せどりで月5万円稼ぐ為に有料ツールに投資すべきか月10万せどらーが教えます。

ビジネスには自己投資が大切!ってよく言われますよね?

せどりなら月5万円を簡単に達成出来るって聞いたけど、ビジネス意識が高い方なら、「5万円を達成するためには有料ツールに投資すべきか?」って疑問があるでしょう。

そんな疑問にせどりで月10万達成(2018年5月)した私が、これからせどりで月5万円以上を稼ぎたい初心者向けに、せどりの必要な有料ツール・せどりで必要なものを解説します。

 

月5万稼ぎたいせどり初心者に必要な有料ツールはない。

ツールについてですが、結論からいうと電脳(ネット)せどりではなく、店舗せどりをやる方は、月5万程度の収入であれば有料ツールはいらないです。

これは私の失敗談でもあるのですが、先行投資をすれば誰でも稼げるわけではありません。

先行投資で失敗した私の例を挙げて解説します。

私はせどり1カ月目で本の売却益が月2万円を稼ぎましたが、使っていたツールが以下の通りになります。

せどり1ヶ月目に使っていたツール

☑アマスタ(1,980円)

☑せど楽チェッカー(2,000円)

☑せど楽マークⅡ・せど楽疾風(1万)

の3つのツールを使用しておりました。(CDせどり・ビームせどりで赤字になっていますが、売れた物の利益で2万って話。トータルは赤字です。)

 

さらにアマゾンの大口出品には月4,900円(税別)がかかりますから合わせて約2万です。

利益が有料ツールですべてぶっ飛びました・・・

 

しかもその次の月ではビームせどりで大量にプロパー本(ブックオフでは高い本)を仕入れしてしまい、回転率がよろしくなかったことから赤字を5万叩き出しております。☜今は取り戻して黒字になっております。

 

これがツールにお金をかけて失敗した良い見本です(笑)

この時せどりは週2で2時間行っておりましたから16時間をお金を掛けて働いたことになります。

利益から見ると時給1,200円程度とせどり初心者からしてみれば悪くないスコアなのに、ツールですべて吹っ飛ばしています。

何度も言うようですが、稼げていないうちはツールにお金を掛ける必要はありません。

 

無料期間の出品ツールに投資してOK(むしろ早い方がいい)

 

せどりで月5万も稼いでいないうちに有料ツールは一切不要とお伝えしましたが、商品の回転率&出品作業の負担を減らす上で、出品ツールには投資するのが良いでしょう。

せどりの出品ツールには代表的なのは3つあります。

せどり出品ツール

☑マカド

☑プライスター

☑Cappy(キャッピー)

私は、出品時のラベルに画像が転記されるCappyを選びました。Cappyは無料期間が2ヶ月っていうのも大きい。

これでアマゾンセラーから出品するよりも遙かに時短することができた=仕入れ時間を増やすことができたのです。

無料期間が過ぎた後は月々3,980円の上、商品が売れた後のサンキューメールも自動で送ることが可能です。

是非お使い下さい。

 

せどり初心者に必要なツールはすべて無料でOK

初心者には有料ツールはいらないといいました。

でもツールがなければリサーチができませんので、リサーチツールは無料のものを取る必要があります。

基本せどりのリサーチツールはスマフォの無料アプリでOKです。

 

せどりのリサーチアプリ

・せどりすとプレミアム(現在プレミアムには入れない)

・セドリーム

・せどりスカウター(現在配信していない)

・アマコード

赤字で書いてある「セドリーム」「アマコード」を使用してました。

 

私がリサーチするときは基本的にセドリームのカメラ機能で本のバーコードを読み取り、売れ行き・売却価格などをチェックしております。

基本的にせどりーむ1つだけ取っていれば十分なのですが、ブックオフなどでバーコードの上にブックオフの専用のバーコードが張ってある場合、セドリームでは読み取ることができません。

そんな時はアマコードの出番。

 

アマコードはブックオフなどを始め複数の店舗専用のバーコードを読み取ることができる優れもののアプリです。アマコードだけしか使っていない人もおります。

私の場合はせどりーむの方が見やすいので、セドリームを使っております。ここで一番言いたいことは、リサーチツールにお金をかけてはダメ!!

 

無料のリサーチツールでも十分稼げますので、有料ツールじゃなきゃダメだと焦らなくても大丈夫です。

その他必要なアプリは下記のアプリです。

店舗せどりで必要なアプリ

・Monozon(中古を仕入れするときに必要。1カ月に売れたのが新品・中古どちらかなのかがわかる。)

・アマゾンセラー (売り上げなど確認・出品もスマフォからできる)

・モノレート (成約事例など確認時使用。せどりーむでリサーチ後にモノレートにジャンプできるが、バーコードがない商品に手打ちでリサーチするときに使う)

・ロケスマ (店舗せどりを行う場合は必要。ブックオフ・ドン・キホーテなどお店の所在を地図に落としてくれるので効率がよい仕入れルート決めるときに便利)

これらすべて無料です。最低限これらのアプリをダウンロードしておきましょう。

 

これだけは用意してほしい!せどり初心者で必要なツールもの。

せどり初心者で唯一絶対必要なものがあります。

それは・・・・スマートフォンです。逆にスマートフォンがあればせどりはできます。

スマートフォンもandroidはオススメできません。リサーチの読み込みが遅すぎるんですよ。

 

ここは強くiPhoneに買い替えることをおすすめします。

月3,000円~5,000円程度携帯代が上がってしまいますが、androidとiPhoneでは時給ベースで5,000円変わってきますので、ここは買い替えることを強くオススメします。

というのも最初ワイモバイルのボロボロ携帯(android)でせどりをやっていたのですが・・・・・

遅すぎる上に・ビームでバーコードを打ち込んでいるのに、画面が固まってリサーチやり直しをしょっちゅうやらかしておりました。

こんなんじゃ稼げないですよね(笑)

 

メンターに速攻でiPhoneにしろとご教授いただいたので、iPhoneにしたところ2カ月で元が取れました。2018年5月に月収10万達成。(在庫だけで達成しました)

逆にこれ以外の変なツールに投資だけはしないようにしましょう。

せど楽系はおすすめしません。

 

まとめ:せどり初心者は有料ツールに投資するのではなく、人に投資をする事が大切。

せどりって行動すれば稼げることは確かなのですが、行動すれば稼げるというのはあくまでも正しい仕入れができてからこそだといえます。

赤字になる本を大量に仕入れしても稼げないですよね?

 

私はせどり初心者時代にビームせどり&CDせどり合わせて4万の赤字を速攻で出しました。

当時の私は行動すれば稼げるではなく、行動すればするほど赤字になっていたのです。

 

下手にビームに投資してしまったせいで能力以上の仕入れをしてしまい、赤字本ばっかり買っていた苦い思い出があります。

だからこそ、私はせどり初心者の方にはツールなんかに投資をせず、せどりを教えてくれるメンターを見つけ、その方にお金を払ってでも教えてもらうのが良いでしょう。

実際に一緒に店舗せどりをやれば、その先生の考え方・リサーチスピード・目利き能力すべてが勉強になります。

 

初心者は「人」こそ投資すべきです。

 

ツールではありません。ツールは稼げてからでOK(人を選ぶ目が必要ですが・・)

そもそもツールを使えれば稼げるではなく。稼げているあなたが使うツールだからより稼げるのです。

ツールを買えば稼げるって甘い言葉に騙さず、まずは信頼できる人に投資しましょう。

秋月

副業で成功している人は基本先生が付いております。オリンピック選手も独学でメダルは取れないですよね?必ずコーチがいます。それと一緒です。

私はせどりは教えられませんが、仕組みブログを作って肉体労働から解放されたいと悩んでいる方に適切な方法はお伝えできます。

ご興味ありましたら下記の無料メール講座にご登録下さい。

お会いできることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です