雑記ブログや物販アフィリエイトサイトと違う「自分を商品とした」ジャンルの情報発信ブログ記事書き方で悩みませんか?

商品の紹介なら簡単に書けたのに、いざ自分の経験したことを伝えるってなるといきなり難しく感じてしまいますが、記事の本質は変わりません。

 

ただ、情報発信ブログの記事の書き方にルールがあり、更に記事に役割があるのも事実です。

これから紹介する4つのルールを守り、更に記事の役割を決めると読者のアクションが期待できます。

ところがこれを無視して、自分が商品なんだから「自分の書きたいことを書く!」をやってしまうと、読者から何も反応のないゴミ記事を量産することになるのです。

 

この記事を読んでいるあなたには、私のような失敗をして欲しくありません。

それでは、情報発信ブログの記事を書く4つのルール&各記事の種類について解説していきます。

秋月

私も物販アフィリエイトから始めた人間なので、情報発信ブログの記事の書き方が分からず、闇雲に記事を書いたところ大失敗しました。

過去の自分に向けて書いている記事なので、是非じっくりご覧ください。

情報発信ブログってそもそも何って方は情報発信の仕方にコツはある?正しいブログ始め方を失敗経験から解説【まとめ】からご覧頂くと良いと思います。

 

情報発信ブログの記事の書き方4選

タイトルや見出しを工夫する&検索ボリュームないものは書かない。(物販ブログではできるのに、情報発信になると出来ない人がいる。)

 

ここではすごく当たり前の事を言っておりますが、実は物販アフィリエイトでは出来るのに、自分が商品の情報発信ブログになると一気に出来なくなる人がいます。

アクセスの有無は物販アフィリエイトも情報発信も同じです。

必ず検索ボリュームのあるキーワードで記事を書きましょう。

と言うのも、私を含め多くの人が失敗しているからです。

 

例えば、自分が成果を出せたとても重要なマインドなどを伝えたい時があったりしますよね?

私の例で話をすると「ブログを習慣化にすべき」という話をどうしても伝えたかったんです。

大失敗した私は「ブログ 習慣化」で記事を書いてしまいました。

その結果・・・・5000字書いても月2pv(笑)

そりゃあそうです。「ブログ 習慣化」の検索ボリュームを調べて見ると・・・・

0~10!

1位になっても月3人からの流入しか期待できないキーワードで一生懸命記事を書いていました。

そりゃあ結果出ないって。

ブログの習慣化について記事に書きたかったら、検索ボリュームのある「ブログ モチベーション」などを使うべきでした。(100~1000)

ブログで稼ぐなら【モチベーションが上がらない】を即捨てるべき理由

 

物販アフィリエイトなら絶対にしないことを、自分が商品になってしまうと途端にやってしまいます。

情報発信をやっているのになかなか成果が出ない人は、まず検索ボリュームに問題ないかを確認して下さい。

意識的に0~10で書いていたら結果は出ません。

秋月

あなたが伝えたいがどうしても検索ボリュームが無い場合は、メルマガで伝えれば良いと思います。

別に全てブログで伝える事は無いです。

ブログで伝えることはあくまでもアクセスのある=抽象的な内容が良いでしょう。

(具体的だと検索ボリュームがないので)

 

真実を書こうとして読者を迷わせるブログは罪。真実を伝えるより読者を動かせ。

お客様に嘘をつきたくない!

その一心から真実だけを伝える事だけに専念しているブログがありますが、それって本当に読者の為になっていますか?

真実を伝えて何が悪い!って人によっては思うかもしれません。

ですが、真実を伝えるために「あれも良いけどここはダメ」ばかり繰り返して、読者を迷わせるブログってもっと最悪じゃないですか?

 

ここで真実を伝えて読者を迷わせるヤバさについて「トレンドアフィリエイト」「特化ブログ」の教材で迷っている読者さんに対して提案するブログを例に出して解説します。

真実を伝えてしまう人は「特化ブログは最初は稼げないけど後から安定して稼げるのでおすすめです」と1つの記事で伝えます。

更に別の記事では「トレンドブログは最初から結果が出しやすく、誰でも書けるのでおすすめです」とトレンドブログを推してしまう訳です。

確かに正しいです。真実と言えば真実ですが、これ・・・結局どっちが良いんだよってなりませんか?

 

このブログはただ読者を迷わせているだけのブログなので、あなたから買おうとは思わないです。

読者は迷ったあげく、自分の選択肢に背中を押してくれるブログから商品を買います。

これって勿体なくないですか?

 

それなら多少真実をねじ曲げても、人を動かすことを考えるべきです。

トレンドブログの教材を売るなら、「特化ブログのリスクを伝えながら、トレンドブログの方が良いよ。」読者さんにトレンドブログなら出来そうだ!って思わせた方が真実を伝えるよりもよっぽど重要。

そしてお客様がトレンドブログを実践して人生が変われば、最高じゃないですか?

結果、あなたは読者から感謝されます。

 

真実かもしれませんが、情報商材はなんでもかんでも詐欺だ!って偽善こいている情報発信者&ブロガーより100倍も社会貢献してますよ。

読者の人生を劇的に良くしているわけですから。

下手に真実だけ伝えて、迷わせて挑戦させないブログなんかより100倍マシです。

結局読者さんに行動して貰えなければ、あなたの収益にもなりません。

秋月

ブログでは真実よりも、真実をねじ曲げてでも人を動かすことが重要だととお伝えしましたが、自分のビジネスの選択肢は冷静に真実を見定めるようにしましょう。

でないと、幅が広がらない=成長しなくなります。

ブログ記事に役割を持たせる。(今すぐ客・そのうち客・まだまだ客とそれぞれ書く。)

読む人を想定して記事を書くって事も重要です。

例えば、商品をすぐに欲しいって思っている人(成約記事)と商品の周知する目的の記事では書き方も違ってきます。

成約記事には内部リンクは一切張らないし、かなり強めの言葉(行動を促進させる)を使いますが、そのうち客や・まだまだ客の記事に対して強めの言葉を使っても、売込み臭が強いブログと思われてしまう危険性があるのです。

そのうち客・まだまだ客の記事にはアフィリエイトリンクではなく、今すぐ客用の記事の内部リンクにとどめ、全記事でセールスを行うのは辞めましょう。

 

ブログ記事本文に失敗談やストーリーを交えて記事を書く。失敗談をさらけ出そう(重要)

あなたから商品を買う重要な要素として、ストーリーを伝えて記事を書くと言う物があります。

あなたも商品を買う時のことを思い出して欲しいのですが、相手先の実績だけを選んで買いましたか?

おそらく、実績も見るとは思いますが、実績以上に商品を使って問題を解決出来た自分の姿を思い浮かべながらワクワクして買うはずです。

 

(商品で解決出来る未来)をあなたのストーリーを交えて読者に解説するわけです。

例えばトレンドブログの教材を売りたいのであれば、トレンドブログに実践して変わった自分の人生を交えながら書くって事です。

この教材を買えばあなたみたいになれるのかな?って思ってもらうのがベストですよね。

 

ここでのポイントに失敗談を入れると、読者から親近感を持ってもらいやすくなるって事です。

失敗談を見せないと、自分には出来ないしって思われてしまいます。

失敗談を見せるのが恥ずかしいって思っているのであれば、その考えは捨てましょう。

失敗談からこそ共感が生まれるからです。

例えば、アニメのワンピースのルフィーにはこんな名言があります。

ルフィ 「俺は剣術も使えねェんだコノヤロー 航海術も持ってねェし!料理もつくれねェし!ウソもつけねェ!おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!

アーロン「そんなプライドもクソもねェてめェが一船の船長の器か?てめェに一体何ができる?」

ルフィ 「お前に勝てる」

何も出来ないルフィーだからこそ仲間は共感し、自分には出来ない事が沢山あると開示したからこそ、多くの人に共感され売れる売り上げNO1漫画になったわけです。

 

最近では最初から最強の「なろう系」(オーバーロード・SAO)も流行っていますが、なろう系はやっぱり好き嫌いが激しいので、情報発信ブログをやるなら、ワンピースを意識するようにしましょう。

では次は記事の種類について解説します。

情報発信ブログの記事の種類

ノウハウ記事(集客記事)

 

ノウハウ記事は鉄板ネタであり、一番アクセスが安定して集められます。

またノウハウ記事が多ければ内部リンクで読者を回すことが出来るので、あなたの記事を沢山読んで貰える=教育しやすいメリットがあるのです。

ノウハウ記事のそのうち客が読む記事から、今すぐ客用の教育記事に飛ばすように書いてきましょう。

 

ターゲットに関する普遍的な悩みの記事&トレンド記事(集客記事)

私の場合はWordpress関連がノウハウ記事に当たりますが、ブログのターゲットにささるような悩みの記事も使えます。

例えば、私のブログのターゲットは20代後半~30代前半の男性サラリーマンですが、ブログで稼ぐ方法だけでなく「結婚のお金の不安」「賃金が上がらない」などの悩みもネタとして使えるのです。

私の記事の中に情弱副業初心者がカモ!FXの元本保証は違法で詐欺だからやるなって話がありますが、これは「FXの元本保証詐欺がニュース」になっていたので、お金の不安がある副業初心者にむけて書きました。

公開当初はそこそこPV数を集められただけでなく、今でも教育記事として使えますので、読者の悩みに合致するニュースがあれば積極的に書いていきましょう。

 

レビュー記事(集客記事&成約記事)

 

あなたが売りたい情報商材が合った場合、レビュー記事を書きましょう。

レビュー記事は情報商材を探している=購入意識が高い人が集まりやすいというメリットがありますが、それ以外にも重要な点があります。

それはメルマガでリストを取得し、1通目の特典であなたに魅力を感じた読者さんがアフィリエイトリンクから購入出来るようにしておくためです。

 

この手の方は初心者ではない事がありますが、すでにあなたの情報発信でファンになっている人は、わざわざステップメールの1週間から10日を待たずに早く欲しいって思う人もいるんです。

私もステップメールのセールスを待たずに9万の教材をある情報発信者から買いましたから。

これを逃すのは勿体ないです。

 

ただし売りたい教材だけです。

むやみやたらにレビュー記事を書いてはいけません。

それはブレブレの情報発信になるので絶対に辞めて下さい。

書くとしても売りたい商品を助ける商品(ブログ教材ならSNSツールや外注化)などを書きましょう。

 

ブランディング記事(教育記事:成果記事)SEO無視でOK

ブランディング記事は簡単に言えば、自分の実績を公開したり、コンサル生(クライアントさん)の感想を頂いたりする記事です。

情報発信者はちゃんと実在しているんだなって思わせる記事の為、SEOは無視して書くことになります。(場合によってはノーインデックスにする)

 

企業のLPにもお客様の声が入れているのは、自分たちが商品を紹介するよりもお客様に紹介して貰った方が強力だって知っているからです。

私たちの情報発信ブログでも使わない手はないでしょう。

そうすると実績0の場合は実績やお客様の声はいただけないからダメだって悲観的になるかもしれませんが、安心して下さい。

実績を載せなくても、自分はこんな人間・生活をしている=人柄を知ってもらうためには強力な記事になります。

人柄に惚れて貰えれば、あなたのファンですからね。

ある程度ブログが出来てきたら、ブランディング記事も整えていきましょう。

 

まとめ:適当にブログを書いてもファンは付かない。常に読者に価値提供をする意識を!

 

結局のところ、物販アフィリエイトブログも情報発信ブログも本質は1つでして・・・・

常に読者に価値提供をする

これがベースになっているわけです。

この気持ちがなければ、文章からも伝わりますし、熱量も伝わってきません。

結果、読者がアクションをしてくれない記事を量産することになりますので、情報発信ブログをやらないにしろ、第一に価値提供を考えましょう。

 

たまにいる方で、「何記事書けばいくら稼げるの?」っていう方がいますが、価値提供を抜けていると何記事書いてもダメですからね。

だったらネットビジネスではなくライター業やった方が稼げます。

今回は以上です。

 

情報発信ブログに興味を持っていただけましたでしょうか?

情報発信ブログはまだ早いかなって思う方は情報発信アフィリエイトをやらないと真の自由になれない理由を経験から解説を読んで下さい。

情報発信ブログに早いかなって言う概念はありません。

そこで遠慮していると冗談抜きで、SEO&グーグルだけに支配される肉体労働から抜け出せなくなります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事