕正しい方法」で情報発信は成果が出る副業です。

まずは月5万円をブログで稼ぎつつ、最終的には集客から販売までを仕組み化していくのがオススメ。

ブログで本当に稼げるの?詐欺じゃ・・・って疑っている方はブログと会社員は稼ぐ仕組みが真逆?稼ぐ為に必要たった1つの本質をご覧ください。

一気に視野が広がると思います。

 

まとめ

 

老後資金や年金の事は学校では教えてくれませんから、自分で気が付くしかありません。

この記事を読んで年金が破綻した後の老後資金の対策を考えてもらえればうれしいです。

ここで一番大事なのは・・・・・

 

健康でいる事!!

 

健康でいれば最悪は働いて生活することができるんですから、健康でいるに越したことはありません。

医療費も掛かりませんし。

この記事が為になったと思ったら、シェアやハテブをしてくれると嬉しいです。

 

今回は以上になります。

秋月

貯金で逃げ切ろうとする方もいるかもしれませんが、貯金残高が減っていくごとに精神的に不安になりますのでオススメしません。

確実なのは常にお金が稼げる仕組みの方が大切なのです。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です