google xml sitemaps設定からサーチコンソール連携&所有権確認法を解説

ブログを独学で始めた方でアクセスがなかなか来ない・・・

って悩んでいる方の多くが結構な割合でやらかしているのが、サイトマップの設定をしていないことです。

というのもサイトマップを設定していないと、一生懸命書いた記事も検索結果に表示されるまで時間かかることがアクセスの来ない原因だったりします。

なぜなら、グーグルからしてみればあなたのブログは星の数ほどあるサイトの1つに過ぎず、たとえ良い記事があっても見つからなければ読まれないように、あなたのブログも読まれません。

サイトマップ?なにそれって思っている方は、速攻でgoogle xml sitemapsをインストールしてサイトマップを作りましょう。

今回は、サイトマップを3分で作れるgoogle xml sitemapsの設定方法サーチコンソールに連携からサイトマップ作成まで解説していきます。

秋月

サイトマップとは、簡単に言えばブログまでの地図の事です。

地図がないと目的地までたどり着けないように、

グーグルにサイトマップを作らないと、クローラーがあなたの記事に来るのがかなり遅くなりますから、記事を書いてもインデックスされずにアクセスが来ないブログになります。

3分でできるgoogle xml sitemaps設定方法

 

ブログ初心者からしてみれば、「サイトマップ」って聞いたこともないような言葉で難しく感じるかもしれません。

とはいえ、google xml sitemapsを使えばたった3分でサイトマップの設定ができますので、画像を見ながら設定してみて下さい。

まずgoogle xml sitemapsをインストールします。

有効化したら、左下の設定からgoogle xml sitemapsをクリックして設定していきます。

設定画面を開いたら、数か所変更してきます。

google xml sitemapsの設定時間は3分もかからない程度で終わりますので、お付き合いください。

まず、投稿順位の計算方法を「優先順位を自動的に計算しない」に変更します。

次に、サイトマップに登録するコンテンツを設定します。

デフォルトでは「固定ページを含める」にチェックが入っておりますが、固定ページをクローラーを回してもあまり意味ありませんのでチェックを外します。

代わりに、カテゴリーページにチェックを入れるようにしましょう。

あとはそのままでOK。

次はクロールする時間を設定します。下記の画像の赤井四角の場所を変更していきます。

以下のように変更していきます。

投稿の変更

☑個別記事を毎月から毎日へ

☑カテゴリー別を毎週から毎日へ

☑古いアーカイブを毎年から毎週へ

これでOKです。

個別記事は毎日&カテゴリーはクロールしてほしいですし、古いアーカイブもリライト後、1年後にクロールでは困ってしまいますから、毎週に変更しておきます。

 

最後にクロールの優先順位の変更です。

デフォルトでは下記の画像のようになっておりますが、また赤井四角の部分を訂正していきます。

投稿の変更

☑ホームページ:1.0→0.8

☑投稿:0.6→1.0

☑固定ページ:0.6→0.3

☑カテゴリー:0.3→0.6

比較的検索エンジンで重要な内容を優先度を上げ、検索エンジンの重要度が低い固定ページを減らしてください。

あとはデフォルトのままでOKです。

ここまでがgoogle xml sitemapsの設定方法になります。

簡単だったでしょう?

でもまだ、google xml sitemapsは閉じないでください!

最後にサーチコンソール内でgoogle xml sitemapsを使ったサイトマップを作成する際に、1つだけやることがありますので、次はサーチコンソールの設定を合わせて行っていきましょう。

google xml sitemaps設定からサーチコンソール連携

サーチコンソールで所有権確認をする。

 

サーチコンソールにブログを登録し、サイトマップを作る流れになります。

そのためには、まずグーグルに対してあなたが登録する自分のサイトを所有していることを証明しなければなりません。

やり方は5通りあるのですが、今回はアナリティクスアカウントやFTPソフトなどを利用しない、一番簡単なやり方で解説します。

今回は一番簡単な所有権の確認方法を紹介しますが、これは旧ウェブマスターツールのバージョンです。

いつ使えなくなるかわかりませんので、ドメインプロパティでの所有権の確認方法もご検討ください。

google xml sitemaps設定からサーチコンソール連携&所有権確認法を解説

まず、サーチコンソールを開いたら、画面左下の「以前のバージョンに戻す」を選択し、旧ウェブマスターツールに移動します。

旧ウェブマスターツールに移動したら、画面右上のプロパティを追加をクリックします。

プロパティを追加から、所有権を証明するサイトのURLを入れると、所有権の証明方法をグーグルより提示されます。

お勧めの方法だとFTPソフトを使うことになりますので、今回は別の方法である「HTMLタグ」のメタタグを追加する方法で解説します。

「HTMLタグ」のメタタグを選択すると、指定されたメタタグコードが発行されますので、それをコピペします。

どこに貼るかというと、ブログのヘッダー部分を司る(header.php)に貼り付けを行っていきます。

やり方は、Wordpressの外観→テーマの編集→header.phpまで行き、下記の画像の<head>と</head>の間に貼り付けをします。

これでOKです。

再び旧ウェブマスターツールのHTMLタグにて所有権の確認を行うと・・・

これで所有権の確認が終わりました。

これでブログとサーチコンソールの登録が完了です。

この方法だと、非常に簡単なのですが、http、https、www有バージョンの計4パターンを登録し、複数のドメイン別にプロパティを作成したのち、統合させる必要があります。

具体的なやり方と解説についてはSSL化後のサーチコンソール再登録は順位が下がる?即やるべき1つの対策をご覧ください。

 

サーチコンソールでブログのgoogle xml sitemapsで生成したサイトマップを作る。

 

サーチコンソールの登録が終わったら、サイトマップを生成していきます。

旧ウェブマスターツールのクローラーからサイトマップを選択し、サーチコンソールへ移動します。

サーチコンソール移動後は、ブログのURLの後にサイトマップのURLを入力する画面がありますので、先ほど設定したgoogle xml sitemapsの設定画面に戻ります。

google xml sitemapsの上のほうに「ブログドメイン/サイトマップのURL」がありますので、サイトマップのURLをコピーします。

以前はsitemap.xmlだったのですが、プラグインの仕様が変わり、index.php?xml_sitemap=oarams=に変わっていました。

人によっては以前のままかもしれませんので、ご自身で確認していただきますようお願いします。

コピー後、サーチコンソールのサイトマップに下記の画像のように貼り付けをします。

これでサイトマップを生成し、数分待つと。

これでサイトマップ作成完了です。

早くインデックスしてほしいって思っている人はFetch as Googleが2019年4月で終了!新しいサーチコンソールのインデックス申請法も合わせてご覧ください。

 

まとめ:インデックスされず留保になって焦らない。ある日突然一気にインデックスされるようになる。

 

ブログを立ち上げたばかりや、ブログ初心者さんで、サイトマップが留保のままで、いつまでたってもインデックスされないから不安だって思っている方も少なくないでしょう。

その気持ちはわかります。昔私も問い合わせしたことがあるくらいでしたから・・・

 

しかし、クローラーは確実に回っておりますので、確実にインデックスされるのも時間の問題です。

極論こんなところで不安になっていたらブログで稼ぐこと自体話になりません。

それよりもブログ集客をしていくには良質な記事が必要になりますので、サイトマップは一度置いておいて、記事だけを一生懸命書くことに専念しましょう。

まだ必要なプラグインがそろっていないって方はWordPress初心者が挫折しないテンプレートはどれ?無料3選をプロが解説もあわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です