良し!ブログで稼ぐぞ!って決めても・・・

「今まで日記しか書いたことがないから分からない」「ブログがポエム」になってしまい、どうやって稼ぐ記事を書けばいいのか分からないブログ初心者の疑問に答えていきます。

正直結構簡単です。以下のツイートをご覧ください。

ツイートでは文字数の関係上6個しか上げられませんでしたが、正直この6個で70%はOK。

それ以外の4つの記事の書き方も是非見てみてください。

正直すべて1分ぐらいで覚えられる超簡単な事です。

しかし、超簡単な事の積み重ねがブログで稼ぐ上で重要であり、実践することで多くの初心者・ライバルを出し抜けるようになるのです。

では早速、ブログ初心者が100記事で成果を出すブログの書き方10選を解説します。

大月

正直この10の書き方が私がブログを書いている全てといっても過言ではありません。

最低月50万は稼げると保証しますので、是非安心して読んでくださいね。

ブログの書き方は分かったけど、アクセスを稼ぐ上で肝心なタイトルの決め方をわからない人はクリック率2.51倍UP?ブログ800記事書いて分かったタイトルの決め方7選をご覧ください。

日記ブログになる原因の書き方は起承転結で書いている。稼ぐ記事の書き方と真逆の現実。

初心者ブロガーの記事を企画て沢山読んでいて分かったのですが、小学校で習った「起承転結」で記事をかいているのが多すぎる・・・

ネットの文章と小学校の作文は、書き方が全く違うので初心者ほど学ぶべきです。

結論を最後に書く弊害として、何が言いたいのかがすぐに分からなくて、ブログから離脱される原因になります。

その結果「ブログが読みにくい=滞在時間が短い・即直帰により、検索上位が狙えない記事を量産」のループにはまってしまいます。

こうなると、ブログを挫折しがち。

そうならないためにも、最初からブログ初心者ほど本文を書くルールを知っておくべきなのです。

それは、ブログ初心者が稼げる記事を書くために10の書き方についてご紹介します。

ブログ初心者が稼げる記事を書く為の10の書き方

最も重要!ブログは結論から書く!ネットの文章ルールでは起承転結から書かない。

ブログの文章術において最も重要なのが結論から書く事です。

ブログ初心者ほど起承転結でストーリー展開をしてしまいますが、ブログにおいてはNG!

読者はセッカチで検索キーワードの答えを早く知りたいと思っております。

国語の授業で習った起承転結から書いてしまうと、答えが最後になりますので、一番求めている情報が見つかりにくく早期離脱を招いてしまう恐れがあるからです。

この文章も結論→理由ってなってますよね?

よって、ブログの文章術では結論の答えを読者に与え、答えの理由を説明し納得して貰う=満足度を高めて貰う文章を書くのがベスト。

結論をうまく書く方法は読まれるブログ記事作成は簡単?滞在時間4分以上のたった3つの書き方をご覧ください。

記事は検索キーワードの答えを書いてあげる。(検索意図を意識)

これも超重要です。

以前のSEOではタイトルにキーワードを詰め込んで、記事本文にキーワードを多く使えば上位表示が出来た=長文SEOが流行っておりました。

現在では検索キーワードの答えを記してあげる(検索意図)が重要なのです。

 

例えば「住宅ローン 本審査 落ちた」ってキーワードで記事を書く際に、検索意図を満たせない人は、「住宅ローンの本申込のやり方」を書いてしまうのです。

昔はこれでよかったんです。「住宅ローン 本申込」がキーワードに入っていますからね。

ですが、2019年現在では絶対にやめてください。

「住宅ローン 本審査 落ちた」で調べた人は、落ちた原因や、次の一手を知りたくてキーワードをわざわざ検索までに入れています。

本審査が落ちた人(審査済み)の人に向けて記事を書くのに、本審査のやり方を書いてどうするんですか?

がっかりして一瞬で直帰されますよ。

リピーターにも成らないし、滞在時間が短くなる=SEOで悪循環。

100記事書いて成果が出ない人は、「検索意図」を無視して記事を書いているからといっても過言ではありません。

あなたが狙っているキーワードの答えを読者を想像して記事を書いてください。

大月

私がこの記事で狙っているキーワードは「ブログ 初心者 書き方」です。

キーワードの答えとして、100記事書けば成果出るブログの10の書き方を提供してます。

ここでブログの書き方が重要な理由をグダグダ紹介する記事だったら即離脱されるでしょう。

1記事1テーマで書く。あれもこれも書かない。

1記事1テーマが原則です。

文字数を増やすためにアレもコレもと入れてはいけません。

それでは本当に伝えたい事が伝わらなくなります。

結局、これも2番の「検索意図を意識」に関連しているのです。

 

例えば、「建売 デメリット」というテーマ・キーワードで記事を書こうとしていたとします。

ですが気がつくと、建売のデメリットの1つ(例:職人の当たり外れ)だけを詳しく書いていたり、酷い場合は建売のメリットを書き始めるなど1つの記事のテーマに対して2つ以上の事を書いてしまう人が多いのです。

これボリューム感を出すために、私もやらかしますし、多くの中級ブロガーでもやらかしております。

しかし、これはSEO対策的にも良くありません。

建売のデメリットについて書くなら、建売のデメリットについて紹介し、最後に建売のデメリットに対してのあなたのメッセージを伝えればOKで、職人の当たり外れなどは別の記事で書くべきです。

記事の文字数は2000字あれば実は十分なのです。

ブログ記事の文字数は何文字?SEO対策に強い記事を書く3つの基準

 

です・ます調の統一&できる限り連続して同じ語尾を連続して使わない

です・ます調の統一は勿論、連続して同じ語尾を使わないことです。(2回連続は文章によってギリギリOK)

ですます調・である調の統一は守れている方が多いのですが、意外と連続して同じ語尾を使わない点については守れていない方がかなり多い。

この点を守るだけで、一気に文章が読みやすく、リズム感のある文章を書くことが出来るようになります。

 

ここで例を挙げます。

どっちの文章の方が良いでしょうか?違いがすごく分かりますので、ぜひ声にだして読んでみてください。

[box class="blue_box" title="同じ語尾が連続する場合"]

日本は少子高齢化に加えて優秀な外国人の雇用により給料が右肩下がりになっております。

年収200万円時代が来ると言われてきましたが、AIの発達・自動化で現実的になってます。

副業が解禁になった今!私たちが出来ることは自分で稼ぐ能力を身につけることになります。

[/box] [box class="blue_box" title="同じ語尾が連続連続しない場合"]

日本は少子高齢化に加えて優秀な外国人の雇用により給料が右肩下がりになっております。

年収200万円時代が来ると言われてきましたが、AIの発達・自動化で現実的になるでしょう。

副業が解禁になった今!私たちが出来ることは自分で稼ぐ能力を身につけることなのです。

[/box]

後者の文章の方が、語尾を変えただけなのにリズム感良く読めるだけで無く、前者の子供っぽい文章から大人っぽい文章に感じませんか?

語尾を変えるだけで一気にプロブロガー並みの文章を書くことが出来ます。

ブログは文章の塊ですから、リズム感のある読みやすい文章を提供しましょう。

大月

私がライターさんのレベルを見るときは、このポイントを見ますね。

酷いライターは「でした。」「でした。」と小学生レベルの日記を提出された時は非承認しました。

会話口調で書く場合は、ですます調を基本守りつつ、「」を付けるなどで対応すると良いでしょう。

 

段落を適切に使おう&段落が多すぎ+改行NG

 

ブログを最後まで読んでもらう為には、読者を文字疲れさせないという事が絶対条件です。

例えばこんな文章があったとします。

[box class="blue_box" title="ココがダメ!段落を使わない路線価の説明"]

路線価とは、相続時の土地の価格を算出することでする際に利用し、毎年7月1日に決定される指標です。路線価は市場価格の80%と言われておりますので、路線価を1.25倍することで実際に販売されている土地の相場を算出することができます。更に路線価に0.875倍することで固定資産税表額の概算を算出可能ですので、固定資産税評価額を逆算することで大体の固定資産税を出すことが可能です。路線価はネットに載っていますので、是非参考にしてください。

[/box]

これ・・・・読みたいと思います?

スマホ表示だったら石版みたいなってます。

実はこの石版表示ってブログ初心者や偉い専門家のブログに多いんですよ!

せっかくいいことを書いているのに、コレでは多くの人に嫌煙されてしまい記事を読んでくれないと悪循環。

 

一方で改行を使うとこうなります。

[box class="blue_box" title="ココがおすすめ!段落を適切に使う路線価の説明"]

路線価とは、相続時の土地の価格を算出することでする際に利用し、毎年7月1日に決定される指標です。

路線価は市場価格の80%と言われておりますので、路線価を1.25倍することで実際に販売されている土地の相場を算出することができます。

更に路線価に0.875倍することで固定資産税表額の概算を算出可能ですので、固定資産税評価額を逆算することで大体の固定資産税を出すことが可能です。

路線価はネットに載っていますので、是非参考にしてください。

[/box]

大分読みやすくなりませんか?

特にスマートフォンであれば、おそらく2~3行の段落なので、先ほどの石版のような説明よりも読んでみようと思ったはずです。

あまり段落を使いすぎると今度はスクロールする手間が・・とか言われますが、石版よりは全然いいです。

スマートフォンでブログ記事を読む方が8割を超えてきております。

 

ブログ記事を書き始めの頃は、書き終わった後にスマートフォンで自分で書いた記事を読み直してみてください。

おそらくパソコンで見ている文字感覚とスマートフォンで見ている感覚は全く別物になると思います。

スマートフォンの表示にあわせて記事を訂正するようにしましょう。

大月

私は原則句読点(。)でエンターによる1段落をしております。

文章の意味・流れによっては句読点で段落しなかったり、段落による余白を増やしておりますが、句読点単位の段落はスマホで読みやすいです。

 

一時期、句読点ごとに2段落など一昔前のアフィリエイトサイトのように空白を開けまくってましたが、スマホのスクロール回数が増えたことでクリック数・pvが減少しました。

段落を利用しすぎるのは注意しょう。

 

文字の色を多様しすぎない。決められたルール化で使おう(青は内部リンクだけ)

文字の色をいろいろな設定を使えるので、いろんな色を使って見たいという気持ちがあると思います。

ただここでは文字の色を多様しすぎないようにしましょう。

 

なぜならブログが非常に読みにくくなるからです。

特に青で文字を表現してしまうと、内部リンクと勘違いします。

 

絶対に青だけは使うはNGです。

 

文字の色を変えると、伝えたいことがわかりやすくなる反面、色をバラバラに使うと石版同様見づらくなります。

読者でも察しやすい色の変更を行うようにしましょう。

上記の文を読んで、色を多用しすぎると見づらいなと思ったはずです。

せいぜい2色ですね。

私の場合は、注目したいことを黄色のマーカーで、伝えたいことを赤字で書いてます。

 

見出しを作ろうh2タグ・h3タグを利用する。

 

ブログ初心者の方だと見出しというのがわからなかったりします。

見出しというのはこの文章の上にある【見出しを作ろうh2タグ・h3タグを利用する】です。

 

ちなみに【見出しを作ろうh2タグ・h3タグを利用する。】のタグはh3タグです。

h2タグは【ブログ初心者が100記事で結果を出す10の書き方】になります。

h2タグ・h3タグを使用することで読者も読みやすくなる上、クローラーが記事の構成がわかりやすくインデックススピードが速くなります。

更に、H2タグには、狙っているキーワードを入れて書くのがSEO対策になるのでお勧めです。

 

画像を挟もう(関連性のある画像が好ましい)

改行や効果的な色、hタグを使っても、文章だけだと味気なかったり・文字を読み疲れしてしまいます。

効果的なのは見出しのh2タグ・h3タグに関係する画像があると、文字だけの説明の助けになったり、文章の読み疲れの一休みをさせることができます。

 

【百聞は一見にしかず】ということわざがあるように、ブログの文字で説明するよりも画像で説明した方がわかりやすい場合が多いのです。

 

画像の補足が文字説明というイメージですね。画像に興味を持って貰えればその見出し部分の周りを読んで貰えるようになります。

結果、記事を最後まで読んでくれる可能性が高くなり、ページ滞在時間upにつながります。seo的にも必須です。

 

ブログはたった1人に向けて書く!「みなさん」ではなく「あなた」

 

ブログのキーワード選定は検索回数が多いキーワードを選ぶべきですが、本文は大衆に向けて書いてはいけません。

読者1人に向けて書くべきなのです。

リード文(導入分)で「みなさん」って書かれると、大勢の中の一人=自分には関係無いって思われてしまいますが、「あなた」って書かれると今読んでいるあなたの為に書いた=自分に関係がある記事って思わせることが出来ます。

コピーライター&セールスレターなどの文章では必ず皆さんではなくあなたを使います。

ブログで稼ぐなら、今読んでくれているあなた1人に向けて、文章で価値を提供するブログを作りましょう。

大衆向けは好かれそうですが、書いてあることに軸・具体性が無いので、結果的に読まれない記事になってしまいます。

 

効果絶大!ブログを書き終わった後に声に出して読んでみる。

ブログ初心者にお勧めしたいのが、記事を書いた後に一通り読んでみましょう。

誤字脱字にも気がつきますし、文章のリズム感・語尾が連続して読みにくい部分を見つけることが出来ます。

また、自分が読者の一人になってみることで、いろんな視点に気が付き(ここをもっと説明した方が良いなど・・)気がついたことはブログの記事のネタになります。

 

ネタ切れで悩みそうになったら、ぜひ自分のブログを一度読み返してみましょう。

過去のブログを読むと今の自分の思考と違う部分(成長)に気がつくのでオススメですよ。

特化ブログが書けない時はどうする?ネタ切れパターン4選と解決策を解説

 

まとめ:最初からブログ初心者は稼げる書き方が出来るわけではない。それでも続けていれば勝てる世界です。

今紹介した10の書き方は必要最低限度の方法であり、稼いでいる人は意識せずに息を吸うように行っており、それ以外にも色々なセールスライティングを学び色々と駆使しています。

しかし、ブログで稼いでいる人も最初はあなたと同じ初心者だったのです。

彼らも勉強&実践を重ねてブログで稼ぐ事に成功しております。

私もダラダラブログを続けていましたが、それでも一般的には成功したTOP3%分類の人間に入ります。

今はもしかすると日記ブログしか書けないのかも知れない・・・

それでも、稼げるブログ記事を書こうとする努力を辞めなければ、必ず稼げるようになりますので一緒に頑張っていきましょう。

今回は以上です。

大月

実践してみて、自分には合わないなって思ったら速攻で捨ててOK。

しかし実践しないで合う合わないを決め手はNG!

あくまでも自分の経験で判断するようにしましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事