カフェでパソコン仕事は危険?店員にキーボードを壊されて学ぶリスク3選

【悲壮】ノートパソコンをカフェの店員に壊されました。

 

最近カフェに行くとパソコン広げて仕事をしている人がかなり多いです。

私も専業アフィリエイターの端くれなので、カフェでブログを書いたり、無料レポートをカフェで作ったりしてます。

ところが先日カフェでブログを書いていたら、頼んだコーヒーを渡して貰う際に他のお客様に渡す水をこぼし、もろに私のパソコンのキーボードと画面に掛かってしまったのです。

もうね・・・最悪ですよ。pcの液晶が点滅してるし、(それはすぐに直ったけど。)

キーボードは確認しなかったけど、後日パソコンのパスワードを開けようとしたらキーボードの「E.W.Q.P.L」の5つが壊れてました。

 

何でこの5個だけ(笑)?って思いながらもpwが開けられないので、ノートパソコンが使えなくなりました。

この時にカフェ店員に怒りが!!!ではなく、ああ・・・カフェパソコンを使って仕事をするのにもリスクがあるなって学びました。

今回はカフェでパソコンを広げて仕事をする人に注意喚起として3つのリスクについてご紹介させていただきます。

秋月

私の場合、ミスした店員さんの対応の良さと、若い女の子(可愛かった)って事もあり全く怒りもしませんでした。

仕方ないよね~~って感じ。

過去の事をネチネチ言うのは起業家としてダサイので特に触れませんが、カフェにパソコンを持ち込むリスクは知るべきだとは思います。

 

カフェでパソコンを使って仕事をする3つのリスク

カフェ店員だってミスはする!壊されるリスクから高いパソコンは持って行かない。

カフェ店員だって人間です。必ずミスはします。

(注文を忘れていた・キッチンとの連携が取れなかった・ドリンクを渡す際にこぼしてしまう)

私の場合の店員さんはたまたま水をこぼしてしまったに過ぎず、ここで一番伝えたいのは、店側もミスをするという前提で利用するあなたもリスク管理を行うべきだと言うことです。

 

もう壊されても大したダメージの無いパソコンを持って行きましょう。

10万以上するパソコンを壊されたら溜ったもんじゃ無いですよね?

そんな物は持っていてはダメで、そのパソコンがメインであればメインパソコン以外の3万~5万以下のパソコンを用意すべき

 

こう言う話をすると、よくプロなんだから勿論ミスは0にすべきだ!って言う意見もあり、分からなくもありません。

ですが、カフェで働いている方は正社員ではなくアルバイトであり、まだ学生さんですよ。

ミスするに決まってるじゃ無いですか?若いんだし。

私も不動産屋に入社したての時はミスばっかりしてました。ミスして人は学べるわけです。

 

ミスは絶対に許さないって思って居る人はカフェにパソコンを持ち込まない方が絶対に良いです。

外という環境で集中しやすい場所を提供して貰っているわけですから、外で作業するならそれ相応のリスク管理はすべきですよ。特に脱サラしたいならね。

 

ちょっとのトイレの間にパソコンの盗難だってある。クライアントワークはやらない。

家ではなく外で仕事をすることになります。外で仕事をする以上、情報漏洩だけは避けなければなりません。

クライアントワークは一切行わないか、注意して行うようにしましょう。

 

私もライター業で1文字3円~20円の案件をライティングを行っておりますが、カフェでは一切行わないですね。

とは言え、日本はパソコンを置きっぱなしにしてトイレに行っても盗まれない非常に治安が良い国。

しかし、それに甘えてパソコンを放置したままトイレに行くと、悪い人に情報が抜き取られる可能性が多いにあるわけです。

 

会社員の方が社外秘の案件を作業する&データが保存されているパソコンをカフェで作業している人がいたら要注意。

盗まれたら損害賠償レベルの話になりますよ。企業の情報漏洩の被害額は平均4億円を超えると言われております。

情報漏えいで膨らむ損害、被害企業の平均コストは4億円超

出典:ITmediaエンタープライズ

くら寿司もバカッター事件ありましたよね。

あれはおそらく損害賠償1億ぐらい請求されるのではないのでしょうか?

カフェで作業して社外秘情報が漏洩したら、社員でも同じ目に有る可能性があるわけです。勿論クライアントワークのフリーランスも同様。

居心地が良いカフェだからといって、家みたいに作業していると痛い目に逢いますよ。

 

カフェが混んでいたら、別の店を探す時間が掛かる。→やる気失せる。

私も専業アフィリエイターになりたては、カフェ仕事をするのを日課にしておりましたが2ヶ月で辞めました。

理由はカフェが混んでいたら違う店を探す手間に時間が掛り、返って非効率になってしまったからです。

 

やっぱり家が一番ですよ。

 

私の住んでいるエリアは駅が遠くカフェがなかなかありません。

運動もかねて歩いてカフェに行くのですが、カフェが混んでいる→家に帰って仕事するのだるい・・・ってなるパターンが多かったので、カフェを仕事場にして仕事をするのはオススメできない。

作業環境も私はデュアル型PCなので、ノートパソコンの小さい画面でブログを書く気が起きず、作業効率は移動時間を含めると60%程度でしょうね。

 

ただ、オススメのカフェの使い方は、家で作業するのがだるいって思ったときに気分転換でカフェに行くのが良いです。

キーボードをカフェで壊されて以来、カフェでパソコンを使うのは辞めました。

今では読書・アイディア出しの場所として使っております。

専業アフィリエイターって人を見ることすら無い為、カフェ店員・カフェのお客様の話し声を聞いて、自分の見込み客(本業に不満を抱えてそうな人)を観察していると、良い企画が思いついたりするのでオススメですよ。

 

まとめ:カフェ店員に損害請求するなら当日のみ!店員さんの名前を控えること。

 

私はパソコンの修理費請求もしていないですし、本社にクレームも行っておりません。

まあ・・・3万のパソコンって事もあったので、これまでお伝えした3つのリスクが体験談として学べただけで良しとしてます。

 

しかし、人によっては許せないって方も居るでしょう。その時は水を掛けられた時点でそこの店舗の責任者&水を掛けた人の名前を控えるべきです。

後からは請求はダメで、時間が経っている以上、水が原因でパソコンが壊れた事を証明する必要があります。

証明できなければ修理費が請求できないのがオチ。

 

本気で請求・責任を負って欲しいなら、水を掛けられて正常に動くとしても、とりあえず店舗責任者を話しておくべき。

そこで1週間以内にパソコンに不具合が出た場合修理費を負う旨で念書で書かせるのがベスト。

くれぐれも後から、「あの時、アルバイトに水を掛けられたからだ!」って言っても通用しないので覚えておきましょう。

アルバイトの名前すら控えていないのは論外ですからね。

今回は以上です。

秋月

最後の念書って言うのは、元不動産屋らしい回答になりましたが、念書があれば揉めた後でも有効的な手段なのでオススメ。

トラブル・アクシデントに対応するスキルも専業アフィリエイターは必須。

記事を書いてクライアントから訴えられないようなリスクマネジメントも、身につけておいて損はありません。

これからパソコン1台でお金を稼ぐのであれば、自分を商品とした情報発信がお勧めです。

興味のないことでブログを書いても仕方ありません。

自分を商品とした情報発信のメリットは、自分をコンテンツ化した情報発信ブログで集客するメリット8選をご覧ください。

副業から実績0でも好きな事を情報発信して月10万~30万を稼ぎませんか?

1からビジネスを始める。またブログの成果が出ない人ほど「仕組み化」を取り入れるべきです。

闇雲にブログを2年間書き続け、脱サラすることは出来ましたが、アクセス重視のブログ運営になると毎日ブログを書き続ける事から逃れられません。

毎日アクセスのために書き続ける事に絶望し時に「仕組み化」を覚え、労働時間が1/3までに減った秘密を無料で公開します。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です